人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Solarisのkillコマンドについてご質問です。
現在Solaris上でJBOSSを実行しておりログローテーションの際にシェルの中で-HUPオプションをつけて
killコマンドを実行しているのですが、コマンド実行後にJBOSSが終了してしまいます。

-hupオプションを使用してコマンド実行した際には基本プロセスを瞬間的にビジーにするだけかと思いますが、
プロセスが完全停止してしまう場合はどういった事が考えられるでしょうか?

お手数ですが、ご教授のほどよろしくお願いいたします。

●質問者: taso1981
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:JBoss solaris オプション コマンド シェル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● zzz_1980
●35ポイント ベストアンサー

は違うかと思います。送られるコマンド側の実装によります。

よくある daemon の実装は「hungup (kill -HUP) を送られると、設定ファイルを読み直して再起動する」

ですが、jboss の場合は、以下の例によると、

http://www.jboss.org/community/docs/DOC-12305/version/1;jsession...

hungup を送って jboss を止めています。

stop)
 PID=`cat ${PIDFILE}`
 /usr/bin/kill -HUP ${PID}
 rm ${PIDFILE}

つまり jboss 側がそう作りこまれているではないかと。

対策としては、HUP を送って jboss が落ちたのを確認してから log rotate し、

jboss を再起動するようにすればいいんじゃないかと思います。


2 ● hanadan
●35ポイント

そんなことをしないとログロテーションができないというのはおかしいので、やり方をはじめから見直した方がよいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ