人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

質問(本体)
人生に必要な単語数はいくつでしょうか?
その根拠は何ですか?

質問(あったらいいもの)
そのような単語リストがあれば教えていただけますか?
また、根拠の部分、学問(言語学?教育心理?)とかでの裏づけがあると後で調べられるので助かります。

背景
日本語は何となく分かるし、必要な単語は適時補えるので、あまり考えていない。
けれども、例えば、「現代用語の基礎知識」では単語数足りないですよね。
ただ、英語ならば、例えば、大学受験の英語なら2,000語、TOEFLで100点弱なら10,000語とか言われるが(テスト対策的にですが)、
中身のある話(ご飯を食べたとかそういうのではなくて、内容が込み入ったもの)には足りません。
では、どれくらいあれば十分なのか、と思ったため。


●質問者: activecute
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:TOEFL いもの けが テスト リスト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● minkpa
●35ポイント

人生に必要な単語数は0個だと思います。


言語等の高度なコミュニケーションは生きるためだけならまったく必要ありません。

逆に、そういった「人間らしさ」を含めてどのぐらい必要かと言うのであれば、人によってまったく数が違うので答えようがないと思います。

人と関わりをほとんど持たずに暮らしていく人生なら10個程度でも平気でしょうし、世界を股にかける言語学者なら広辞苑すべての単語でも足りないでしょう。


http://www.nagaitosiya.com/a/incomplete_language.html

脳の処理能力が限られている以上、言語は、現実の多様性の圧倒的多数を捨て、生存に必要な最小限の情報だけを拾わざるをえない。しかし何を捨てるかは、主観的で、各個人によって異なる。このことは、言葉の意味は、使っている人によって微妙に異なっているということを帰結する。

◎質問者からの返答

それぞれってことですね。

ありがとうございます。


2 ● sakrambom
●35ポイント ベストアンサー

英会話のように、1000語覚えれば日常生活を送るのに不自由しない、というのはよく聞きます。


以下、http://www.nihongolabo.jp/colum.htmlより抜粋。

近年、言語処理システムを使った研究で本当のことが明らかになりつつあります。


この研究では、言語処理システムを使って、英語のネイティブスピーカーの会話を分析し、統計処理を行い、日常の英会話でどれくらいの数の英単語が使われているのか、どういった単語が頻繁に使われるのかということを解明しています。


この研究によると、話し言葉の語彙1000万語のうち、上位100位までの単語が会話に占める割合は7割弱だそうです。これは、英会話の7割が100語前後の単語で構成されていることを示しています。


さらに、上位1000位までの単語では会話の9割を占めるまでになるそうです。会話のほとんどは頻繁に使われる1000語程度の単語で構成されているということになります。


:::


今、海外で生活していて毎日英語を使ってますが、たしかに100語くらいで事足りるような気がします。新しい単語なんて、そうそう会話では使わないですし。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

こういう感じのがイメージに近かったです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ