人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自転車などで右に曲がる時に、車輪を右に傾けます(あるいは傾く力が生ずる)がどうしてでしょう?
普通、直進していて右に曲がろうとする物体は慣性(真直ぐ行こうとする性質で)で左回転の力が生ずるはずですが。(その為鉄道などのカーブはワザと曲がる側が低くしてあります、そうしないと慣性で横滑りするか転倒事故になります。)
理論的に説明をしてください。あるいは(理論的でなくても)面白おかしく説明ください。

●質問者: やまだまや(真優)
●カテゴリ:科学・統計資料 ネタ・ジョーク
✍キーワード:カーブ 事故 慣性 普通 理論
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●15ポイント

右に曲がろうとすれば左に遠心力がかかって左へ行ってしまいます。(つまりは直進性がある)

それに対抗するために右へ傾け、重心をずらす事によりバランスが取れます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● SALINGER
●10ポイント

キャンバースラストの効果を得るためです。

簡単に言うと半径の違いを利用して曲がるわけです。

わかりやすい説明はこちら。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314213...

この中に出てくる図を見るとわかりやすいです。

http://img04.pics.livedoor.com/004/5/3/53a606bf50c6331abfda-L.pn...


なんか、以前似たような質問に答えたことがあるような気がしたら。

http://q.hatena.ne.jp/1218425427

◎質問者からの返答

ありがとうございます


3 ● idetky
●25ポイント

右に傾けなくても大丈夫です。

道路が格子状になっているなら、

右に曲がりたい交差点を直進し、次の交差点を左折。

そしてすぐ次の交差点を左折。

また次の交差点を左折。

そのまままっすぐ行くと、最初の交差点に出ますのでそのまま直進してください。

> あるいは(理論的でなくても)面白おかしく説明ください。 この質問に言及する

あっ、こういうことじゃないって!!??

◎質問者からの返答

ありがとうございます、{交差点で止まる=>方向を変える}あるいは{左折を繰り返す}ということでしょうか?面白いです。


4 ● totsuan
●50ポイント ベストアンサー

>自転車などで右に曲がる時に、車輪を右に傾けます(あるいは傾く力が生ずる)

>普通、直進していて右に曲がろうとする物体は慣性(真直ぐ行こうとする性質で)で左回転の力が生ずるはずですが。

えー、周知の事ですが、自転車もバイクも自動車も生きモノです。

ライトの様に見える部分が目です。本来いつもきょろきょろしていたい彼らなのですが、人間にハンドルとして角をつかまれているので首が動かせず、前しか見えません。仕方がないので、彼は人間に蹴られるままに前へと進みます。乗っている間に人間も自転車も一体となって真っ直ぐに進むための”感性”が研ぎ澄まされます。こうなると彼らはなかなか止まれません(※ここから先は自転車の場合でお話します)。

そんな折、たまたま右へ曲がる必要性を人間が感じるとそこで人間の真っ直ぐ進むための”感性”がなくなり、逆に右へ進むための”感性”が出現します。ここからが人間と自転車の葛藤です。

人間「あ、右に行かなきゃ。おい、自転車よ?右だ、右。」

自転車「え?右ってどっちよ?そもそも真っ直ぐなんだろ?今までずーっとそうだったじゃん。」

人間「いいから、右に行こうよぉ!俺はこっちに行きたいのっ!(と体を右に倒して意思表示)」

つまり、傾く力が自然発生するのではなく、人間自らの意思表示なのです。しかし、中にはそれを右に曲がる意思表示だと気づかない自転車もいますが、これはちょっと危険です。だからといって、ここでその代わりに自転車に右を示そうとして無闇に手を離してはいけません。角から手を離すと、自転車は途端にきょろきょろして「え?どっち?どっちよ?」とふらふらしてしまいます。ついでにいうと、彼の”頭上”で指差してもその内容は彼には見えづらいので、きちんと”目の前”で指差しなどで教えてあげれば、それを理解できた自転車はすっと右に曲がってくれます。もしそうでない場合は、残念ながら右左の区別が付かない相当な”おバカさん”なので乗る前にきちんと教育しておくか、首を無理やり捻って教えなくてはなりません。

人間「いいか、右ってのはこっちだぁぁー!!!(と言ってハンドルである角を握ったまま捻る)」

(グキッ!)

自転車「いっ!痛い痛いいたーいっ!」

ここまでされるといかにおバカさんな自転車も右方向に曲がらざるを得ません。ちなみにこの時、自転車の前足(=前輪)も後足(=後輪)もペダルも進行方向向かって右から見るとなぜか全て左回転となっていますよ、あら不思議。

ちなみに私の自転車はとっても賢いので、いちいち角をつかまなくてもちょっと声をかけるだけで左右にさっと曲がってくれます。すごいでしょ?

自動車の場合は目がずいぶんと前についているので、ハンドルを使わずに曲がる方向を示すときは予め早目にボンネット部分に移動してから曲がる方向を教えてあげてください。ただ、自転車やバイクに比べるとだいぶ知能が劣りますので、最初はなかなか覚えてくれないと思いますけど、根気と体力があれば大丈夫でしょう。

飛行機は気まぐれなのでその時の気分で翼を下げる側を勝手に決めていますし、船はへそ曲がりなので必ず逆方向に嫌々しながら曲がってるんです。乗り手はどんな乗り物とも息を合わせることが必要なんですよねぇ。

お粗末さまでした。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。(今の所は)かなりの気に入りの回答です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ