人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

子会社化すると、グループ全体の利益があがる法則というのを見たことがあります。参考になるページがあれば教えていただけないでしょうか?また、思い違いであれば、会社が子会社化するメリット、デメリットをまとめたサイトを教えていただけないでしょうか?


●質問者: moffet1
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:いであ グループ サイト デメリット メリット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●23ポイント

これはどうでしょう

http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2004/20040216/781/


http://www.azsa.or.jp/b_info/ipo/200705/ipo_200705_01.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考に勉強します


2 ● kinnoji7
●23ポイント

こちら参考になりますでしょうか。

「子会社化」ブームに見る

グループ経営の死角

http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2004/20040216/781/



【決算】富士フイルム,関連企業の子会社化などにより営業利益70%成長

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070130/127142/



各部門毎の子会社化からもたらされるメリット。

o ある特定の部門の利益にとらわれない、戦略的な本社(親会社としての持株会社)の構築。

o 新規事業の立ち上げがしやすい。

他企業の買収、グループ化(M&A)がしやすい。

傘下の各社への権限の委譲がしやすい。

柔軟な人事制度の導入がしやすい。

さらに、子会社からの受取配当金に関して、連結納税制度適用による節税メリットが挙げられる。個別申告の場合、受取配当金の益金不算入額(この額が大きいほど納税額は小さくなる)は、負債利子控除後の残額である。これに対して連結納税を適用すると、100%子会社からの受取配当金は負債利子が控除不要であり、全額益金不算入扱いとなる。持株会社は、傘下の子会社からの受取配当金を事業の中核としているため、連結納税制度適用による節税メリットは計り知れず(企業によっては数十億円規模の効果となる)、受取配当金に関する節税メリットを最大限活用する目的で連結納税制度を検討・加入する持株会社も増加している。


デメリット

子会社から見た場合、親会社(持株会社)への「お伺い」が増える。

各子会社(事業会社)間の横の連携がしにくい。

労働条件の交渉について、使用者側の窓口(実際の雇用関係のある子会社なのか、子会社に対して実質的な経営権を有する持株会社(親会社)なのか)が不明となる。

特に純粋持株会社(親会社の主たる収入が子会社からの配当である形態)の場合、持株親会社単体では子会社(あるいは連結ベースでのグループ総体)より信用リスクが大となるため、格付上の「ねじれ」が生じるケースがある。

http://www20.atwiki.jp/2ch3ch/pages/280.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考に勉強します


3 ● rsc
●22ポイント

子会社化というのは、M&Aの手法の一つですから、M&Aのメリット、デメリットを見ればいいかと思います。

・M&Aのメリット、デメリット

http://fx-rank.biz/

http://www.fitness-japan.com/keiei/keiei6.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考に勉強します


4 ● peach-i
●22ポイント

http://wkwk.tv/chou/entries/2005/12/post_534.html

親子間上場のメリットデメリット

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考に勉強します

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ