人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

テレビが中高生に向けて番組を作る理由を教えてください。

シンプルに考えれば、購買力の無い層をターゲットにするのは無駄だと思うのですが。

●質問者: jun
●カテゴリ:芸能・タレント ビジネス・経営
✍キーワード:シンプル ターゲット テレビ 中高生 無駄
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● totsuan
●22ポイント

NHKの教育番組については、純粋に彼らの知識を増やす/補強する目的があるかと思います。

民法においては、流行の発信元である彼らを取り込む事でその番組の影響力を各年齢層に広める目的があるものと思われます。いまや、TVのチャンネル権や話題の中心が子供にある家庭は珍しくないのですから、彼らが熱中して視聴するようになれば、周りの人たちも引き込まれる形でその番組に興味を持つようになります。最近は親達自身も精神年齢の若年化が叫ばれて久しい状態なので、いうなれば親達も”経済力のある中高生”と捉える事も出来ます。そんな中で特定の商品を取り上げて強調すれば、必然的にその家族全体が注目する事間違いなしでしょう。

中高生だけに限らず、最近の子供向け番組の大半の目的は関連商品の売り上げを重視した各制作会社の思惑がふんだんに盛り込まれており、彼らの”過”保護者の財布のひもを緩ませるのを目的とした場合においては決して無駄ではないと思います。

お粗末さまでした。

◎質問者からの返答

NHKは例外でした。


>TVのチャンネル権や話題の中心が子供にある家庭は珍しくないのですから、彼らが熱中して視聴するようになれば、周りの人たちも引き込まれる形でその番組に興味を持つようになります。

は納得です。

>親達自身も精神年齢の若年化が叫ばれて久しい状態なので、いうなれば親達も”経済力のある中高生”と捉える事も出来ます。

この発想はなかった。


2 ● dqndamepo
●15ポイント

1.中高生は未来のお客様なので、今のうちに植えつけておく、という考え。

2.中高生を決して「購買力の無い層」とは考えない。高校生のアルバイトをあてにするというわけではなく、たとえば、バブル層の子供だったら、親や祖父母にねだって買ってもらえる場合は大きい。別にバブル層の子供でなくても、それなりに生活に余裕のある家庭であれば、買ってもらえるだろう、だから無駄ではなく、むしろそのあたりをターゲットにした商品をご購入いただける大切なお客様ですよ、という考え。



シンプルに考えるのであれば、2のほうですかね。1はどれだけ効果があるか疑問ですし、今の企業でそんな余裕があるところは少ないでしょうし。

◎質問者からの返答

でも2ってゴールデンでターゲットにする層としては、パイが小さ過ぎませんか?


3 ● castle
●14ポイント

「中高生向けの商品を販売することをビジネスとしている企業」がスポンサーとして存在しているので、そうした企業からお金を引っ張ってこれる番組制作のための予算の目処が立つ分だけ、中高生向け番組の企画をパスできるという構造があるのではないでしょうか。

お金を持っているお爺ちゃんお婆ちゃんが、自分でお金を使うよりも孫にお金を与えたり物を買い与えるという関係が世の中では結構あるので、この中高生向け市場といってバカにはできないのだろうと思います。

◎質問者からの返答

「中高生向けの商品を販売することをビジネスとしている企業」のマーケットのパイが小さいとすると、必然的に広告費、番組制作費も小さくなるはずですよね。

しかし現実にはゴールデンを中心に、中高生視聴者は重視されているわけでして。


別に中高生市場を馬鹿にしているわけではないのですが、どう考えても直接的な購買力のある層よりもマーケットは小さいと思うのです。


4 ● a-gamyl
●7ポイント

テレビと言ってもそれに関わる人間は多数いますし、視聴者も多数いますので、受け手がどうとるかだけの問題だと思います。

質問者さんが、テレビが中高生に向けて番組を作っていると思われていることに対しても何の根拠もありませんし、誰かが良い回答をしても、多数の人間がかかわる以上それが根拠のある答えになるとは限らないと思います。

どうしてそういう考えに至ったかの説明があれば、それに対する回答として納得できる答えが得られると思いますが。。

以上、駄文になってしまいましたが。。

◎質問者からの返答

んー、こういう時の紳士的かつ省力的な模範対応ってどういうんだろうなあ・・・


5 ● 生涯一係長
●21ポイント

?テレビ広告の効果を、商品名または会社名の認知と考えます。

つまり、企業の営業活動の最初、AIDMAのAの段階と考えると、

テレビのスイッチが付いていて、CMがなんとなく目に入るだけでも

効果があります。

趣味や興味の細分化した大人の番組を作るよりも、マスとしての中高

生向けの番組の方が作りやすいのだと思います。

彼らが継続反復して番組を見ることで、CMの効果が家族にも波及し

ます。

?顧客の生涯価値を考えます。

顧客を、その時点での販売だけで考えるのではなく、生涯を通じて企

業に対し利益をもたらす存在と考えると、まだ価値観の凝り固まって

いない若年層に企業名を植えつけることは、大人に対して行うよりも

簡単で効果的です。

◎質問者からの返答

?の有効性について資料があれば、教えていただければ幸いです。


>趣味や興味の細分化した大人の番組を作るよりも、マスとしての中高生向けの番組の方が作りやすいのだと思います。

は納得しました。

中高生層を特にマスとして捉えるならば、確かに合理的な戦略だと思います。



>彼らが継続反復して番組を見ることで、CMの効果が家族にも波及します。

は1番の回答と同じ方向性ですね。

また中高生が同じ番組を継続反復する性向が高い、というのはありそうな話だとも思いました。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ