人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

金払いが非常に悪いクライアントがおり、法的手段に訴えず、穏便に手を切りたいのですが、
なにかよい方法ありますか?
当方SOHOで、お客は個人事業主(サービス業)、見積もりの上承諾いただいて作業、その後請求という流れを取っており、契約書類などは交わしていません。

●質問者: buzzheater
●カテゴリ:ウェブ制作 人生相談
✍キーワード:クライアント サービス業 個人事業主 契約 見積
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ShinRai
●27ポイント

作業内容と支払い期限を明記して請求書をちゃんと送っていますか。

その支払い期限までに支払ってくれなかったのなら、電話して払うようにお願いすべきだと思います。そういうやりとりをしていたら、だんだん疎遠になるでしょうが。

◎質問者からの返答

まとめて手渡ししたいとかいわれておりますね。

で、手渡し日に都合が悪いから次回にしてくれとかですねえ。


2 ● kibitaki
●27ポイント

snbzkbさんが何業界かによって対処も変わりますが、仮にWEBやIT関係だとして。

邪道ですが、単純に「手を切る」ことを最優先に考えたら

・こちらに対する信用をなくす(納期、品質、対応を落とす)

・他の業者に行きたくなるよう仕向ける

という考え方もあります。

相性が悪いクライアントを抱えないというのは、SOHOをしていく上では重要なことでしょうし。

契約書なしの売掛金などがある場合は、ある程度は授業料と割り切る覚悟は常に必要かと。

ただ裁判までせず、法律家を1回挟んで代理人交渉するだけでも取れる分はあると思います。

◎質問者からの返答

まさにその業界なんですが、

その手もありますね。

たしかに見積もりの上、納品時期になり、他業者と価格比較されて

でしたらそちらお使いいただければと向けたりしましたけどねw


3 ● avankaisar
●29ポイント ベストアンサー

こんにちは。

割賦販売法、消費者契約法、特定商取引法、金融などの法務業務を専門に仕事をしています。

基本的に契約書面がないと全ての請求が出来ません。

口約束の業務はビジネスではないので、今後慎むべきです。

この場合の穏便な手切れ方法として最も多用されるのは、個人事業主と言うことなので

「税務署の任意調査に来られたのでスイマセンが受けることが出来ません」というべきです。

個人事業主の届出を出していなかった、利益に対して納税していないのに目を付けられたと

言えば裏社会のかたでも納得します。

◎質問者からの返答

なるほど!!!!!!

それいけそうですね!!

ありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ