人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

18禁について。

アダルト系サイトだと「18歳以上ですか?」とあり、
クリックして進む形になっています。

これは、法律で必要なことなのでしょうか?


例えばヤフーやグーグルは、
18禁コンテンツのページを閲覧する際、
そのような認証はありません。

これらは、自主的な行いで、
法律で必ず必要というわけではないのでしょうか?


アダルトメインのサイトと、
一部にアダルト的コンテンツが含まれるサイトの両方で、
法的にどういう解釈なのか気になります。

●質問者: onigirin
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:アダルト クリック グーグル コンテンツ サイト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● hijk05
●17ポイント

>これらは、自主的な行いで、

>法律で必ず必要というわけではないのでしょうか?

必要です。

>アダルトメインのサイトと、

>一部にアダルト的コンテンツが含まれるサイトの両方で、

>法的にどういう解釈なのか気になります。

感覚的にはレンタルビデオ店と同じ感覚です。

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。

感覚的にはわかりますが、法律的な根拠などが知りたいと思っています。


2 ● なぜなに
●17ポイント

刑法第175条(わいせつ物頒布)

「わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらの物を所持した者も、同様とする。」


日本のプロバイダ内の個人サイトに猥褻画像などを

貼ると、そこの規則上の罰則もあると思いますが、

個人サーバーの中を公開している形で、

そのサーバーの位置が規制のゆるいロシアなど

国外にあると、罰則が難しくなります。

アメリカ等、国によっては18禁の表示は

一般的に義務づけられています。

日本でも不適当なサイト摘発のための

サイバーパトロールみたいなのがありますね。

有料無料を問わず、公共の場のわいせつ物頒布と

みなされると、もちろん、罰則はあります。

また、元コンテンツでは削除されていても、

Googleはキャッシュ機能があるため、

そこにしばらく残っている場合もあります。

(この場合はちょっとややこしいですね。)

ともあれ、認証をかけることで、

制作者側としては、「公然と陳列」を

しているのではない、という表示を

しているということではないでしょうか。


只、サーチエンジンのロボット除けの

メタタグなどを制作者側が適切に貼っていないと、

例え、タイトルページに認証があっても、

サーチエンジンが内容のコンテンツに

直接ヒットした場合は、コンテンツを直接、

見れてしまうことになります。そのため、

会員制有料ページの中の画像等に直接、

ロボットサーチがヒットしてしまう場合があります。

制作者の意図として、最初のログインページを

18禁として設定していても、その中味を

子供が見てしまう場合もあるわけです。


そのため、アメリカなどでは、サイトの

自己申告での認証の前に、親がネット

サーフィンの時にサイトの検閲機能を

PCに持たせるparental control toolsが

人気です。無料のものも多くありますので、

お子さんに18禁サイトやコンテンツを

予め一切見せたくない、または自分でも

気分を害するので見たくない場合は、

設定してみてはいかがでしょうか?


http://www.parentalcontrolbar.org/

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。

この法律から見ると、

わいせつなサイトへのリンクは、

法的に問題ない、ということになりますね。


3 ● なぜなに
●16ポイント

再回答失礼します。わいせつなサイトと知りながら、

報酬をもらったりして、わいせつだとは表示せずに

直リンクをして宣伝していて、そのリンクをたどって

多くのアクセスがあった場合は、確かに可能性としては

少ないですが、共犯の幇助罪に問われる可能性も

全くないとはいえません。特に悪意があったり、

故意である場合は、幇助と取られる可能性はあります。

でも、この場合は、多分、先に警告が来ると思います。


「幇助(ほうじょ)とは、刑法において、実行行為以外の行為で正犯の実行行為を容易にする行為一般を指す。

幇助行為を行った者は、刑法62条1項で従犯(幇助犯)とされる。従犯(幇助犯)は、狭義の共犯の一種である。

* 刑法第62条第1項(幇助)

o 正犯を幇助した者は、従犯とする。

* 刑法第63条(従犯減軽)

o 従犯の刑は、正犯の刑を減軽する。」

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

その理屈からなら、18禁サイトだと明記した上でのリンクなら、

掲載には問題ないということになりますね。


4 ● kurupira
●16ポイント

何か問題があった時に入口ページを作っておくと管理者は責任を問われないと聞いたことがあります。

何かしら注意書きは必要なようです。

→ここのサイトhttp://douga78.h.fc2.com/のように

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。

一般的にはそうでも、法的な根拠が気になります。


5 ● newmemo
●16ポイント

風営法で規制されている為です。

「アダルト系サイト」の意味は広いのですが、主要な一つに性的好奇心をそそる動画を流すサイトが含まれています。その営業を風営法第2条第8項において、「映像送信型性風俗特殊営業」と規定しています。

http://www.houko.com/00/01/S23/122.HTM#s1

(用語の意義)

第2条 この法律において「風俗営業」とは、次の各号のいずれかに該当する営業をいう。

(中略)

8 この法律において「映像送信型性風俗特殊営業」とは、専ら、性的好奇心をそそるため性的な行為を表す場面又は衣服を脱いだ人の姿態の映像を見せる営業で、電気通信設備を用いてその客に当該映像を伝達すること(放送又は有線放送に該当するものを除く。)により営むものをいう。

http://www.houko.com/00/01/S23/122.HTM#s4.1.3

第3款 映像送信型性風俗特殊営業等の規制等

(街頭における広告及び宣伝の規制等)

第31条の8

(以下、年齢制限に関する条文のみを抜粋しました)

2 映像送信型性風俗特殊営業を営む者は、18歳未満の者を客としてはならない。

3 映像送信型性風俗特殊営業(電気通信設備を用いた客の依頼を受けて、客の本人確認をしないで第2条第8項に規定する映像を伝達するものに限る。)を営む者は、18歳未満の者が通常利用できない方法による客の依頼のみを受けることとしている場合を除き、電気通信事業者に対し、当該映像の料金の徴収を委託してはならない。

4 映像送信型性風俗特殊営業(前項に規定するものを除く。)を営む者は、客が18歳以上である旨の証明又は18歳未満の者が通常利用できない方法により料金を支払う旨の同意を客から受けた後でなければ、その客に第2条第8項に規定する映像を伝達してはならない。

風営法第31条の8において、18歳以上であることの年齢制限を設定しています。検索エンジンがそのような規制を設定していないのは、自らが営業として営んでいないからです。

http://www.houko.com/00/01/S23/122.HTM#s4.1.1

店舗型性風俗特殊営業とはソープランドやファッションヘルスを指しています。

(店舗型性風俗特殊営業の禁止区域等)

第28条

(中略)

9 店舗型性風俗特殊営業を営む者は、その営業につき広告又は宣伝をするときは、国家公安委員会規則で定めるところにより、18歳未満の者がその営業所に立ち入つてはならない旨を明らかにしなければならない。

http://www.dmm.co.jp/info/legal/amusement.html

> DMMは改正風営法に基づく無店舗型風俗店登録済みサイト

http://www.dmm.co.jp/

http://www.houko.com/00/01/S23/122.HTM#s4.1.2

無店舗型性風俗特殊営業も規制されています。客にするのは不可ですからサイト入り口で区分しています。

(接客従業者に対する拘束的行為の規制等)

第31条の3

(中略)

3 無店舗型性風俗特殊営業を営む者は、その営業に関し、次に掲げる行為をしてはならない。

1.18歳未満の者を客に接する業務に従事させること。

2.18歳未満の者を客とすること。

http://www.police.pref.saitama.lg.jp/kenkei/sinsei/huzoku/huzoku...

風俗営業の形態が説明されています。

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。

ということは、ヤフーカテゴリのように、

「アダルト」カテゴリで

「アダルトサイトへのリンク」

を掲載する分には、問題ないということですね。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ