人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

BフレッツのVDSLとGyao光のVDSLを同じマンションに共存させることは出来るのでしょうか?

今度契約する賃貸マンションにはGyao光のVDSLが導入されています。しかし、現在使っているプロバイダを使い続けたいので、出来れば回線はBフレッツのマンションタイプを使いたいと思い、不動産屋に問い合わせたところ、「Bフレッツも電話すれば工事してくるはず」という返答でした。

30戸くらいの小さいマンションなので、契約数が見込めないという理由でBフレッツの工事が出来ない可能性があることは理解しています。

しかし、機器を設置するスペースさえあれば、技術的には、BフレッツのVDSLとGyao光のVDSLを同じマンションで共存させることは出来るのでしょうか?


●質問者: uniluq
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:Bフレッツ Gyao光 VDSL タイプ プロバイダ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● takerudayo
●16ポイント

マンションではなくアパートですが、私は以前そういう事をしたことがあります。


どうしたかといいますと、回線業者に一戸建て契約でやってくれと申し込んでやりました。

一戸建て契約の理由は、集合住宅契約の場合は契約数という問題をクリアできないからです。

それに集合住宅契約だと大家さんが手続きに関係してくるので大家さんに負担をかけてしまいます。

それは大家さんにいやがられる場合が多いと思います。


次にやることは、

一戸建て契約をマンションに適用しようとした場合に回線業者に言われるのは「大家さえ工事を許可すれば」という事です。

そこで大家さんに「電線から直接部屋の窓に向かって回線を工事してもらっていい?」と確認しOKをもらい工事に至りました。

回線業者にはベランダにくくりつけてくれ。という交渉もしておいた方がいいでしょう。

回線業者によっては、ベランダくくりつけ方式はやってくれない場合もあります。

その場合は、大家さんに「壁に回線をつなげるための金具を取り付けても良いかな?」と交渉しなくてはいけません。


これらを無事にクリアできれば契約数とか気にせずに直接回線が引けますし、

なんてったって集合住宅契約のような回線共有型ではないので速度も速いです。


あっこの方法ができない条件が1つありました。

部屋の階が電柱より高いと無理な可能性が高いです。

◎質問者からの返答

低階層のアパートで、個別契約ができるのは知っていて、現在アパート住まいなので、大家さんの許可を取った上で壁に穴をあけて100mbps占有の光を引いています。しかし、マンションだと外観上の理由や、エアコンダクトの仕様上、なかなか難しいようです。


2 ● pinkymonk
●32ポイント

可能です。

BフレッツとGYAO光のVDSLラインは別物なので、

物理的・技術的に共存させる事は可能です。

ただ、各部屋に配線を通す場合には、2本(BフレッツとGYAO光)のラインを通す必要が

あります。

◎質問者からの返答

マンションまでの光回線が、別々の回線であることは理解しています。VDSLラインが別物ということはどういうことでしょうか?

VDSLは屋内配線に電話回線を使うという認識ですが、2本のラインを通す必要があるということは、、各部屋に物理的に別々の2本の電話回線(2口のモジュラージャック)が必要ということでしょうか?

なお、GYAO光とフレッツ光を同時に使う予定はありません。

少し質問が曖昧だったかもしれませんが、101号室ではGyao光VDSLタイプを使い、102号室ではBフレッツVDSLタイプを使うということが、技術的に可能かどうか、また干渉は起こらないのか、を知りたいです。


3 ● chinya
●32ポイント

ONU(光回線終端装置)さえマンション内に設置できれば可能です。

ただし、NTT側がマンションの管理人を説得できれば、という条件付です。

確か、8人か16人以上の申し込みを期待できれば、NTT側は収益を確保できるとして、

設置してくると思いますが、あとはマンション側の承諾になってくると思います。

厄介なのが、分譲住宅の場合。

管理人の承諾ではなく、各部屋のオーナーの承諾が必要でした。

ユーザ申し込みの後、NTTの営業マンがマンションオーナー達を口説く営業を仕掛けるのですが、

随分待たされる場合もあるようです。

そこでNTTが開発したのがBフレッツワイヤレスタイプ。

色々な方向性から探ってみてください。

◎質問者からの返答

こうゆうサービスもあるんですね。ありがとうございます。

管理人の承諾や、NTT側の審査が通った上で、2社の光回線終端装置を設置するスペースさえあれば、技術的には(干渉が(ほぼ)発生せずに)、BフレッツのVDSLとGyao光のVDSLを同じマンションで共存させることは出来る、つまり入居者がGyaoの回線を使うかフレッツの回線を使うか選べる状態になる、という理解でよろしいでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ