人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1/13:松浪健太氏、
衆院本会議の?補正予算案採決で、
「定額給付金制度案不賛成」として棄権し

そのあと、
同日内閣府大臣政務官辞任したが認められずに
翌14日に罷免されていますが
『辞任』と『罷免』とのちがいはどういう意味があるのでしょうか?



●質問者: takokuro
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:内閣府 制度 大臣政務官 定額給付金 本会議
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

[1]強制か否か heptagon

端的に言えば、辞任は公務員の意志を認めるもので、罷免は強制的に免ずるものということになるでしょうか。


[2]退職金が出るかどうか winbd

田母神氏の件でも話題になりましたね。


自ら辞任した場合はしっかり退職金が出ます。

罷免された場合は出ません(もしくは一部のみ)。


そして辞任の場合は上が許可しなければ認められません。

ただし、罷免の場合は理由を不服として拒否することも出来ます。

この場合は裁判などで審議してから結果が出ることになります。


田母神氏の場合は退職時期が目前だったために、罷免することが出来なかったのです。


[3]>2 もう一つ winbd

調べてみたら、罷免されるとその後5年間は公務員になれなくなるそうです。

退職金についてはまったく支払われないわけではなく減額でした。


[4]>3 どちらにしても nekomanbo56

どちらにしても退職金は出して欲しくないです。

ヤクザと知り合いのおっさんでしょ。


[5]>3 違うでしょう。 JTCY

それは「一般職」の「懲戒免職」の場合でしょう。

大臣政務官は「特別職」ですし、「罷免」は懲戒免職ではありません。


[6]>5 ああすいません winbd

大臣政務官の罷免で公務員になれなくなるわけはないですね(笑)

もう一度よく調べてみます。


[7]辞めさせたという形をとりたいから akantih

辞任であれば自分で辞めただけですが、罷免であれば総理大臣の

任免権に基づいて職を免じたということになります。

大臣政務官として問題のある行動をとったので辞めさせたという

形をとることができるということでしょう。

辞任を認めれば閣内不一致で良いと言っているようなものです。

退職金は在職1年未満では普通に辞任した場合でも出ません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ