人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日常生活で目にする物でちょとした「大人の事情」が絡んでいるものを調べています。

例)ニュースで犯人の手錠にモザイクが掛かっているのはなぜ?
⇒三浦和義被告(当時)が「犯罪者の印象が強くなる」と訴えたから。

通販番組で「個人の感想です」とテロップがでるのは?
⇒明確な効果を謳うと薬事法違反に問われるから。

芸能人のサインが読みづらいのは?
⇒元々は字が汚いのをごまかすため

こんなカンジの情報を教えて下さい!
※信憑性のあるソースでお願いします。


●質問者: yuko11
●カテゴリ:芸能・タレント 政治・社会
✍キーワード:ごま サイン ソース テロップ ニュース
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/8件

▽最新の回答へ

1 ● liferose
●18ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B...

医薬品の動画CMの最後に挿入されることがある「ピンポーン」の音(主に、前述のアレルギー体質者に対する注意喚起表示時に流される)


2 ● kinnoji7
●17ポイント

音だけでは聞き取りにくい

だから字幕をつけた

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/tv/jimaku.html


3 ● winbd
●17ポイント

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211267...

録画番組で同時間で違う番組に出演してるときは片方の番組が露出を控える。


それほどよく目にするわけではないですが、たまにレギュラー番組同士で半分だけかぶってしまうなんてこともあります。

はねるのとびらが深夜だった頃に北陽が最初の15分間だけ毎回映れないという時期もありました。


4 ● minkpa
●17ポイント

芸能人のサインについてですが、

http://blog.livedoor.jp/din_gir/archives/50878745.html

芸能人に限らずサインはもともとわざと汚く書くのが基本です。


サインは本人であることを証明するものなので、筆跡をマネしづらくするために汚い字で書くのです。


例えば、字の上手い芸能人が明朝体やゴシック体で丁寧に書いてしまったら、字の上手い人が簡単にそれをマネして同じ物を複製出来てしまいますよね。

クレジットカードを使うときの署名でも、一部の国では不正利用を防ぐために丁寧な字体だと拒否されることもあります。


だから「サイン(署名)を汚く書く」というのは世界共通で当たり前の認識であり、字が汚いのをごまかしているわけではありません。


5 ● db3010ss
●17ポイント

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E2%80%90%E3%...

古川琢也著「セブン‐イレブンの正体」

ISBN-13: 978-4906605521

大人の事情で出版が妨害されたそうです。

>以下カスタマーレビューより引用

本書は出版物取次最大手のトーハンによって書店取次ぎを拒否されたいわくつきの書籍である。本書が、トーハンの現副会長にして、セブン・イレブン・ジャパンの会長である鈴木敏文氏が不利益をこうむる内容だからだ、というのが主な取次ぎ拒否の理由だそうだ。後ろめたい事実を隠したい、という態度が余計にこの本の記述に信憑性を持たせてしまっているのがなんとも皮肉な結果である。

小売業界最大手の巨大企業にして、一般的イメージでは優良企業とされているセブン・イレブン。本書ではそんなイメージとはかけ離れたセブン・イレブン内部の黒い実態を告発する。

●売れ残りの弁当などの廃棄分の損失を加盟店オーナーに押し付ける通常の会計では考えられない「ロス・チャージ」会計、

●加盟店オーナーは独立事業主であるにもかかわらず取引先業者からの請求書を本部がオーナーに見せないという異常な実態、またそれによって明るみになりつつある「不当なピンハネ」問題。

本書では上の二点のように加盟店オーナーサイドの問題を主に扱っている。

しかし加盟店オーナーのみならず本部に反発したオーナーの見張りを24時間体制でさせられるセブンイレブンの末端社員、コロコロ変わる本部の指示に右往左往させられる取引業者、無理な配送コースを指定され、四六時中GPSで監視される配送ドライバーなどセブン・イレブンにひとたび関わってしまえば、本部の一定の役職以上の人以外は全て不幸になってしまうという現状を、関係者の証言と事実に照らし合わせて本書は告発している。

24時間営業の問題にいたっては、環境問題(CO2過剰排出による地球温暖化)や未成年の深夜徘徊の温床になりかねないという観点から、我々一般人にも不利益をもたらしているといえる。「お客様第一主義」の大義名分の下に上記の数々の非常識ともいえる経営を行ってきた同社だが、ここへきて当の「お客様」である一般人にも不利益を与えていることになる。

本書で書かれているセブン・イレブンの実態があまりに黒すぎて、著者サイドがいわゆる被害者たちの立場から一方的にセブン・イレブンを悪役に仕立て上げているという風にも見えなくもない。だからこそ、冒頭に述べたような取次ぎ拒否という手段に出たのだろうが、意見を封殺しようとするのは逆効果だとは思うが。

読み物としては、「ロスチャージ会計」についてはその会計のからくりの巧妙さゆえ伝わりにくいところもあるが、それ以外のところは平易な文章で読みやすい。「ピンハネ疑惑」の章で、ひとつ、またひとつと証拠があがっていき、疑惑の実態が浮かび上がっていく構成は図らずもわくわくさせられた。

最後の弁当工場潜入ルポは、筆者による体当たりルポでセブン・イレブンの末端の末端である弁当工場で筆者が数日間アルバイトしてあまりの過酷さからボロボロになる様が綴られている。なかなか読みごたえがある。

=====

追記)08.12.17

トーハンは現在、取次ぎ拒否を撤回・謝罪しているとのこと。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ