人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【指定方向外進行禁止】の起源
-前の「いるか質問」(*1)でも述べたように、日本の交通標識で「右折禁止」を表すには、
・[a]「右に折れる印(Γ)に斜め棒」で禁止方向を示していた・・・1942年-1963年(*2の「昭和17年制定」)
・[b]「直進と左折ができます」という「指定方向外進行禁止」で示している・・・1963年以後(*2の「昭和38年制定」)
の2方式があります。今回のいわしでも[b]に支持が集まりましたし、こう代わったのは世界(欧米)の体制が1960当時ほとんど[b]だったという背景があります。

-そこで私の疑問は、自動車用の交通標識というのは日本ではもともと欧米の物まねではなかったか、そうすると、1942年当時(あるいはそれ以前)は欧米でも[a]方式が主ではなかったか、ということです。

-このことを裏付ける資料、あるいは私の想像は誤っていて、欧米では初めから[b]方式だったが日本では逆らって[a]を導入したなら、それを裏付ける資料があったら教えてください。

-なお、今回は[a][b]のどちらが優れていると思うかは聞いていません。

(*1) http://q.hatena.ne.jp/1233841438
(*2) http://www.kictec.co.jp/inpaku/iken%20keikai/syasin/rekisi/hyousiki.htm

●質問者: sibazyun
●カテゴリ:旅行・地域情報 科学・統計資料
✍キーワード:1942年 1963年 いるか いわし ほと
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ