人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ダボス会議で麻生総理が演説で4ヵ所、言い違えか読み間違えをしたと聞きましたが、どのような間違えだったのでしょうか。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:政治・社会 ネタ・ジョーク
✍キーワード:ダボス会議 麻生総理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● chuken_kenkou
●40ポイント

日本語で読み間違いが多かったり、言っていることが変わったり、具体性がなかったりしてますが、英語で発言している時は大丈夫なのかと思ってしまいます。

首脳同士で、通訳を介さず、会談したりしてますからね。


(1)漢字の読み間違い

麻生太郎首相は31日昼(日本時間同日夜)、世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」の特別講演で、原稿を読み上げる際に「決然」を「けんぜん」、「見地」を「かんか」、「基盤」を「きはん」とぞれぞれ読み間違えた。


(2)人名の間違い

英前首相のトニー・ブレアのことを、トニー・ブラウン。横にいた事務官(?)に間違いを指摘され、言い直し。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

自分の国の首相ですからあまり言いたくはないが、どうしてこんな

間違いが出来るのでしょうかね。

英語でも、もし重要な会談で誤用していたら、それこそ国際問題になり

笑い事では済まなくなりますから、必ず通訳を入れて日本語で

話すべきでしょう。かってライシャワー駐日大使のように、日本語が

できても公の場では必ず自国語でやっていました。


2 ● hijk05
●40ポイント

「見地」を「かんか」

「決然」を「けんぜん」

「基盤」を「 きはん」

◎質問者からの返答

ありがとうございます。何おか況やの一言。前回の例よりひどい。

まさに麻生政府のどうしようもならない状態がそのまま滲み出てきた

感じですね。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ