人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アメリカの州立大学の助教授が最短でグリーンカードを取る計画表を作ってください

●質問者: webster
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:アメリカ グリーンカード 助教授 州立大学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● なぜなに
●35ポイント

別の質問にも書きましたが、もし下記の厳しい条件が満たせるようであれば、

労働許可申請前に直接グリーンカードが申請できるEB-1(EB-1-2)での取得が最短のようです。

研究で有名な賞を取るか、学会で功績を認められるなど、

教職の傍らに研究活動をなさっていればチャンスは広がると思います。


Outstanding Professor or Researcher (EB1-2)

Be able to demonstrate at least two of the following:


(http://www.globalvisas.com/us_immigration/employment_based_green...)


条件と取得方法:

http://www.foreignborn.com/visas_imm/immigrant_visas/employment_...


上の条件は満たしていないが、米国の雇用先の大学スポンサーから

労働許可を取ってもらえる場合は、しばらく働いた後に、

継続勤務のために、スポンサーである大学を介して

グリーンカードを申請することも可能ですが、

審査の時間はEB-1よりもかかります。

もちろん申請中は労働許可の方で合法的に滞在できます。


余談ですが、運次第ですが、日本人に関しては、

毎年秋にやっている抽選市民権も最短申請の方法の一つではあります。

日本生まれ(日本国籍)であれば、労働許可を得て、

すでに米国で就労している人でも毎年応募できます。

応募は基本的には自分でオンラインでできて無料です。


2 ● hong7
●35ポイント

結婚する http://www

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ