人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【日本語】「(前略)めかけを蓄えたのだ。それから自分の家の離れ座敷を取り外して、彼の屋敷からはすぐ下にあたるところへ、それを建て直した」、この文の「下」とはどういう意味になりますか? 佐藤春夫の「田園の憂鬱」からです。

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:生活 書籍・音楽・映画
✍キーワード:それから 佐藤春夫 日本語 田園の憂鬱
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● guffignited
●27ポイント

上下 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E4%B8%8B

一読したところだと、風下側あるいは「陰になるところ、隠れて見えないところ」「下側、坂の下」にあたるような気がします。妾の家(?)ですし。

この場合の上下は何を上と中心にするかによって異なるようです。

例を挙げるとして

(西) 川 家 (東)に妾の家を建てるとして

川を上側、家を中心とすると

(西) 川 家 妾の家(東)となります

◎質問者からの返答

ありがとうございます


2 ● hiko3karasu
●27ポイント

元の作品を読んでいないので外しているかもしれませんが。

単純に母屋が山の上、丘の上にあって、それより低い位置の土地に離れを立て直したと言う意味でいいと思います。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

ありがとうございます


3 ● y_u_n_o
●26ポイント

【すぐ下にあたるところへ】



やはり、母屋から見て、それより低い場所(土地)のことだと思います。


更に、「すぐに行ける」様な、距離的な意味も交えて

すぐ下にあたるところ となっているような感じを受けました。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ