人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

投資信託と自分で財テクをやるのとのメリットデメリットをお教えください。投資信託の手数料はいくらですか?

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:メリットデメリット 手数料 投資信託 財テク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● winbd
●17ポイント

投資信託メリット

・少ない資金でも成功率が高い


投資信託デメリット

・手数料がかかったり投資期間が決まってたりで、途中で別の投資に切り替えしにくい


財テクメリット

・いつでも自由に好きな投資に切り替え可能


財テクデメリット

・かなりの資金が無いと成功が難しい

http://q.hatena.ne.jp/answer


2 ● hiko3karasu
●17ポイント

・投資信託

メリット:難しいノウハウや情報収集はプロに任せられる。

デメリット:手数料を取られる。大儲けはあまりない。

・自分で財テク

メリット:勉強になる。儲ければ丸儲け。

デメリット:大抵負ける。情報は自分で集めなくてはならない。

http://q.hatena.ne.jp/1233157462


3 ● kamesannn
●16ポイント

投資信託・・いい投信を選べば市場の平均的なパフォーマンスを上回る可能性がある。ただし手数料がかかる。手数料は年間1?3%程度。売買時に1%程度から。振れ幅が比較的少なめ。資金量が多いことによるスケールメリットにより多少勝ちやすい。市場間の割り振り、急速な売買には制限があるため、変動相場では向かない可能性も。

自分で財テク・・いい市場を選び、いい株を選べば高いパフォーマンスも望める。振れ幅が大きい。

http://www.yahoo.co.jp/


4 ● uni90210
●16ポイント

投資信託であれば、金融商品や銘柄選択を業者がやってくれる。業者を信じるのであれば自分は何もしなくて良い。

自分でやると、勉強する時間や情報収集に要する労力が見えないコストとして発生する。

但し、信じられる業者は少ないこと、業者の選択眼を磨くのにやはり相応の勉強が必要であること、業者でも市場平均を上回ることが難しいことからインデックス投資を目指す人間も少なからず存在する。

http://www.fund-no-umi.com/blog/2/index.html

結局のところ、自分の興味と割ける時間によって自身の投資スタイルが決まることになりますが、基本的に投資は自分自身の判断に基づいて行うのが原則なので、個人的には自分で独自に勉強してやる方が結果的に満足感・納得感が高いと考えます。

販売手数料と信託報酬について

http://www.fund-no-umi.com/blog/cat1761970/index.html


5 ● pahoo
●16ポイント
メリット デメリット
投資信託 知識・経験が無くてもはじめられる。
リスクの少ない商品を選択できる。
手間暇がかからない。(運用を一任できる)
細かい運用状況をリアルタイムで知ることができない。(定期的に運用報告書は提示される)
手数料がかかる。
個人で財テク 自分でリスク・コントロールができる。
手数料がかからない。
手間暇がかかる。(運用中は数字の変動にかじりついていなければならない)

参考サイト


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ