人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #025

THEME:「真冬の旬の味覚」「冬の健康づくり」「今年の通年サプリ」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつSEASONバージョン。四季の暮らしや衣食住のこと、新しいシーズンライフ…。毎回のテーマに沿って、毎日を元気にする暮らしのサプリをその思いや由来とともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090115

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は1月20日(火)正午で終了させて頂きます。

1231994737
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:1月20日 theme いね おすすめ はてなスター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 305/305件

▽最新の回答へ

[1]寒風摩擦 lovelykuma

おじいちゃんが、これだ!といって

小さい頃に、よく外に連れ出してやっていました。

寒いときこそ、外で体を動かす。

最初はブルブル震えてるけど、そのうちぽかぽか。

今でもどこかの幼稚園では、やっているとか。

健康な子供が育ちそうですね?。

そういえば、小さいときはおじいちゃんのおかげか風邪をあまりひいた覚えがありません。。。


[2]>1 私も勘違いしてたのですが sayonarasankaku

乾布摩擦が正しいみたいです。

寒い時期だから、寒風摩擦だと思いますよね。


[3]手洗いうがいで風邪予防 lovelykuma

あるとき、友人がうがいをしてるんだ。

風邪ひかないように。

といっていたのを聞き、なんでも人のやってることを真似したがる私は

早速翌日から、会社についたら手洗いとうがいをしていました。

多分、秋ごろからずっとやっていたのだと思います。

その冬は風邪もひかず、健康に過ごすことができました。

翌年春になりすっかり忘れて、いつもの生活。

その冬はそのまま忘れて、何もせず生活。

風邪をずーーーっと、引き続けていました。

どうやら、すごく効果があるんだと、思い返しそれ以来、1年中手洗いとうがいをしています。

おかげでここ数年、風邪もひかず、健康な日々を過ごしています。

目に見えないけれど、小さな健康づくりですね。


[4]ビタミンC sony-191

冬といえば風邪の季節。うちではレモンやさつまいもを使った料理をよく作ってます。

冬の乾燥肌にもいいし、ビタミンcで元気に冬を乗り切りたいです。


[5]みかん sayonarasankaku

冬は、みかんというイメージがあります。

コタツでみかん、ビタミンもはいってるし、

いいですよね。

でも、むかしのほうがたくさん食べた気がします。

今は、お菓子がいろいろあるからなのかしら・・・


[6]真冬の旬の味覚・・・お鍋? tibitora

真冬の旬の味覚はお鍋かなと思います。

旬の野菜をたくさん入れたおでんや水炊き、あつあつのお鍋は体が温まります。

大根も夏のものよりしっかりやわらかく煮えるのでおいしくてうちではおでんにたくさん入れています。

寒いときにはお鍋が恋しいです(笑)


[7]牡蠣鍋 lovelykuma

今、丁度旬のようで、海沿いでは牡蠣鍋が振舞われているそうです。

休日に、大なべで作る鍋なんて、もう、おいしいなんてもんじゃないでしょうね。

毎年、連休に牡蠣をたべにいきます。

身がひきしまって、ぷりぷりした牡蠣を生でほおばる。

思わず笑顔になります。

新鮮な牡蠣を焼いたり、フライにしたり。

何個でも食べられちゃいますね。

昔は牡蠣を殻付のまま貰ったものです。

おばあちゃんと、玄関先で一生懸命あけていたのを思い出しました。

ここにナイフをいれて、ちょっと力をいれると簡単にあくんだよ

と、魔法のようにやっているのを見るのが楽しかったなぁ。。

今ではスーパーの牡蠣はむいてあって簡単に食べられる。

それもいいけど、たまには殻付の牡蠣を自分であけて食べてみたい^^

今年も、牡蠣を食べにいきます♪


[8]>5 こたつでみかん tibitora

こたつでみかん、いいですよね。

一緒の袋に入っていた物でも甘いのやすっぱいのがあって、甘いみかんに当たる(?)とうれしいです。

お菓子を食べてしまうよりみかんのほうがビタミンもあっていいなと思います。


[9]>6 やっぱり、お鍋でしょうね。 sayonarasankaku

身体の中から、ポカポカしますよね。

そのおうちによって、味が違うところも興味深いですよね。

ちなみにうちは、鍋といえばなんでもポン酢の家です。(笑)


[10]体を温める otayori

血行促進!半身浴、風邪気味のときは足浴。めんどくさいときは手浴。

全体の体力が弱ると風邪もアレルギーも少しずつ出てくるんですけど

温めるとどちらも引っ込んだりします。


[11]聖護院大根 lovelykuma

かぶのような大根。

京都の名産。

大根の旬は冬ですが、これも同じく冬が旬。

多分、名前は知ってるけど?という人も多いはず

これは千枚漬けに使われる大根なのです。

だから、千枚漬けは冬にしか販売されていないんですよね。

甘みが増しておいしくなった大根で作ったお漬物。

毎年冬が楽しみです^^


[12]>4 ビタミンC otayori

出かけてるときも、自販機でホットレモンとか買って飲んじゃいます。

家ではローズヒップティーなど。


[13]>2 そのようです(笑) lovelykuma

ずーーーーっと、勘違いをしていました。

というか、漢字で書く機会がないので、変換をしたままかいてしまいました^^

乾いた布で体をこするので、乾布摩擦というそうです。

おじいちゃんは、布じゃたるい!なんていって、お風呂のナイロンのタオルで体をこすっていました。

真っ赤になっていましたが、本人はこれがいいんだと、満足げに話していました。


[14]>4 風邪にビタミンC tibitora

風邪の予防にビタミンCはいいですよね。

野菜の天然のビタミンCや、サプリメントのものもとっています。

私もビタミンCで風邪などをひかずに冬を乗り越えたいです。


[15]>3 習慣になりましたー otayori

最近は毎日帰ったらイソジンでうがいしてます。


[16]>8 こたつでみかん anhelo

そんな風に、当たりだはずれだといいながら、間近でわいわいお正月、これがなかなか素敵な感じ。


[17]>9 いろいろありますよね fumie15

キムチ鍋や寄せ鍋、しゃぶしゃぶなんかも。考えただけでおなかが減ります


[18]>8 こたつでミカン haruyo_koi

これが、一番おいしいと思います^^

ビタミンもたっぷり。みかんのおいしい季節ですねぇ?。

すっぱいのは、もんで食べます。


[19]>11 なんとお読みするのでしょうか? fumie15

ちなみに私は東北地方で育ちました。

なんとお読みするのでしょうか?


[20]カニ haruyo_koi

冬といえばカニ。

年中食べられますが、やっぱり、11月に解禁になったあとに取れるカニは身も引き締まっていて別格。

1ヶ月に、3,4回くらいは食べています。

焼きがに、酢の物、ナベ、お寿司、たくさんの料理がありますが

やっぱり、ゆでてそのまま食べるのが一番!

あ?。また食べたくなってきた。

先週3杯も食べたのに(笑)


[21]>13 以前は、 sayonarasankaku

子供の頃、やったような気がします。

寒い中で薄着になるのは、精神的にも強くなりそうです。

きっと擦るから、血行も良くなるんでしょうね。


あんまり、やりすぎは良くないかもしれませんけれど・・・(笑)


[22]>16 みかん fumie15

手が黄色くなるまで食べます。

おいしいですよね。


[23]生姜湯 tibitora

寒い日は生姜湯を飲むと体がぽかぽかとしてきます。

生姜の千切りを多めに入れて少し濃い目に作って、はちみつを入れて甘めに作ります。

飲み終わった後の生姜も食べるのですが、食べ終わっ後くらいには足の先もぽかぽかとしてきて、そのまま布団に入ると眠りやすいです(笑)


[24]冬の野菜は・・・ haruyo_koi

冬の野菜は、主に体を温める効果があるそうです。

かぶやホウレンソウ、大根、にんじん、白菜など。

だから、そういうものをたっぷりとる、お鍋が人気なのでしょうね。

鍋はそれだけで体があたたまり、しかも、野菜で体を温め

寒い冬を乗り切るのでしょうか。

ビタミンも豊富な野菜を食べて健康に過ごしたいものです。


[25]>23 いいですね fumie15

今年はしょうがのはちみつ漬けを作ってしまいました。

蜂蜜を少し更にあけて刻んだはちみつをいれています。

ハーブティーに入れたりして最高です。


[26]>21 寒いとき haruyo_koi

寒いときこそ、寒い場所へ。

いやぁ。想像しただけでも、寒くなりますね(笑)

それでも、健康な体をつくるには、子供のときからこういう修行?のようなものが必要なのかも?。

子供のときだけでも、自分の子供にはこういう事をさせたいですね。


[27]ブリしゃぶ powdersnow

昨年はテレビなどで大々的に取り上げられていましたが、今年はさっぱり見なくなりましたね。

かくいう私も、昨年にその味をしった者ですが、旬を迎えた魚というのは、実に美味いです。

このブリしゃぶも、地元の富山で旬のブリを扱った食べ物だけあって、実に食べ方を心得ていると言いますか……美味いです。

刺身も当然美味いのですが、しゃぶしゃぶすることによって、余計な油が抜けるというか、非常に食べやすい感じになると。

今年もあと何回かは食べたい一品です。


[28]大根はちみつで喉を守る haruyo_koi

大根を1cm角にきります

それをはちみつの入っているような大きなビンにいれ、

はちみつをたらします

でてきた汁が、喉にすごくいいんです。

これでうがいをしてもよし、風邪ではれているときにのむもよし。

大根のビタミンが豊富なので、効くのだと思います。

このハチミツをなめても、大根をたべても、喉の炎症が治まるのが早いです。

毎年、風邪をひきそうになると、母が作ってくれています。


[29]>22 ビタミンが嬉しい powdersnow

インフルエンザや風邪がはやる季節ですし、身体には気を遣いたい……そんなときには、いいビタミン補給源ですね。


[30]>15 手洗いうがいは大事ですね helltaxi

子供の頃からの習慣でやっていますが風邪予防に良いらしいですね。


[31]>12 風邪っぽいと思ったらビタミンC helltaxi

これも子供の頃からの習慣ですが風邪っぽいと感じたら

ビタミンCを多く取るようにしてます。

サプリメントからレモン系のジュースなど、いろいろありますが

その時できる方法でやってます。


[32]「七福神巡り」で、運動不足を解消 powdersnow

東京だけでも、谷中や浅草など、さまざまな場所にある七福神巡り。

お正月明けで、食べ過ぎた身体には、お散歩をかねて七福神巡りをするのがお勧めです。

見知らぬ土地で、いろいろな街角を眺めて、お寺で心を落ち着けて、ちょっと見かけた美味しそうなものを食べて……

目的のない散歩もいいものですが、ちょっとした目標もつけて歩くのは、また面白いものです。


[33]>29 やっぱり冬はこれに限る Zelda

よく昔は、コタツの上にチラシで作った箱にみかんを入れて常時置いておいたものです^^

今年買ったのは、結構甘いものが多くて良かった。

箱がいが多いので失敗した時はショックですけどw


[34]>7 ちょうど昨夜牡蠣タラ鍋でした helltaxi

この季節は、おいしくてよく食べます。

子供の頃はあまり牡蠣が好きじゃなかったのですが

大人になるにつれておいしく感じるようになりました。

ちなみに今朝は残った鍋で雑炊にして食べました。

この季節の定番メニューですね。


[35]TVを見ながら足踏み足踏み Zelda

冬は外が寒いですよね。

どうしても室内でゴロゴロしがちで運動不足になったり。

TVを見る時間が多い人って多いと思いますが、ただ座って見ているのでは何かもったいない気が…。

なので私は、この時間を有効に活用しようとTVを見ながらその場で足踏みしてます。

外に出てウォーキングとなるとコート来て手袋しても寒いですし準備も面倒ですがこれなら結構気軽にできます。

私の場合、時間を決めて足踏みしています。

例えばこの一時間のドラマの間は、見ているかんずっと足踏みしていようとか。

TVを見てる間ただ何気に足踏みしているより、ここからここまでの時間でやるんだって目標というか終わりをつくってあげると続けやすいです。

さぁて、今日もTVの前で足踏みだぁ♪


[36]>30 今の時期は特に注意ですよね Zelda

とはいうもののなかなかうがいの方は実行できてないのですが(^^ゞ

インフルエンザとかにやっかいなものにかからないように人ごみが多い場所に行った際などだけでもこれからはなるべく心がけるようにします。

やっぱり健康が一番ですもんね


[37]>36 これが基本でしょうね。 sayonarasankaku

帰ったら手洗いうがい、

これがまず第一歩でしょうね。


紅茶でうがいをすると、とても良いと聞いたことがあります。


[38]>37 風邪予防に水うがい iijiman

ヨード液のうがい薬を使うより、水でうがいをしたほうが、風邪予防に有効であるという調査結果もあります。

(京大保健センターHPより)

http://www.kyoto-u.ac.jp/health/006.htm

ただ、風邪を引いてしまって喉が痛くなってからは、ヨード液のうがい薬を使った方が、痛みが和らぐような気がしますね。


[39]大根おろし azaburecipes

消化を助けるので胃腸にもいいし、大根の汁は脂肪を分解してくれるそうでダイエットにもいいようです。冬の大根は甘みがあって、おいしくて野菜の少ない季節には重宝します。おかずの一品になるので、おすすめです。


[40]>33 最近出回っている「石地」というみかん iijiman

「石地」(いしじ)という蜜柑があります。

最近、うちの近所でも出回り始めました。

これが好きです。

皮は剥きにくいけれど、甘くて美味しいです。

冬の半ば以降に出回るようです。

冬の健康づくりに、どうでしょう。

http://www.40net.co.jp/~kunie/rojimikahan.htm


[41]>25 そうそう anhelo

自分で作った訳じゃないけど、帰省したときに飲んでみたら、効きますね?これ。

額に汗が浮かぶほど、ぽっかぽか。


[42]>17 お鍋 chika508

簡単調理で栄養たっぷり!バリエーションも豊富ですよね。

残ったら翌朝の味噌汁代わりにもでき、朝起きるのが辛い私には最高です。


[43]>40 みかんに限ります。 toukadatteba

こたつとみかん。セットですよね!!!

ついでに猫もいれば最高です。でも働く意欲がなくなってきますww


[44]>39 冬大根に白菜も toukadatteba

冬の大根は本当においしいですよね。地域が地域なので、大根も白菜も、この時期は、外煮出して保管していたほうがかんたんなので、外に出しています。あまみが増していて、おでんにしてもおいしいし、白菜なんか、鍋にどばっといれてたべるのも最高です。野菜のおいしい季節でもありますよね?。体にもいいですし。


[45]>42 おなべののこり toukadatteba

おいしいですよね^^私も味噌汁代わりにしちゃいます。

あと、残り汁でうどんとかにもしますよ?!


[46]>43 ビタミン actro

みかん大好きです。一度に2、3個は食べてしまいます。

ビタミンもたっぷりで健康にも良いと思います。

新鮮な柑橘系の果物はガン予防にも良いと言われていますね。


[47]>38 習慣 actro

最近は手洗い、うがいが習慣になってしまいました。

外から帰ってきたときには必ずしています。

簡単なことでも予防できるので大切ですね。


[48]>45 フグ actro

鍋料理いいですね。

その中でもフグはやっぱり食べたいですね。

高級なものは、なかなか食べられませんが。。。


[49]ウォーキング teionsinonome

もう5ねんぐらい、毎晩母とウォーキングをしています

今の時期は寒くて「今日はお休みしようかな」って一瞬思うのですが、一回サボったらサボりグセが付いてしまうので気合で出かけます!!

もちろん重ね着でモコモコになってます それでも最初は寒いのですが、15分もすれば温まってきます

よく「どうやったら5年も続くの?」と聞かれますが、続けるコツは誰かと一緒に歩くことです!

皆さんも意志の強い相方を見つけてウォーキングしてみてください

冬は星がきれいですよ?☆


[50]冬の味覚☆おもち teionsinonome

旬なのかはわかりませんが、冬といえばおもち!

今年は色んなおもちメニューに挑戦しています

いちばんのヒットはカレーもち

カレーのご飯の変わりに焼いたおもちを入れるだけなんですけど、とってもおいしいですよ

それからレンジで柔らかくしたおもちに明太子とチーズを乗せて食べるのもヒットでした


[51]>47 大切ですね tibitora

手洗いとうがいは大切ですね。

うがい薬を使うより、水でうがいをしたほうが風邪予防にいいのははじめて聞きました。

iijimanさん教えてくださってありがとうございます。

私も紅茶や日本茶でうがいをするといいと聞いたことがあります。

殺菌作用があるのかなと思います。


[52]>51 うがい wacm

手洗いうがいは大切ですよね。私の通っていた小学校では当時としては珍しく緑茶によるうがいが徹底されていたので、風邪で休む生徒は少なかったと思います。乾燥して風が蔓延しやすい冬を健康に過ごすためにはうがいは欠かせないものですね。


[53]>46 みかん wacm

父の実家がみかんを作っているので冬になると毎回ダンボールいっぱいに送ってくれます。腐らせないように半分はご近所さんに配っていますが、近所の友人の評判もいいみたいです。みかんはお茶と一緒にセットになっていますが、どちらも風邪を予防するためには欠かせない食べ物・飲み物ですね!


[54]>48wacm

鍋料理は作るのも簡単、賑やかになって食事の時間を楽しむにはうってつけの料理ですよね。冬になったら鶏の水炊きやキャベツを使った鍋が自宅では多いですが、外で食べるにはアラ鍋でしょう。アラのこく、さっぱりとした肉質、どれを取っても最高級だと思います。


[55]縄跳び wacm

冬と言ったら縄跳び。といっても、私は縄跳びを年中していますが、小中学生の時は冬に縄跳びをしていたので冬と言ったら縄跳びが真っ先に思い出されます。上手に飛べるとどんどん級が進んでいき、二重跳びで初段でした。TVで三重跳びを何回もしている人を見たことがありますが、驚きです。


[56]>41 ショウガ湯 wacm

風邪っぴきでしたので、よく母からショウガ湯を飲まされました。風邪がひどいときにはネギをノドに巻かれ一気に治すと言ったこともありました。ハチミツを入れるともっと良いらしく、テスト前などはよく飲んでいました。ショウガは身体をぽっかぽかにしてくれるので役立ちます。


[57]>53 みかん fwap

みかんはおいしいですよね。この季節になるとスーパーの果物コーナーはみかんのオレンジばかりが目に付きます。私の家では、ヨーグルトにみかんを入れて食べます。みかんのすっぱさがヨーグルトの深さをよりいっそう引き立ててくれます。夏ではできない贅沢だと思ってます。


[58]イチゴ fwap

冬のスーパーはイチゴの鮮やかな赤に目を奪われます。イチゴは生クリームやコンデンスミルク、黒砂糖どれにでもマッチする美味しさがあります。ただ、やはり素材を一番に味わうには何もかけないで食べるのが一番でしょうか?!ただ、コンデンスミルクをかけて母と一緒に食べたことのも思い出です。


[59]>55 縄跳び fwap

体育の時間に縄跳びありましたよね。縄跳びができないとクラスから白眼視されるのがイヤで一生懸命にできる友達に放課後教えてもらいました。縄跳びができないのではなく、単純にまっすぐ飛べない、同じように縄を廻すことができていないと気づくまでに時間は結果的に掛かりましたがクラスでもなかなかの上達者にはいることができました。この考え方はゴルフにも応用できたので、そのフォームの正しさのつながりに気づいたことに大人になってから驚きました。


[60]>52 うがい fwap

手洗いうがいは大切ですよね。父が体力を使う仕事をしていたので、うがい専用のコップが洗面所にありました。毎日私たちに「うがいは何度もしろ」って言っていた父もいまでは年老いましたがうがいを徹底づけることは我が家にも受け継がれています。やっぱり、風邪対策には手洗い・うがい・栄養が一番ですよね。


[61]>54 鍋料理 fwap

鍋料理、私は大好きです。鶏団子やつみれ・・なんでも入れてOKですし、具材を食べた後のぞうすいやうどんは極めつけにおいしい。それに、家族そろったときに食べるので食卓も賑やかな時間で楽しめますね。冬の食卓ではすき焼きが思い出になるんでしょうか。


[62]>60 うがい aekie

うがいの徹底・せっけん手洗いは外から家に帰ってきたときには家では徹底されていました。風邪をどこからもらってくるか分かりませんし、体力を落とすのをさけるためにも手洗いとうがいは欠かせません。大人になったいまでも欠かさずしているときです。ですので、忘れたことを気づくと心配になってしまいますね。


[63]>57 みかん aekie

冬にこたつで食べるみかんは格別ですよね。こたつで食べるみかんにほうじ茶の組み合わせが好きです。みかんは一回で食べることができないくらいの量を山にして食べるのが好きです。一人暮らしになるとそういうことができないので残念です。ただ、冬の果物と言ったらみかんが一番ですね。


[64]5本足の靴下 miyupie777

冷え性対策に試しに履いてみたらもう手放せなくなりました。

足の冷えの改善だけでなく皮膚もすべすべになりますし、おすすめです。

絹5本足+綿5本足を一緒に履くとさらに効果的。


[65]>61aekie

キムチ鍋やおでん何でも鍋に合いますよね。鍋パーティーで友達を呼んで食べるとそれぞれの好みが反映されたものになって楽しいです。ポン酢が好きなのですが、一度なけなしの金を出して高級品を買ったのですが市販のものと比べておいしかったので虜になってしまっています。鍋の具材も大切ですが、つゆやタレも同じくらい重要ですよね。


[66]>59 縄跳び aekie

縄跳びは自然と得意になりました。小学生まで体操をしていたのであまり練習しなくても簡単でした。ただ、三重跳びしながら交差跳びを10回連続で飛べなくて悔しかったですね。高いところからジャンプして、四重・五重跳びしたのも面白かったです。


[67]湯たんぽ miyupie777

あのほのかな温かさがたまりません。

最近エコアイテムとして再評価されているおかげで、大きさもデザインもバリエーションに富んでいて、うれしいです。


[68]>58aekie

みかん同様スーパーで最近見かけますね。最近はまっているのが福岡のあまおう。甘みが今までのイチゴとは比べものにならなく、イチゴ独自のすっぱさが抑えられています。値段はもちろん高いですが、とっても美味しいので食べて下さい。イチゴと言ったら近隣諸国との特許の問題もあるので、農家の人たちや国には頑張ってもらいたいです。


[69]>50 お餅! miyupie777

冬といえばおもち!ですよね。

カレーもちも明太子チーズも美味しそう。今度試してみます。

我が家のヒットは餅グラタン。焼いた餅の上に炒めた鶏肉、ほうれん草、しめじをのせて、その上にとろけるチーズをのせてオーブンへ。鶏肉の代わりにベーコンでも美味ですよ〜。


[70]>31 風邪にビタミンC miyupie777

我が家も風邪っぽいと感じたら即ビタミンCを大量摂取です。

普段も風邪予防に鼻や喉の粘膜を強くするため意識して摂るようにしています。


[71]白菜 iwavan

私が冬に食べる旬の食材といえば、白菜ですね。

ほとんど鍋に入れて食べることが多いんですが、採れたての白菜を頂いた時などは、適当な大きさに切って味噌(もろきゅう)につけて食べると最高においしいです。

また、沖縄でよく見かける油味噌につけてもおいしいですよ。


[72]>65 冬は鍋! koume-1124

冬はキムチ鍋ばっかり食べてます。

キムチ鍋に飽きても色んな味の鍋があるので、毎日でも食べてたいくらい♪

野菜も沢山取れて栄養満点だと思います。


[73]>32 全国にありますね。 choco-latte

七福神めぐり。

東京の七福神めぐりだと、七箇所歩くのにだいたい1時間半?3時間くらいのコース

が多いみたいですね。ちょっとした散歩にちょうどいいですよね。

私も今年の正月休みに柴又七福神巡りをやろうと思いましたが、風邪を引いてしまい

いけませんでした。春になったら行ってみようと思っています。

七福神というと7体の神様で、7箇所を巡るのですが、

浅草の七福神はなぜか寿老人様と、福禄寿様が2体ずついるんですよね。


[74]>72kinnoji7

温かい鍋を食べて気持ちも心も温かくなれますね。栄養も満天です。


[75]>70 ビタミンC kinnoji7

ビタミンCが不足すると体にいろいろ影響してきますね。風邪予防にもビタミンCを多く採るようにしています。


[76]>62 手洗いうがい toukadatteba

昔、大事な歌の発表会の前に風邪を貰ってきていらい、こりてこの時期は手洗いうがいをしっかりするようになりました。それまでは・・・適当でした(笑)

やっぱりぜんぜん違いますね。喉をいためることが段違いに減りました。うーん、効果ありますよ。


[77]>66 縄跳び kinnoji7

小学生の頃を思い出します。冬になると必ず縄跳びをして健康作りに励んでいましたね。大人になってからは縄跳びをしてないのでやってみようかな。


[78]>76 手洗いうがい kinnoji7

風邪予防には一番の対策でしょう。家に帰ると必ず手洗いうがいをするように心がけてます。


[79]>63 みかん kinnoji7

冬の定番ですね。ビタミンも豊富だしこたつで食べるとおいしいですね。手軽に健康作りができます。


[80]>75 ビタミンc atomatom

調べたらアセロラ、キウイ、トマトに多く含まれるとありました。

ビタミンCといえばレモンが代名詞のようですが、トマトの方が多いようです。

トマトジュース好きなので、意識して飲もうと思います。特に喫煙者の方はビタミンをうまく採る必要がありますね。


[81]>27 寒ブリアラ汁 toukadatteba

この時期のブリは、寒ブリというだけあって本当においしいですよね。

私も特にこの時期はよく食べます。その中でも一番作るのはブリの味噌汁。

それも、近所のスーパーで投売りされているアラを集めたブリをやすーく買ってきて、それを昆布とかつおでだしをとった汁の中に入れて沸騰させ、大根とネギをたっぷりいれて、ついでにしょうがなんかもすりおろして入れて、味噌を加えていただきます。

豪快な味で、すっごくおいしいのです!元気が出てあったかくなるので、この時期お勧めの一品です。


[82]>71 白菜の生食 atomatom

へええ、モロミに白菜ですか。なるほど、白菜の甘みがおいしそうですね。

ぼくは白菜の生食といえば、やはり漬物。

白菜の浅漬けにちょいとマヨネーズをつけたものが子供のころから好きでついついたくさん食べてしまいます。

買えばちょっとの量で200円とかしますが、自分で漬けると本当に安価。手間というほどの手間でもありませんし、この時期、白菜は安く出回るのでお買い得ですね。


[83]真冬に冷水 choco-latte

私はひどい冷え性でいつも足先と指先が冷たくなっているので、

冷え性対策をしています。


寒い夜の日はぬるめのお風呂に長い時間入ったあとに、ふくらはぎから下をシャワーで冷水をかけます。その後、冷水を張った湯桶の中に足を突っ込みます。

冷たいのですが、お風呂から出てしばらくたっても足元だけはポカポカになります。

本当は温かいお湯、冷たいお水と交互に3回ずつくらいやるのが一番効果的らしいのですが、

一回でもだいぶ違います。

冬の寒い中でも顔もお湯で洗うと肌の油分がとられてしまうので、

なるべく朝も真水で洗うようにしています。

冷たくて、最初はつらいですが、美容と健康には変えられません。


[84]>81 ブリ大根。 atomatom

とにかくブリのアラをおいしく食べるには一にも二にも血なまぐささを取る、ということだと思います。

ざるの上に広げたアラに塩を多めに振りかけて5分ほど放置。熱湯でアラの色が白く変わるほど洗います。

これだけの下処理でクセがなくなり、あとはショウガと醤油、砂糖など、薄味の味付けでも十分おいしいんですよ。また大根に味がしみるとうまいんですよねえ。


[85]りんごを厳しく一個買い! fusakogane

この時期は信州や東北方面から様々なブランドや「蜜入り」の品物が入ってきますが、我が家では割安な箱買いより顔見知りの八百屋さんで一個一個ずっしりと重くてあんまり真っ赤に赤くないものを買っています。赤すぎると甘味がうすいものがあるのです。それから箱で買うとどうしても何個かはおいしくない「ハズレさん」が同梱してくる場合があります。でも一個買いは八百屋さんのメンツもありますので、種類にもよりますが、赤みはほどほどで甘くて蜜も入ってくることが多いです。りんごって赤くするために葉を取り日光を当てるけれど、甘味は葉を残したほうが強くなるそうです。


[86]>78 手洗いうがい miyupie777

風邪予防の基本ですね。たまにうっかり忘れるとてきめんに風邪をひいてしまいます。


[87]>86 手洗いうがいの徹底。 canorps

我が家でも手洗いとうがいを徹底しています。

かえったら洗面所に直行です。

手洗いもただ適当に洗うだけでは意味がありません。

私自身が、元医療従事者でしたので(歯科ですが)手洗い方法は徹底して。

手の平、手の甲、指の間、手首までとしっかりあらいます。

指先をまとめて反対の手の平であわ立てるように指先を洗います。

(医院では爪ブラシも使っていましたが、家庭では衛生が保てないかなと思い使っていません)よくすすぎ手をよく拭きます。

ハンドクリームのようにのばします。

そういったポンプを押す時も指先ではなく手の甲を使って押すなどしていましたが、家庭ではそこまではしていません。

その後うがいです。

まずは水のみでぶくぶくをして吐き出します。

次にイソジンを薄めたものを作り

ガラガラとのどまで届くうがいをします。

うがい薬は数多くありますが、イソジンを使うのは自分の勤めていたところでよく処方していたせいもあるかもしれません。

イソジンとは別にネオステリングリーンという透明の緑色のものもありますがこちらは老人の口腔清拭によくつかっていたので、自分の中ではうがい薬なのにうがいにはあまりつかわないのです。

それに市販してる中ではイソジンが一番自分には聞く気がするんですよね。

とはいえ、これだけ徹底していても、風邪を引いたりインフルエンザにかかったりも

します。

子供が多いので一人が引くとすぐ蔓延です。

ですので、少しでも移りにくいようがんばりたいと思います。

この冬は低月齢の0歳児がいますのでますます、励まなければなりません。

しかし、実はすでに0ヶ月で上気道炎にかかってしまい、入院という経験済み。

もうあんな経験はいやですよ?。


[88]>24 冬の野菜で味噌汁ばっかり! fusakogane

味噌汁で冬野菜を毎日味わってます。かぶや大根、白菜・・・甘いですよね・・・寒い朝、あったかい味噌汁で体を暖めています。


[89]>80 ビタミンC canorps

風邪予防にはビタミンC

やっぱりみなさんもそうですよね?

私もそうおもっていますが先日よくある健康番組でお医者さんがビタミンCを取ると風邪予防になるは間違ってるといっているのを見たのです。

単純にそのまま受け取り、えええええ!と思ったものです。

そこでしらべてみたのですが、

ビタミンCは、「ビタミン博士」として有名なライナス・ボーリング博士が「風邪をひいたと思ったら、ビタミンCの錠剤(500mg)をすぐ飲む。さらに2時間おきに飲めば風邪は治る。また、毎日グラム単位で摂取すれば、風邪にはかからない」と発表したら、すぐに世界中の話題となりました。

日本人は元来「風邪は万病の元」などと言って、風邪に対して非常に神経質。その風邪がビタミンCを飲めば治るし、日ごろから飲んでいれば予防にもなると言われてしまえば、もうビタミンCへの信頼度は急上昇。「風邪にはビタミンC」は定説になりました。

という記述を見つけました。

なるほどー。と思い読んでいるとそこのページには

重要なのは「ビタミンC摂取」と「ビタミンCの錠剤摂取」は違うということ。みかんを食べることと、ビタミンCのサプリメントを飲むことでは、効果が違うのです。サプリメントのビタミンCは合成アスコルビン酸で、天然のビタミンCに比べると吸収率は5割近くもダウンします。

とありました。

テレビでお医者さんがいっていたのはこうゆうことだったのかな?と思いました。

風邪には休養と睡眠が必要です。

しっかりと栄養を取ることも必要ですからビタミンの豊富な野菜を取り入れたりすることが

大事ですよね。

しかし風邪を引いたときだけではなく普段の生活からそういった食生活をすることも重要なんですね。

スローな生活は、風邪予防にもつながるといったかんじでしょうか?


[90]熱燗で・・・ kabatotto

やっぱし今夜も熱燗でしょっ。


[91]>74 同じく nekomanbo56

鍋はいいですね。暖かいです。


[92]>90 そうです! to-ching

でもとりあえずビールお許しを・・・


[93]>89 水溶性ビタミン to-ching

すぐオシッコになって流れていきます、ご注意を!


[94]>88 ほうれん草 to-ching

これは夏と比較すれば、鉄分、ビタミンの含有量は何倍にもなるそうですね。


[95]>67 何度も書いてます to-ching

低温ヤケドには充分ご注意下さい。大変ですよ!


[96]>26 これはやめましょう! to-ching

はっきり言って何の効果もありません。間違った医学知識の高位にランクされます、皮膚の油を落として、皮膚炎の元となります、象さんの皮膚にしたいなら別ですよ。駄目なものは駄目です!子供に・・・最悪


[97]>84 ブリ大根もあら汁もいいですねぇ…… powdersnow

本当に旬の季節のものは、煮物にする時は、油が出過ぎてしまって、調理が難しいですが。

ブリ大根は、大根と一緒にじっくり煮込むと、酒の肴に最高ですし、

あら汁は、刺身や鍋にした翌日の朝、余った部分でとても美味しいみそ汁ができて、再利用としても完璧ですよね。


[98]>92 冷えた身体に熱燗最高! powdersnow

でも、やはりとりあえずビールなんですよね(笑)

にしても、冬の味覚に熱燗は合う物が多くて、嬉しい季節です。


[99]>91 いろいろな鍋 juic

最近はちょっと変わったのが好きですね。

キムチ鍋とか豆乳鍋とか。

今はカレーなべですか。(もう古い?)


[100]>99 やっぱり鍋 linne

冬と言えば、やっぱり鍋でしょうね。

旬のものをたっぷり入れて煮込んだものほど美味しいものはありません。


[101]>82 海苔と生白菜のサラダ iijiman

生の白菜に海苔が合うことは、あまり知られていないかもしれません。

(1)生の白菜は、一口大に切ります。

(2)白菜を塩で揉み、数分放置します。

(3)海苔は、普通の海苔、すしはねなどを1枚用意し、細かくちぎります。

(4)白菜を絞ります。塩を多めに使った時には、軽くすすいでから絞ります。

(5)醤油適量とゴマ油少々、すりごまを加えて、味付けをします。

元のレシピでは、白菜ではなく、レタスでした。izumimirunさん(庄司いずみさん)のレシピ。

http://izumimirun.exblog.jp/

レタスを白菜に置き換えて、味を少し濃いめにしたのが、この「海苔と生白菜のサラダ」です。

冬は白菜が美味しいですね。


[102]>79 因島 akilanoikinuki

瀬戸内で育った私は、当然みかんが冬のおやつ。因島というミカンの産地がありまして、冬にはそこから段ボールで運ばれてきていました。

日に何個も食べて、「顔が黄色くなるよ。」と脅されていたのを思い出しました。


[103]>19 しょうごいんだいこん akilanoikinuki

小さい頃は蕪だと思い込んでいましたが、味は立派に大根です。

我が家では普通に煮て食べていました。


[104]>101 白菜は w83

鍋に入れる野菜の定番ですね。割合火が通りやすいので、くたくたになるまで煮てしまうことが多いですが、しんなりする程度に煮えたのが一番美味しいです。鍋に入れてはやめに食べたほうが美味しく食べれます


[105]新巻鮭をまるごと楽しむ・・・ fusakogane

一匹をまるごといろんな部位を食べれるので楽しくて大好きです。塩は強いほうが好みなのですが体にはどうでしょうねぇ・・・濃い番茶に生ワサビにイクラを加えて「親子茶漬け」って気に入ってます!


[106]ジャガバター peach-i

じゃがいもでジャガバタが冬に大好きです。

ほくほくした美味しいじゃがいもを頂きます。

でも本当に美味しいじゃがいもの場合は、バターなくても塩だけで食べても美味しい!

http://www.jrt.gr.jp/var/i_mezame.html

インカのめざめというじゃがいもがあるのですが、これが凄く甘くて美味しいんです。

芋の色も違います!

ビタミンも多いので是非試してみてくださいね


[107]冬といえばマスク taknt

外に出るときは、マスクをつけましょう。

マスクをつけると あたたかいです。

顔を 半分ぐらい隠してくれるので、保温されやすいです。

風邪の予防にもなりますから、冬の健康づくりには マスクは 欠かせません。


[108]ホットミルク peach-i

寒い日の夜にはホットミルク・・・

皆さんも経験したこと多いかもしれません。

http://www.susaki-dragon.com/gohan/taberu/post_47.html

とてもいい効果が沢山あります。

ミルクの優しさ・・・甘み・・・

心が落ち着きます。

赤ちゃんがミルクを飲んでスヤスヤ眠るのと同じなのかな^^

寒くて眠れぬ夜にも最適です。


[109]>102 昔よく食べたけど ttz

手が黄色くなるぐらい食べてました。こたつでみかんは定番ですね。最近、あんまり食べなくなりましたけどね。


[110]>100ttz

今はカレー鍋とキムチ鍋が我が家のブームです。今更、薄味がダメになってきた?


[111]>87 やっぱり大事なこと ttz

最近になってやるようになりました。やっぱり必要なことだと分かったので。今年はまだカゼを引いていません。なんとか乗り切りたいものです!


[112]マラソン! ttz

体を絞る意味もあり、健康の意味もあり、始めました。週末だけですが。三日坊主にならないようにがんばるぞ。でも、走っている時は辛くて、何度かくじけそうになりました。。


[113]あまり暖房を付けずに、厚着をしてしのぐ。 ttz

エアコンとかヒーターを控えめにしています。あんまりつけすぎると体質が変わってしまいそうだからです。去年の冬、暖房にべったりくっついていたら、感想肌になってしまいました。そんな経験もあり、今年は暖房は控えめ、半纏なんかを着てあったまっています。今のところ調子いいですよ!


[114]今年の通年サプリは《むすびこよみ(旧暦)暮らし》 TomCat

最近私は、旧暦のことを「むすびこよみ」と呼んでいます。なぜそう呼ぶかはこちら

↓↓↓

http://q.hatena.ne.jp/1228106404/194559/

をご覧いただくとして、とにかく新暦導入以前から存在した季節の行事などは、昔の暦独特の仕組みを知らないと、その由来も意味もよく分からなかったりするんですよね。

たとえば今日、1月15日は「小正月」と呼ばれますが、これは新年最初の望の日(満月の日、つまり十五夜の日→十五日)を指し、今で言う旧暦よりもさらに昔の暦では、満月の日を月の初めとしていたことに由来するんです。

その後に導入された暦では、朔、つまり新月の日を月初めとするように変わりましたから、それ以降、一日が大正月、十五日が小正月、ということになったわけです。

こういう由来は、望だの朔だのといった昔の暦のルールを知らないと、ちょっと理解できませんよね。今のカレンダーでも、たとえば連休の仕組みを理解するには、振り替え休日やハッピーマンデーなどといった制度を知る必要がありますが、それと同じで、伝統の行事を知るには伝統の暦の仕組みへの理解が欠かせない、というわけです。

また、これは今までにも何度か書かせて頂いてきたことですが、《むすびこよみ》で暮らしていると、季節の行事が、本当に実際の季節と一致してくるんですよね。これがうれしいんです。

今のカレンダーで暮らしていると、七草の日の野に七草はなく、桃の節句にはまだ桃は咲かず、七夕は梅雨で星が見えず、菊の節句はまだ残暑で菊など咲かず・・・・、と、この季節のズレはいったい何だ、と言いたくなってしまいますが、これが《むすびこよみ》になると、季節がピッタリ合ってくるんです。

たとえば去年、4月の上旬に甲府盆地を訪れた時、鮮やかな花を付け始めた桃畑に出会いました。ジャスト、《むすびこよみ》における桃の節句の季節です。またサツキは多くの地域で5月末から6月にかけてが花期だと思いますが、《むすびこよみ》でいくと、ちょうど「五月(皐月)」にサツキが咲き誇ります。こんなふうに、花と暦との一致を感じながら暮らすだけでも、素敵だと思いませんか?

また、日付がそのまま月の満ち欠けに対応している《むすびこよみ》は、夜空を楽しむガイドとしても最適ですよね。

こんなふうに暦がそのまま自然観察ガイドにもなってくれる《むすびこよみ》暮らしで、今年一年、ナチュラルな暮らしを楽しんでいきたいと思っています。


[115]暖かい飲み物を取る。 nakki1342

いつもは、冷たい麦茶やジャスミン茶を取る事が

多いのですが

寒くなって来ると温かい飲み物を取ることが多くなります

(ココアや紅茶、お茶・・一つのものをこれ!と決めて飲むわけではないです)


正直猫舌ですぐに飲めないんですが

ふ?ふ?と息を飲み物に吹きかけてちょっとでも

飲みやすくします

温かい飲み物を寒い日に飲むのって冬の日には欠かせないですね


[116]雪と上手に付き合って冬の健康作り Oregano

先日、雪深い土地へ友人を訪ねて行った時、ちょうどその土地での冬の健康作りの話を伺ってきました。題して雪踏み健康法です。

その土地では、一晩に50cmも60cmも雪が降ります。車道は除雪車やブルドーザーが来て雪をどけてくれますが、人間だけが通る裏通りや路地は、通る人が自力で道を付けなければなりません。そういう道では雪の捨て場がありませんから、除雪ではなく、雪を踏み固めることで道を付けます。かんじきを履いて雪の上を歩いて、通り道を踏み固めていくのです。

ちょっとやってみるかとかんじきを履かせてもらって、私もやってみました。ほんの50mくらいの道を踏み固めただけで、じわっと汗が滲んできました。感じとしては、1kmほどをジョギングしてきた感じです。

これはいい運動になりますねと言ったら、土地のお年寄りが、この町ではこれがあるからみんな足腰が強いんだ、同じ高齢化でも都会と田舎では質が違うんだよ、というようなことを言っていました。

また、青森県では雪かきの動作を取り入れた体操を考案して健康作りに役立てるとともに、その雪かき体操を実際の雪かきの前の準備運動にしたり、健康に留意した雪かきのしかたをよびかけるなどして、雪と上手に付き合いながらの健康作りを進めています。

http://www.aiss.pref.aomori.jp/sports/sportsk/index2.html

雪深い土地の健康作り法に、なるほどと唸らされて帰ってきました。自分のためだけに走ったりする都会での健康法と違って、田舎ではみんなのために奉仕しながら健康を作っていきます。そこがすばらしいなぁと思いました。これが日本本来の地域コミュニティの姿だったのでしょうね。都会の暮らしにも、こういうところから何かを取り入れていけるといいと思いました。


[117]万歩計とともにウォーキング。 nakki1342

昨年末に万歩計を買いました

一日一万歩。あるいはそれ以上を目標に歩きたいですね

案外一万歩って達成するにはハードな数字ですが

万歩計の数字があげることを喜びになんて

単純だと思うけれど、それでもいいですよね


[118]>111 手洗い rsc96074

風邪と言えば飛沫感染を思い浮かべますが、実は、ドアノブなどを手で触って、その手で鼻や目を触ってうつる接触感染が多いそうです。


[119]>113 寒さに耐える atomatom

ぼくも暑いのや寒いのに耐えるのが割と好きなほうです。

冬の寒さに耐えるということで、体温を維持するのにカロリーを使い余分な脂肪の定着を防げましょうし、暖房をつけないことによって地球にやさしくしているという満足感も得られますよね。


[120]>108 夜なかなか眠れない時 t-saitou

よく飲んでおります。


[121]>107 医者に注意されました t-saitou

以前、禁煙内科に行った時です。風邪が流行ってるから人ごみの中には、あまり行かないようにと言われましたが不用意にマスクをせず、案の定、風邪をひいて、こじらせました。(トホホ)


[122]>12 手っ取り早く t-saitou

ビタミンC入りのど飴を買ってます。


[123]>64 水虫にも効果あり t-saitou

私も使ってます。


[124]財布の中に常備薬 t-saitou

胃薬、風邪薬、解熱鎮痛剤を入れてます。少し体調が思わしくなかったら、早めに対処しております。


[125]>119 寒さに耐えるというか TomCat

実は、体にとっては温度差がダメージになるんですよね。ガンガン暖房の効いている場所から急に寒い所に行く。これが良くない。体温調節機能が酷使されちゃうんですよね。特に体温の調節機能が上手く働かなくなる疲労や睡眠不足の時などには、十分に気を付けて頂きたいと思います。

また、暖房の効いた部屋で春のような恰好をしていて、そのまま冷え切ったトイレに行くみたいなことも、風邪はもとより、急激な血管の収縮によって引き起こされる脳卒中や心筋梗塞等などの原因となりやすく、実はすごく恐いことなんです。現代人は、見かけは健康でも、血管などを見てみると動脈硬化一歩手前、なんていう人が意外に多いですから、俺は若いからなんて安心はできないんですよ。

そういう急激な温度差にさらされる危険が、ちょっとの厚着で防げるわけです。暖房を控えめにしてその分を衣服で補う。このちょっとした心がけが、命すら守ることにつながるんですよね。衣服を一枚多く着て、暖房温度を1?2度下げる。これで冬場の健康を守っていきましょう。


[126]>93 だから天然のビタミン源が効果的なんです TomCat

ビタミンCは、過剰に摂取された分は、みんな体外に排泄されていきます。だから、少量ずつ小分けに、こまめに摂取していくのが、体に合ったやり方なんです。一粒にレモン何個分のビタミンCなんていう人工的な物でドカッと補給するよりも、ちっちゃなミカンでもちょこちょこ食べていた方がずっと効率的、というわけです。

また、ビタミンCが体の中で効果的に働いていくためには、他の様々な成分の応援が必要ですから、そのためにも、ビタミンC単体ではなく、果物などの食物として総合的に摂取していくのが効果的です。


[127]>116 これぞ冬ならではの健康作り法 TomCat

これは雪深い地域ならではの暮らしのサプリですね。豪雪を健康作りに利用してしまう明るさは、ちょっと視点を変えると毎日がこんなに楽しくなるという、イエはてなのマインドにも通じます(^-^)

また、同じ高齢化でも都会と田舎では質が違うという言葉。何とも頼もしいですね。そうですよ。高齢化が本格的になった時、先に崩れてしまうのは都市社会の方でしょう。そういう時代の当事者となってしまうのが、未来の高齢者である私地の世代です。

そうなる前に、地方の活力、そして創意工夫に注目し、どんどん取り入れていきたいものだと思いました。


[128]>126 ビタミンC cherry-pie

摂取しすぎた分は排出されますのでいくらでもとっても問題ないのがビタミンC

たばこを吸う人やストレスをためる人は、ビタミンCが不足しがちなのでたくさんとる必要があるようですね。


[129]>103 しょうごいんかぶら cherry-pie

これも、有名ですね。

大根でもかぶらでも両方で千枚漬けを作っているそうです。

みためはほとんど変わりません。

どちらも、冬の味覚ですので、今の時期が一番おいしい!


[130]>109 みかん cherry-pie

毎年、はこごと購入します。

たくさんあると、たべすぎるのですが、それでもやめられない(笑)

一気に5個くらいは食べちゃいます。

小粒の方が甘みがあっておいしいような気がします。


[131]腹巻 cherry-pie

なぜか、おなかがでてしまうので

冬は、毛糸の腹巻をして寝ています。

これが一番あったかい^^

長めのパジャマをきていても、どうも、めくってしまうくせがあるようで^^;

朝、おなかが冷たくなっているのを母に話すと、これしなさい、と渡してくれました。

母の手編みの腹巻。

あったかいんですよ?。

ふとんもめくって、朝くしゃみをしている私には冬には欠かせないアイテムとなりました。


[132]>118 感染 cherry-pie

人ごみの中を歩くときはマスクをするようにしています。

ちょっとセキをしている人のそばにいただけで、インフルエンザにかかったことがあります。

感染は怖いです。

恥ずかしいとかどうとか思うより先に予防ですね。


[133]毛布にくるまり、軍手をしながらパソコン操作。 an_shoku_panman

それほど高い操作性を必要としていないからですが、思ったほど問題は発生しませんでした。

軍手を使用している事による入力ミスもほとんど無いです。

毛布も足回り、お腹周り、肩周りと完全武装で対処していますので、夜中や朝方でも

そこまで寒さを感じないですね。

軍手も、通常の物と指先に穴を開けた物と2種類用意しています。

足も部屋履き用の分厚い物を履くので、あとは首から上の部分と

毛布との隙間をマフラーで埋めほぼ完璧です。

問題があるとすれば、武装解除した時ですね。途中のトイレなどでの

気温差が何とかできるとありがたいのですが・・・・。


[134]>77 縄跳び natumi0128

小学校の頃やりましたねー。

みんな競って難しい飛び方を練習していました。

最近、運動のために縄跳びを初めてみたのですが、これが全然飛べない。

小学校の頃はあんなに簡単に飛べていたのに…と愕然としてしまいました。

それで運動不足を痛感したので、小学校の頃のように、は無理かもしれませんが、多少はそれに近づくように、と思ってやっています。


[135]>112 ジョギング kinnoji7

自分も無理をしない程度に軽く自分のペースを守って走っています。ジョギングを始めてからは風邪をひいてませんね。


[136]>97 ブリしゃぶ kinnoji7

特に脂ののった12月頃のものは「寒鰤(かんぶり)」と呼ばれ珍重され真冬の味覚の代表的存在です。


[137]>115 ココア kinnoji7

冬になると毎朝ココアを飲んでます。ココアだけに含まれるテオブロミンは、血液をサラサラにしてくれるだけでなく、毛細血管の血流をよくして酸素や栄養を体のすみずみまで運び、冷え性を改善する効能があります


[138]>106 じゃがバター iwavan

じゃがバターおいしいですよね。

インカのめざめって黄色いジャガイモですよね。

私も去年の新じゃがの季節に、北海道から取り寄せましたよ。

甘くて、おいしかったのを覚えています。

じゃがいもといえば、北海道の北あかりも甘くておいしいですよ。

私は、新じゃがの季節にはこの2つをお取り寄せして、じゃがいもを堪能しています。


[139]>69 お餅 kinnoji7

お餅は正月などに欠かせない行事食として、古くから親しまれてきました。お餅を使った料理は色々ありますが、地域によっても食べ方は様々で、意外な調理方法もたくさんあります。そんな中、好きなお餅の食べ方はやっぱり焼餅ですね。


[140]>49 ウォーキング kinnoji7

無理をせずに運動がするにはウォーキングですね。これで自分の管理ができ健康を維持できます。


[141]>139 お餅 iwavan

私は、一昨年、餅つきを久しぶりにやりました。

雪が少し降っていたので、非常に寒かったんですが、つきたてのお餅を、きな粉や、砂糖醤油でいただいた時は、最高においしかったです。

余ったお餅は、家に持って帰って、餅チーズを作りました。

作り方は、

餅をフライパンで少し焼いて、そこにチーズを入れて、蓋をして蒸します。

チーズが溶けたら完成です。

チーズがパリッとして最高においしいですよ。


[142]>141 お餅を揚げるのは普通ですか? fumie15

お餅が余ると油であげます。そのまま食べたり、醤油をつけたり。

とてもおいしいですよ


[143]>85 りんご eiyan

赤いりんごは美味しそう!

生食料理食漬食。

どんな施法でもこなせる。

りんごは重宝ですね。


[144]>83 冷水浴び eiyan

そんな療法はありますね。

血管の収縮を促し血液の流れを良くします。

やりすぎには気をつけて下さいね。

水行といって冷水をかぶる”みそぎ”行がありますね。


[145]通年サプリ・今年もやりますショーウィンドウの絵画展示 iijiman

昨年、この「イエはてな」でご紹介した「ショーウィンドウの絵」。

我が家の仕事場にはショーウィンドウがあり、そこに月替りで絵を飾っているというものですが、今年もやります。やっています。

昨年と少し違うところは、アロマポットを兼ねたランプがついたことです。実はこのショーウィンドウには、将来的にこのような照明を置くことを考えて、改装の時にコンセントを付けてもらっていたのです。

あと、額も昨年の写真六ツ切から、A4規格に変えました。大きさはほぼ同じですが、縦横比が微妙に変わりました。

[f:id:iijiman:20090116105157j:image:w450]

暖かくなってくれば、猫の朔ぴょんの日向ぼっこも見られるかもしれません。


[146]旬の蕪を使った冬の料理「かぶら蒸し」 TinkerBell

かぶらの白さを雪に見立てていただくというかぶら蒸しは、

その風雅さからも、体の芯からほっかりしてくるような温かさからも、

真冬の旬の味覚にぴったりではないでしょうか。

かぶら蒸しにも色々なバージョンがあるようですが、

蕪に卵白をまぜて、ふんわり白い淡雪のように作るのが基本です。

使う蕪は、京野菜の代表選手、聖護院かぶらが一番だと思います。

でも聖護院かぶらはだいたい年末で市場から姿を消してしまいますから、

今から作るなら、聖護院かぶらのお兄さんにあたる近江かぶら。

これなら2月末までたっぷり楽しめます。

ちなみに近江かぶらの種を京都の聖護院地区に持ってきて育て始めたのが聖護院かぶらのはじまりだそうですから、

植物の種類としてはどちらも同じみたいですね。


母から伝授してもらった作り方は次のとおりです。

材料は3椀分として、

・近江かぶら…500gくらい

・切り餅…1個

・白身魚(ぶりとか、鯛とか)…切り身1きれ

・そのほか、お好みで海老など…3尾(一人あたり1尾)

・銀杏…3個?6個(一人あたり1個か2個)

・百合根…数片(無くてもよい)

・卵白…1個分

・塩…少々


かけるあん

・だし汁…360ml

・薄口醤油…30ml

・みりん…30ml

・葛粉(なければ片栗粉)…45g

・おろしわさび…少々


蕪は皮を厚めにむいて、すりおろします。

(蕪の栄養は皮の部分に豊富なので、捨てずに他の料理に活用してくださいね)

切り餅を5ミリ角くらいの小さなサイコロに切って、すりおろした蕪と混ぜて30分ほどおきます。

その間に銀杏を煎って中身を取り出し、

お魚は3等分、海老は皮をむいて縦半分にして、どちらもサッと熱湯に通して生臭さを取り除いておきます。

30分たったら蕪の水分をきります。

この時きった蕪の汁は体にいいので、お料理している人が特権で飲んじゃってください。

でも食欲不振の家族がいたらわけてあげてくださいね。

おっと、話が脱線しました。

この蕪に、卵白1個分に塩一つまみを入れてよく解きほぐした物を混ぜます。

卵白は、ねろんとした物が残らないよう、菜箸を4本くらい束にして、切るように溶きほぐしてくださいね。

ここまでで下ごしらえは完了です。


ここからは蒸しに入ります。

熱に強い深めの器を用意して(うちではお椀をちょっと小振りにしたサイズの陶器の鉢を使っています)、

お魚や海老を入れ、銀杏、百合根もちょこんと添えて、

蕪をこんもり、具を覆い隠すようにして盛っていきます。

それを十分に湯気が立っている蒸し器で15分。火加減は中火で蒸します。


蒸している間にあん作りです。

だし汁、薄口醤油、みりんを小鍋に入れて一煮立ち。

葛粉(無ければ片栗粉)の水溶きを少しづつ加えてトロ味をつけます。

蒸しあがった蕪にあんをたっぷりかけて、わさびを添えれば完成です。

ふんわりかぶらに、お餅が絡む不思議な食感。

お出しの上品な風味にわさびの衝撃。

それだけでも絶品なのに、下から豪華な具がこんにちは。

もうこれ、寒い冬にはたまらないですよ。

作り慣れておくと、お客様のおもてなしにも最適な一品になると思います。


[147]通年サプリ・3色の「キハ04」を、かわりばんこに飾る iijiman

昨年暮れ、イエはてなで貯めたポイントで、ついに購入することが出来た、3両の「キハ04」。

楽天で1両2080円。

rakuten:hobinavi:10000010:detail

実物は戦前から昭和41年まで国鉄で活躍していた車輌で、昭和50年代頃まで一部が私鉄で走っていました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84%E3%82%AD%E3%83%8...

なぜこの模型を買ったのか。それについては、遡ること30年くらい前のことになります。

茨城の親戚に、面白いところに連れて行ってやる、と言われて、車で連れてこられたのが、関東鉄道筑波線(当時・後の筑波鉄道)沿線。

その時、2両編成がやってきました。それは2色塗りの平凡なディーゼルカーに見えました。確かに風情はあるな、とは思いました。

だがそれで終わりではなかった。

2両目、振り返り様に見たのが、このキハ04(関東鉄道ではキハ461またはキハ462)でした。

びっしり並んだ側面の小窓。最後部は前面4枚窓。その衝動は「まるで恋だね」。

筑波鉄道には1度だけ乗りまた。1987年。廃止が決まってから、1度だけ。キハ04には乗れませんでした(その時には既に使用されていなかったという説もある。)

やがて私は車を使うようになり、つくば市の桜交通公園でキハ04が保存されているのを、遠目に眺めたことはありました。その時には、あまり強い印象はありませんでした。

そして、今。

さいたま市に鉄道博物館が出来た時、このキハ461が保存されるというニュースを聞きました。

ネットで写真を見て思いました。前面4枚窓。ああ、やはりこれは凄い、と。なぜ凄いと思うのかは自分でもよくわかりません。

ワンマイルという会社が、これを、走行しない展示用の模型として製品化しました。

それがまた、製造当初・昭和30年代=現在の鉄道博物館の色・国鉄晩年(朱色とクリーム)の3色を出した。尾灯や前照灯の違いも作り分けているという、コアな製品でした。

最初は、どれか1両欲しいなと思いました。

でも、私の記憶にある「キハ461又はキハ462」は、3両のどれでもない。なぜなら、いずれも関東鉄道筑波線の塗装とは違うから。それに一番近いものを、強いて選ぶとすれば国鉄晩年の塗装です。

とはいえ今保存されている鉄道博物館の色も味わいがあるし、登場時のぶどう色2号も渋い。どれにしようか。決まらない。それぞれ色が違うだけでなく、ドアが木製の時と金属製時、ヘッドライトの形、テールライトの配置まで作り分けられています。

結論は「大人買い」。全部買ってしまおう、と。

[f:id:iijiman:20090116135213j:image:w450]

で、今、手元に3両のキハ04がある訳ですが、これを、部屋の片隅に飾っています。

ある時には重厚な「登場時の姿」。

ある時には明るい「朱色とクリーム」。

ある時には渋い「鉄道博物館バージョン」。

3両いっぺんにではなく、1両ずつ出しておいて、数日に一度、取り替えます。

そして、それを眺めては、にやりとしたりしています。

今日は「登場時の姿」を出しました。

延々と書きましたが、私は変な人かもしれませんね。


[148]>146 かぶら蒸し iwavan

うわー、おいしそうですね。

もっと手間がかかると思ってたんですが、時間もそんなにかからない感じですね。

今度時間あるときに作ってみよーっと。


[149]>148 かぶら cherry-pie

かぶらをむして、柔らかくして

そこに和風のしょうゆベースのあんをとろ?りかけて

なんともいえないおいしさですねぇ?

私もかぶらが大好きで、よくつくります。


[150]>134 おおなわとび cherry-pie

クラス単位で対抗合戦をしていました。

お昼休みに体育館で練習を。

クラスが団結するいい機会だったと思います


[151]>105 うんうん cherry-pie

これ、わかります。

鮭は、部位によって、味がかわりますし

それぞれの楽しみ方ができますよね。

1本まるごとかってきて家族で楽しんでいます。

最近は、バターソテーが、お気に入り。

ちょっと焦げ目がついたほうが、香ばしくっておいしい!


[152]>95 あえて・・・ cherry-pie

書く必要はないと思うのですが・・・。

見ていると、誰かの意見に反対するのが得意なようで・・・。楽しくコメントできるといいと思います。

私は湯たんぽ愛用派です。

低温やけどをした例というのは、それ程ないと思います。

実際問題がないからこれだけ日本でも普及していると思います。

最近は、かわいいキャラクターのものなどもたくさんありますよね^^


[153]>104 白菜 cherry-pie

なべには欠かせません。

やわらかくなり、大きさもちいさくなるので

たくさん食べることができます。

私は芯の部分も好きなので、すこし柔らかくなるまで煮込みます^^


[154]>153 白菜 futanbo

結構何にでも使えますよね。焼きそばにキャベツの代わりに

入れたり。わがやの今日のおかずトン汁にも入ってます^^

旬のものは安いし、体にいいし大変結構です。


[155]>150 縄跳びかあ・・ futanbo

体がすぐにあったまりますね。

そうかあ。あれは冬のスポーツなんですね。

二重とびができるとかっこよかったですよね。


[156]>142 揚げおもち futanbo

なんか昔食べたような記憶が・・・。

おいしそうですね。おかきになりそうだけど。

揚げすぎると。


[157]>135 超かる?いジョギング futanbo

毎朝散歩をしてるんですが、この

時期は寒いし、夏に備えての体力

作りと思って時々走ります。

でも、腰痛があるので、痛いときは

ほとんど歩いてる速度で一応走って

ます。

走るとすぐに体があったまって、血行が

よくなるから、冷え性にもいいです。


[158]>136 ぶりあら大根 futanbo

いいですねえ。

油ののったぶりあらと大根の

コンビ最高です。ほんと

冬の一品ですね。


[159]>73 浅草七福神は powdersnow

九は数のきわみという古事に由来して、九つ回る形になっているようですね。

わたしは、東京近郊のはそこそこ回っている方だと思いますが、個人的には、浅草は楽しかった記憶があります。

あとは、谷中の街並みも印象深かったです。


[160]>20 冬の味覚ですね powdersnow

年中食べられるものではありますが、だからこそ旬に食して、最高の味を味わいたいものです。

年末にかに道楽に繰り出そうと企んだのですが、予定が合わずに未決行なので、冬のうちに訪れたいものです。


[161]>160 カニは lovelykuma

ゆでたばかりを食べるのが一番おいしいと思います♪

あまみがあって、つるんとのどごしがよくって。

やっぱり、今の時期のものが一番おいしいのですねぇ?。


[162]>96 これは民間療法です lovelykuma

古くから言い伝えられているもので、実際評価しているお医者様の方が多いと思います。

>皮膚の油を落として、皮膚炎の元

とありますが、やりすぎた場合ではないでしょうか?

もしそれが悪いのであれば、お風呂で化学薬品で作られた石鹸などであぶらを落とすのもダメでしょうし、まして韓国で有名なあかすりなんてもってのほかでしょうね^^

なんでも、やりすぎると良くないですが、間違った医学知識の高位にランクという記載は見当たりませんでした。

乾布摩擦による汗腺訓練

http://www.gomiclinic.com/oldlog2/lg0093.html

皮膚を刺激することが良いとされています

http://100.yahoo.co.jp/detail/%E4%B9%BE%E5%B8%83%E6%91%A9%E6%93%...

喘息の治療にも用いられています

http://www.heri.or.jp/hyokei/61kanpumasatsu.htm

新しい皮膚を再生するのに役立っています

代表的な例とすればこのような感じです。

古い皮膚を落とし新しい皮膚の再生を促す、

また寒さに打ち勝つ強い体を作るという健康のためにあるのだと思います。

周囲の医者をしている人たちにもきいてみましたが、できるものならしたほうがいいという回答をいただきました。

どんなことにもいい悪いという意見がありますが、私は実際この方法で小さいときに健康でいられましたし、祖父も高齢まで元気で過ごすことができました。

民間療法で絶対にしてはいけないという事はそれ程ないように思えます。

恐らく、皮膚炎になるというのは、アトピーなど肌の弱い子がやるとダメという記事をみて、乾布摩擦はどんな人でもダメだと勘違いされていらっしゃるのではないでしょうか。

http://www.tokyo-kasei.ac.jp/~uchida/HOI/HOI01/D_19/byouki.html

湿疹や肌の弱い人は、普通わざわざ患部をごしごしこするようなことはしないですよね^^;

痛くて出来ないと思います。

また、大人が子供に対して行うというのも、力加減の差で通常は行わないと思います。

考えればキリがないですが、自分の力で気持ちいいと思える程度に力をいれてやるのであれば、健康にはいいと思いますよ。


[163]>138 じゃがバター lovelykuma

おいしいですよねぇ。

私も大好きです^^

ほっくほくのじゃがいも。

私も北海道の北あかりが、最近のお気に入り。

多分。今年から、近くのスーパーでも売られるようになったのですっごくありがたいです^^

いつも、おとりよせしていたので?。

かわごとゆでて、上に切れ目をいれてバターをのせる。

とろ?っととけたところをかぶりつく。これがまたいい!


[164]甘酒 chika508

ペースト状の大吟醸の酒粕で作る甘酒が大好きです。

マグカップに酒粕と砂糖とお水を入れてレンジでチンしています。

体がポカポカあったまります。


[165]>158 ぶり大根 wacm

ぶり大根大好きです。私が作る料理は母の味を受け継いでいると言われるほど似通っています。世代を超えて受けつながれていくことが手料理の魅力であり、ぶり大根ならではの美味しさなんでしょうね。


[166]>156 お餅 wacm

餅が余ってしまっても冷蔵できますし、冷蔵で程度置いた方が美味しいという話も聞いたことがあります。油で揚げておせんべいのような揚げ餅にして醤油をほんのちょっぴりかけて食べるのも餅の食感の再発見になると思いますよ。


[167]>68 いちご wacm

イチゴは冬の名産!イチゴの美味しさはなんと言ってもあまさとほんのわずかな酸っぱさ。イチゴは一般に冬だけにしか食べられないですが、私の住んでいたところでは春から夏以外はイチゴが取ることができたので、しょっちゅう食べていました。イチゴ狩りも費用対効果はよくありませんが、家族での思い出としてぜひ!


[168]>166 はっ、まだ今年になってから食べてない Zelda

やっぱり砂糖醤油にノリ巻いて食べるのが一番好きですね。

食べる時は結構食べてるはずなんだけど、

今回は全く食べてないです(^^ゞ

たしか家にモチがあったので今頃ながら食べるかなw


[169]>167 大好き^^ Zelda

スプーンでイチゴを一つ一つ潰して、コンデンスミルクをかけて混ぜて食べるのが私の中では定番ですw

ただ、冷蔵庫に入れとくとたまに忘れたりして痛んでしまってガックリきたり。。。

買った後は早めに食べとかないとです(^^ゞ


[170]>152 湯たんぽ wacm

適温なら低温やけどもすることもなく、湯たんぽは快適に寝て過ごせますよね。私はエチレングリコール(!?)の湯たんぽなので電子レンジで何度も繰り返して使えるのでお得です。この冬から使い始めましたが、もう手放せません。いや、足離せません。


[171]旬の味覚の二重奏 鱈の酒蒸し・白子ソース添え Fuel

雪の魚と書くくらいですから、冬が旬の魚と言ったら鱈ですね。鱈は一年を通して漁獲がありますが、特においしいのは厳冬期です。

良い鱈は、切り身の場合、身に透明感があります。良い鱈が手に入ったら、酒蒸しと洒落込んでみましょう。

まず鱈の切り身は沸騰していないお湯(80度くらい)で湯通しして冷水に取り、皮にウロコなどが付いていれば取り除いて水気を取ります。

私は蒸すのはフライパンでやってしまいます。ネギの白い所を1本分斜め薄切りにしてフライパンに敷き、鱈の切り身を乗せて、マイタケやエノキなどのキノコをあしらい、酒大さじ2くらいを振りかけて、蓋をして蒸し煮にします。昆布に乗せて蒸すやり方が一般的だと思いますが、私はたいてい省略してしまいます。

フライパンを使うと、蒸し器の蒸気で味が薄まらない利点があります。電子レンジを使う方法もありますが、持続するあったか感は火で調理するに限ります。

ただの酒蒸しならこのあと盛りつければ完成ですが、今回はもう一つの旬の味覚、白子ソースを準備します。鱈の白子はオスの精巣で、産卵期のみに大きくなります。だいたい10月の中ごろから産卵期に入りますが、走りの時期はまだ未熟なことが多いので、上質なものが出回るのは今!なのです!!2月を過ぎるとアラスカなどからの輸入ものが増えますが、白子は原則冷凍がきかないので、日本の港に水揚げされる物の方が圧倒的に新鮮で上質です。選ぶ時は、白く滑らかで形がしっかりしている物を選びましょう。なお、白子は真鱈の物が圧倒的においしいです。スケソウダラの物などは安いですが、味は落ちます。

白子は適当に切り分けて軽く茹で、その後冷水に取ります。筋などはここで除去しておきます。水気を取り、まな板に乗せて包丁で細かくたたきます。白子の重量の倍程度の出汁と(酒蒸し本体に昆布を使わない分、こちらは鰹節と共に昆布をふんだんに使った出汁とします)、薄口醤油・味醂適宜を鍋にかけて白子を入れ、水溶き片栗粉でトロ味を与えてソースとし、アツアツの所を器に盛りつけた酒蒸しにかけるんです。これは豪華ですよ。

最後に、和食は何かをてっぺんに乗せて薬味にするとともに、まだ誰も手を付けていませんというしるしにしますから、残っているネギの青い所を少し取って極細に切り、柚子皮も細切りにしてきれいに並べて乗せると、見た目も香りもすばらしくなります。

簡単に作れますので、料理の苦手な方にもお勧めします。これ、お酒も進みますよ(ひっそり声でw)。


[172]>137 ココア wacm

ココアはなぜだか、緑茶や紅茶、コーヒーと比べて落ち着きますよね。私は元々猫舌なので熱々の状態を味わうことができないのですが、ある程度の適温になるまで本を読んだり、片付けをしたりと時間つぶしに役立っています。我に返るための時間をココアは提供してくれます。


[173]>164 酒粕で作る甘酒 Fuel

私もある大吟醸の酒粕というのを購入して作ってみました。届いてみて驚きました。良いお酒は無理に搾りませんから、酒粕がジューシーなんですね。そしてフルーティな吟醸香。これはもう酒粕ではなく、上質な酒その物です。

なので私も鍋でグラグラ温めるのはやめにして、あっさりとレンジでチンでいただきました。普通ならレンジなんて本格的じゃない、と言いたくなるところですが、あまりにいい酒粕ですから、しつこく加熱したら台無しです。

おいしかったですね。また作りたくなってきました。まだあの酒粕、売っているでしょうか。最高の酒粕であったまりたいです。


[174]>149 おいしそうです Fuel

詳しいレシピで、これなら私でも作れそうです。最近料理の面白さに目覚めてきたので、ぜひ作ってみたいと思います。

近江かぶらなんてどこで手に入るのだろうと調べてみたら、東京なら築地の場外市場まで足を運べば確実に手に入るようです。スーパーでは見ない気がするのですが、私が知らないだけなのでしょうか。探してみたいと思います。

普通のスーパーに並んでいる蕪でも作って、どんな違いがあるのかも体験してみたいと思います。こういう興味が尽きない所が料理の楽しみですね。


[175]>163 北海道ならイカの塩辛 fusakogane

であえるベークドポテトのようですが、我が家ではベーコンの香りと脂分と塩コショーでちょっと炒める感じの「ジャガベー」がおつまみに好評です。


[176]>170 湯たんぽ fwap

冬の健康作りに欠かせないのが、手先や足を冷えさせないこと!そのためには湯たんぽが一番適していると思います。湯たんぽにカバーを作れば、栓が外れてしまわないようにすれば、お湯がこぼれて大変!ってことはありません。


[177]>175 じゃがバタ fwap

夏だと夜店で買いますが、冬だと北海道へ出張があるときには必ず食べますね。ジャガイモのホクホク感と甘さ、バターの香ばしさがマッチして小さい頃から好きです。健康にはよくなさそうですが、ついつい食べてしまう魔性さが備わっているようです。


[178]>174 かぶら fwap

和食の中でもかぶらに餡をかけたものが大好きです。手が込んでいるので自分では作らないのですが、おそらく素材の良さを引き出し、辛すぎないので冬ならではの温かさと安心感がありますよね。


[179]>162 乾布摩擦は一種のマッサージだと思いますから Fuel

皮膚が痛むほどゴシゴシ擦るものではないと思います。乾布摩擦の起源はインド伝統のアーユルヴェーダだとする説もあり、アーユルヴェーダではシルクの布を用いて体を擦るそうです。

乾布摩擦は皮膚を適度に刺激することで体を活性化し、血行を促したり自律神経のバランスを整えたりしていくことが主眼ですから、皮膚を痛めないようにすることのほか、寒さがいいんだと急に寒い所に出ないなどの注意も大切だと思います。

無理なやり方、間違ったやり方では、どんな健康法でも体に害を及ぼします。これを機会に、正しい乾布摩擦の仕方を調べて実際にやって身につけて、イエはてなからそのやり方を広めていけるといいですね。


[180]>168 冬餅 fwap

冬にご飯を余り食べなくなってしまいますが、お餅をたくさん食べることで寒さ対策もばっちりです。餅はご飯と違ってすでにデンプン質の塊なので、すぐさまエネルギーになります。ですので、身体もぽっかぽか、豚汁にも合いますし、何より簡単な料理です。


[181]>172 ココア fwap

ココア大好きです。仕事柄、細かい文字を精査しなければならないため、ココアを飲むとほっとし、仕事に小休止を与えてくれます。それに、甘いのできっと糖分の補給にもなってるでしょうし、牛乳なので落ち着けるんでしょうね。


[182]>177 じゃがバタ aekie

ジャガイモを電子レンジで温めて、バターを載せるだけで作れる簡単な料理ですよね。ジャガイモの皮がうまく手でめくれる程度に熱加減をするのが難しいです。バターの値段も高くなり、そう簡単に食べなくなりましたが冬に食べたい逸品ですね。


[183]>179 皮膚には to-ching

刺激は要りません。


[184]>128 長期大量摂取・・・・ to-ching

急にやめると壊血病になりますぞ。リバウンドですな


[185]>182 申し訳ない to-ching

新しい芋が取れる夏頃が一番美味しいです。何時でも旨いですね。


[186]>173 甘酒 aekie

甘酒美味しいですよね。大晦日から日付変更あたりに行く初詣では、小さな神社のため甘酒を振る舞ってくれます。幼い頃は酒蒸しと並ぶ飲酒できる唯一の機会でしたので、とても楽しみで待ち遠し-かったです。甘酒のほのかなあまみと特徴ある香り、いまでも思い出せます。


[187]昔はね・・・ to-ching

子供のおやつと言えば、木の箱に入ったミカンと干し芋でした、まぁ、それしか無かったです。冬は!腐ったミカンを早く食べてしまいます、手足がカロチンで黄色くなったものです。干し芋の名産は茨城とは小さい頃知りませんでした、硬いのが多く、柔らかいのがあると嬉しかったものです。今日柔らかいものしか食べたことが無いあなた方!だから、顎も小さくなるし、歯も小さくなってついでに脳みそまで小さくなるそうですよ。


[188]>178 言葉の響きから良いですね。でも to-ching

でも、煮たものは駄目な私・・・大根、カブは駄目だ・・・


[189]>184 ビタミン aekie

みかんやイチゴ、レモンいろいろな果物から摂取できますね。でも、ケーキに載った状態で食べたときが一番美味しく感じます。


[190]>181 ココア aekie

ココアはなんだか安らぎますよね。テスト勉強の時、落ち着けるのでよく飲んでます。よく飲んでしまうとうれしさがなくなってしまうので、あまり飲まないようにしたいんですが、我慢ができないくらいココアが大好きです。


[191]>165 ぶり大根 aekie

母親の作るぶり大根が大好きです。ちょっと甘めなんですが、大根の心まで味が行き渡っていて何度もかみしめてほおの筋肉が落ちそうになります。一人暮らしするときに母から作り方を教わったので、作ってみようと思います。


[192]>190 ココアはいいですよね^^ Zelda

あのほどよい甘さに香りも♪

後はやっぱりお茶はこの時期飲むことが多いですね。

日本人はやっぱりお茶、飲むとほっと落ち着きますw

軽くお茶菓子なんかを食べながら小休止する時間も大事ですよね。


[193]>176 昔ながらのを使ってますw Zelda

東北なんでこの時期雪とか夜のうちから沢山降ってるときとかにたまに使います。

やっぱりあの布団に入る際の程良い温かさはいいですよね^^

そういえば最近のものはどんなものがでてるんだろう?

新しい湯たんぽをそろそろ買ってみようかしら。


[194]足浴 半身浴 そこにアロマオイルを peach-i

冬に足浴、とっても気持ちがいいです。

冷え性なので始めたのがきっかけでしたが、不思議と全身がポカポカします。

ゲルマニウム温浴などに出向いたこともありましたが、手軽に自宅で足浴するのが継続しやすくいいです。

自分は、この足浴の際にアロマオイルを少量だけ入れて・・・香りとともに楽しみます。

体が冷えてくると、代謝も悪くなり、色々な症状が出てきますよね。

体を温めることで安眠にも繋がり、心身ともに元気な毎日を過ごしていきたいです。


[195]>56 生姜紅茶 peach-i

生姜紅茶がお気に入りです^^

市販のチューブの生姜を使わずに生を購入してきて、すり下ろして作っています。

友人がつわりで辛いときにも、出してあげた記憶があります。

吐き気が少し楽になり、とても喜んでくれたので良かったです!

体を温める以外にも様々な効果が大きいので、これからも続けていきたいです


[196]>121 手作りのマスクで peach-i

友人の子供に手作りでマスクを作ったことがあります。

http://ameblo.jp/mfukunag/entry-10055714166.html

ここにも作り方ありますが、とっても簡単です。

お子さんには特にこうしてかわいいものを作ってあげると、嫌がらずに喜んでつけてくれますね^^

色違いで沢山作って、冬のカゼ予防したいものです!


[197]>193 最近ゆたんぽみかけますね! toukadatteba

しかも、犬やねこ、羊といった動物を模した布の中にいれる、とってもかわいいやつ!ほしいな?とつねづね思っていますが、結構高くて買えていません。かわいいしあったかそうだし、ちょっと羨ましい。


[198]>192 温かい飲み物☆ toukadatteba

ココア、甘くて暖かくてよいですよね!

ココアのほかにも、私はあったかいレモネードをつくりますよ!ビタミンもとれて、あったまるので最高です^^紅茶とか緑茶も、カテキンがきいてるので、喉の風邪予防に最適です。おためしあれ?。


[199]>155 縄跳び懐かしい!! toukadatteba

小学生の休み時間、確かに大縄跳びしていました!

冬の寒い時期、あの寒い体育館でよくやっていたなぁとも思いますが、よくよく考えたら、ものすごく熱中して必死に飛んでいたので、(しかも大縄跳びは、ひっかかるとだれだれのせいで記録がとまったなどなど、責任問題になってもめたりするのです(笑))すごく暑かった記憶があります。

あの頃楽しかったなぁ?。沢山の子と一緒になって遊んだのは、いい思い出ですね。


[200]>189 ビタミンひとこと toukadatteba

ビタミンCは沢山とっても特に害はなく、長期にわたって沢山摂取してやめたからといって、壊血病にはなりません^^;壊血病は、長期にわたってビタミンCが不足した状態でなる病気で、現在はほとんど見られません(見れたら奇跡くらいの勢いで見れません。お目にかかった人はある意味幸運?)

なのでご安心あれ!

この時期、ビタミンが不足すると風邪にやられてしまうので、私もビタミン不足にならないように気をつけています。

野菜、果物まんべんなくとるようにしていますよ!特に、林檎やみかんなんか、食後にひとつ食べるとぜんぜん違います?。


[201]>180 おもち! toukadatteba

あの力強い味わいは食べると元気が出ますよね。

私はしょうゆにのりと、きなこ、それから揚げ餅なんかも大好きです!

今年はあんまりたべてないな?。


[202]>133 寒さ対策 eiyan

毎日やってますね。

よくぞ完全武装で突撃を感心です。

トイレ逃避の回数も増えますね。


[203]>10eiyan

足浴手浴は良いですね。

半身浴より手軽ですね。

風邪予防にも良いですね。


[204]>28 大根ハチミツ eiyan

大根とハチミツは相性が良いですね。

ハチミツの殺菌作用と大根のミネラルが相乗効果を醸し出します。

飲み易そうで美味しそうですね。


[205]>35 運動不足 eiyan

外に出ずに家にこもりっきりだと運動不足になりますね。

テレビの前で足踏みや体操して運動不足を解消。

それでも運動不足はありますね。

究極の解消法はない様です。


[206]>117 万歩 eiyan

1日1万歩はハードですね。

続くのが不思議です。

仕事なら達成出来ますが趣味ならどうかな?


[207]>124 財布袋 eiyan

財布の中には色んなものが入りますね。

貴重品からお薬手玉。

最近はカードが多いんじゃないですか?


[208]>194 足浴 eiyan

冬の寒い時にはお風呂に入り難いものですね。

そんな時は足浴すると気持ちが良いですね。

手浴や足浴は手軽に出来るので良いですね。


[209]>131 腹巻 eiyan

腹巻は懐かしいですね。

大切なお腹を冷やさない為にも必要ですね。

今も必要品で利用してるんでしょうかな?


[210]>205 これだけでという意味ではないですよ(^^ゞ Zelda

外に出ずにこれだけをして運動不足を全て解消するという意味でいったわけではないですよ^^

寒い季節は外に出て歩いたりする機会が少なくなるので、こういったちょっとしたことを日常にプラスして運動不足分を補うといいですってことでして。

家にいる時間が多くなる季節なのでその時間をちょっとした運動にまわしてみるとどうでしょうかってことを言いたかったのですが私の言葉が足りなかったようで。。。


[211]冬の「ご自愛」健康管理 tough

冬は「ご自愛くださいね」という心遣いの言葉を聞くことが多くなりますが、ご自愛ってどうすればいいのでしょう。冬のお手軽健康サプリとして、ちょっと具体例をまとめてみたいと思います。


1.たっぷりとした休養と睡眠

徹夜明けの朝、そんなに冷え込んでいないのに寒さが骨身に染みるように感じた経験はありませんか?睡眠不足や疲労は体の活動を低下させ、体を冷やしてしまうのです。さらに体温調節中枢は免疫系と連動しているので、このバランスが崩れると風邪を引きやすくなるそうです。冬はしっかり休養と睡眠を取りましょう。


2.保温対策、特に首やお腹をあったかに

屋外では首の保温がポイントです。首には太い血管が通っていますから、そこが寒風にさらされると、全身が冷えてしまうのです。首を温かに包んでくれ、さらに衣服の中の暖まった空気を逃がしにくくしてくれるマフラーの保温効果を生かしましょう。冷え性の人は、手足だけでなく首も温かにすると、手足まで温かくなってくることが多いです。

脚の冷え対策には毛糸のパンツです。靴下やタイツはかえって足を締め付けて血行を阻害して冷やしてしまうことがありますから、脚の上の下腹部を保温することで対処するのです。さらに腹巻きを組み合わせると最高です。以前、温暖化防止のために股引を穿く男はかっこいいという女性からのエールがありましたが、同じように毛糸のパンツで地球と体へのいたわりを表していく女性もすてきだと思います。


3.冬太りを解消する

肥満は万病の元です。ちょっと適性体重を超えてしまうと、急に風邪も引きやすくなってきます。しかし食べないダイエットはかえって体の機能を弱らせて逆効果ですから、冬は運動で痩せることを考えましょう。

しかし、人の体脂肪は1kgが約7000kcalのエネルギーに相当します。これを運動で削っていくのは大変な苦労ですから、基礎代謝を上げることで脂肪を消費しやすい体を作ることを考えます。人が1日に消費するエネルギーの中で基礎代謝は6割以上を占めますが、動くことで消費する運動誘発性のエネルギー消費はせいぜい3割が限度ですから、運動で直接痩せようとするよりも、運動で基礎代謝を上げる体質改善をしていこうと考える方が得策なのです。

基礎代謝は筋肉の質と量に比例します。質の良い筋肉を全身にムラなく作っていくことが基礎代謝を上げていく要点です。そのためには、毎日の軽い徒手体操が一番ではないかと思います。毎朝のラジオ体操などは手軽にできる、とても効果的なエクササイズだと思います。

背筋と手足をビシッと伸ばしていくことを意識しながらやっていくと、終わる頃には冬でもうっすら汗が滲むくらいの運動量があります。ハードな運動ではありませんが、全身の筋肉が幅広く使われた結果、全体としての運動量が多くなったのです。こういう運動を毎日コツコツと積み重ねることが結果として風邪を引きにくい体を作ります。


それでは皆様、厳寒のみぎり、どうかご自愛くださいね。


[212]>206 目標があるとはりきれますよね♪ vivisan

秋に私も職場の健康キャンペーンで万歩計をつけて歩くことにしました。自分でいろいろとあるいてみて、1日1万歩は難しそうでしたので、バーチャルで東海道を歩いてみました。

毎日歩数系の歩数による距離が出るので、1日ごとにつけていくとけっこうたのしいです。

よーし、明日は箱根の峠を越えるんだ!とけっこうはりきって歩数を増やすことができます。

歩数を出すために、普段はつかっていたエレベーターを階段に変えたりとか、時間に余裕があるときは1駅分歩いてみたりとかすると歩数伸びます。

とくに私の場合はワンコの散歩があるので、ちょっと遠回りして稼ぎましたw

おかげで、無事に京都までたどりつくことができましたよ♪

職場のキャンペーンは終わりましたが、ふだん歩いていてもこれだけ分の距離を歩いているんだという実感がわきましたので、現在は中山道を歩いています。

バーチャルですが、ここの宿場にいったらこれを食べようとか調べて考えるとけっこう楽しいです。

夢は五街道を全部制覇することです。

いつか時間ができたら、本当に歩いてみたいです。


[213]>212 どれくらい歩けばよいもの? ttz

疲れるけどマラソンを始めました。ウォーキングだと何歩ぐらいあるけばいいのですか?それにかかる時間はどのくらいなんでしょう。


[214]>201 正月しか食べませんが。 ttz

しょうゆにつけて、海苔で巻く。定番の食べ方かな?でもあれが一番おいしい。子供のころは断然きなこでしたけど!


[215]>202 軍手でPC! ttz

使いづらそう?。大丈夫なのかな?つるつる滑ってしまいそう。自分は、寒いと手が全然動かなくなってしまうので、軍手しても多分ダメです?


[216]>185 じゃがバター ttz

大好物です。そもそもは居酒屋メニューで好きになりました。さつまいもよりもジャガイモのほうが断然おいしいし、バターの甘みがプラスされるとホントおいしいですよね。あ?口の中に唾液がたまってきた・・・


[217]>200 一時期ハマってました ttz

ビタミンCとか書いてあるだけで健康的!と思ってしまうタイプです。例えば飴を買う場合は、たいていレモン系とか買っちゃいます。特に冬は!カゼ予防とかありますので。


[218]キウイで pspet

家に、キウイの木があるので、冬になるとたくさん食べます。


キウイはビタミンも多く含んでいるらしいので、健康にもいいと思います。


[219]>214 大根おろしでさっぱりと fusakogane

この時期さすがに飽きてくると・・・レンジでチンしたら大根おろしにお醤油でさっぱりと・・・たまにごま油を一滴に七味をパラリ・・・キムチのせもおいしそう!


[220]ひなたぼっこ fusakogane

休みの日たまたまちょっと体調が良くないときにガラス戸を通して、あつあつのお茶を飲みながら、30分でも一時間でものんびりとお日様とおつきあいします。活発に動き回れるほうではないので「ひなたぼっこ」がお気に入りの冬の健康法になっています。いっしょに座布団、寝具一式、それから愛猫を日光浴させると、みんながなんかお天道様のにおいになってこころが和みます。こころと体を温めてありがとうです!


[221]>186 大吟醸のマイ甘酒っていいなあ・・・ fusakogane

スーパーの安売り甘酒に慣れ親しんでいますので、とってもおいしそうに思いました。ちょっとカゼ気味だとショウガを入れて飲んだりしますが、こんどは大吟醸の甘酒で「みたらしだんご」なんてぜひためしてみたいです。


[222]>191 おいしそう!あとは刺身で・・・ fusakogane

しゃぶしゃぶ あら煮 大根と 本当においしそう・・・きょうはテレビでぶり特集ばっかりで・・・寒い晩に熱燗で・・・刺身も食べたくなりました!

赤のホットワインを飲みながら照り焼きもいいなぁ・・・


[223]お餅で手作り揚げおかき・あられ peach-i

おばあちゃんが、毎年作ってくれます!

生でついた餅など、お餅が悪くならないうちに、手作りでおかきを作ってくれるんです^^

お正月は、鏡餅を利用することもあります。

乾燥させて、油で揚げて・・・

シンプルに塩で味付けしたものと、醤油を絡めたものと・・・

ちょっぴり青海苔を振っても美味しいです。

これは、小さいころからい?っつも食べているので、冬になると恋しくなる味です。

市販のものと違って、手作りの揚げおかきは油が酸化してなくて新鮮なので本当に香りもよくてカラっとしてて美味しいんです!

揚げたてを食べることが出来るのも美味です!

お砂糖を少し混ぜたりして、甘辛にしてみるのも美味しかったり・・・

この時期ならではの美味しいお菓子です。

手作りの揚げおかきと一緒に、緑茶をすする瞬間。

あー幸せ!!!!!って感じます


[224]>220 ひなたぼっこしながら写真 peach-i

寒いと家の中にこもりがちですが、冬だからこそ、空気が澄んでいて・・・

少しひなたぼっこしてみるときもちがいいものですね。

だんだんと寒ささえ心地よくなってきたりします。

ひなたぼっこをしながら、足元に咲いてる小さなお花の写真を撮るのが何気に大好きなんです。

太陽の光を浴びてきもちよさそうにしているお花や草木。

みんなニコニコしているように見えてきます。

気づくと自分も笑顔になっていて・・・大好きな時間です


[225]>129 初めて知りました fumie15

たまに「聖護院大根」という文字を見かけるのですが、「大根」とつくので野菜の一種だと思い、通じるのでそのままスルーしてきました。

千枚漬けも食べた時ありません。

どちらかというと関西の方の食べ物なのでしょうか?

それとも我が家の食文化のせいなのでしょうか?


[226]>224 猫と一緒にぽかぽか fumie15

私は猫がいる隣でひなたぼっこをします。

猫は家の一番あたたかいところを知っているのでよく隣に寝ています。

猫は迷惑そうに片目を開けますが、そのまま一緒にぽかぽか。

至福の時間です。



でも腹の上にのるのはやめて・・・。


[227]>169 私も大好きです fumie15

私もいちごに牛乳をかけてつぶして食べたいのですが、幼いころから親が「行儀が悪い」といってつぶすのを毎回諦めていました。

でも社会人になったことだし、いちごと牛乳とコンデンスミルクを自分で買ってきて幼いころからの夢を実現させてみようかな?

ずっとやってみたかったのですが、すっかり忘れていました。


[228]>218 家にキウイの木があるのですか!? fumie15

それはいいですね。

キウイは南国産の食べ物だと思っていました。

日本の、それも普通のお宅にあると知ってびっくりです。

イエはてなにはいろいろ教えられます。


[229]ニセモノのうなぎの蒲焼! fusakogane

小さいガラスケースに東京・浅草・合羽橋(かっぱばし)で買った「特上うなぎの蒲焼重」が飾ってあります。食品見本なのでとってもリアルで、照りも焼き加減も本物以上においしそうで、タレと山椒の香りも漂ってきそうな雰囲気があります。地球上で一番の大好物なので、ちょっと生活費がピンチだったり、気分が落ち込んだとき、ごほうびに食べる日のことを想像して、日常生活にもどってがんばっています!


[230]>94 え!そうなんですか! otayori

貧血気味のとき、たまに鉄分のサプリ飲みますが、

冬のほうれん草、素晴らしいですね!

やっぱり自然は強いなぁ。


[231]>228 キウイ otayori

うちは旦那の叔父が育ててて、たくさんもらいました。

作るのが楽しいそうです。

めっちゃおいしかったです。


[232]>197 次の日は fumie15

使い終わった湯たんぽの中に入っているお湯(もうさめてぬるいのですが)をお風呂に入れてます。

ただ捨てるのはもったいなくて。


[233]今年の通年サプリは「歌う」こと momokuri3

私はイエはてなのダイアリーの元旦のご挨拶で、次のような書き込みをしました。

私は今年の通年サプリを「見えないものを見る」にしようかと思っています。たとえば、見るように音を聞く工夫。オーディオビジュアルなどといいますが、音だけでも、目で見るように鮮やかに心に届いてくる音の聞き方、聞かせ方なんてあるでしょうか。もちろん自然の音も目で見るように楽しんでみたいですね。

そのほかにも、ほら、擬態語ってあるではないですか。キラキラとかユラユラとか、音ではない様子をまるで聞こえてくる音のように表現する言葉。そういうののビジュアル版というか、実際には見えていないものも見えてくるような暮らし方をしたら楽しくなってくるだろうなぁ、なんて思っているのです。冬の中に冬の姿が見えたり、一足早い春が見えたりしてもすてきですね。

とても抽象的なテーマですが、実はさっきコタツでウトウトしている時に思いついたことですので…w

しかし実際に、見えないものを見るように楽しんでいくやり方がなかなか見つかりませんでした。ミュージシャンの人たちはどんなふうに音楽の世界を見ているんだろう、演奏したり歌ったりすることで見えてくる世界ってどんな世界だろうと考えながら道を歩いていると、ふと頭の中に音楽が浮かんできて、実際には鳴っていないのに音が聞こえてくる気がしました。曲は紅白で聴いた、いきものがかりのSAKURAです。歩いているうちに歩調がリズムと合ってきて、思わず歌の一節を口ずさんでしまいました。そうしたら、見えたんです、心の中に、桜が。

今までこんなこと、考えもしませんでした。音楽は好きで毎日のように聴いていますが、自分で歌ってみることで、歌を見るように感じられるとは思いませんでした。

カラオケで歌うような歌い方とは違います。唇に歌をと言いますが、そんな感じで、日常生活の中からごく自然に歌が湧き上がってくるような歌い方です。端から見ればただの鼻歌ですが、私にしてみると、それが暮らしの感性を何百倍にも豊かにしてくれるすごいサプリなんです。今まで感じたことのない新鮮な感覚が広がってきます。

今後の目標は、五感で感じたことを自分なりのメロディにして歌ってみることです。作曲なんていうご大層なものではなく、たとえば花屋さんの店頭で一足早い春を見つけたら、

はる→ソ・ミ

はな→ソ・ラ

といった音楽にならないくらいの短いメロディで歌ってみるんです。気が付くと言葉のイントネーションを音階に置き換えているだけだったりしますが、あとでソ・ミ、ソ・ラ、などと口ずさんでみると、花屋の店頭ですら見えなかった花の微笑みみたいなのが見えてくる気がするんです。

こういう「歌うこと」を通して、目に見えない物や音に聞こえないことなどを、あたかも見えるように、聞こえるように感じながら一年を楽しんでみたいと思っています。


[234]>229 大好物の食品サンプル momokuri3

ショーウインドウに飾られているサンプルを見て食べたくなって店に入るっていうこと、少なくありませんからね。良くできたサンプルは本当に本物以上においしそうです。それを自分へのご褒美の予告として飾っておくのは、すごくいいアイデアだと思います。これは元気が出ますね。

私は地球上で一番の好物といったら寿司です。特上の握りを各種取りそろえたサンプルがほしいなぁ。それを励みにすれば毎日がんばれそうです。


[235]>211 自愛は家族や職場に対する責任でもありますね momokuri3

三つ目の運動には、ちょっと自分への叱咤激励が必要かもしれませんが、1と2はまさに自分に愛って感じの心がけですね。現代人はゆっくりとした睡眠や休養を取ろうとすると怠けているような後ろめたさを感じてしまうなどの悲しい習性を持っています。でもパイロットは睡眠が任務と言われるように、家族や職業に責任を持とうとするなら、本当は「自愛」が欠かせないんですね。無理、無謀はみんなに迷惑をかける結果につながってしまうことを心に言い聞かせて、自分を愛していこうと思います。


[236]>171 うほっ、うまそうです momokuri3

これはもしレシピ選手権なら三ツ星になりそうな料理ではありませんか?すごいです。冬に旨味を増す鱈と、産卵期だけの味覚の白子の二重奏は、もはや食の芸術と言ってもいいのではないでしょうか。また酒蒸しという和の料理をフライパンで作り、さらにフランス料理のようにソース添えにするというアイデアもすばらしいです。こんなうまそうな料理を教えてもらったら、作らないわけにいきませんね。いえ、正直言えば、食べたくて仕方がないというのが本音ですが(笑)。合わせるお酒はもちろん日本酒ですね。極上の酒で酒蒸しを作り、さらに杯を傾けると…うわぁ、イエが極楽になりますね。


[237]>114 伝統と自然が暮らしの中に息づく暦 momokuri3

小正月のいわれを初めて知りました。二十四節気などは単純に日数で割り振ったり、天文学的には太陽の黄道上の視位置で説明されますから暦の知識が無くても理解できますが、そうでない事柄は、昔の暦の独特の仕組みを知らないと、全く理解できませんね。暦を知ることは歴史や文化を知ることなんだなぁと思いました。また暦と自然界の動きがぴったり合っていくのもすてきですね。

前のいわしで昔の暦そのままのルールで作られたカレンダーの紹介がありましたが、自分で調べて手作りしてみるのも楽しいかもしれませんね。暦の仕組みがよく理解できそうですし、味のある暦が作れそうです。PCで作ってプリントアウトしてもいいですが、筆で手書きしてみるのも良さそうです。


[238]>226 ひなたぼっこ futanbo

お天気のいい日は南側の窓辺に座ると

ほんと暖房いらないくらい

あったかいです。

うちもやっぱり、ネコが気持ちよさそうに

してるのを見て、暖かい場所に気がつきます。

簡単に暖房つけるより、お日様探しをするのも

いいですよ。


[239]>221 甘酒 futanbo

子供の頃、よく母が甘酒作ってくれました。

私の大好物でした。

この頃から、酒飲みの血が・・・。

好きなくせに、自分では作ったことありません。。


[240]>198 ココア futanbo

なんかみのもんたの番組でブームになって品切れに

なった時期ありましたよね。

体にいいって。。

ココアは癒されますね。。匂いもいいし、甘いし。

大好きです。カロリーがちょっと気になりますが。。。


[241]>125 厚着 futanbo

私も、ここ2年くらい、着るもので工夫して、なるべく

暖房つけないようにしてます。

もとは、暖房費節約が目的でした。

でも、tomcatさんがおっしゃるとおり、部屋を出たら寒い?

とかゆうことが少ないので、体に負担が少ないような

気がします。体にもいいのか・・・。


[242]>230 冬は根菜 futanbo

やはり旬のものが一番体にいいですよね。

冬は根菜類がメインですね。

大根、にんじん、じゃがいも。

昔は何が旬なのかわからなかったのですが

少し貸農園体験をしたおかげもあり、

旬のものは値段が安いとゆうことにも気付き

なるべく旬のもの意外は買わないようにしています。

ほうれん草も冬は甘くておいしいですね。


[243]お手製 ちりめんじゃこふりかけ かぶの葉or大根の葉 peach-i

体を温める食材の中にもある、ちりめんじゃこ。

これを使って、自分でお手製のふりかけを作ります。

材料は、ちりめんじゃこ・大根の葉(またはかぶの葉)

味付けは、ごま油・醤油・砂糖・ゴマ。

水分が無くなるまで炒りつけます。

市販のものと違って、余計な化学調味料も入っておらず安心なふりかけです。

これで炊きたてご飯を食べると美味です。

お好みで、ひじきなどを加えても美味しいです。

かぶの葉や大根の葉を捨てられる方多いですが、ここにはたっぷりの鉄分やカルシウムが含まれていますので、大事にしてくださいね^^


[244]>233 音楽 涙によって吐き出すサプリ peach-i

車の中で運転しているとき、周り気にせず口ずさめるので大好きな時間です。

歌を歌っていると、何だか不思議なくらいに元気が湧いてきて、明るい気持ちになれます。

音楽を聴くことで、気持ちの消化が出来るときがあります。

悲しい気持ち。苦しい気持ち。切ない気持ち。

一気に涙を流します。

涙は心の不要なものを吐き出してくれるような。

こころの健康に役立つサプリ!

そう感じます。


[245]>44 みぞれ鍋 peach-i

まるで真冬の雪を思わせる みぞれ鍋。

カキ・タラ・鮭などお好みの魚介に、たっぷりのお野菜。

大根おろしをたっぷりと。

本当にとっても美味しい冬の鍋レシピです。

見た目にも冬を思わせる綺麗な見栄えが大好きです。

こんがり香ばしく焼いたお餅を入れると、物凄いマッチングです。

揚げ餅などをいれても、これまた美味です


[246]あったかな真冬の味覚、寒ヒラメのしゃぶしゃぶ YuzuPON

たいていの近海魚は脂の乗った冬がうまいと言われますが、寒ヒラメと呼ばれる冬のヒラメもまた格別の味わいです。冬にヒラメが呼び物の地域の旅館に行くと、必ずと言っていいほど出てくるのが、寒ヒラメの刺身としゃぶしゃぶです。今回はこの寒ヒラメのしゃぶしゃぶをイエで楽しむ方法をご紹介してみたいと思います。

用意する物は、

・寒ヒラメ(刺身でも食べられる鮮度の良い物)

・キノコ類、シラタキ、ネギ、白菜、春菊などお好みの具

・タレ ポン酢醤油、大根おろし

まず、ヒラメは薄目の刺身のように下ろします。ヒラメのさばき方は検索すれば見つかりますが、包丁が苦手な人は売り場にお願いすればやってくれます。アラは出汁を取るのに使いますから、必ず一緒に持ち帰ってください。

イエに帰ったら、まずヒラメのアラで出汁を取りましょう。出汁はただ煮ればいいわけですが、それでは生臭みが出ておいしくありませんので、ちょっと手間をかけましょう。

まずアラに強めの塩をします。15分ほど置いて、たっぷりのお湯で湯通しします。頭は30秒くらい。その他の部分は10秒ほどで引き上げ、氷水に取ります。

氷水で締めたアラを、流水で丁寧に洗ってください。ヌメリや血を洗い流すことはもちろん、ここで血合いなどもあれば取り除きます。ヒラメに血合い?と思う方もいると思いますが、魚ですからやはりあります。頭の後ろには血合い骨もあります。

付着している血の固まりは竹串などを使うと取りやすいです。この洗浄工程をていねいに行うことが生臭みを出さない要点です。

納得いくまで洗浄したら、鍋に適宜の量の水を入れ、アラと出し昆布を入れて火にかけます。沸騰直前まで強火、あと一歩で沸騰というところで中火にし、沸騰して鍋底から泡は立っているけれど、ボコボコ煮えたぎるほどではない程度の加減を維持しながら煮出します。浮いてくるアクはていねいにすくい取ってください。これも生臭みを出さないために重要です。

汁に透明感が出てアクもおさまったら、軽く塩をして味を調えてください。これで、このまま飲んでもおいしい潮汁になるような出汁が取れたと思います。

温かいご飯にヒラメの刺身を乗せ、昆布の佃煮をあしらってアツアツのこの出汁をかけると、豪華鮃茶漬けのできあがりです。料理人の特権で、軽く一杯ぜひどうぞ。うまいっすよ。

話をしやぶしゃぶに戻します。鍋に出汁を入れ、キノコやネギなど用意したお好みの具を入れて食卓に運び、火にかけます。煮立ってきたら、各自ヒラメを箸にとって、しゃぶしゃぶ。タレはポン酢醤油に大根おろしを入れたものが合うと思いますが、お好みで紅葉おろしなどもいけると思います。しゃぶしゃぶを堪能していると、そのうち入れておいた具がよく煮えてきますから、そうしたら普通の鍋料理と同じように具も味わってください。

ハザマさんからは、お鍋料理は先日ぞんぶんに語り合ったので今度はお鍋以外で、とのことですが、寒ヒラメのしゃぶしゃぶは、しゃぶしゃぶが終わると鍋料理のようになるものの、しゃぶしゃぶ本体は、刺身を冬らしくホットでいただくという感覚です。

おいしく作るコツは出汁の生臭みを抑えることですが、もし失敗したら、生姜の絞り汁を加えてください。風味が変わってしまいますが、これはこれでおいしくいただけます。


[247]暖色系の色で体の部位を温める vivisan

外からの寒さから身を守るために温めるとよい箇所は、首という名前のつく場所を暖めるとよいといわれています。

首は言うに及ばず、手首と足首です。あとは血液がたくさん集まるところ。おなかやお尻、太ももや二の腕などです。こういう場所を集中的に暖めると効率よく体を温めることができるのだそうです。

以前首を暖めるために外だけでなく中でもマフラーをするという書き込みがありましたね。それ以来私はイエにいるとき、マフラーをするようになりました。ないときは黄色いタオルなんかを巻いているときもあります。

また足もレッグウォーマーなどでふくらはぎ部分を温めるようにしています。

部屋のカーテンなどのファブリックを暖色系の色にした場合と寒色系の色にした場合の体感温度は2度ほど違うそうです。たしかに外を歩いているとき、赤やオレンジや黄色いマフラーを見るとなんか心があったまるような感じがすることがありますが、これって暖色系の色の効果なんですよね。

特に冬場は暗い感じの色のコートなどを着ることが多いので、暖色色を使うことによって顔色なんかもよく見えたりする効果もあるんだそうです。

ということで、体をあたためるために使うマフラーや手袋、レッグウォーマーなどを暖色系の色にしてみてはいかがでしょう?

今まで私はこういう明るめの色のマフラーをしたことがなかったのですが、暖色系のほうが暖かく感じます。

体を温めることができる冬の小物も暖色系にすることで、気分も少しは明るくなるような気がします。

冬の散歩などは寒いけれど、そんなとき色を変えてみることによって楽しい時間になると思います。

赤い腹巻っていうのもそういうところから健康につながっているのかもしれませんね。

しかも人がつけている色を見ることによっても少し気分が明るくなりますしね♪

私はワンコの散歩にオレンジのマフラーをしていきます。前に比べると確実にあたたかいですし、気分も楽しいです。

視覚の効果ってあなどれないなぁと思いました。

すごく簡単なことですが、温める場所を知っておくこと、そして暖色系の色を使うことで、肩こりが減りました。


[248]今年は、分かち合うことを楽しむ一年に MINT

私の今年の通年サプリは「分かち合うことを楽しむ」にしました。どんな物でも、誰かと分かち合って楽しむと、一人で楽しむより何倍も楽しくなります。お料理は一人より二人、あるいはみんなで食べた方がおいしいですし、アイデアもみんなに広めてみんなで取り組むと、小さなことでもちょっとしたイベント並みの楽しさに。一人じゃない、分かち合える誰かがいるという幸せ。今年はそういうのをうんと大切にすることで、毎日を豊かに彩っていきたいなぁと思っているんです。

暮れにはソーセージをたくさん作りました。もらってくれる?と友だちにメールすると、お節に使えるってみんな快く引き受けてくれて、それも届けるよって言ったのにみんなうちまで取りに来てくれて、いつのまにか仲良しさんたちがみんなうちに集まって、ちょっとしたパーティーみたい。笑顔も分かち合って、とても楽しいひとときが過ごせました。

物だけでなく、今年は平和も分かち合いたいと思います。たくさんの子供たちが亡くなってしまったパレスチナへの攻撃はあまりに悲惨で、どうしてこんな残酷なことが今の時代にあるのかと、すごくショックでした。

私たちは、戦争で傷ついた人たちの痛みや、愛する人を亡くした人の悲しみの叫びも分かち合い、我がこととして感じ取っていくことが必要です。私たちはもう、戦争を知らない世代ではありません。世界は、戦争を知らないなんてとても言えないほどに、戦争だらけになってしまいました。今日本に住む私たちが享受している安心を、世界の人たちと分かち合える方法を考えたいと思います。


[249]>243 大根の葉っぱ atomatom

大根、葉っぱ付きのものは少々高くつくんですよね。

葉っぱが付いたままだと大根の水分がどんどん葉っぱの方へ移るので鮮度を保つために葉っぱを切り落として販売するのは周知の通り。

葉っぱ付きはそれだけ新鮮でもある証しですよね。

うちでは味噌汁のみにも良く使います。


[250]>245 大根おろしの汁。 atomatom

大根おろしを作ったときに必ず出る汁、あれはどう使えばいいのでしょう??

どなたかいい使い方を教えていただけませんか。

うちでは味噌汁に放り込むくらいしか思い付かないんですよね。味噌汁がないときはそのまま捨ててしまってます。もったいないなあ、と。


[251]>239 こだわりの甘酒ですか atomatom

大量生産の酒粕で作った甘酒しか知りませんでした。なるほど、大吟醸の甘酒ですか、それは飲みたいいただきたい。

こどものころは甘酒がおいしくておいしくてどんぶり蜂に入れて飲んでいました。さすがに大人になってからはそんなに大量には飲みません。むしろ湯飲みに1杯、もう少し飲みたいなあ、くらいでやめておくのがよいんですね。なんだかお酒そのものみたい。


[252]>157 軽い軽いジョギング atomatom

土用日曜になるとジョギングをしている人を良く見かけますねえ。

触発されてぼくも運動を始めました。

といっても本格的なジョギングは昔から悪い膝に負担なので、ほとんど歩くようなジョギング。

ただ、腕に意識をして大きく振りながらの歩きジョグです。これ、体が温まりますよ。


[253]>231 キウイにはオスメスがあります canorps

私の実家にも母の実家にもキウイの木ありました。

ぶどう栽培や藤棚のように高さのあるものを作り、

一箇所にメスをもう反対にオスを植えて栽培していました。

母の実家は四国、私の実家は関東ですので、

少なくとも関東より西方面での栽培はオッケーだとおもいます。

毎年、キウイの実がなり、楽しませてもらいましたが

ある年からまったくキウイがならなくなったことがありました。

花はちゃんと咲くのに実にならないのです。


キウイは、雌花と雄花を別の株につける植物で雌雄異株の植物です。

「受粉」が行われなければキウイが実をつけることができないのですが

今まで受粉できていたものがなぜできなくなったのだろう?

と不思議に思っていて、ある日詳しい人に見てもらったところ。


なんと!

オスが、メスに取り込まれてしまい、メスになっているとのこと。

植物界のオネエといったところでしょうか。

性転換しちゃってたんですねー。

仕方がないのでオスの苗木を増やし、再びキウイを実らせることができました。


[254]>209 腹巻一族 canorps

男の人はおなかが弱い人が多くはありませんか?

なので、我が家は夫もきっちり腹巻を。

もちろんこどもも私も腹巻をして眠ります。

でもこれだけでも本当に暖かいですよね。

我が家が使っているのは綿素材の腹巻なのですが

それでも十分暖かいのですから毛糸はまた暖かいんでしょうね。

先日夫の実家に帰ったら義父が腹巻をしていて、それが夫が自分でこれが良い

と選んで購入したものとまったく同じだったため

親子だねえwとみんなで笑いました。


[255]>187 干し芋作り。 canorps

干し芋って売っているものは割りとお高かったりしませんか?

そこで、干し芋を自分で作ってみてはいかがでしょう!

(何でもかんでも干すのが好きです!肉に野菜)

サツマイモを蒸して、皮をむき、売られているようにスライスして

天日で干すだけです!

to-chingさんのおっしゃる効果もあるでしょうし

繊維もたっぷりお通じにもいいですよ。

食べる前の作業から楽しむことができます。


[256]>151 一昨年はじめて canorps

自宅で自分で切り分けて保存して家族で楽しみました。

親戚が送ってくれたのですが、魚をさばくことはできるのに

あの大きさをどうやって切っていいものか、非常に困惑しました。

お店で売られているようにきれいに切ることはできなくて・・・

でも、やっぱりおいしかったです。

なので、その後に北海道旅行に行った時、立ち寄った羅臼にて鮭を購入しまるまる実家と夫の実家に送りました。

安くてびっくりもしたんですが、さらに

世界自然遺産「知床」を有す羅臼は、日本有数の秋鮭の水揚げを誇る産地であります。

その羅臼の目利きの漁師が、一番美味しい時期の秋鮭の中から更に厳選した秋鮭を、知床羅臼銀毛鮭「羅皇」と名付けました。

羅臼の海洋深層水を使用した鮮度管理は勿論、徹底した品質・衛生管理をされた「羅皇」をぜひ一度ご賞味ください

という鮭があります。

有名な鮭児よりもさらに水揚げ量が少ないんだそうです。

21年度の秋鮭売出しも9月から、新巻鮭は11月からの売り出しです。

私が利用した店舗ではすでに今年度分の新巻鮭はうりきれていました。

きっとものすごくおいしいんだろうなー。と

もう次の冬が待ち遠しい私でした。


[257]>213 一万歩 actro

自分も毎日意識して歩くようにしていますが、一万歩はなかなか行きませんね。

確かに万歩計をつけていると、ひとつの目標にもなりますし楽しいですね。


[258]>154actro

定番と言うよりも、欠かせませんね。昨日も食べました。

また、お漬物も最高です。さっぱりとしていて、朝ごはんなどには最適ですね。


[259]>196 寝る時に actro

私は、寝る時に口を開けて寝ることが多いらしく冬の乾燥してる時期には、朝起きると

よくのどが痛くなります。部屋にも加湿器を置いてありますが、それに加えて市販の

ぬれマスクをして就寝しています。結構効果はあるようで、ヒリヒリするような強い痛みが

かなり緩和されました。


[260]>253 キウイ lovelykuma

木におすめすがあるって面白いですね^^

しかも、性転換って(笑)

こういうことは他の木でもおこりうることなのでしょうね。


[261]>210 TV lovelykuma

みているときは、横になっているか

座っているか、何かをしてリラックスしていますね

先日TVでやっていました。

家事の合間に足ふみや、手をうごかす運動をするだけで運動不足が解消されるって。

それでも、消費カロリーは同じですが、筋肉の発達度が違うので

やっぱり、運動するほうがいいような気がします^^


[262]>247 ある鍼灸師が TomCat

五行の色体表を応用した色紙を施術に応用しているそうです。短冊状の色紙を体の上に置いてみて、凝っている部分が緩んで来る感じ、あるいは軽くなる感じがあれば、その時点の部位の状態とその色が合っているということで、それによって陰陽五行的な見地からの体の状態が把握できる、というようなことらしいです。

日本にも昔から言霊と同じように、色にも超自然的な力が宿るとする「色霊」の考え方がありました。

色という存在が何らかの物理的な効果を及ぼすのか、あるいは視覚的な効果が肉体や精神に影響を与えるのか、それとも本当に陰陽五行や日本の色霊で考えるような何かがあるのか、それはまだ当分謎のままだと思いますが、身につける物に「暖める色」「冷やす色」といったことを意識していくことは、とても大切なことのようですね。

以前話題になった健康赤パンツというのも、こういう考え方からなのではないかと思います。別ツリーに、脚の冷え対策には下腹部を保温すると良いという書き込みがありました。もしかすると赤腹巻きと赤毛糸パンツなんていうのは、冗談抜きで効果抜群かもしれませんね。


[263]残りのおせちでちらし寿司 fusakogane

冷凍庫でさびしく残ってしまったおせちの名残り・・・煮物、伊達巻、かまぼこ、黒豆、すじこ・・・半解凍ぐらいでちょっときざんで酢飯にのせてしまいます。おつゆは味噌汁にお餅をいれておいしく食べて正月ものは完全に消滅します。これでまた何が起きるやら目の回る一年が始まるのです・・・


[264]>256 新巻鮭を丸ごと焼いてみたいです tibitora

新巻鮭をまるごと焼いてみたいなと思ってしまいます。

ガスコンロとかにはもちろん入りませんので焚き火で温まりながら

まるごとの新巻鮭を香ばしく焼いたものを家族や友達と一緒に食べてみたいです^^

ちょっとしたイベントにもなりそうです(笑)


[265]>263 残り物が変身 tibitora

おせちの残りをちらし寿司になるんですね^^

伊達巻の黄色やかまぼこの赤や白、きれいなちらし寿司ができそうですね。

お味噌汁におもちもおいしそうです、うちにもまだおもちがあるのでお味噌汁に入れて食べたくなりました(^^)


[266]>261 足踏みと踵上げ tibitora

私もあんまり運動をしなかった日などはテレビを見るときに足踏みや踵上げをしたりします。

マンションなので足踏みは下の部屋に響くといけないので夜遅くにはしないで、かわりにかかと上げをしています。

つま先で立って→下ろしてを繰り返します。

両足でしたり片足で立ってしたり、片足でするとバランスもとらないといけないので結構いい運動になります^^


[267]>266 軽めの運動。 nakki1342

家の中で出来る軽めの運動っていいですよね

本当だったらウォーキングなど外へ出て

体を動かす方がいいけれど

今の時期だと寒くて外に出るのは嫌。

その結果

体を動かさないときだってありえるわけで

少しでも家の中で運動をして

カロリーを消化する

どうしても運動する事が少なくなる時期ですが

家の中でも体を出来るだけ動かして

少しでも体が鈍ることを防ぎたいですねえ


[268]>248 イエはてなも分かち合いの場ですよね TomCat

それぞれが発見した暮らしを幸せにしていくワザや、様々な考え、思い出などを、みんなで分かち合いつつ楽しんだり、考え合ったりしていく場所。それがイエはてなですよね。個人の暮らしが豊かに向上していく喜びと共に、分かち合えるみんながいるという幸せが実感できる場所。それがイエはてななんだと思います。

今年も、ただ直接的な生活に関する話題だけでなく、たとえば自然保護だとか、平和だとかいった課題にも、どんどん話を広げて語り合っていきましょう。それは政治の議論をするとか思想の論争をするということではなく、暮らしの基盤となる社会を考えていく、ということに他ならないからです。

そうした中で、戦火に追われて無惨に殺されていく人の恐怖や痛みなども、目を背けることなくしっかりと受け止め、自分の中に引き寄せて、自分自身の問題として、そうした残酷なことがどうやったら無くせるのかを考えていければと思います。

昨年から急激に拡大した、仕事や住まいを失う人たちの問題も深刻です。イエはてなでも都度紹介されてきたフードバンクをはじめとする様々な支援活動の一層の頑張りが望まれます。

今はみんなが苦しい時ですが、とりあえず三度の食事が満足に食べられる環境の人は、ぜひ1食分だけでもいいと思います。その分のお金をホームレスなどの支援団体に回してほしいと思います。全労働人口6千万人が牛丼一杯分にも満たない300円を出し合うだけで、一気に180億円の財源が生まれます。

前のいわしで私の書き込みの後に、

日本のような政治が機能しない社会では、誰でも会社が潰れて病気にでもなれば明日は我が身です。他人ごとではありません。

http://q.hatena.ne.jp/1229489225/197697/#i197804

という書き込みが続いていましたが、本当にその通りだと思います。

明日は親しい友や、自分の身にすら降りかかるかもしれない事態。たとえ景気が回復してもその恩恵は国と企業止まりで庶民にまでは回ってこない、むしろ景気回復後は大増税が予定されて逆にむしり取られかねない現実を考えて、仲間の暮らしは仲間で守る、庶民の暮らしは庶民で守っていく、みんなで分かち合い手を取り合っていける社会作りを目指していきたいものだと思います。


[269]>244 歌のチカラ。 vivisan

今までは踊っているだけで満足していたのですが、昨年は念願の三味線を習うことができまして、楽器を奏でるようになりました。小学校以来ですw

実際自分で弾いてみると、今まで耳だけで聞くのとは違う・・なんとも不思議な世界が広がるようになりました。

その上歌の練習もするようになったのです。歌といっても私が歌っているのは「郡上おどり」「白鳥おどり」の曲の歌なので民謡というジャンルにはいるのだと思います。

でも実際に自分で歌ってみると違いました。なるほど。この言葉にこのメロディなんだ・・と実感することができました。

「郡上一揆」についての唄っている歌があります。こういう形式の歌を口説きといいます。下手ですが、自分で唄っているとイメージが浮かんでくるのです。うわぁ・・こんな曲だったんだ・・とボロボロ涙を流していました。

なんか歴史が流れ込んでくるようなそんな感じでした。

歌の力ってすごいなぁ・・と実感しました。

前も書きましたが、「拝殿おどり」というのがあって、お囃子なし、歌い手さんなしのものがあります。

拝殿の上に灯篭をつるしてその下で輪になって踊るのですが、歌い手は踊り手さん。しかも歌はかけあいです。昔は歌が上手な人がもてたんだそうです。

基本的な歌もたくさんありますが、即興で歌をつくってもよいです。

土地の情景をしみじみ歌う文句などを自分で唄うとまた格別です。

保存会の人たちは、前の人が歌ったことばに関連する歌をつなげて歌っていくことができます。ちょっとちがいますが連歌みたいですごく難しいです。

まずは歌の意味を理解していきたいです。その言葉の時代の背景や生活が見えてきます。

その郷土に伝わる歌をちゃんと理解して唄いたいです。

そしてそれができたら土地を見て、感じたことを自分の言葉にして唄いたいですね。

もっと自然が、人と人のつながりが見えてきそうです。


[270]>246 おいしそう! vivisan

最後のひらめ茶漬けにぐぐっ!とひかれました。

このレシピはヒラメをあますところなく使用していますね。きっとヒラメも本望なのではないかと思います。

鍋ととらえるのではなく、お刺身をホットで!という感覚にも惹かれました。

ダシを取る時、アクは必死にすくっていましたが、完璧に生臭さがとれなかったんです。YuzuPONさんの生臭みの取り方を読んで、まだ足りなかったんだと思いました。

丁寧なレシピなので、これならすぐに試せそうです。

タレもいろいろ試せそうですね。柚子胡椒とかいれてみたらどうなるかな?

今週は居酒屋鎧を開く予定なので、ダンナとも相談して土曜日にイキのいいヒラメが手に入ったらしゃぶしゃぶにしてみようと思います。

もちろん最後のお茶漬けも♪

みんなそれのために2切れぐらいずつ残しそうですw


[271]>246 イエで実現できる美食の限りを尽くした究極のメニュー!! TomCat

といっても、ヒラメが庶民に手が届かない魚ということではありませんよね。ヒラメの持ち味をいかに引き出すかという考え抜かれたワザが究極です。

ヒラメの産卵は早春から始まるので、3月から後のヒラメは別名「猫跨ぎ」。12月からちょうど今月一杯くらいまで、遅くとも2月中までが、最も美味しい季節です。そのヒラメを使ったこのしゃぶしゃぶは、真冬の味覚の王様と言っても良さそうです。

新鮮なヒラメが手に入ったら、何と言っても刺身が絶品ですが、このしゃぶしゃぶ計画は、そんな刺身を冬らしく食べていこうという作戦なんですね。これだけの素晴らしいレシピをストックしておきながら、なぜ鍋奉行コンテストに出さなかったのかと思いましたが、これが鍋とは一線を画す、どちらかというと刺身のバリエーションという位置づけだからと分かって納得です。

ヒラメは脂肪が少なく、逆に良質のタンパク質に富むので、とても健康的な食材の一つだと思います。そんなヒラメのエキスがたっぷりと出たお出汁も豪華ですね。本当に丁寧に、まるで吸い物を作るように取ったお出汁でのしゃぶしゃぶは、鍋奉行コンテストにあった魯山人風すき焼きにも匹敵する美食と言えると思います。向こうが陸の至高のメニューなら、こっちは海の究極のメニューと言えるでしょう。いやー、食べてみたくなりました。


[272]こつこつと英語の勉強。 nakki1342

英語の勉強を少しずつでも前に進めたいです

好きな曲の歌を聞きながら出来るだけ意味も

理解して歌えるようになったり

興味のある分野の記事をネットで見つけたときも

翻訳サイトを出来るだけ使わないで

記事を読む事が出来た!と感激する

そういうことを実現できるように

この1年英語の勉強、頑張ってみたいな。


[273]>127 雪を踏んで歩く YuzuPON

雪を踏みながらの歩行は足をしっかり上げないと歩けないですから、普通に歩くだけでも普段の何倍も体力を使いますね。さらに踏みしめるとなったら、きっと大変な運動量でしょう。今の時期は降る所は連日でしょうから、毎朝暗いうちからせっせと踏んで道を付けているのでしょうか。それも自分のためだけでなく地域のみんなのために。大変な労力ですね。自然と体も心も、優しく強く鍛えられるでしょう。

そういえば雪深い集落には流行り風邪が少ないと聞きました。降雪で湿度が高いことと、病原体の持ち込みが少ないことが幸いしているようですが、やはり基礎体力も違うのでしょうね。


[274]つながりを深める vivisan

私は昨年三味線と出会うことで、音でのコミュニケーションを知ることができました。音楽って人と人をつないでいくことができるんですね。

祭りでの人とのつながりを深めていくとともに、音でもつながりを深めていきたいです。そして伝統を知ってもらいたいな。もちろん技術習得が不可欠ですが。

最初は覚えるのに必死でした。ひたすら場所を覚えてちゃんと音が出るようにするだけで精一杯でした。

それが音がでるようになると曲の深さにやっと気付きました。技巧的にどうこうというのではなく、その感じを出して弾きたいって思うようになりました。

練習中は目をとじて弾いています。するとぼんやりと世界が開くような・・自分の三味線で人が踊っている姿が浮かぶようになりました。

そうすると今までは絶対できなかった唄いながら弾くということができるようになりました。

そして盆踊りのお囃子としてデビューしたとき、まわりを見る余裕ができたのですが、みんなすごく楽しそうに踊っています。

お囃子は太鼓も笛もありますし、なにしろ唄い手さんがいらっしゃるのですが、私が出している音で少しでも楽しんでくれているのを見てうれしくなりました。

また、踊りには加わらないものの見ているおばあちゃんたちが手拍子をしながらいっしょに歌いながら楽しんでくれているのを見て、こんな下手なのに喜んでくれるって思うと涙がでてきました。

ちょっとでも同じ心をいっしょに共有できてたみたいな・・そんな感じです。

終わったあとでおばあちゃんの昔の思い出なんかを教えてもらうことができたのです。つながりってあるんだなぁ・・とそのとき思いました。


ということで、私は音でのつながりをもっと深めていきたいと思います。幸いこのメンバーでいろんな施設などにも伺う機会が今年は多くなりそうです。自分の生まれ育った土地に誇りをもってもらえるように祭りと音で自分ができることをおこなっていきたいと思います。


[275]>223 うちでも鏡開きの後の恒例です YuzuPON

うちでは毎年近所の和菓子屋さんが搗いてくれる鏡餅を愛用しています。本物のお餅なので、鏡開きのころにはカリカリに乾燥しています。だから油で揚げて食べるのが恒例ですね。子供のころは砂糖醤油の甘辛味が好きでしたが、最近はシンプルな塩だけの味付けが好きになってきました。やはり揚げたてが一番ですね。子供のころ、早く揚げてもらいたくて、固いお餅を一生懸命割ろうと頑張っていたのを思い出します。


[276]>274 音楽が結ぶ人の輪はすばらしいですね YuzuPON

特にお囃子は、人の集まる所で演奏される物ですから、絆を結ぶための音楽と言っていいですね。人と人とが深く結びつくための行事に使われる音楽には、本当にそういう力が備わっている感じがします。

決まったメンバーで活動するようになると、お囃子も洋楽のユニットと同じですね。きっと私の太鼓はあの人の三味線でないと、みたいな絆がどんどん深まっていくのではないかと思います。

音で人と人とのつながりを深めながら伝統を守り伝えていく活動は、きっとやり甲斐があるでしょうね。このやり甲斐は毎日をイキイキさせてくれる最高のサプリだと思います。うらやましいです。


[277]>235 自分に愛情ですね YuzuPON

自分を甘やかすのとは違う、社会責任を果たしていくための自己管理として自分を大切にしていく考え方が、もっと普及していくといいですね。

しかし社会を見渡すと、派遣切りなどで仕事を失って住む場所も追われているような人がたくさんいます。そういう人たちは今、過酷ですよね。とても「自愛」の出来る環境ではない人が大部分なのではないでしょうか。

貴重な労働力に「ご自愛くださいね」と言えない社会は、これから先どんどん力を失っていくでしょう。これではどんどん国力が下がってしまいます。少なくとも安心して住まえるイエを保証して、みんなが自分を大切にできる世の中を作って行くことが大切ではないかと思います。


[278]>236 すごいご馳走です YuzuPON

鱈と白子の組み合わせ、たまりませんね!今の時期を逃したらもう来年まで楽しめない味覚ですから、私もぜひ作ってみたいと思います。白子は2月を過ぎるとアラスカ産が多くなるなどの素材の蘊蓄もとても勉強になりました。やっぱ、作るなら今しかありませんね。

ところで私も蒸し煮にフライパンを使いますが、このやり方は素材の持つ水分で蒸していけるので、旨味が薄まらないとてもいいやり方ですね。


[279]>237 伝統の行事と昔の暦 YuzuPON

イエコト・ミシュランの方で読ませていただきましたが、旧暦は日付と月齢が一致していますから、七夕などは必ず同じ月の形の晩になるんですね。七夕の月を天の川を渡る船に見立てるなど、旧暦でなければ味わえない風情があることを知りました。

これに対して、新暦の七夕は毎年月の形が違ってしまいますね。たしか今年はこともあろうに満月の晩の予定だったような…。これでは最近ただでさえ見えにくい天の川が絶望的です。旧暦「むすびこよみ」の暮らしに、私もちょっと触れてみたくなりました。


[280]>272 ぼくはタイ語の学び直し atomatom

学生のころに学んだタイの言葉を15年ぶりに学び直します。

当時はタイ語の学校は珍しかったですが、時代は流れて神戸でも文化センターでタイ語の講座があるほどになりました。久しぶりの学習は冷や汗連発、緊張しますが、なかなか心地よいものでした。

そろそろ脳味噌も固くなってきているんでしょうが、ささやかながらの抵抗です。


[281]>278 冬は鱈。 atomatom

鱈は冬の魚の代表でもありますね。魚に雪ですし。

ぼくが好きなのは鱈の入った湯豆腐。関東の居酒屋で湯豆腐といえば鱈の切り身が入っていることがあって驚きました。

鱈の切り身をスーパーで買うと、なんだか身がスカスカなのもあるんです。外れを引いてしまった感じになるんですが、うまく目利きが出来るようになりたいです。


[282]>268 ホントにそうですね♪ vivisan

イエはてなでのみなさんのアイデアを分かちあって楽しめ、そして心もゆたかになっていき、それが自分のまわりなどにも伝播していくさまはすごいなぁと感じています。

これもみんな分かち合いですね。

私は昨年綿を栽培してみました。今年はコットンボール銀行から種を融資してもらって、半分をお返ししようと思っています。

http://q.hatena.ne.jp/1215579075/174887/

自分の育てた綿の種がだれかに育ててもらえるのって考えるととても楽しかったりします。

ひとつのことをみんなで楽しむというのも分かち合えるもののひとつかなって思います。

私はお囃子をやっているので、いろんな人とこの時間を楽しんでみたいと思います。

心のわかちあいも大切にしていきたいです。


[283]>251 酒粕 vivisan

そういえば、この酒粕も冬にしぼった酒粕が造り酒屋さんで販売されていますね。

スーパーで販売されているものと比べると全然ちがいますね。

といえば、この酒粕自体も冬の旬になりますね。

酒粕も甘酒だけではなく、いろいろな用途に使えますよね。

粕汁も体があたたまりますね♪

私は、この酒粕を使って、旬の魚の粕漬けをつくろうと思います♪


[284]ウコン chika508

アルコールが大好きな夫なので肝機能は心配です。

去年の忘年会シーズンから飲み始めたウコンですが、とりあえず春の健康診断まで続けてもらおうと思っています。

休肝日ってパソコンの変換で出てきたほど浸透している言葉ですが、

我が家には無理っぽいので、ウコンに頼ってみようと思います。

難点は黄色い粉が服につくと洗濯しても落ちないんですよね^^;


[285]>279 あ、そうか!! MINT

旧暦の日付は月齢と連動ですものね。だから旧暦で七夕をやったら毎年同じ月の夜になるんですね。これだけでも「むすびこよみ暮らし」のすばらしさがわかります。私も昔のルールで暦を手作りしてみよう。私も「むすびこよみ暮らし」の仲間に入れてください。


[286]>188 おいしそう!! MINT

すり下ろしたかぶらが泡雪のような料理!これこそ真冬にふさわしいお料理ですね。それを今が旬の、時期を外したらもう手に入らない蕪で作る!この貴重さにもそそられます。これ作ってみよう。to-chingさん、これは蒸し物ですから、煮るのとはぜんぜん違う風味だと思いますよ。おそらく、え?これが蕪?っていうようなお料理だと思います。


[287]通年サプリ:何事も積極的に。 canorps

私の通年サプリはいろいろなことに積極的になる。にしたいとおもいます。

当たり前のようなたいしたことではないかもしれないな。と思いますが

今の私は、どちらかというと、何事も消極的。

3ヶ月の赤ちゃんを筆頭に、幼稚園児、小学生の子供三人がいることを言い訳に

子供三人連れては大変かな。

と出かけなかったりして家で過ごすことが多かったり。

他人と触れ合うことが少ない毎日な気がします。

そのほか、イエの事も、必要最低限のことだけで、今は大変だし。を言い訳に発展が見られない毎日です。

もっと積極的に

他人と触れ合ったり、子供と遊んだり、料理を楽しんだり、

クローゼットをもっと機能的にしたり。

やらなくても支障がないこと。

そんなことに積極的に取り組んで行きたいと思います。


[288]>286 ほんとにおいしそう canorps

会席料理なんかで出てきたのをなんどかたべたことがあります。

おいしかった?。

しかしこんな風に作れるとは知りませんでした。

晩御飯に出したらとても喜ばれそうです。

早速メモメモ・・・。


[289]>132 ひいてからじゃ遅い nakki1342

習慣になっていないのでうがいをするのを

忘れてしまう事が多いのですが・・

うがいと手洗いをセットで習慣にしたいものです。

風邪をひいちゃったら

キツイ思いをするのは

自分だし


[290]>280 英語の勉強 tibitora

英語、少しでもうまく言えるようになれるといいなと思います。

好きなことで覚えていくのが覚えやすいですよね。

私は犬や猫、動物が好きなのでNHKでしている「リトルチチャロ」を楽しみにみています。

はじめはかわいいほのぼのとした話かと思っていたのですが、深い話もあっていろいろ考えられる番組です。

本は持っていないので読んでみたいなと思います。


[291]>280 いくつになっても canorps

勉強するってすばらしいですね。

私の夫も、毎日こつこつ英語の勉強をしています。

そんな姿に触発され、自分も何か学んでみたい!

と思ったのですが

夫がそろえてる勉強の本の中に私でもわかるよと薦めてくれた本

があり、読んでみたものの・・・

英語が苦手な私はちんぷんかんぷん・・・

わたしもまずはせめてその本が理解できるくらいがんばってみたいです。


[292]>227 本当は春から初夏にかけての果実なんですが… MINT

今はハウス栽培の発達と品種改良で、すっかり冬の味覚に変わりましたね。いちごの出荷のピークはクリスマス前の12月から春にかけてで、特にハウスもののピークがちょうど今の時期にあたっています。

でもハウスものっていうのは間接的に重油を食べているようなものですから、そういう栽培がいつまで続けられるのかなと、ちょっと心配にもなってきます。

でもでも、冬でも比較的温暖で、燃料を燃やす暖房が必要ないからいちご栽培が盛ん、という産地もあります。もしかするとそのうちそういう産地のいちごが、エコいちごなんていう名前で出回るかもしれませんね。


[293]>287 積極的に tibitora

私もいろいろ積極的にしていきたいなと思います。

いままでしりごみしていた事も出来るだけ積極的に、

いつでも出来るからと後に回していたことも積極的に

思い立って、やってみたいと思ったことは取り組んでいきたいです。

(「取り組んで生きたいです」と変換されました、ほんとに取り組んで生きていきたいです(笑))


[294]>241 私も厚着派! MINT

イエの中でも一枚多く着るということは、イエの中でもお洒落の楽しみが一枚分増えるということですから、暖房だけの暮らしよりずっとすてきです。それにちょっと厚着の習慣を付けると部屋から出るのが嫌にならないので、冬でも活動的に過ごせます。ちょっと厚着は節約にも健康にもライフスタイルにもよく効く、すてきなサプリですね!


[295]>147 なんとなく。わかる気がします。 canorps

私はあまり詳しくないのですが、この模型はNゲージとはまたちがうんでしょうか?

iijimanさんと同じような気持ちで模型を大人買いして

模型を今眺めている人、まだまだいそうですね。


[296]>269 これが歌の力! MINT

momokuri3さんやvivisanさんのお話を読んで、歌のすばらしさに目が開かれた気持ちがします。歌を歌うというとカラオケで歌うことしかイメージできませんでしたが、歌ってそれだけではないんですね。暮らしの中に自然に湧き上がってくる歌、伝統の歌、人と人とを結びつける歌、いろんな歌があるんだなぁと思いました。そしてそういう歌を歌うことで見えない物が見えてくる、感じられなかったことが感じられてくるんですね。私も、自分の暮らしの中に流れている歌、暮らしの中から生まれてくる歌を探してみたいと思います。


[297]>264 うちも actro

年末に親戚が送ってくれました。

ちょっと塩が強めでしたが、おいしかったですね。

特にお茶漬けは絶品でした。


[298]>267 寒くても actro

ウォーキングは欠かせません。

と言うか、暑い夏よりも汗もかかなくていいですね。

歩いて体温を上げれば寒さもそれほど気になりません。


[299]>254 結構効く actro

最初はそんなに効果があるものなのかと、疑問だったのですが、

使ってみると結構効果がありますね。自分もおなかは結構弱いほうなので

あったかいと安心できます。


[300]>249 田舎に行くと葉っぱがいっぱい MINT

子供のころに見た風景なんですが、大根畑の横で、切り落とされた葉っぱが山になっているのを見ました。他の畑では、切り落とされた葉が畝と畝の間にどっさり横たわっていました。あれって堆肥になるのかな、食べないのかな、おいしいのにな、と眺めたのを思い出します。

うちでは今年、ちょっと大量に大根を買いました。少し生で食べたり煮て食べたりしましたが、大部分を漬け物にしました。さらにまだ保存中の生が残っています。

それらには全ていい葉っぱが付いていたので、葉っぱも漬け物にしました。漬けた葉っぱはそのまま食べてもいいですし、炒めて高菜チャーハンみたいにするのも有りで、とても重宝しています。漬けた葉っぱでもふりかけが作れますよね。作ってみようかな。じゃこや胡麻も加えて、栄養満点ですね。


[301]>240 ココア actro

昔は良く飲んでましたね?。

ミロとかありましたが今でもあるんでしょうか。

甘くてあったかくてちょっと飲みたくなりました。


[302]>277 首やお腹を温める MINT

マフラーは、血液を冷やさない効果があるんですね。ただ首が寒いからだけじゃなかったんだと、目からウロコの気分です。あと毛糸のパンツ!あれって足の冷えにも効果的なんですね!編もうかな。はこうかな。毛糸のパンツってかわいいですよね?以前話題になった健康パンツを応用して赤で編もう。実は赤系の毛糸がけっこう余っているんです。腹巻きも編みたいですが、もう毛糸がないかも…。あ、着なくなったセーターを再利用すればいいのか。混ぜ編みの腹巻きなんていうのもかわいいですよね。早速取りかかってみたいと思います。今から編めば、最も冷え込む時期に活躍できそうです。この冬私はけーぱん娘♪


[303]>295 縮尺はNゲージですが、モーターが入っていません iijiman

この模型、縮尺は1/150でNゲージと同じですが、ディスプレイモデルということで、モーターが入っていません。

また、他の車輌で引っぱろうとしても、車輪のつば(フランジ)が低くて脱線しやすく、運転は難しいです。

別売りで、動力ユニットを組み込むことは可能だそうです。

やっぱり走らせたい人も居るのでしょうね。


[304]>270 うちでもさっそく! MINT

私も、ヒラメの全てを生かしきるところがすばらしいと思いました。そして料理の手順がすごくていねいで、アラの隅々にまで感謝の思いが行き渡っているような作り方にも感動しました。こんなに大切に扱われて、本当にこれならヒラメさんも本望かもしれませんね。

私も生きのいいヒラメを探してみたいと思います。天然物の型のいいのはちょっとお値段がはりますが、それだけの価値はありそうですね。居酒屋鎧のヒラメのしゃぶしゃぶ計画、すてきです。私も行きたい?!居酒屋鎧でバイト募集しませんか?(笑)。


[305]>273 かんじき!! MINT

かんじきって、今でも現役で使われている道具なんですね。もう古民具や民芸品でしか見られないものなのかと思っていました。「かんじき 価格」で検索して、今でも手作りの伝統的なかんじきが売られていることを知りました。種類も色々あるんですね。東京には全国の物が何でも揃っていて、東京に住んでいれば日本のことが何でもわかるみたいな気持ちになっていましたが、ぜんぜんそうじゃないというのがよくわかりました。雪と向き合う健康法も、東京暮らしでは思いもよらないお話でした。東京しか知らない私はもっと広く日本を見渡して、色んな暮らしのサプリを発見していきたいと思いました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ