人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

医学書に「鞭捷療法」という言葉があるのですが、意味がわからず困っています。
(「鞭捷」自体もWEB上の各種国語辞典に載っていません)
よく「よろしく御指導、御鞭捷を賜りますよう・・」と使われるのは知っているの
ですが、周囲の人間も意味をわかってない状態です。
「鞭捷療法」の意味がわかればベストなのが「鞭捷」の意味でも結構です。
ご存じの方お教えください。


●質問者: maruichi
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:Web ベスト 人間 医学 国語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●15ポイント

広辞苑より

べん‐たつ【鞭捷】

?むちでうつこと。処罰して戒めること。

?いましめはげますこと。督励。

「今後とも宜しくご―下さい」

ということで

?のいましめはげますこと。督励。の療法ではないでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


2 ● ぱる子
●30ポイント ベストアンサー

医療用語については初めて目にしたので、誤解でしたら

申し訳ありませんが…鞭「捷」ではなく鞭「撻」では

ないでしょうか? それでしたら下記の意味です。


【鞭撻(べんたつ)】1.むちでうつこと。処罰して戒めること。

2.いましめはげますこと。督励。(広辞苑より)


医療で1箇所だけ見つけたのが

http://houmonmassage.com/chiryou-naiyou.html

で、このサイトによれば「鞭撻療法」とは

>患者さんのモチベーションアップを図り、患者さん自身が自らの

>体の状態と向き合い、自分の力でリハビリに取り組んでいこうと

>する気持ちを持っていただくためにいろいろなアドバイスをさせて

>いただきます。

>

>これを医療用語で鞭撻(べんたつ〈はげまし〉)療法といいます

というものだそうです。


蛇足ですが「捷」のほうは「しょう」と読み「すばやい、はやい」

の意味で、「敏捷(びんしょう)」というかたちでよく使われます。

◎質問者からの返答

手持ちの本には「器官の機能が衰弱しているときにやむなく用いられる手段。急場を救うための治療法」とあるものの、

その「手段」の詳しい意味がわからないので、質問させていただきました。

漢字間違いが原因として、前者の手段としてモチベーションアップ等が該当するとすればつじつまが合うのですが、

後者の「急場を救うため」のところがわからないですね。

どうもありがとうございました。


3 ● koppatan
●15ポイント

私のIMEでは「鞭撻」と出ました。字が違うようですね。

http://dic.livedoor.com/search/detail?dic=kk&itemid=18402500&ite...

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


4 ● ぱる子
●30ポイント

2へのmaruichi様のコメントを読んで、補足させていただきます

(ポイントはけっこうです)。

現在手元に日外アソシエーツ『25万語医学用語大辞典』があり

ますが、それで検索しても「鞭撻(療法)」というのは出てきま

せんでした。少なくとも現在はあまり使われていない用語のよう

に思えます。

>器官の機能が衰弱しているときにやむなく用いられる手段。

>急場を救うための治療法

という記述からは、心肺蘇生時の「電気ショック」や「昇圧剤

(強心剤)注射」などが思い浮かびますが…あくまで素人考えの

域を出ません。

http://www.tokushukai.or.jp/tokushukai/drnet/acls-back/10-5-2.ht...

心肺蘇生のアルゴリズム

http://ops.umin.ac.jp/ops/jijou/jijo_11.html

神様仏様ボスミン様

…何かの参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

いろいろどうもありがとうございます。

原文は現在出版されている教科書での記述であり、困った限りです。

(人に教えるために教科書というものがあるのですが・・)

本当にありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ