人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

5年ほど働いている会社から、「昨年度までの有給休暇をリセットし、今年度分から改めて与える。過去の有給休暇分に関しては、今年度からの給与に反映させている。」と先日言われました。
会社は従業員が10名程度の小さな会社で年俸制です。10月から新年度で、実際に給与は昨年度よりも上がってはいるのですが、新年度になる際には、有給休暇に関しての説明は一切ありませんでした。
今までも有給休暇についてはまったく消化出来てはいません。
このような会社の対応は問題あると思うのですが、具体的に何に違反するのかや、会社に意見する場合の、これに対する代替案などはありますでしょうか。

●質問者: shinya828
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:10月 リセット 会社 対応 年俸制
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● 潮澤 昴
●20ポイント

年次有給休暇は一年は繰り越せます。

参考URL:

http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1498/c1498.html


2 ● winbd
●40ポイント

>今までも有給休暇についてはまったく消化出来てはいません。

ちゃんと申請していたのに貰えてなかったのであれば、労働基準法違反です。


>過去の有給休暇分に関しては、今年度からの給与に反映させている。

に関しては、

http://home.att.ne.jp/yellow/tomotoda/qapaidholidays.htm

日本ではこうした行為は「有給休暇の買上げ」と称され、厚生労働省の行政解釈(昭和30年11月30日基収4718号)では、法定日数以内の有給休暇の買上げは労働基準法39条の違反であるとしています。ただし、法定日数以内であっても2年間の時効により消滅する場合、また退職時に使い残しの休暇を買い上げたりすることは違法ではないとされています。

この意味は、仮に労働者が休むより働いて賃金をもらった方が得であると申し出ても、健康で楽しい生活を送るためには休ませなければならないという労働者保護の精神に由来するものであります。いわば仕事と生活の調和をはかるということであります。従って、この39条では「使用者は有給休暇を与えなければならない」と使用者の義務としているのであります。

ということでこちらも「有給休暇の買い上げ」として労働基準法違反となります。


ただし、時効寸前の有給については買い上げが合法となりますので、過去の有給が消化できていないのであればいっぺんにリセットするのではなく、時効が近いものから順次買い上げしていくのであれば法律上問題無いと思われます。


3 ● minkpa
●20ポイント

有給休暇を与えないのは労働基準法違反です。

そして過去の有給休暇を金で解決するのも労働基準法違反。

労働者が同意しても違法なのでこれはどうにもなりません。


4 ● pahoo
●40ポイント

労働基準法違反です。


ご質問のケースは「有給休暇の買取」に該当すると見られます。

「有給休暇の買取」は、労働基準法第39条に違反すると考えられています。

ただし、買取が禁止されているのは39条で規定する法定有給休暇日数であり、これを超えて支給されている日数については、とくに法律が縛るものではないとされています(つまり買取可能)。


有給休暇の残日数に対しては同法第115条が適用され、未消化の有給日数については2年間は有効とされています。


つまり、直近の2年間で消化しきれなかった法定有給休暇日数を会社が買い取って、給与に上乗せすることはできません。


5 ● kinnoji7
●20ポイント

労働基準法では、「有給休暇を与えなければならない」と規定されていますので、金銭を支給しても与えたことにはなりません。また、買上げの予約をして請求できる年次有給休暇日数を減らしたり、請求された日数を与えないことはできません。

(労働基準法第39条)

http://www.kagoshima.plb.go.jp/mondai/qa/qa04/0408.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ