人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

コップの水は室温で長い時間置くと揮発します。
これを抑制するために、コップの水に混合したら良い物質(例:オレイン酸)を
できるだけ多く列挙してください。複数の組み合わせでもOKです。
沸点を上昇させる、表面皮膜を作る、その他、方法は何でも結構です。
物質名だけでもよいですし、原理や事例などあるものはもっとうれしいです。
よろしくお願いします。

●質問者: doraichi
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:オレイン酸 原理 抑制 沸点 物質
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ls_10_5
●27ポイント

何にお使いになるのでしょうか?

それによって、家庭で手に入る物をお答えすればいいのか、化学実験室でないと無い物でいいのかが変わってきます。

とりあえず、家庭で手に入りそうなものでお答えしておきます。


一番水の蒸発を抑制する方法は表面に油膜を作ることだと思います。

油は水より軽くてそれ自体が蒸発しなければ何でも良いので、使いやすいのはサラダ油などでしょうか。オレイン酸でもいいですし、ごま油でもいいです。(それ自体の匂いがしますが…)

蒸発とは水の分子が空気中に飛び出していく事なので、水と空気の間に水分子が通り抜けられない層を作ってやれば、蒸発しなくなります。


また、何かを水に混ぜるというのとは違いますが、水に浮く物体を沢山浮かべて水と空気の接する面積を少なくすることでも蒸発を抑えられます。

お風呂くらいの大きさならピンポン球でいいのですが、コップの大きさですと発泡スチロールのビーズなどでしょうか。

実際に、工場で気化しやすい洗浄液の蒸発を抑えるために使われている例があるようです。

(http://www.pref.miyagi.jp/sigen/recycle_report/recycle_report_vo...

の、2.アルプス電気(株)涌谷工場の項目

最初にこれを知ったのはテレビのニュースだったと思うのですが、それがどこだったかは忘れてしまいました。ごめんなさい。)

水の分子が空気中に飛び出していけるのは水と空気が接している場所だけですので、その面積を狭くしてやれば蒸発しなくなる、という理屈です。


他に、水に何かを溶かして沸点を上げて蒸発を抑えるという方法もあります。

が、上の例ほど蒸発を抑えられるわけではないですし、蒸発すると溶かした物質が析出してしまうという問題もありますので、使い道によっては使いにくいと思います。

水に何かを溶かすと蒸発しにくくなる、という理由は、水が7割、溶かした物が3割の水溶液になっていたとすると、水面では水は7割のところでしか空気と接していないから(残り3割は溶かした物の分子が空気と接しています)です。


http://q.hatena.ne.jp/1107020931

この質問が参考になるかもしれません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

どんなに揮発しやすいモノでも、揮発面がなくなれば

揮発がゼロになるわけで、一番理にかなってますね!!

ピンポン玉というのも面白いですね。

他の回答される方、

家庭で手に入るもの、工業レベルでしか手に入らないもの、何でも結構です。

引き続き回答よろしくお願いします。


2 ● sakaelu
●27ポイント

表面に膜を作る方法ならサラダ油など

1水と混ざらない

2水より比重が軽い

3沸点が低い

上の条件を満たしているのなら何でも良いのでは。

沸点を上昇させたいのであれば塩など。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B8%E7%82%B9%E4%B8%8A%E6%98%8...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

やはり皮膜が有効なのでしょうか。

感覚としては揮発を半分以下に抑えたいのですが、

後にご回答頂ける方、その辺のザックリでもデータあるとうれしいです。


3 ● ls_10_5
●26ポイント

揮発を半分に抑えたい、ということでしたら、単純に考えて分子の数が 水:溶かした物 = 1:1 になる必要があります。

(分子の大きさとか分子間の相互作用とか考えると実際はもっと複雑だと思いますが…)


塩などで1:1(質量ではなくて物質量が、です)になるまで水に溶けるものはちょっと思いつきませんでした。

それ以下ですと、

http://www.questions.gr.jp/chem/odoroki1.htm

このサイトによるとギ酸カリウムが一番溶解するようです。

ギ酸カリウムは水との相互作用が強い(つまり水分子を引っ張って空気中に出て行きにくくする)ようですので、もしかしたら半分程度まで蒸発を抑えられるかも知れません。


液体で、水と任意の割合で混ざり合う物で、水より沸点が高いものはジメチルスルホキシド(DMSO)やN,N-ジメチルホルムアミド(DMF)があります。

これらの溶媒をある割合で水と混ぜることで、蒸発を水の半分程度に抑えた液体を作ることができると思います。

ただし、どちらも可燃性で、皮膚に触れるだけで浸透したり、人体に有害だったりするので、化学実験室で扱うような用途でなければお勧めはしません。

◎質問者からの返答

なるほど、そんな考えも!

用途は家庭用なので、

安全なモノが希望ですが面白いですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ