人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本では"○"=正解、"×"=不正解、"△"=一部正解、という意味をもっています。しかし、少なくとも英語圏では、"○"=正解、"×"=不正解ではないはずです。
では、日本で、それぞれの図形がこうした使用がされるようになったのは、いつ頃からなのでしょうか。
また、どういった経緯でこうした意味づけがされるようになったのでしょうか?

●質問者: masayc
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:けが 不正解 英語圏
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● pspet
●27ポイント

アメリカですと、×マークは、チェックマークとして捉えられているようです。

ですから、×には、決定とかの意味があるようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

アメリカでも×=不正解で使うというコメントもありましたが、そうすると、

必ずしも否定的な意味合いだけというわけでもないようですね。


2 ● なぜなに
●27ポイント

英語では、試験やリポートが手書きの場合は、チェックマークが正解、×マークが不正解で、一部正解の場合は、その回答項目全体には不正解の×が付いていますが、その一部正解箇所にだけアンダーラインと一緒に小さなチェックマークがなされ、先生によっては少し加点(本来は、総合評価がBだったのがB+になるなど)してくれるパターンが多いです。大ざっぱな先生だと、一部でも間違っているというだけで全部不正解にされるので、「大変良く出来ました」の花まるや、△の一部正解をくれる日本の先生はきめ細かいと思います。外国でも、「大変良く出来ました」のレポートなど手書きの場合は、A+の評価と共に"Excellent!", "Well done!"などと書かれていることもありますが、それは先生によります。


Tick Mark (Yes): http://en.wikipedia.org/wiki/Tick_(checkmark)

x Mark (No): http://en.wikipedia.org/wiki/X_mark


試験とは別に、機械式の選択書類の場合(Yes/NoではなくYesまたは該当する項目だけの場合。例えば、事務書類で、男女のいずれかの区別などにチェックがなされている場合)は、チェックフォントがない時は、アルファベットのxが日本の○にあたる「該当」として代用されているので、"No"の意味の×マークと混同しないように注意が必要です。手書き、またはチェックマークのフォントがある場合は、チェックマークが本来はYesの意味なので「該当」にも用いられます。


3 ● なぜなに
●26ポイント

回答の補足:チェックマークの説明ですが、リンク内に括弧がついていて正常にリンクされない時は下記全体のリンク全体をコピー&ペーストして下さい(Tickの所で切れて、変な似たリンクの所に行ってしまうかも知れないので…)

http://en.wikipedia.org/wiki/Tick_(checkmark)


外国でも、該当する部分を「丸で囲む」(Circle the appropriate)という答え方(選択の仕方)があり、逆に非該当の部分を線で消すという回答方法があります。これが英語での不正解の×(No)と組み合わされたのが日本の○×方式のようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

「×」は輸入されて、「○」は国産だとすると、それもなんか日本らしい気がしますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ