人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

派遣の契約更新について

2008年11月に事務員として派遣の方を雇い入れました。
この方は3年を経過すると社員もしくは請負、パートなどとして
契約しなければならないのでしょうか?

製造業は3年というのはよく耳にするのですが一般の事務の方もそうなのでしょうか。

http://www.jassa.jp/corporation/example/01true.htm

従って、御社の当該部署に、直接労働者を雇い入れる計画がない場合には、当該派遣スタッフに対して雇用契約申込みの義務は生じません。雇用契約の申込み義務が生じない以上、派遣契約を更新して引き続き当該スタッフを受け入れることについては労働者派遣法上、問題はありません (労働者派遣法第40条の5)

とありよく分からないでいます。

どなたか教えていただけませんでしょうか。
また参考になる(できれば公的な)サイトの紹介も今回は合わせて回答をお願い致します


●質問者: namaewa_5
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:11月 2008年 サイト スタッフ パート
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● seble

労基法の14条において、期限付き契約には制限がかかっています。

http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM#s2

日本においては、中途半端な期間で契約が終了してしまうと再就職が極めて難しくなるため、労働契約は終身雇用が原則です。

あえて、その原則を曲げて短期間での契約も可としているだけであり、ちょっと前までは1年が限度でした。

それが規制緩和されて3or5年になったのですね。

派遣契約の問題点については最近大きく取り上げられている点や、賃金のピンハネでもある事からそもそもは禁止されていたのですが、そこも緩和されて派遣法が成立しました。

それでも、一応の歯止めがあり、その一つが3年限度の派遣契約と、それに伴う雇用義務です。

従来の判例では、1年を超えて継続雇用された期間契約は、実質的には終身雇用へ移行したと見なされるものが多いです。

1年が3年になった訳ですが、その基本的な考え方は同じなので3年を超えた場合は終身雇用、つまりは直接の雇用契約に移行するのが順当という事です。

http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/hanrei/data/137.htm

http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/hanrei/data/199.htm

http://www.jil.go.jp/kisya/kijun/20001228_02_k/20001228_02_k.htm...

派遣法

http://www.houko.com/00/01/S60/088.HTM#s3.3

40条5

東京労働局

http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/haken/index.html

◎質問者からの返答

背景は求めていないんですよー散々、書かれているのを読んでいますので。

質問にある3年という期間が経過した場合、どのような対処をすれば良いのか?

ということを伺っているわけです。

>その基本的な考え方は同じなので3年を超えた場合は終身雇用、つまりは直接の雇用契約に移行するのが順当という事です。

ということは正社員にしなければならないというわけですね。


2 ● chinya

派遣契約が、3年経過しても雇用しなければならないといった法律による縛りはありません。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3444315.html

派遣会社の担当営業に相談してみてはいかがでしょうか?

できれば別の派遣会社を呼んでセカンドオピニオン的意見を求めるといいと思います。

◎質問者からの返答

>派遣契約が、3年経過しても雇用しなければならないといった法律による縛りはありません。

おかしいですね、上の方の回答では正社員にしなければならないとありますが。

はてなで思うのですが、個人的な意見を求めているわけではないにもかかわらず

意見が真っ二つに分かれるというのは何故なんでしょうか?

派遣会社に勤務されている方や総務、人事にて勤務されている方が

はてなにいないのですかね。。。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ