人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最大400ポイント進呈!アマゾンウエブサービスについて教えて下さい。
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fdeveloper.amazonwebservices.com%2Fconnect%2Fkbcategory.jspa%3FcategoryID%3D19&wb_lp=ENJA&wb_dis=2&wb_submit=+%96%7C+%96%F3+のページで翻訳するとどうもアマゾンで色々出来る機能の事が解説されているようなのですが翻訳ソフトでは意味が今ひとつわかりません。
僕が探しているのはアマゾンの本のジャンルの「古書」の中の
「総記」というジャンルの本の一覧全部を表示できないかという事です。出来ればエクセル形式で一覧に出来る方法を教えて下さい。

●質問者: seconduserjapan
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:ひとつ アマゾン エクセル サービス ジャンル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

[1]AWSでは無理では? ele_dir

http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?Service=AWSECommerceSer... [YourID] &Version=2009-02-20&ContentType=text/xml&ResponseGroup=TopSellers&Operation=BrowseNodeLookup&BrowseNodeId=255461011

SDKを全て読んでだわけではないのですが、以前試みた時、ジャンルのトップセラーや新着の表示簡単ですが、これにページ番号が付いておらず、そこから全ての商品を辿るのは無理だったように記憶しています。

アマゾンウェブサービスよりも、単純に、アマゾンのページを解析して、そこから、簡単な外部ソフトで抜き出す方が早くないでしょうか?

EXCEL形式?かどうか分かりませんが、汎用的なタブ区切りのCSV形式でなら比較的簡単に作れそうです。

※TopSellersをNewReleasesに変更すると、新着表示になります


[2]4000アイテムまでなら・・・ FJSK

最適な答えかどうかは分かりませんが、AWSECS4で全リストを一度に取得するのは無理なので(10件ずつ・最大400ページ)、ページで分割する方法がいいのではないでしょうか?


RESTで言うと

http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?Service=AWSECommerceService&AWSAccessKeyId=「Your AWS AccessKey ID」&Operation=ItemSearch&Version=2008-06-25&SearchIndex=Books&BrowseNode=255461011&ItemPage=1,2,3,4,5〜399,400&ContentType=text/xml

(頭の"h"と「Your AWS AccessKey ID」と&ItemPage=1,2,3,4,5〜399,400部分を適宜書き換えてください)

とすると「ItemPage」が10件ずつ取得されますので、これを受け側に渡しておけば4000アイテムは引っ張ってこられると思います。


後は受け側でCSVかなにかで書き出し出来るようにすれば、Excel等で一覧が出来ると思います。


[3]>2 回答ありがとうございます やってみたのですが・・ seconduserjapan

ありがとうございます。下記アドレスで入力してみたのですが何が良くないのか検索ページが見つかりません。

ちなみに:::::の部分が私のアドレスです。

原因を教えて頂けると幸いです。あとCSVで受け手側で書き出す、というのはどのようにすればよいでしょうか。

http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?Service=AWSECommerceSer... qdbcf607@ybb.ne.jp&Operation=ItemSearch&Version=2008-06-25&SearchIndex=Books&BrowseNode=255461011&ItemPage=1ContentType=text/xml


[4]>3 ちなみにグーグルで検索しております seconduserjapan

宜しくお願いします。


[5]>1 ありがとうございます seconduserjapan

外部ソフトですか・。どんなものがあるか教えて下さい。


[6]>3 AWSのアカウント FJSK

すみませんが、AWSのアカウントは取得されていますか?お見受けするのはメールアドレスではないのでしょうか?


http://aws.amazon.com/

に行って、アカウントを取得し、Access Identifiersにある「Access Key ID」(Subscription IDでも良い)を入れて下さい。

さらに、挙げられているRESTでは「ItemPage」の後ろのアンパサントが抜けていますので、XMLとして出力出来ないのではないでしょうか?


CSVで書き出すにはなんでも構いませんが、ECSから取得したXMLを読み込んで、そのまま変換でも良いですが

私ならDBに格納してレコード毎にカンマ区切ってCSVにエクスポートの形を取ると思います。


[7]>5 こんな感じでしょうか? ele_dir

また、今だと、AWS経由でもできるようになってるんですね。

スレ汚し、失礼致しました。

一応、カテゴリから引っ張ってこれるものです↓

テーブルなのでそのままExcelで使えます。

http://pia.skr.jp/app/get_amazon_category.html


[8]>6 度々すいません。 seconduserjapan

アンバサントを入力し

それらしい画面は出たのですが困った事に

IDが取得できなかったようです 。

http://aws.amazon.com/でどのように操作すれば

取得できるか詳しく教えて下さい。

あとお書き頂いた

「CSVで書き出すにはなんでも構いませんが、ECSから取得したXMLを読み込んで、そのまま変換でも良いですが

私ならDBに格納してレコード毎にカンマ区切ってCSVにエクスポートの形を取ると思います。」

という文章の詳しい解説をして頂けると幸いです。

どうやったらよいのかさっぱり分かりませんので

教えて下さい。


[9]>7 これは便利ですね!ありがとございます seconduserjapan

あの是非教えて欲しいのですが

このソフトで引っ張りだしたデータを

エクセル形式でみられるようにするには

どうすればよいでしょうか。

あと価格の部分で「¥1000円」

とかになっているのですがこれを

「1000円」にする方法は

無いでしょうか。

価格の降順にしたいのですが。


[10]>9 あくまで例ですので・・・ ele_dir

外部ソフトにどんなものがあるかを、あくまで例証しただけで、信頼性や実用性は度外視しています。こんな感じで作成すればよいと思います。

また、表示されるデータはテーブルですので、普通に、EXCELへ貼り付ければ良いかと思います。

CSVやExcel形式の出力も不可能ではありませんが、0000000001など数字の様な文字列は、Excelでは数字と判断され1と表示され情報が不正確になるなど、利用方法に応じで工夫しないと不正確なデータを出力することがあります。

なお、通常の運用では、時間がかかりすぎますのでウェイトを外し、件数も増やす必要があると思います。また、ご自身のパソコンにソフトをインストールして、プログラムを走らせるべきであり、上記サイトは、あくまで、こういった方法もある程度にお考えください。

一応、Nextボタンで次ページを表示したり、ソートは付けましたが、当方のプログラム能力の無さと、アマゾンの出力を通常のページ表示に頼っているため、思ったより手間で時間がかかりましたので、これ以上の改良予定はありません。すみません。

余談ですが、AWSで同じ方法があるなら、AWSで作成するべきです。ただ、なぜか価格情報が出ませんでしたが…


[11]>10 お願いがあります seconduserjapan

ありがとうございます。

このプログラムはわざわざ私の為に

作成して頂いたようですので何かお礼を

したいと思うのですが

5000ポイントを送信

させて頂いてよろしいでしょうか?

このプログラムで私がやりたい事は

ほぼ実現されております。

これ以上の改良は無くても殆ど支障が

ありません。是非お礼させて下さい。

ただしお願いがあるのですが

このサイトをあまり公開して欲しくない

のですが如何でしょうか。

ご返答お待ちしております。


[12]>11 よく考えると・・・ seconduserjapan

でも良く考えるとポイントよりも

他の謝礼方法の方が良いかもしれません。

直接サイトにメールさせて頂きます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ