人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

オリジナルのWebアプリのライセンス・著作権について質問です。

ある企業から、あるWebシステム(PHP+MySQL)の制作を依頼されたとします。
いわゆるオーダーメードのWebアプリです。

これのライセンスや著作権については、どのように設定したら良いのでしょうか?

一般的なWindowsアプリなどでは、あくまでも著作権・所有権はメーカーにあり、ソフト購入者には使用権だけを与える・・・というのが一般的だと思います。しかしWebアプリ、それもオーダーメード発注となると、著作権などを相手に譲渡するべきなのでしょうか?

できればシステムの転売や流用などをされたくないので、(PHPで作った)ソースを暗号化コンパイルしたうえで納品し、ライセンスもそのように設定できればベストなのですが、この場合一般的にはどうするのが普通なのでしょうか?

皆様のアイデアやアドバイス、実体験例などを教えてください。

●質問者: dreamzico
●カテゴリ:ビジネス・経営 ウェブ制作
✍キーワード:MySQL PHP Web Windows アイデア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 15/15件

▽最新の回答へ

[1]下請けなら munyaX

完全に下請けでの開発なら、ライセンスや著作権はすべて先方になるのが一般的です。


すでにある(自社開発の)パッケージ商品をカスタマイズするならライセンスなどはこちらになる場合がありますが、OEMのような形態での納品を希望される場合もあります。

#ちなみに暗号化すると複合化のオーバーヘッドがかかるので、

#負荷のかかるWebアプリでは結構敬遠されたりする上に、難読化程度の

#役割しか果たさないので、契約上のしばりで拘束した方がお互いに幸せ

#かもしれません。


[2]ASPという手も munyaX

ASP(最近だとクラウドとか、ちょっと前だとSaasとか)で提供するという手もあります。


自社でインフラを抱えることになりますが、これならソースなどを渡すこともなく、ライセンスなども自社で持てます。


[3]サーバ単位で渡す munyaX

Googleとかがやってる販売方法ですが(海外だとたまに見かけます)、サーバにシステムを丸ごとぶちこんで機械毎提供し、中身は見るなという契約単位での制限、または物理的な制限をかける方法があります。

この場合もライセンスはこちら持ちのケースが多いです。


[4]>1 訂正 munyaX

複合化→復号化でした。

すみません。


[5]受託なら goodvn

契約書の中で決めておけばいいですよ

著作権は制作者が持っており,改変・転売は不可能という前提で請け負う,という内容にすれば大丈夫です

そもそも,転売や流用をするようなクライアントの場合,契約を無視してでも,やるかもしれませんが...(その際は,契約書を証拠に,訴訟してください)

うちは,そういう面倒なことにコストを掛けたくないし,どうせ流用や改変をしても,オリジナルを作っているうち以上の価値は出せないだろう,という観点から,コードの著作権はクライアント帰属にしています(ただし,コードの実行に必要なフレームワークは製品であり,これがないと動作しない.また,フレームワークの仕様は公開していないため,コピー品を作るのも困難なので,結果的にはうち以外がコードに手を入れることはまずありえない)


[6]>5 受託です dreamzico

はい、いわゆる受託開発という形式だと思います。

下請けではなく、直接クライアントから受注しています。

実はそのクライアントは既にホームページ制作業者と付き合いがあり、今回のシステムについてもデザイン面はそちらに任せるそうです。サーバーもサイトを置いているサーバを使うとのことで、そのホームページ制作業者にウチのソースを見られたくない(コピーされたり改変されたりしたくない)・・・というのもあります。


[7]>1 元請です dreamzico

今回は元請です。

暗号化(というか中間コンパイル)はionCubeを考えております。

そもそも負荷の低いシステムですし、ionCubeなら実行速度もかえって速くなるらしいので…。

もちろん暗号化したうえで、さらに契約での縛りを入れられたら最高だと思っていますが、

相手が「オーダーメードなのに著作権ないの!?」と言いそうな気がして、悩んでいます。


ちなみに完全自社開発のオリジナルです。

フレームワーク等も使いません。

本当にたいした規模ではないシステムなので、OOPにするかどうかすら迷っています。


[8]>3 なるほど dreamzico

なるほど、そういう販売方法もあるんですね。

ただ今回サーバについては、既に先方が付き合っているホームページ制作業者が用意しているサーバを使うことになりそうです(たぶんそこもレンタルサーバを借りてまた貸ししているのだろうと思いますが)。


もしウチがそういう手法で販売する場合は、そのクライアントのために専用サーバーを1台借りてシステムを構築し、それをウチが管理した状態のまま、売る(正確に言うと、「また貸し」)・・・という形になると思います。


[9]>2 ASP dreamzico

はい、そうですね、汎用性があるようなシステムならもちろんASP化して廉価で広く浅く売りたいです。サーバもお客にいじられないですむので、余計な心配をしなくていいですよね。

しかし、やはりオーダーメード発注してくるようなシステムというのはちょっと汎用性に欠けていてその会社でしか用途がなかったりするものですから、ASP化も躊躇します。


それに、ASPよりも特注システムのほうが単価もはるかに高く取れますしね(^^;


[10]金額で判断しましょう cymneve

作業に掛かった時間x単金みたいな金額で請け負った仕事なら、権利はシッカリ残し、改変付加とかも主張しましょう。

但し、作業指示書を貰っての作業であれば、著作権の主張はムヅカシイでしょう。

時間x単金よりも数倍以上の金額を貰っているなら、全部売り切りみたいなもので、やはり権利の主張は難しいと思います。

契約で何を決めるのも自由ですが、相手が契約を破った際に戦えるだけの能力(資力と時間)が無ければ何を決めても結果としてムダになることもお忘れなく。


[11]>6 Re goodvn

著作権というよりは,コードの閲覧について議論したほうがよさそうですね

確かに,モノはコンパイルして納品してしまうのも手です.その上で,クライアントからソースコードが欲しいといわれたら,印刷して紙で渡せばよいでしょう


[12]>10 うーん・・・ dreamzico

>作業指示書を貰っての作業であれば、著作権の主張はムヅカシイ

相手の(やや曖昧な)要望を聞いて、具体的かつ技術的な仕様を策定したのはこちらです。

使用する開発言語やDBなどもこちらが選定しています。

このような場合、相手の特注でオリジナル制作したシステムでも、こちらが著作権保有を主張し、ソースを相手に触らせないようにするのはアリでしょうか?


ちなみに見積金額の算定方法は、人月などの工数積算ではなく、ハッキリ言って「このくらいの難度だから●●円が妥当かな」って感じで、「えいやっ」と決めている感じです。うちは超零細企業であり、(能力にバラつきのある)社員を雇っているわけではないので、あえて人月計算などはしてません。

そうして算定した金額を相手に見せて納得すれば請けますし、納得しなければ他社へどうぞ、という感じで商談しています。


[13]>11 なるほど dreamzico

ソースは紙にせよ何にせよ、相手に渡してこちらが得することは何もなさそうなので、出来れば渡したくありません。

コピー流用されたくないのもさることながら、勝手にソースをいじった挙句にシステムを壊して、こちらに責任を押し付けてきたりするのを予防したいのです。


[14]>13 Re goodvn

それは,契約条件にきちんと書けば,責任を押し付けられるのがおかしいですよ

ソースコードを渡す理由のひとつが,何か問題がおきたら,そちらで解決してください,という意味です

ソースコードを公開しないということは,システムを使っている間,保守契約が必須になり,トラブルがあれば,保守する責任があります

まあ,私なら,そんなクライアントの仕事は断りますし,どんなに大金積まれても,取引する気はないですけどね


[15]>14 ?? dreamzico

>システムを使っている間,保守契約が必須になり,トラブルがあれば,保守する責任があります

むしろそのほうがウチとしてはありがたいです。

保守費用が毎月もらえますからね。

システム売り切りだとあまり儲かりません。

やっぱり保守もセットのほうがこちらとしても儲かるし、トラブル時の対応もやりやすいです。



>私なら,そんなクライアントの仕事は断りますし,どんなに大金積まれても,取引する気はない

なぜでしょう??

一番おいしいパターンだと思いますが・・・。

長い目で見れば、開発費よりも保守費のほうが大きな金額になりますよね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ