人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?FORTUNE” #026

THEME:「旅」「模様」「お祝い品」+「縁起物」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつ、FORTUNEバージョン。FORTUNEとは「幸運・幸せ」。毎回のテーマに沿って、イエと暮らしに幸運を呼ぶコト、ハッピーにするコトを思いとともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090210

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は2月16日(月)正午で終了させて頂きます。

1234241647
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:2月16日 theme いね おすすめ はてなスター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 279/279件

▽最新の回答へ

[1]木目や雲の形、あなたは何に見える? Zelda

皆さんも一度はあると思います。

ふと横になり見上げてると天井の木目模様が何かの形に見えてくることが。

私の場合は動物の形によく見えます。

ライオン、ワシ…。

前に見たときにはそんな風に見えなかったはずなのに。

その逆で、前見たときは確かにこう見えてたはずなのにあれはどこ行っちゃったのってことも。

私にはこの模様がこう見えるけどあなたは何に見える?

そうやって想像することをたまには楽しんでみるのも悪くないです^^

また雲はいつもさまざまな形に化ける名人、人によって同じものでも違うものに見えやすい。

子どもと空を見上げて、形探しもよさそう。


[2]結婚記念品 wacm

私事で恐縮ですが、結婚記念のお祝いは相手方の両親から薩摩切子のグラスを2杯いただきました。薩摩切子は世界に誇る江戸時代の技術です。職人の丹念な技術や辛抱強さ、硝子や焼き上げる工房の気象条件、全ての条件が上手く合ったときに商品として出せる切子が世に出るそうです。切子の技術はやがては江戸へ伝わるのですが、私の家では決まって子どもの誕生日や自分たちの結婚記念日に切子を使っています。

結婚して30年経ちましたが、これからも長く使っていきたいです。切子もあれから2杯増えて、家には4杯あります。できれば、息子夫婦に残したいとも考えています。幸せは長い時間を掛けてやっとやってくるのです。使い古してもいつまでも新しい輝き、光を通す凛然とした独特の存在感が切子の価値を感じさせてくれます。


[3]前もって道をあまり調べず進む旅 Zelda

えっ、ちょっと旅の前にはちゃんと道ぐらいは調べといてよって思われそうですがw

アバウトにこの方向でいいだろうって割り切って進んでみるのもいいです。

道に迷えば地元の人に道を聞けばいい、目的にと違う場所についたならその場で楽しめばいい。

本来の目的していたこととは少しずれてしまうかもしれませんがそうした出会いは時に素敵な思い出にもなります。

旅とは、偶然のめぐりあわせがあるからより楽しめるものではないでしょうか。


[4]>1 子どもの想像力・・・形、模様 wacm

私の息子が幼い頃、秋の雲を見て「蛇が泳いでいる」と言いました。なるほどと、大人ながら子どもの想像力の自由さ、何にも捕らわれない発想のふくらみに驚きました。かつて大人になる前の私たちも子どもが持つ想像力をいつの間にか失ってしまっていたんですよね。子どもの想像力に感心したと同時に、大人になることで失うことをも同時に実感させられたときでした。

また、父の実家に息子を連れて行ったときには、天井を見て、龍がいるとも言いましたね。確かに、見ようと思うと龍が立てにいるようにも見えるのです。龍がいることで家格が上がるのかな!?なんて妙に感心しましたが、子どもは両親から聞いたことや友だちから知ったことをすぐに周りのものに当てはめたくなるのでしょうね。子どものがむしゃらさというか、何にも制約されない想像力をいつまでも失いたくないですね。それがひょっとしたら、幸せへの扉なのかもしれないです。


[5]>3 何も調べないで旅行する、子どもありのケース wacm

私も宿以外はほとんど何も調べずに旅行に行くこともありました。ときにパッケージツアー全盛期、お金になんとか余裕が出始めた頃、やっと国内旅行に家族で行けるようになりました。有名どころの旅館や観光地となると子どもたちでも空きが出てきすので、なかなか好奇心が沸かないのです。ですので、子どもたちが関心の持てるような所へ長居するようにしましたね。子どもの行きたいところと私たちの行きたいところがなかなか一致しなくて、困ったこともありましたが、何も調べないで行く旅というスタイルはこの頃定着したようです。問題は子どもたちのトイレがあるかどうか、子どもが食べられる料理があるか、それだけに注意さえすれば子連れの旅行はできます。

最近では、ご近所さんと旅行に行くことがありますが、いままで何も調べないで行く旅行だったので、今度は決められたコースの楽しみも感じられるようにしています。事前に知識がある、ないとでは旅の楽しみ方も、緊張感も変わってくるでしょうね。それが、旅行する上での幸せだと思います。


[6]>2 引き出物 fusakogane

友人や知人の結婚式の引き出物・・・棚に飾られているもの 押入れに眠っているもの 毎日使わせてもらっているもの 縁あって結ばれた二人の思いがこめられた物なので、とっても粗末には扱えないですよね・・・それにご両人の名前が印刷してあるので、裏を返すと二人の顔や思い出がスナップ写真のようによみがえってきます。


[7]>4 雲の形 tibitora

雲の形はいろいろなものに見えますよね。

動物だったり食べ物だったり・・・、さっきまでそう見えていたものが動いて他のものに見えたり(笑)

甥っ子が今より小さい頃にもよく「あれ○○みたいー^^」といっていました^^

家の中の木の木目は夜に見ると怖かったりもしますね。


[8]>6 丼と箸のお祝品 iijiman

取引先の結婚式にお呼ばれして、いただいた引き出物が「丼と箸のセット、2人分」でした。

もの凄く大きな箱だったので何かな?と思ったのですが、丼と箸でした。

これが大きさといい形といいなかなか便利で、重宝しています。

ちなみに、取引先の業種は「ラーメン屋さん」でした。


[9]坂の上のコンビニまでの旅 iijiman

夜中にちょっと小腹が空いたとき・・・

坂の上のコンビニまで、徒歩数分の小さな旅を楽しみます。

夜の、少し澄んだ空気。

日によって様々な形に見える雲や月。

昼間は何とも思わないけれど、夜になると真っ黒で少し怖い植え込み。

コンビニでは、アイスやお菓子の「お土産」を買います。

日常の中の、小さな非日常を味わう「とびきり小さな旅」です。


[10]猫の模様 fusakogane

おやつをもらいに一日に一度、我が家へ訪問されるおとなりネコさん・・・三毛猫なんですけど柄模様がちょっとユニークです。三色あるから三毛なのでしょうけど、なんと四色なんです! 黒 茶 白 そしてネズミ色 四毛猫(よけねこ)のオスです。三毛猫のオスは遺伝上なかなか生まれないそうで、このよけネコはネズミ色のおかげでこの世に生を受けられたようなのです・・・毎日彼の姿をながめながらこころ和んでいるネコマニアです・・・


[11]家紋 wacm

私のいまの家の家紋は丸に違い鷹羽です。私の家では、七曜星だったので全く異なる家紋に驚きを感じました。家紋を大切にするために、お葬式や結婚式には家紋が入った曾祖父の代に作った膳一式が実家にはあります。鷹は武家では勇猛さ、気品高きの象徴です。

家紋は歴史を感じさせると同時に、いままでのご先祖さまの努力を表すと思います。家紋でご先祖さまの身分やルーツが分かると思いますが、どの家紋も意匠・デザインに非常に凝っていて家紋を見るのがとても好きで、全く飽きがこないです。当時の家紋職人の想像力や仕事への丁寧さには驚くばかりです。

ヨーロッパにも紋章があり、紋章学など日本の家紋と比べて見てみると日本は平面に押し込めていて、なおかつシンプルなので長い時間を経ても飽きがこないと思います。一方、西洋の紋章は複雑で華やかな印象を持たせてくれます。日本にも家紋学などあったら、きっと当時の生活情緒への理解が深まることでしょうね。それくらい家紋と日本は密接な関係だったのでしょうか?


[12]>10 犬や猫の毛の模様・動物の模様 tibitora

4色の三毛猫(四毛猫)さんがいるんですね!

みて見たいです^^

犬や猫の毛の模様はいろいろなものがあって可愛いですよね^^

縞模様、ぶち、タキシードみたいな黒と白、真っ黒で片足の先だけ白い「一つ靴下を履いた」模様(笑)

純血種の子達の模様も綺麗ですが雑種の子達はいろいろな模様があってとてもかわいいです。

たまにハート模様やチョビヒゲ、眉毛みたいな模様の子もいますよね(笑)

野生動物の模様は身を守るためだったり、狩りをするときに目立たないためだったりで子供の頃と大人になってからでは違ったりするのもすごいと思います。

いのししや鹿の子供の斑点も可愛いです^^


[13]>7 雲の形 natumi0128

私も、小さいころには、雲の形をいろいろなものに見立てて遊んだりしました。

今はなかなかゆっくり空を見上げることも減りましたが、またこれを機会に空を眺めてみるのもよさそうです。

そうそう、天井の木目も、いろいろなものに見えたりしましたね。

お昼寝しながら見上げた、祖父母の家の天井とか。


[14]>8 おろし金が引き出物 fwap

iijimanさんの箸とどんぶりの引き出物はシンプルでしたね。引き出物は結婚相手の喜びや希望をものに込めて伝える儀式です。相手に込める気持ちや意志がつまったものを粗末には決して扱うことできないです。私もかつて、わさびのおろし金をもらったことがあります。何をおろし金、どこでも買えるものではないかと一瞬バカにしていましたがかなり高価なものであることを知らされ驚いたことがあります。いまは目が摩耗し、なくなってしまってしまったので使っていませんが、とても使い勝手がよいおろし金でした。ちなみにおろし金をくれたのはワサビ田の家です。本わさびをつかって食卓を豊かにして欲しいとの思いを込めたのでしょうか?


[15]旅の小さな思い出 natumi0128

海へ行ったとき拾った石や貝殻、山で拾った木の実や葉っぱ。

たいしたものではないけれど、それを見るとそのときの思い出がよみがえります。

小さいころに拾ってきた貝殻が、今でも棚の隅っこに飾ってあったり。

お金をかけたりしなくても、思い出は自分がつくろうと思えば、あんがい簡単に作れるような気がします。


[16]>13 のんびりできる actro

空を見るのは好きでしたねぇ。

雲がどんどん形を変えていくのは見ていて楽しいものでした。

今でも面白い形があれば携帯で写真撮ったりしますね。


[17]旅ごっこ fusakogane

時間や費用がさびしいときに、「時刻表の旅」をしていますね・・・まず地図と路線からだいたいの目的地を決めて、鈍行 急行 特急 臨時 新幹線など スピードやテンポも考えながら・・・温泉 山 海 名産 宿 ネットで調べたり本屋に行ったり、とっても楽しんでいます。実際に行って見たいですが、とりあえずグーグル・アースとストリートビューで歩いたつもり旅行でガマンしている今日この頃なんです・・・


[18]のんびり各駅停車の旅 tibitora

青春18切符など、普通電車が1日乗り放題になる切符でゆっくりと遠くまで行くことがあります。

普通電車はわりあい空いているので、電車の中で学生さんたちのわいわい楽しそうにしている様子とか、小さい子供がはしゃいでいたりとか、そんな雰囲気の中での移動も楽しいです。

外の景色を眺めならがガタゴトとゆれていたら少し眠くなってきたりもしますが、ゆっくりとした移動時間も楽しいです。


[19]>11 家紋の豊富さ!海外からも fwap

先日、テレビ東京の「出没!アド街ック天国」を見ていたところ、新宿中井を特集していました。その中で、家紋を作っているところがあったのですが、なんと最近では海外からの要望も多いそうです。番組によるとロスチャイルド家も依頼したようで、勇壮な鷹が二匹?いたような気がします。職人がコンパスを使って描く線は布に収まり、何度も染め物を重ねることで生まれる家紋はイエのルーツを知ることができますよね。ルーツが重要かと言われるとそれほど重要ではないと感じますが、ただ家紋の美しさやデザインには心を奪われてしまいます。

URLを見つけたので、下に貼っておきます。

http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/090131/20.html

紋章上絵師 沼崎昌雄


[20]>12 忘れがたい模様の猫、「センちゃん」と「もよ子」 iijiman

近所で見た猫で、忘れがたい模様の猫が2匹います。

1匹は「センちゃん」。顔の真ん中に縦線が入っているので、そう呼んでいました。首輪をしているので、かつては飼われていたようで、捨てられたのか、迷い猫になったのか分からないですが、気の毒な猫でもあります。

[f:id:iijiman:20060322063031j:image:w450]

もう1匹は「もよ子」顔の模様が変わっているので、そう呼んでいました。野良のようでしたが、割合人に慣れていて、近付くことも出来ました。

[f:id:iijiman:20061017131214j:image:w450]

二匹とも最近は見なくなってしまいました。

野良猫人生は、厳しいようです。


[21]模様替え tibitora

気分転換に部屋の模様替えをする事があります。

片づけをしてみたり、置いてある物の場所を移動させたり、カーテンを替えたりと掃除をかねてですが、気持ちもすっきり部屋の中もすっきりとします^^

いつもと違う場所に移動させるだけでなんだか別の部屋になったみたいで楽しいです(笑)


[22]>18 青春18切符を使って鈍行列車の旅 fwap

私は住んでいるところが田舎なもので各駅停車の旅は本当に辛抱のいる旅でもあります。東京、横浜、小田原から大垣まで行こうとすると、私の出身の静岡県を終えるのが相当に大変です。路線が長く、駅の間隔も長いので座っているだけでも疲れてしまいます。青春18切符を夫婦で使って、滋賀県琵琶湖一周、京都からの山陰本線全線を乗ることに比べても、断然疲れます。

ただ、東京から大垣までの途中の景色が非常に美しいんですよね。秋に行くと海辺が太陽に照らされきらめき、山間にはみかんのオレンジ、農業も漁業も工業もみんなバラエティ豊かに観察できます。鉄道の旅に欠かせない青春18切符こそ、縁起物であり幸せへのおまじないの切符ようなものなのかもしれないですね。


[23]>11 丸に横木瓜(まるによこもっこ) fusakogane

詳しくないのですが我が家は四国丸亀あたりから江戸に移ってきたようです・・・昔、「ルーツ」というドキュメントドラマがありましたが、好奇心で調べてみようとしましたが、お寺の過去帳まではたどり着きましたがなかなか最初の最初ってわからなくって、途中であきらめました。自分の苗字の始まり・・・とっても神秘的です!


[24]>22 鈍行列車 koume-1124

18切符使いましたねー。学生時代はお金がないので、18切符で鈍行を楽しんでました!

新しい発見も多いので、体力あれば今でも使って旅をしてみたいです。


[25]>16 雲、木、コンクリート、身近に模様は一杯! fwap

雲って風が強いと形をいくらでも変えますよね。子供心になんで形が変わるのか、風以外に原因を求めようと空を必死に見上げて知恵のない頭で当時は必死に考えましたね(笑)当時の担任の先生(小3)はいつも考えたことはノートを取りなさいといっていたので、思ったことや感じたことを宿題代わりとして認められました。当時としては、画期的でこんなことで宿題が終わるのは楽だと友だちとも喜んでいました。

何日も続けていくと、雲だけでなく木の模様、コンクリートの割れ方など、身近な簡単な○○に似ている、という記述では進展がないことを自分でも悟り、なんとか工夫しようと友だちの書いたことや母親に文章を書くことを学びましたね。特徴を捉え、自分の体験につなげて描写する、小学生にしては高度な授業だったと気づいたのは大学生になってからでした。

単純に、雲がどのように見えるか、なぜ?あなたは何を感じているのか?これをずっと自分に質問することだけで自分の探求になりますね。ただ、今の季節、外で空を見上げると風邪を引くのでオススメしませんが。


[26]>25 雲の形 koume-1124

昔は雲の形でよく遊んでましたね。今は空を眺める余裕も無いけど。ぼーっとする時間て結構たのしいですよね。


[27]お守り fusakogane

これまでの人生経験のことあるごとに、さまざまな機会にもらったり、自分で買ったりで、お寺や神社にお礼参りさせずにコレクションしてしまっているお守りがけっこうたくさんあります。受験のとき 長期出張のとき 初めての海外旅行 安産 厄除け・・・もらったときの相手の心情、自分の精神状態を思い出します。いいもんですね・・・お守りコレクション。


[28]>20 動物の模様 fwap

ネコや犬の模様って不思議ですよね。どうして模様が決まるのか・・・遺伝で決まると言われても人間の一卵性の双子でも微妙に顔にも特徴の違いが現れてきます。以前、見たニュースに同じDNAで作成したクローンネコでも模様が違うらしいです。どうも、子宮内で育ったときの環境も遺伝子と同じくらい重要らしいです。育ちも生まれと同じれり、でしょうか。三毛猫の模様、シマウマの模様、インコの色合い、どれも動物園で見過ごしがちな当たり前なことを、大人は見過ごしがちですが、子どもって質問をしてくるんですよね。

URLを見つけたので、貼っておきます。

http://wiredvision.jp/archives/200301/2003012302.html

クローン猫、外見も性格もオリジナルとは「別の猫」


[29]>24 してみたい actro

やってみたいですねぇ。なかなか時間とれなくて実現できなさそうですけど。

目的地に早く着くのもいいですがのんびり、ゆっくり旅を楽しめそうです。

行き先決めずに行くほうが、楽しいですかね。


[30]>28 模様、動物の独自性。では、人間は? aekie

iijimanさんのネコはとてもユニークな顔をしていますね。人間から見た動物の美醜なんて動物にとっては全く逆なのかもしれないですね。動物から見たらひょっとしたら人間の顔も同じように評価されているかもしれないですね。もし、動物と話すことができたら聞いてみたいものです。どのネコも同じ模様を持たないとしたら、人間も同じように全く同じ顔を持たない。人間は美容整形で簡単に変えることが可能で、いつまでも外見だけは美しさを保っていることができます。それでも自然の苛酷さにさらされ生き抜く野良猫の姿や毛並みを見ていると、人間のとしての独自性に疑問を感じてしまいます。

どうしたら、人間は個性を持つことができるのだろうか?漁港にいて魚を狙っている野良猫を見て、感じるところは大きいです。


[31]>16 東京には東京の空がある some1

高村智恵子の言い草には「とっとと東京から出てけ」って感じですが、

東京のビルの隙間や、路地の上にも見上げれば空はあります。

其処にも雲は流れ、星は輝きます。

公園とか開けた所も無いわけではないし、高層ビルを背景にしても空は広がります。


[32]一人旅 fumie15

一人旅が好きです。できるだけ少ない荷物で行きます。

自由に行動できるのは楽しいです。


[33]>26 なぜ見える?錯覚も空のキャンバス aekie

小さい頃、空を見上げ雲をひたすら見ていました。雲には必ず「顔」があり、その顔を知ることで物体の本質を知ることができると思います。どんなところにも模様を見いだせてしまう人間は不思議な存在ですよね。錯覚もその一部だと思います。存在しないパターンや色、構造が見えてしまう。。なぜ、人間は見えてしまうのか?ありのままに見ることができないのか?最近のNewtonの錯覚だけを扱った特集を読んで感じましたね。

雲は空に白しかないキャンバスだと見なしたら、これだけ単純な画材はないと思います。でも、変化に富んで無限の可能性を私たちに見せてくれる空、天の圧倒的存在感には驚きです。昔の人も形や模様だけでなく、天候など当然ながら畏敬の念を持っていたことでしょう。


[34]>29 常磐線と大和路線 aekie

各駅停車の旅、TVで見るととても楽しそうですよね。私も常磐線で上野から水戸まで行ったことがあります。上野から水戸だと大した距離ではありませんが、かなり疲れましたね。常磐線の美しいところは切り開かれた住宅街。人間の開発の進展を感じさせてくれます。どの都市も景観は同じではありません。大和路線は三重県から大阪まで頻繁に表情を変えます。竹林に工場、密集した住宅地、大和路線はかつての日本の縮図を見せてくれます。


[35]>19 紋付き袴 aekie

私の家にも家紋があります。特別、裕福だったうちではありませんが、紋付き袴があります。紋付き袴を着ていたときの父の結婚写真を見るととても格好良く、(袴に)あこがれてしまいました。袴を着る機会は滅多にありませんが、そのときに見せる家紋が強調しすぎず、落ち着き何度も見ても飽きのこないデザイン。家紋を意匠した人は本当に偉いです。家紋を作るだけの文化の下地がある日本に生まれることができて本当にご先祖さまには感謝したいです。


[36]退院祝い fumie15

入院して退院したとき、退院祝いにストールを頂きました。柔らかくっていまだに愛用しています。

お返しは何が良いだろうと母に相談した所、米を送りました。

ストールとお米なんだか不思議な取り合わせですがどちらも喜んだのが何よりです。


[37]>34 途中下車の旅・東海道線編 iijiman

青春18切符、私も学生の頃、よく利用しました。

特に東海道線。千葉に親元があって、奈良に下宿していたので、帰省の際には青春18切符をよく利用しました。

さて、東海道線を青春18切符で利用する際、fwapさんのおっしゃる通り、静岡県がとても長く(景色は素晴らしいのですが)、ちょっと疲れてしまう時があります。

そんな時には、途中下車がお勧め。乗り詰めにしないで、1時間くらい下車して休息をとるとよいです。

JR静岡駅の構内、改札の外ですが、エルナードという喫茶店があります。もし私が利用していた頃と変わっていなければ、器はいい器を使っていて、珈琲の味もなかなか良いです。ちょっと控えめの照明の、洒落たカフェです。

あと、これは私が学生だったころはなかったですが、JR熱海駅の改札を出てすぐのところに、無料の足湯施設があります。9:00?16:00。ここで足を温めてリフレッシュするといいです。

http://www.ataminews.gr.jp/kankou/31.html

あと、静岡県ではありませんが、JR名古屋駅の「きしめん」のスタンドも、お勧め。追い鰹をふわっとのせてくれて、美味しかったです。

青春18切符は、乗り放題の切符であると同時に「降り放題」の切符でもあります。

途中下車でマチを少し歩いてみると、色々発見があるかもしれません。

※aekieさんのご紹介いただいた「常磐線」、水戸からさらに北に行くと、海が見える区間があるんですよ!何かの機会がありましたら、仙台まで乗ってみると、色々発見があるかもしれません。


[38]旅に必ず持っていくもの fumie15

旅に必ず持っていくものはなにですか?

私はお財布と携帯とカメラだけです。

よっぽど長い旅なら別ですが服なども次の日も同じ服を着回ししたり、あるいは旅先で買ったりします。

軽いのでいいですよ。


[39]>33 飛行機雲の模様と、きらっと光った何か iijiman

飛行機雲の、飛行機が去った後の「もわー」っと広がった模様が好きです。

そう言えば、子供の頃、飛行機雲を見ていたら、その空に「キラ」っと光るものが。

友人は「あれは絶対にUFOだ」と主張していました。

現実的な私は、多分渡り鳥か何かだと思うのですけれど。


[40]>21 模様替えしたい fumie15

模様替えしたいです。

でモベッドが重いことも有りなかなか出来ません。

模様替できたら部屋もきれいになるのになと思っています。


[41]>38 いつも大荷物です teionsinonome

1泊だけ それも隣の県に行くだけなのに、旅行バッグと大き目のハンドバッグがパンパンになります

自分でも不思議でなりません!!!


[42]各駅“降車”小さな旅 tough

各駅停車ならぬ「各駅降車」の小さな小さな鉄道の旅です。普段通り慣れている路線も、通過する駅に下りたことがあるかというと案外なかったりするものですから、それを再発見する「旅」をするのです。一駅一駅降りて、駅の中を探検します。ホームを眺め、改札から外を眺め、ホームの端から線路の彼方も眺めます。

知っている町でも、降りたことのなかった駅の中から眺めてみると意外な新しい発見があったりしますから、これを全く知らない路線でやったりするとさらに興奮物の旅になります。一駅一駅時間をかけて回りますから、動ける距離は限られます。一日ではとてもひとつの線を回りきれないことがほとんどです。回りきれなかった駅は次回のお楽しみです。

運賃は、JR大都市近郊区間の場合、経路が重複したり交差したりしなければどんな経路で乗っても路線図上の最短というか最安値の運賃が適用されるといういわゆる大回りの特例がありますから、それをうまく利用すると安く上がります。目的とする路線を終点まで行って、そこからぐるっと大回りしながら帰路につき、行きに通った線路と重複する手前で降りて一旦改札を出れば、「旅」の出発点からその駅まで直行したのと同じ運賃しかかかりません。そういうテクニックを考えて計画を練るのも、この小さな旅の楽しみの一つになります。

また、フリーきっぷや特定区間内のパス、あるいはホリデーパスなどといった企画物のキップを使うと、あちこちの駅で自由に改札を出られます。行動内容によっては割高になりますが、うまく使うととても割安な小さな旅が楽しめます。知らない場所を旅するのもいいですが、よく知っている地域をさらに深く知ることが出来る「近郊各駅降車」の小さな旅はなかなか楽しいので、ぜひお勧めしたいと思います。


[43]>35 五三の桐 teionsinonome

我が家は五三の桐です

ちょっと調べてみたら、五三の桐といっても色々あるんですね

http://www.otomiya.com/kamon/plant/kiri.htm

うちのはシンプルなのだったはずです

うさぎとか千鳥とかを見るとかわいいな?ってうらやましいです!


[44]>5 前もって道をあまり調べず進む旅(ドライブ編) miyupie777

車の免許を取得してしばらくは、嬉しくて、その日の気分であちこち運転してまわってました。

道路標識だけが頼り。なので途中ですごく狭い道や下が崖の道に入ってしまって泣きそうになったことも多々ありました(^_^;


[45]>43 丸木瓜 miyupie777

我が家は丸木瓜です。teionsinonomeさんのリンク先で木瓜を調べたら、これまたバラエティに富んでいてびっくり。見ていて楽しくなりました。


[46]とっておきの着物の模様 teionsinonome

母から譲り受けた小紋が赤地に松竹梅にキジのおめでたい模様です

小紋なので結婚式なんかには着れませんが、とてもおめでたい雰囲気なので二次会に着て行きたいのです が、なかなか機会がありません・・・

このド派手な着物が許される年齢なうちに(もうギリかもしれない・・・)日の目をみさせてあげたいものです


[47]>17 旅ごっこ miyupie777

私もグーグル・アースとストリートビューをよく見ています。あとYahoo!路線も。交通費を見てがっかりしつつも歩いたつもりになっています。。。


[48]>32 必ず迷子になるのですが teionsinonome

一人旅、大好きです

ホテルと大雑把な行き先だけ決めて、地図を片手にウロウロします

無計画ゆえ毎回かならず迷子になるのですが・・・

一人だと急な行き先変更とか時間配分とか好き勝手できていいですよね でも一人でこじゃれたレストランには入りづらいので、ファーストフードとかカフェとかで済ませちゃうのがウィークポイントかと でも、いいんです!


[49]ひとりで旅行 sayonarasankaku

今年、はじめて一人で旅行に行ってきました。

子供たちもある程度大きくなったので、一泊旅行に行かせてもらったのです。


飛行機に一人で乗るのは初めて。

搭乗手続きも今までの旅行では主人がしてたので、

自分でするのが新鮮です。


普段の旅行だと、レンタカーを借りるのですが、

旅先では、電車やバスなどの公共機関の移動にしました。

なにより街中を、よく歩きました。

いろんなところを、てくてくてくてく・・・

小さな地図を持って、あっちに行ったり戻ったり。

電車のパスを買ったので、何度も乗ったり。


一泊だと、やはり行きたいところが限られてきます。

「あぁ、あそこも見たいな。」と思うところが、まだまだたくさん。

それは今度の時の楽しみにとっておくことにしました。


家族で出かけるのも、勿論、楽しいのです。

ただ一人で、好きなように行動して廻るのは、本当に楽しかったです。


これからも時々は、一人で旅行に行きたいと思っています。


[50]>48 一人旅 koume-1124

大好きです。食事に独りは淋しくて困るんですが;

暇になると日帰りで行ったりしますね。自由気ままなのがいいですね。


[51]卒業旅行 dankichik

大学の卒業旅行は、初めてのヨーロッパでした。ちょうど今から*年前。。安宿で、同じく卒業旅行をしていた子らと知り合って、楽しかった。学生最後のいい思い出です。


[52]>50 ふらふらと dankichik

一人旅は、ふらふらと自分の好きに放浪できるのがよいです。誰かと一緒も楽しいですが、意見の調整などが難しい。地図を片手に、気ままに知らない街を散歩するのが好きです。


[53]ベッドカバーの模様 dankichik

ベッドカバー、お部屋の中で目立ちますよね。

私が高校の頃使っていたベッドカバーは、母が買ってきてくれたマリメッコのものでした。カラフルなお花が描かれていて、すごく気に入っていました。

現在はシンプルな無地のベッドカバーを使っていますが、またああいう華やかなものを買ってもいいなと思ってます。


[54]>37 各駅停車の旅 twillco

のんびり各駅で行くのも、色んな風景が見られて好きです。

慌ただしい毎日から抜け出して、ゆったりとした時間を感じるので、たまにはこういうのもいいですよね。

18切符よく使いました。あれ、1枚だけで売ってくれれば良いのにってよく思います・・・


[55]>52 楽しそう^^ Zelda

ただ計画立てたり一人で行動することがほとんどないからまだしたことないですがやってみたいな。

関係ないですけどNHKの世界ふれあい街歩き見てると海外の一人旅もいいなぁと^^


[56]>41 文庫本 dankichik

移動時に読む文庫本は欠かせません。といっても、実際は風景を見たり、ぼーっとしたり、寝ちゃったり。旅が終わっても読み終わってないなんてことも多いんですけどね。


[57]>45 心の拠り所 t-saitou

先祖代々、受け継いできた家紋。数百年前の自分の一族を想像してみますと、すごく楽しいです。ちなみに家紋の種類は学問の神様、菅原道真公の「丸に梅鉢」です。


[58]紅白 t-saitou

お祝い等、めでたい事がありますとウチでは紅白の御餅を用意して、みんなで食べます。


[59]>51 お説教! to-ching

いつからでしょう?こんな習慣ができたのは?卒業するのはめでたいけれど、さらにご両親の負担が増えるわけでしょ?変な習慣ですよね。もっともバイト等で貯めた自分のお金なら・・・良いか?卒業するのは当たり前でしょ!親に何らかの感謝の気持ち伝えるべきです。


[60]>9 夜のお散歩 fumie15

私も好きです。夜のお散歩。暗闇を歩くだけでドキドキします。

いつもはコンビニなのですが、たまにレンタルビデオ屋さんに行きます。

何を見ようか、何を聞こうか、店を歩いているだけで楽しいです。


[61]結婚以来はじめての一人旅 to-ching

行った事があります、立った一泊でしたけれど、いや楽しかったです。自分の好きな物ばっかり見たり、買ったりするだけ!自分の速いペースで歩けるし・・・気分転換になったです。でも、しっかりお土産は買いましたけど。


[62]>40 夏・冬 to-ching

二回やります、どうしても北国ゆえストーブが要りますのでその関係で移動必要なのです。


[63]>56 某ブランドのバック to-ching

何時の間にやら私専用となりました、短い旅しか出来ないのでこのショルダーバッグでOK!だんだん味わいが出てきましたよ。


[64]>59 卒業旅行 kinnoji7

卒業旅行って同じ学校で仲良くしてきた友達同士と、最後の思い出作りのために旅行に行くものですね。

これから社会人として旅立っていく記念に・・そしていつまでも友達との楽しい思い出と共に成長していけたら人生の宝物になりますね。


[65]>44 目的無しのドライブ to-ching

って結構事故が多いそうです、何か憧れますが注意しましょう。


[66]>55 一人旅 kinnoji7

一人旅って興味はあるんだけどやったことなくて不安でいっぱいです。

グループで旅行をすると、どうしても他の人の意見に左右されてしまいます。すべて自分の好きなように行動することもできなくはありませんが、その場合は同行者から快く思われていない可能性もあり、グループとして旅を楽しめているかは微妙なところです。

しかし、一人旅であれば、誰に迷惑をかけるわけでもありません。

好きなときに好きなように行動が可能ですね。


[67]>54 各駅停車の旅 kinnoji7

流れ行く景色をただただ眺めるのも良いかと思われます。旅先でしか味わえない行為です。

日ごろ見ない景色を見続けることで、気持ちに変化が現れるかもしれません。贅沢な旅の一幕ともいえるでしょう。


[68]あえてナビ無しのドライブ ls_10_5

助手席の人に地図を渡して、ナビゲーションして貰います。

「今居るところが分からなくなった」とか、「さっきの交差点右折だった」とか、トラブルも多いですが、それもまた楽しくて、目的地に着いた時には一緒に頑張ったって感じがします。


[69]今度はゆっくりと・・。 nakki1342

まだ実現してない自分の夢としては

やっぱり高校時代の修学旅行で訪ねた地を今度は

ゆっくりと行ってみたいなということですね

時間をかけてみる事が出来なかったところを

ゆっくりと見たら感じ方は違うのかな・・?

そう思ったり・・


[70]>65 行き当たりばったりの旅 kinnoji7

「行き当たりばったりの旅」が出来る人というのは、なにげな?く行きたいほうに行っている感じをうけますが、旅先で瞬時に自分の行動を決める事、実行できること、それを的確に判断できる力があるんですよね。


[71]>63 旅の必需品 kinnoji7

やっぱりカメラでしょうね。

写真を整理しながら改めて見ると、写真から旅行した景色や花々が思い出されて楽しいですし、一生の宝物にもなります。

感動の風景、一期一会の笑顔、忘れられない一ってありますよね。


[72]いつもと違う目線で。 nakki1342

機会がなくて乗ることが出来なかったモノレールに

昨年やっと乗ったのですが

バスや車で移動する事がほとんどの私にとって

いつもと違う見る風景があってホント新鮮でした。

今、ちょっと夢見ているのは

モノレールを使って世界遺産に登録されている

首里城跡へ行ってみたいな・・という事

初めてモノレールを乗ったときには、時間に追われて

窓から見える風景を楽しめなかったから・・

自分の家からだとそこに行くのも

ちょっとした小さなたびになるわけなので・・


[73]磁力線の模様を見てみよう Oregano

磁石って、不思議な存在ですね。一個の磁石の中にも引き付ける力が強い部分と弱い部分が存在し(この強い部分を磁極と呼びます)、また磁極は異なる同士は強く引き合い、同極同士は反発し合います。こうした磁力の働き方の様子を便宜的に線で書き表したものを磁力線と呼びますが、この様子は実際に模様にして見ることができるのです。そういうのやったことがあるという方も多いと思いますが、ここでもう一度復習がてら、ちょっと科学遊びをやってみましょう。

まずちょっと頑丈なビニール袋と、力の強い磁石を用意してください。砂鉄を集めるのです。ビニール袋に磁石を入れて砂場に行きます。砂場の砂を吸い付けてみると、砂鉄だけがビニール越しに付着します。袋から磁石を取り出すと砂鉄がザッと落ちますから、それをたくさん集めてください。

*注意:磁石を直接砂の中に入れると、付着した砂鉄が取れなくなって苦労します。磁石は必ずビニール袋に入れて使ってください。

たくさん砂鉄が集まったら、ふるいにかけます。ふるいはガーゼで作りましょう。適当な枠にガーゼをピンと張って、それで取った砂鉄をふるいます。こうして細かい粒子だけの砂鉄を取り出してください。

ここまで準備ができれば、あとは色々な磁石を持ってきて、その磁力線の様子を見るだけです。適当な紙箱の蓋などの中に砂鉄を撒き、下に磁石を当ててトントンと軽く揺すると、砂鉄がきれいに磁力線の模様を作っていくと思います。色々な磁石で試してみてください。たとえば同じ丸い磁石でもまん丸に砂鉄が集まるのもあれば、ドーナツ状に真ん中が空くものもあり、さらにはしましま模様になるものもあります。それぞれ見かけの形は同じでも、S極N極の配置が違うのです。

磁石は1つだけでなく、2つ以上を組み合わせるとまた面白い模様が見られます。複数の磁石を、それぞれ引き合う組み合わせ、あるいは反発し合う組み合わせに置いて、その磁力の様子を砂鉄に模様として描かせてみると、まさに引き合っている、あるいは反発し合っているという様子がはっきりと現れます。

科学としてはとても初歩的なものですが、童心に返って砂場で砂鉄を集めてみるのは、とても楽しいひとときです。砂鉄で磁力線の模様を描かせてみるのも実に面白いですし、紙の下で磁石を動かして「砂鉄の舞」などをやってみるとさらに楽しくなります。

もっと本格的にはっきりとした模様を描かせてみたい場合は、こちらの方法などを参考にしてください。

http://www2e.biglobe.ne.jp/~shinzo/jikken/magnet_f/magnet_f.html


[74]>70 そうなんですか nekomanbo56

そうなんですか。知らなかったです。

目的がない旅というのもしんどいような。


[75]>74 いいですねぇ actro

目的を作らず旅やドライブはいいですね。行き当たりばったりで

アクシデントもあるでしょうけど、そういう事も楽しみかもしれませんね。

でも時間がないとちょっと難しそうです。


[76]>66 自転車で actro

学生の頃は自転車でいろんなところに行きました。

友達と行くのも良いのですが、一人で行くのもなかなか良かったです。

自分のペースで旅できますしね。トラブルがあったときはちょっと

心細いものがありましたけど。


[77]>42 近場でも果てしなく壮大な「旅」ですね Oregano

旅と言っても日帰りで楽しむ本当に小さな旅になりそうですが、これは楽しめますね。鉄道マニアの中には日本全国のあらゆる駅の乗降を達成した猛者もいるようですが(おそらく達成者は今のところ二名のみ)、とりあえず自分の住まう都道府県の全線完乗と全駅下車くらいは目指してみたくなります。

しかし完乗はできるとしても、全駅下車は果てしない壮大な目標になりそうですから、同一都道府県でありながらアメリカ横断級の旅の醍醐味が楽しめるかもしれません。私もぜひチャレンジしてみたいです。


[78]>71 カメラ actro

やっぱりカメラですかね。最近は携帯でもデジカメ並みのものもありますが

やはりカメラは外せません。

私もいつも荷物が多くなってしまいます。持って行っても結局使わないことが

ほとんどですね。


[79]>47 旅ごっこ ayazora

旅行に行ってみたいと思ってどの交通機関が安く済むかやどこに泊まろうか計画するのが楽しいです

実際旅行先でやりたいことが無いので計画を立てるなど旅行に行こうとする過程を楽しんでます。


[80]>78 文庫本 ayato4

旅というものには移動時間というものが付き物です

窓の外を眺めているのも十分楽しめますが

流石に暇を持て余してきます

そんなときに文庫本を持っていると

時間が経つのが早く感じられます

それに電車などに揺られながら読む本というのも

また格別なものです


[81]旅先から手紙&はがき umirumi

旅先で宿泊するとはがきやレターセットが用意されていることがあります。

これらを使って旅先で手紙を書くことが好きです。

静かな中、せせらぎを聞きながら。

友人に手紙を書いたりします。

逆に、旅先の友人から送られてきても凄く嬉しいです。

心落ち着く時間に書く手紙はいいものです


[82]空模様 umirumi

ふと空を見上げます。

毎日毎日、同じ空の下に生きていますが、空模様はいつも違います。

雨だったり曇りだったり、青空だったり。

飛行機雲が一本あったり。

夕焼けが綺麗だったり。

たまには、じっくり空模様を眺めてみるのも良いでしょう


[83]旅といえば駅弁 umirumi

旅の楽しみは駅弁だったりします。

各地の美味しいものが一つの箱に詰め込まれていて、美味しいですね。

そこにしかない、そこでだからこそ美味しい食べ物が詰められています。

いつもと違った雰囲気だからこそ美味しいという感覚的なものもあるのでしょうか。

これから始まる旅に心を躍らせながら食べる駅弁はいつも美味しいものです


[84]>49 一人旅行 umirumi

日々の暮らしに疲れたとき。

少し一人になりたいとき。

雑踏から離れて心を落ち着かせたいとき。

一人旅はいいものです。

誰かに支えられて生きているのが人間ですが、たまには一人になりたくなるでしょう。

人と人が寄り添う楽しみもありますが、一人になることで学ぶ心の勉強もあります。

人は一人で生まれてきたからこそ、時に一人になりたくなるのです


[85]>76 関東ひとりたび linne

私も学生時代には一人旅をよくやりました。というか、今でもやってます。

グループで行く旅も楽しいのだけれど、こちらはやはり色々と縛られちゃいますからね。

その点、一人旅は気楽そのものですし、また見たい場所や行きたい場所も存分に味わえます。


[86]>15 旅先で押し花の葉書を umirumi

旅先で可愛い草花を見つけ、それを押し花にして絵葉書に仕立てたりします。

旅の思い出がいつまでも色褪せないように。

大事に大事にファイリングします。

時に、これを友人の便りに入れたりします。

思い出を思い出しながら、また新たな旅の計画をすることが楽しいです。

次はどんな草花に出会えるでしょうか。


[87]>85 青春18切符 powdersnow

一人旅で急がないときは、これでどこまでもゆっくりと旅に行けます。

最近は時間の方が大事で、めっきり使う機会は減ってしまいましたが・・・


[88]>80 お守り powdersnow

やはり、初めて訪れるようなところも多いので、お守りを持っていきます。

ただの願掛けというか、気持ちの問題といってしまえば、それまでなのですが。


[89]旅先の氏神さまにご挨拶 powdersnow

旅で訪れるどの街にも、それぞれ氏神さま……氏神さまにあたる神社が存在します。

氏神さまとは、その地域を守護する神さまのことです。

元々、旅先で寺社を訪れるのが好きなこともあり、一つの地域をゆっくり回る際には、

その地域の氏神さまを訪れて、まずご挨拶することが多いです。

旅の安全と、良い旅になることを願って……


[90]お祝いに akilanoikinuki

友だちの子供が、字を読めるようになりました。

そのお祝いに、絵本をプレゼント。

それは、主人公の名前や登場人物の名前を、任意のものに置き換えられる絵本。

例えば主人公を子供の名前にし、そばにいる人の名前を兄弟や親の名前にするのです。

喜んだ彼女は、その本を繰り返し開いては自分の名前を読んでいたそうです。


[91]>83 列車の旅には、欠かせませんね powdersnow

旅先で駅弁を食べることは、とても多いです。

正直、割高感は否めないものも多々あるのですが、それでも惹かれてしまうものが多く……

峠の釜飯、宮島口のあなご飯など、本当に美味しかったものもありますしね。


[92]>88 カメラ akilanoikinuki

デジカメのおかげで、写真を撮るのが楽になったので、旅行に行く時には少々重たくても、必ずカメラを持って行きます。

旦那は旦那でカメラを持っているので、二人で撮った写真を見比べます。

すると同じ場所に行ったのに、違う写真ができあがっていて、旅を二倍に楽しめる気がします。


[93]>92 デジカメ・旅のお伴 aekie

デジタルカメラと首に掛ける荷物入れでしょうか?デジタルカメラは旅行先でも必須のもの。カメラさえあれば旅の思いでは何とかなる。旅を楽しむよりもカメラで楽しむ、本末転倒な旅になってしまうこともしばしばです。帰宅後はデジタルカメラをアーカイブ化して、何度も見てしまいます。別ブログにも写真を載せることもあります。首に掛ける荷物入れは非常に便利で、両手が空く、チケットなどを入れておくのでなくしにくい、などのメリットがあります。学生時代は文庫本が一番欲しいところですね。


[94]>90 お祝い eiyan

お祝いには誰もが喜びますね。

一度の喜びは一生忘れないものです。

自分の名前は一生自分が背負っていくものですね。


[95]>89 お参り eiyan

お参りはご挨拶と感謝の心を表現する意味がありますね。

旅先でお参りのご挨拶を繰り返すのはとっても素敵な事。

これからもずっと続けて下さいね。


[96]>81 旅先からの手紙。 canorps

我が家は旅先から自宅へはがきを書きます。

その時、その旅でとても印象に残ったことや

自分へのメッセージ。

少し長期の旅なら、葉書のほうが先に家に到着していたりします。

海外から送るはがきはすこーしおくれて届きます。

自分たちから自分たちへの未来への手紙です。

消印の日付も良いおもいでになります。


[97]出産祝い canorps

子供を産んだ時、出産祝いをたくさんいただきました。

どれもいろんな人が新しく生まれてきた命のために選んでくれたものです。

どの品もとてもうれしいものです。

一人の友人が、出産祝いにとネックレスをくれました。

もちろん大人サイズ。

私に対しての品でした。


赤ちゃんもがんばって生まれてきてくれたけど

あなたもがんばって出産したんだから。

あなたへの出産祝いだよ。

と、

赤ちゃんを抱っこしても邪魔にならないようにシンプルなネックレスを

選んでくれたのでした。


[98]>27 お守り eiyan

お守りは自分の心の拠り所。

良きにせよ悪しきにせよ心の動揺を抑える役目。

コレクションにしても自分の思い出。

感謝して保存して置きましょう。


[99]>91 駅弁 canorps

駅弁を買うときに、昔はいつも見かけたお茶。

今はもうないんでしょうか?

ペットボトルが主流な今ないのでしょうかね?

向かい合わせの電車の座席に座って

窓際の小さなテーブルにお茶とお弁当をおいて

車窓を眺める。

のんびりとした良い時間ですよね。


[100]>58 紅白 eiyan

紅白のお餅。

紅白の饅頭。

紅白の布旗。

紅白お雑煮があるんですよ。


[101]>82 空雲模様 eiyan

空の雲模様は一つとして同じものはありません。

空の雲色模様は一つとして同じものはありません。

空の雲成分は一つとして同じものはありません。

だから人生は自分にも一つとして同じものはありません。


[102]>62 模様替え sony-191

マイナーチェンジはしょっちゅうやってます★

家具を入れ替えるくらいの模様替えもしたいけどなかなか大変なので・・・


[103]「矢絣(やがすり)」の紋様 powdersnow

矢絣は、弓矢の矢の羽部分を幾重にも並べたような模様です。

普段見かける機会といえば、ファミレスの「馬車道」のウェイトレスさんの服や、大学の卒業式で着物の柄としてもよく見かけます。

あとは、弓道をされている方の持ち物にあしらわれていたりもしますね。

矢絣には、お正月などに神社で頂く「破魔矢」の意味があり、とても縁起がいい紋様です。

また、結婚の際には、射た矢は戻ってこないことから、矢絣柄の着物を持たせるという縁起物とされているそうです。

和装が好きなので、こういった紋様の由来などは、知って非常に面白いものが多いのですが、矢絣は、その中でも好きな模様の1つです。


[104]職人の技がうかがえる江戸小紋 vivisan

私が最近とても好きでよく着ている着物が江戸小紋です。柄がとても小さいので遠めから見ると無地にみえてしまうんですが、近くでみるととても細かくてとても繊細で職人の技を感じることができます。


もともとは江戸時代に武家が着ていた裃の模様が発祥とされています。大名によって模様は固定になっていたそうです。有名なところでは武田氏の武田菱とか徳川綱吉の松葉など。

代表的な模様としては鮫、角通し、万筋、行儀などがあります。

ちなみに鮫・角通し・行儀の模様は、江戸小紋三役といって、他の文様と比べると格が上とされています。細かければ細かいほど格調が高くなります。背中に紋(家紋)を入れれば準礼装として使用することができるのでとっても便利。

これが着こなせれば本当に粋です。女性だけでなく男性が江戸小紋の万筋を着ている姿を見ると本当にほれぼれしてしまいます。

この文様が町民にもどんどん広まっていって、台所用品や身近にあるものを模様としました。

今現在残っているだけでも何百とあるんだそうです。


型紙はおもに伊勢の白子(鈴鹿サーキットのあるところ)でつくられた伊勢型紙。柿渋にで張り合わせた美濃和紙を台紙にして、彫刻刀で図柄を彫ります。

実際型紙を見せてもらったことがありますが、反物の幅を横幅にして細かい柄を彫っていきます。一度でも間違えたらそれで終わりです。もう本当に感動ものでした。

そしてそれを染めるのですが、染めるときにもきちんとあわせないとずれてしまいます。万筋という縞柄がありますが、これこそ職人の技術の賜物なのです。

ただ型紙を作るほうは後継者不足といわれています。


私の江戸小紋一枚目は黒色のおめでたい柄を300以上使ったものを誂えました。あまりにも文様がたくさんあるのでさすがに礼装としては使えませんが、すごく好きな着物のひとつになりました。

後ろに掲載したURLにあるような宝尽くし、南天の実や竹に雀の模様もあります。

こういう紋を言われ紋というのですが、縁起物の柄を着ることにより無事でいられますようにとの祈りの思いがあったのだと思います。

私はこれからいろいろな文様や色の江戸小紋を集めていきたいと思います。


手ぬぐいの模様の細かいのも江戸小紋の模様を扱ったものが多いですね。あとはぎれを半襟にしたり、草履の鼻緒にして楽しむというのもあります。

風呂敷や袱紗でも江戸小紋の文様のものがでていたりするので楽しむことができます。

また、めったにでまわることがありませんが、型紙も灯りのシェードなんかにつかうととてもきれいではないでしょうか?

江戸小紋の定め紋(大名などの固定の紋)

http://www.motoji.co.jp/mens-kimono/2008/10/post-24.html


江戸小紋の種類

http://www.edokomon.com/p1.html

http://www.kimono28.com/framepage11.htm


[105]スーパーめぐりの旅 taknt

うちの近所には、大きめなスーパーがありませんので、電車等でスーパーに行きます。

一日乗車券を買って よく行きますね。

いろんなスーパーに行き、タイアップの懸賞を探して 応募します。

おかげで 都内については、ちょっと詳しいですけどね。

JRは23区内のみ、東京メトロだと地下鉄で行けるところならどこまでもなので、

和光や西船橋まで行けたりします。

都バスだと 西のほうは路線がないので、ちょっと物足りない感じですね。

それぞれ行くスーパーによって使い分けてます。

バスは 500円なので、往復時に一回寄り道すれば、もう元がとれる金額なので

ちょっとどこかにバスで行くときは、一日乗車券にしちゃいますね。

別にスーパーに行かなくても、いろんなところに行きたいときに便利です。

近場の旅行を乗り放題で 楽しみませんか?


[106]>72 これはありますよね。 sayonarasankaku

私は普段、移動はほとんど車なんです。

たまに電車に乗ると、とても新鮮!

モノレールだと知ってる街なんだけど、

見る角度が違うせいか、全然、違う街に感じたりしました。


小さなことでも、いつもと違うっていうことは、

なにか発見があったりします。


[107]行くまでの楽しさ sayonarasankaku

旅行に行こうと決めて、実際に行くまでのあいだに、

いろいろと思い悩みます。


あそこに行こうか、ここに行こうか。

何に乗っていこう。

ここを見るのだけは、外せないよな。

ご飯は何にしよう?

あれも食べてみたいな。などなど・・・


ガイドブックを見たり、ネットで調べたり、

行くまでにかなりウキウキします。

実際、旅行の当日になってしまうと、

あっというまに過ぎ去ってしまったりして・・・


旅行の楽しみって、行く前にもかなりの割合があるような気がします。


[108]>107 私もかなりその感じが好きです iphone3d

ネットで旅行のプランを考えて、あそこのお店でお食事したり

あそこに寄って買い物したりとても楽しい時間ですよね!

また、自分のプランで旅行が楽しかったら2倍、3倍と喜びが倍増しますよね!!!


[109]>107 ありますよね chipmunk1984

そして,実際に旅行になると立てたスケジュールを消化することが第一になってしまって逆に気疲れしたり…….本末転倒ですよね.


[110]>93 デジカメ koume-1124

旅のお供といえば、デジカメですよねー!

前回の旅行は目的地に着いた途端に電池がなくなって相当ショックだったのを覚えています・・・


[111]視力回復の絵 t-saitou

書店である雑誌の付録で「視力が回復する絵」が付いてました。

ヘンテコリンな模様を見てるだけで視力が回復するそうですが、もしかして騙されてるのかな。?


[112]>110 スケッチブック miyupie777

現在はもっぱらデジカメですが、昔はスケッチブックが旅のお供でした。昼間スケッチして、宿泊先に着いてから色をつけて日記を書いたり。。。


[113]>112 デジカメが全て ttz

旅行の記憶を残してくれる唯一のもの。デジカメが盗まれたら海外に行った意味がない、ぐらい思っちゃいます。


[114]>108 自分で計画を立てる ttz

私も自分で計画を立てます。海外だとかなり前からはじめるので、行くころにはすごく詳しくなっちゃったりします。行く前に満足しちゃったりして。(笑)


[115]>99 駅弁 ttz

いい感じですよね。実際はまともに食べたことありません。旅番組を見ると電車の旅もいいな?と思うんですけど、実際はクルマで出ちゃいます。。


[116]>87 一人旅 ttz

初めて海外に行った時がまさに一人旅でした。チャレンジしてみたかったので。ツアーでもなく、完全に一人旅でした。寂しいと思うこともあったけど、自分で全部がんばるのはなかなか楽しかったですよ。


[117]>67 18切符 ttz

18なんて言わずに80とかにして欲しいです。今使えるなら、、、いや、でもやっぱり時間がないから使わないかな。(笑)


[118]>114 海外旅行の計画では・・・。 ipod_touch

私は計画の中で海外の安い航空券を探すのをけっこう宝探しのように楽しんでいます。

計画がいいからこそ、旅行が楽しいですよね。


[119]>53 IKEAのカバーリングがとても華やかですよ Sauna_wear

私はIKEAの蒲団カバーを愛用しています。

それなりに安いのですが、色柄が豊富。北欧っぽい?のかは正直良く分からないような柄がたくさんです。

ど緑色に白抜きの細い渦巻きが書かれているものが好きで、カラーバリエーションが黒と青と赤があり、おそろいの枕カバーもたのしいです。緑だと草原みたいだし、青なら海みたいで、黒はシックで赤はなんかエッチです。部屋の雰囲気がガラっとかわっておもしおいです。


[120]>14 家業をひねったステキな引き出物ですね。 Sauna_wear

最近は結婚式の二次会だけとか、簡単に済ませられるので簡単な記念品をもらうことが多いですが。。。

タオルのスイーツとか。手軽でかわいいです。

微妙なグッズをもらうことが多く、高名なイラストレーターがデザインしたオリジナルTシャツ(←編集者の方だったので)とか、腕時計(参加者すべておそろい、会社関係多し)とか、とりあえず押し入れに押し込む感じで。

これらのオリジナルグッズは引越しのどさくさにまぎれて処分された雰囲気なのですが(笑)。

印象に残った引き出物といえば、デザートフォークのセットをいただいたことがあり、そのときの披露宴のお食事がとてもおいしかったので、ついついそちらを思い出してしまいます。


[121]宝相華との出会い@正倉院展 wacm

私が大好きな模様は宝相華。宝相華はちょうど飛鳥時代の頃に中国の文化が入って、仏教が伝来した頃に伝わったときに日本にやってきた模様だと言われています。模様のレパートリーは梅、蘭、孟竹、蓮華、牡丹、菊、葡萄、唐草など身近な植物が配され円形図案として世に残っています。また、龍や鳳凰、孔雀、麒麟などの伝説の動物などがあしらわれることもあります。私が初めて宝相華を見たのは中学2年生の時、旅行で奈良の正倉院へ見に行ったときのことでした。それまで、絵を描くにしてもあまり得意でなかった自分が宝相華を見たときに、自分でもデザインができる!と感じたのはこのときだけでした。複雑なデザインでありながら、飽きが来ない。1500年以上も前なのに、斬新さを失わせないモダンな格調。シックでありながら、軽やかな文様。。当時の職人や工芸の技術に舌を巻くほど驚きました。

中学校卒業後、しばらく美術には縁がなかった私だったのですが、就職してからの趣味の一つとして書道を始めました。書道の先生が仏典を筆写するときに宝相華も描きたいと行ったので近所の有志のみんなで勉強会を始めました。始めは簡単だと思っていた宝相華のデザインも、以外に難しい。動物と植物の配置に、組み合わせ、飛鳥・天平時代に使われた色・・・どれも深く考えれば考えるほどきりがなくなり、深みにはまってしまいました。かな文字とそれでも、宝相華は梅や法王、麒麟に竹など、吉祥を伝えるものであることは分かります。何気ないことから自分の好きな勉強を始め、中国の文化や芸術の背景、さらには日本の芸術の原点を知ることができて、とても好奇心が満たされる毎日でした。

それから、何年か経った後、たまたま都内の書店に行ったときデザイン事典を探してみると宝相華がありました。ウェブ時代になっても飛鳥・天平時代の衣装は風化するばかりか、反対にロゴの斬新さなど、モダンさ、親しみやすさ、どれを取っても劣りません。昨年度は、正倉院展に残念ながら行くことはできなかったですが、今年は正倉院展へ行って宝相華を見つけて楽しみたいと思います。宝相華は瑞祥を込める家紋やロゴなどの源流だと考えています。身近なものからの意匠・デザインに学ぶところは越猪です。

以下、宝相華に関する画像検索の一例です。繊細でありながら、神秘性を感じさせる風合いに当時の人びとの心も打たれたのでしょうか?

http://images.google.co.jp/images?num=100&hl=ja&safe=off&rlz=1B3...

宝相華


[122]>118 それぞれの街に、 dadan_dan

新しい街を訪れる度に色んな人と、様々な出来事があり、またそれぞれに味わい深い物がありますね。

中には以前に見た事のあるような風景もあり、懐かしくなる様な時もあり、それもまた一つの楽しみです。

何よりも、その土地の人と接する事により、その街々の人柄みたいなものを感じて、より一層旅を楽しいものとなりますね。


[123]>36 快気祝い t-saitou

21歳の時、虫垂炎で入院したのですが職場の人間は誰一人見舞いに来なかった・・・・

職場復帰した時、上司から「盲腸なんて病気のうちに入らないよ。」・・・・

そういえば部長が難聴で入院した時はみんな見舞いに行ってましたね。この差は何(笑) かえって見舞いされたら、お返しの品物で苦労するので、まあいいか。


[124]>117 18歳じゃなくてもつかえる18切符 toukadatteba

うふふ、あれ、何歳でもつかえるんですよ!

のんびりローカル線を各駅停車で旅するとたまらないものがあります。結構遠くまでいけますしね!


[125]>116 一人旅 toukadatteba

意外と面白いですよね!でも女の子なので、十分気をつけてやってましたけど。国内はまだ安全だけど、海外は結構どきどきしました。


[126]>113 デジカメ! toukadatteba

便利ですよね?!

記録をつける必要がないですもん。気軽にぱちぱちとれて、しかもすぐ確認できる。10年位前はそれが難しいことだったのに?。


[127]>103 矢絣文様 toukadatteba

しりませんでした?!結婚式の縁起物だったのですね。

友達の結婚祝いに何をあげるかまよっていたので、着物を上げてみようかなぁ。参考になりました!


[128]>97 出産祝い toukadatteba

子どもの頃、まだ妹が生まれてすぐの頃で、母が実家に戻っていたときのことです。

妹を生んで落ち着いた母が実家から自宅に戻ってきたときに、父が出産祝いにとかごいっぱいの花束を家にもってきたことが思い出されました。

家族で思いあうのってよいですよね^^


[129]>122 数回分は溜まってますね powdersnow

きちんと交通機関なども調べて、最善のルートを整えはしているので、

友達が割と自由に計画を建てさせてくれるため、いくつか目星をつけている場所は、おおよそのルート構成は考えたりしていますね。

ネットで地図やらを検索しているのは、とても楽しいです。

電車で乗り継ぎが悪いところで、地元バスを使って解消できるルートなどを見つけるのも楽しい。


[130]>75 念入りに調べていくのが常なのですが powdersnow

ある日、思い立って、当日にまったく調べないで出かけたことがあります。

以前に行きたいと思って下調べはしていたので、ある程度は記憶にありましたが、

地図やきちんとした事前情報がない初めての土地で、夕暮れ時がすごく不安でしたね……雪も降っていたので、恐怖に近いものすら感じました。


[131]>102 やらないと行けないことがある時に限って…… powdersnow

なぜか部屋の掃除や模様替えをしたくなりますね。ただの逃避なんでしょうけども、なぜか落ち着かなくなると。


[132]>95 これ、私もやっていました。 iijiman

最近、旅行自体にあまり行かなくなったのでやっていませんが、私も、旅先の街を一日歩くときなど、その街の神社(どこが氏神様かわからないので、とりあえず目に付いた大きそうな神社)に、お参りをすることにしていました。

「今日一日、この街にお邪魔いたします。ご迷惑はお掛けいたしません。どうぞよろしくお願いいたします」。と。

そうすると、ちょっとだけ安心して街を歩けるようなきがしたものです。


[133]>79 時刻表の旅の味わい iijiman

時刻表の旅、私も時々やります。

ダイヤ改正があると、よく行くお気に入りのコースなんかが、どのように変わったかな?などとチェックしたりもします。

九州新幹線が開業した時には「時刻表で」乗りに行き(乗ったつもりになるように読み)ました。

時刻表の旅、楽しいですよね。


[134]cherry-pie

水面に浮かぶ波が好き

ふーっと息をふきかければ、輪がひろがる

真ん中にしずくを一滴たらせば、同じく輪が広がる

もう一滴たらせば、輪が2個

重なって、ひろがる

水の入った口の広い、浅いガラスの器を揺らしてみれば、ゆらゆら揺れる

下から光をあててみれば、キラキラ輝く

何をしても、素直にその表情を変え楽しませてくれる

水と私だけの癒しの空間


[135]>126 デジカメ twillco

もっていきますね〜必ず!

あとから写真を編集する楽しみも、また思い出してニヤニヤしてたりしちゃいます。


[136]>135 デジカメ cherry-pie

大量に写真がとれるので、必ずもっていきますが。今は携帯でもかなり写真とれますよね。

そのうち、画質も機能もデジカメほどいいものが手に入れば、携帯だけもっていくようになるかもしれない・・・。


[137]忘れてきたカメラ lovelykuma

修学旅行に行ったときです。

使い捨てカメラを持っていったのですが、どこかでそれを忘れてきたようです。

3つあったのですが、カメラを入れた袋をそのまま置いてきてしまったようで

全く思い出せず、旅館に電話したり、バス会社に連絡とったり、先生も協力してくれましたが結局見つからず・・・・。

自分が忘れてきたのだからしょうがないと、友人の写真を焼き増ししてもらったりしてそれを思い出としましたが、旅行から3週間ほど経ったときに、先生からカメラ見つかったぞといわれ行ってみると、なんと、観光地の人気のないトイレのそばに落ちていたそうです。

そういえば、キレイなほうはみんな使っていてなかなか入れなかったから、他を探してちょっと離れたところにある古いトイレに入ったんだ!と、思い出しました。

その時、荷物が多かったので外において中に入ったのですが、その時忘れていったようです。

そのカメラがどうして見つかったかというと、たまたまそこを利用した人が見つけてくれて、周囲に聞いたけど誰も持ち主がいない。かわいい袋から修学旅行中の生徒のものだろうと思い、その人は持ち帰って現像に出したそうです。その中に、たまたま旅館の前でとった『○○学校御一同様』と、ぼんやりかかれた看板があるのを発見して、その学校を探してくれたそうなのです。

もう少し端に移動していたら、その文字も消えていましたし、きっとわからないままだったと思います。その方は親切にも、カメラを拾って全て現像して学校に送ってくださいました。とてもキレイなサクラの便箋に書かれた筆文字は、優しいおばあちゃんの印象でした。楽しい修学旅行の雰囲気が写真から伝わってきて、私もとても楽しませてもらいました。素敵な友人をたくさんお持ちのあなたは幸せですね。と書かれていました。何気ない日常生活でしたが、その言葉でたくさんの友人がいる自分が本当に幸せに思えてきました。

早速、お礼の手紙と共に地元の特産品や、私たちの学校や友人を紹介しますとミニアルバムを作り、一緒に送りました。すると、再びお手紙が。私の女学生時代もこんな感じでとても楽しいものでした。宝物にしますね。と、嬉しい言葉がありました。

以来、年賀状や暑中見舞い程度ですが、最近はこんな感じですと街の風景と共に写真をとってやり取りをしています。戦争で子供を亡くされたそうで、自分に子供がいたらきっとあなたのようなかわいい孫を産んでいるに違いない・・・そういって私のことをいつも気にかけてくれる優しいおばあちゃんです。私には大事なおばあちゃんが3人います(*^^*)

なかなか遠くてあいにはいけませんが、近いうちに会いに行きたいなぁと、最近強く思うようになりました。


[138]>136 デジカメとメモ帳・旅の思い出、発想を大切に wacm

私も旅行に行くときはB5のメモ帳とデジカメは欠かせません。デジカメは景色や寺社仏閣を撮影するのに必要なのはみなさん同意できると思いますが、B5のメモがないと私は困ってしまいます。デジカメで撮影したとき、どのような雰囲気だったのか、どのような気持ちだったのか、写真を見ることで自然と記憶が蘇ってきます。ですが、そのときに気づいたことや発想は帰宅してからではなかなか思い出すことができません。旅先でしか気づけない発想やアイデアを大切に保存するために小柄だけど必要なことが最低限すぐに書くことのできるメモを持って行くようにしています。スケッチやイラストを書けるのも魅力の一つであります。


[139]>64 卒業旅行はフランス・イタリア fwap

卒業旅行、私はフランスとイタリアに行きました。当時はヨーロッパ旅行が34万円した時代です(年齢がバレてしまうな・・・)。ヨーロッパは車社会といわれていましたが、クルマではなくても移動が簡単で、特に電車から見る風景は壮観でしたね。フランスでは牧歌的な風景を楽しみ、イタリアでは教会を見に行きました。いまでも、世界遺産を特集したテレビ番組があると見入ってしまいます。それに、大学生だったときの見え方とどう違うか、なんて分析的になってしまいます。大学卒業以来、ヨーロッパへは長期間の旅行をしていないので、ぜひしてみたいと考えています。あのときと同じメンバーでできたら、もっと幸せでしょうね。


[140]>130 調べないがために・自転車旅行でのケース aekie

私の知り合いは自転車乗りなので、日本全国自転車で旅行します。彼は学生時代は東京に住んでいたので、東京からどこどこというのが決まりで、

自転車で行くと決めたら必ず行きます。自転車だと100kmが限界だと思うのですが、鳥取や香川、石川など新幹線や高速道路を使わないと行けないところへ簡単にいってしまうのです。長期休暇の時は言うまでもなく、北海道や果ては沖縄など行って、サイクリングを楽しんでいます。

ただ、一番笑ってしまったエピソードとして、福島あたりで自転車の部品が壊れてしまって、電車で帰ろうと思ったらお金を持っていなくて一瞬焦ったそうです。最寄り駅の駅員さんに事情を話し、お金を貸してもらうことで事なきを得たそうです。私には自転車の遠出の旅は無理ですが、少しくらいなら挑戦できそうです。


[141]>125 旅の景色・岳南鉄道駿河から甲府の旅 wacm

一人旅、なぜだか楽しいですよね。家族で行く旅も良し、自分一人でぶらぶらと目的もなく大がかりな旅行をしてみるのも楽しいですね。

私の最近の一人旅は、岳南鉄道を使った静岡?山梨の旅です。武田信玄や今川氏、北条氏が争った駿河の国から山梨へ抜ける道は、塩の道としても有名で、戦中までずっと続きました。歴史あるものや意義に気づけたときの驚きは大きいものです。

旅は毎回景色を変えますし、もちろん自分自身も時と共に変化しています。今度の一人旅は何に気づくことができるのか、それが共通する毎回の楽しみです。


[142]>124 18切符で東北へ aekie

私も一人旅が大好きです。何かしてみたいと思ったら、検索してみて一番上に出てきたところへ行ってみます。学生の特権は休みが多いこと、休みが多いので日本全国を旅行することでいろいろなことを直に知ることができます。

私が好きなのは東北。東北は日本の原風景が残っています。神話や昔話などかつての日本を知るためには東北にいくのが一番だと思います。東北の冬は想像以上に厳しく、出羽山脈の山間部や県境など行ってみたら、なかなか生活ができるところではありません。

気候や風土から人間性が形成されることを体験できる旅です。次は、九州の熊本・鹿児島に行って東北の旅と同じように直に体験したいと考えています。


[143]>115 道の駅の駅弁も! fwap

私は駅弁よりもサービスエリアの食事の方が好きです。食事といってもとても豪華で東北自動車道となるとどれも凝っていて、毎回撰ぶのに困ってしまうほどのバラエティあふれるメニューです。その中でも私が一番好きなのは、上河内サービスエリアで、ギョーザが多く、それでいて肉が多く、キャベツが甘いので大好きです。調べてみたところ、おみやげを紹介しているサイトがあったので参考にして下さい。

サービスエリアは道路公団が民営化されたおかげで、どこも工夫するようになりました。ドライブのおもしろさも確実に一つ増えたようです。

http://blogs.yahoo.co.jp/shori62/6359946.html

宇都宮餃子/東北自動車道・上河内SA


[144]>138 Nikonで旅の後も楽しむ fwap

私も旅行するときはデジカメですかね。普通のデジカメよりも少し豪華で一眼レフのデジカメを首に掛けて撮影しています。終わった後はNikonのサイトに登録して、画像ファイルとして保管しています。少し自身のある写真はflickrに入れています。旅の思い出に、世界中の誰かがコメントしてもらえるときがうれしいですね。旅には二重の楽しみがあることを写真を初めてから知りました。もちろん、カメラのファインダーからだけでなく、自分の目で感じることも大切です。得てしれぬ感動ってありますよね。それがガイドブックや写真集だけでは感じられないもを感じてこその旅行だと思います。


[145]>142 東海道と山陽道をJRで wacm

私も鈍行列車の旅が大好きです。東海道線、山陽本線、山陰本線、高崎線、羽越線、みんな学生時代に乗りました。

私の頃は鉄道1万キロ、3万キロなんてキャンペーンがあって、お金のない貧乏学生は鉄道にただ乗るだけの旅行を楽しんだものです。山陰本線の山あいから海が見えたときの一瞬の悦び、あのときが一番忘れることができない瞬間です。

今後の希望は、東海道本線と山陽本線を一回で乗り切ることです。さぁ、何日で乗り切ることができるか?4日は覚悟しています。


[146]>143 不況の今こそ町おこしになる駅弁作り aekie

私も駅弁が大好きです。駅弁はその土地独自のものが供されるので毎回新鮮な感覚になってしまいます。

地元の駅弁では鯛飯、鯛のそぼろがご飯の上に乗っかっていて甘く、香りがあり、それでいてご飯が進んでしまうお弁当です。しばしば、お弁当を造っている仕出し屋さんに買いにいってお昼ご飯にしてしまうこともあります。

歴史ある地元の駅弁、街おこしとして新たに作られた駅弁、どれも特徴あって美味しいです。かつてとは大違いです。


[147]>146 箱から楽しむ牛肉弁当 wacm

駅弁といえば、東北・山形新幹線の牛肉弁当がとても美味しいです。出張で東京駅から東北へ向かうときには、大抵定番のお決まりのメニューとなっています。濃い味付けでとても美味しい。自宅ではなかなか作ることのできない味です。箱も丁寧で食べるときに空けてしまうのが残念でなりません。

箱から食べる、とういうのは懐石料理のようでお皿をも楽しむ日本の文化を感じさせてくれます。駅弁はその地方地方の特徴が現れてとても興味深いです。


[148]>140 日本製のカメラで fwap

一人旅は私も大好きです。子供を産んでから一人旅をすることはなくなってしまいますが、一人旅の緊張感、期待、思い出の深さといったら他の旅行とは比べものにはならないくらいのものです。電車の旅も楽しかったですが、スペインからポルトガルへ抜ける道をひたすら歩くというのが楽しかったです。当時はカメラも持って行かないくらい、旅行するだけで必死でした。日本製のカメラを持っていると強盗に襲われるというのも、まんざらな話ではなかったようです。当時から日本の製品に対する信頼はとても高く、日本人として妙な感動を覚えたものです。カメラで思い出を撮るのではなく、カメラによって思い出が残った特異な例の一つでしょう。


[149]>144 本に水&チョコレート tibitora

文庫本と水を持っていくことが多いです。

移動中に読んだり、のどが渇いたときの水。

あとはおなかがすいたときに気軽に食べられるチョトレートやキャラメルなどのお菓子を持っていきます。

スナック菓子は匂いであたりの人に迷惑をかけてしまうかも知れませんので、なるべくそれが少ない一口で口に入れられるサイズの物を持っていくようにしています。


[150]>139 卒業旅行の計画 aekie

卒業旅行行けたら楽しそうですね。卒業旅行で行きたいのはヨーロッパを数カ国回ること。ヨーロッパの歴史をハンガリーからイギリスまで渡ってみることです。キリスト教や中世芸術の流れを見てみたいです。自分が芸術や文学の専攻ではないため、初めて見聞きするものばかりでしょうが、第一印象、初めて見たときの印象を大切にしたいです。いま、学校にも友達が居るので、そろそろ卒業旅行の話をしています。大学卒業は2年後になりますが、それまでにバイトや節約してお金を貯めたいと考えています。


[151]>111 模様に形が立体的に浮かび上がって見える絵ですね tibitora

視力回復の絵、見たことがあります。

遠くや近くを見るようにして模様を見ると形が浮かびあがってみえるんですよね。

見たことがありますが初めて立体に見えたときは不思議な感じですごくうれしかったです。

近くばかり見て固まってしまった目の筋肉を和らげる効果があるみたいです^^


[152]>147 旅の楽しみ actro

の一つですねぇ。ご当地名物が味わえるのはいいですね。

出張の時も良くお世話になりました。

あの雰囲気もまた味の一つですね。


[153]>148 楽しそうですね tibitora

目的の無いたびも楽しそうですね。

日本全国自転車での旅は帰ってきたときに達成感がありそうですね。

私は自転車でそんな遠くへの旅は出来そうにありませんが近くだったらのんびり自分のペースでの自転車の旅をしてみたいです。


[154]>152 駅弁 tibitora

私も食べたことがありません。

電車で遠くへも行くのですが、車内で何か食べるのは落ち着かなくてお腹がすいたときはいつも簡単にすぐ食べられる物を食べています。

帰りにお弁当を買って車内がすいていたら食べて、食べられなかったら家で食べるのも楽しいかなと思いました。


[155]>129 計画 actro

今はネットでいろいろ調べられるので、便利ですね。

色々計画を立てて妄想するのですが、実際は計画通りには行かないですね。

計画段階で色々見過ぎてお腹いっぱいみたいなこともありますね。


[156]>154 駅弁 koume-1124

かなり昔に食べたけど、もう忘れてしまいましたね。

でも、今は色んな駅弁が出てるので食べてみたいねーと思うんですが、なかなかいつも1人で新幹線を利用するので、勇気がないまま実行出来ずです。


[157]>30 そういえば、動物の顔で目の周りが黒いって意匠多いんですけど Kumappus

f:id:Kumappus:20090212123828j:image

f:id:Kumappus:20050205150730j:image

f:id:Kumappus:20070802221647j:image

やっぱり目を大きく見せて威嚇するとかそういう働きがあるんでしょうかね?


[158]>156 駅売りさんの声 fusakogane

「べんとー? べんとー?・・・」駅売りのおじさんの渋い声で慌てて汽車の窓を開けて、停車時間を気にしながら選んだお弁当・・・高崎のだるま弁当でした! 今はプラスチックの赤いダルマ容器になってしまいましたが、当時は瀬戸物で煮物とシャケ(?)たくあん 栗 マツタケごはんだったでしょうか? それに蒸気機関車のけむりのにおい・・・幼い頃のずっと大切にしたい思い出です・・・


[159]>158 鰺の押し寿司、大船軒と東華軒 iijiman

私の好きな駅弁は、JR東海道線の大船駅で売っている「大船軒の鰺の押し寿司」と、熱海駅?小田原駅付近で売っている「小鰺の押し寿司」です。どちらも新鮮な鰺を使った押し寿司で、甲乙付けがたい美味しさです。

(大船軒)

http://www.ofunaken.co.jp/page010.html

(東華軒)

http://www.toukaken.co.jp/p1_0_syouhinannai.htm

これに缶ビールの1本でもあれば、もう文句無しの、旅のご馳走です。


[160]楽しかった雨模様 fusakogane

「どしゃぶり」の雨でずぶぬれになっても、子供の頃はとっても楽しかったものです・・・やっと買ってもらったキャラクター柄の長靴とおそろいの傘 水たまりにわざと踏み込んだり、カッパのにおいもゴム臭くって・・・「にわか雨」で母親が幼稚園まで迎えに来てくれて、うれしくってドキドキしたり、「雷雨」でしゃがみこんできゃーきゃー騒いだり・・・小さいときは雨が降るのを楽しみに待っていたような気がします!


[161]>159 ビール付き to-ching

良いですね?となると幕の内が無難かな?


[162]>131 あと数ヶ月で to-ching

ストーブ不要になり少し部屋が広くなり嬉しいですね。


[163]>160 どうしてですかね? to-ching

子供は水溜りが好きです、もうべチョべチョ!私もそうでしたが、うちの子供もそうでした、冬は雪だるま状態になって帰宅・・・


[164]>149 確かに to-ching

文庫本とウイスキーの小瓶も粋です。


[165]>151 だまし絵 to-ching

と言うのも有りますね、アレも視力回復に繋がるのでしょうか?


[166]家族旅行 fusakogane

年に一回の家族旅行は、夏休みに海の家で一週間を過ごせたことでしょうか? 水平線からの日の出 朝の貝殻ひろい 海産物の朝ごはん タイヤのチューブの浮き袋 流れ着いた重油のにおい・・・昔は物価も安かったので一週間も滞在できたのでしょうけど、本当に真っ黒に日焼けして、熱を出して寝られなくて痛くって、みんな笑顔でスイカにかぶりついていて・・・もう一度だけ昔に帰ってみたいみたいです!


[167]入学祝 fusakogane

中学の入学祝いに親戚からもらった万年筆がいまも筆箱に入っています。ローマ字のネーム入りなので、当時はなんか上等で誇らしかった。 でも鉛筆しか使い慣れていない不器用さで、すぐにペン先を傷めてしまって、いまはもう書けなくなってしまいました。きっと一生懸命に勉強しろって願いがあったんでしょうけど・・・残念ながら「宝の持ち腐れ」にしてしまいました!


[168]アラン模様、松編み模様 azaburecipes

インターネットの記事や編み物の本のなどで、人気のアラン模様や、松編みの模様。なぜかちょっといいなと感じた素敵な模様は、編み物の世界と関係ないところでも、模様の好みや人気は重なるのでしょうか。街で背中のところにアラン模様が入ったジャケットを着ている男性や、松編み模様のジャケットを着ている女性を見かけて、素敵だなと思いました。今まではあまり見かけなかった、アラン模様や松編み模様が使われた装いを偶然見かけて、編み物をしない人にも密かに好まれている模様なのかと思いました。アラン模様や松編みの入った洋服をみたときに新鮮に感じられるようなことがあって、アラン模様や松編み模様のデザインの洋服を買ったり、そういう模様を編んでみたいと思ったり…今までとくに流行ったりということはなかったマイナーな模様ですが、その模様が特別で素敵に思うようなことがあるのかなと不思議に思いました。


[169]>155 旅に行くときは fumie15

おおざっぱに予定を立てていきます。

他に面白いところがあったらそちらへ。

今はネットもガイドブックも充実しているので計画するだけで面白いです。


[170]>128 出産祝い fumie15

赤ちゃんの初めての髪の毛で筆を作る看板が家の近くにあります。

すごく興味があるのですが、作った人、いらっしゃいますか?

あの筆で書いたものはいったいどんな文字なのでしょうか?


[171]>96 母からもらいました fumie15

母は何故か中国が大好きで、中国に行ったとき葉書をもらいました。まさか来るとは思っていなかったのでとてもうれしかったです。宝物です。


[172]いつか宇宙旅行に fumie15

宇宙旅行に行ってみたいです。いまでも個人で数億円で行けるそうですが、そこまでのお金はないので、もっと安くなることを祈っています。月を間近で見たり、無重力を体験したりやってみたいことはたくさんあります。

数十年後先には世界一周より少し高い値段で行けるといいな。


[173]衣服に結界を張る?伝統のアイヌ模様 TinkerBell

高校のころ、アイヌ民族の歴史や文化について調べたことがありました。

その時にとても興味深く思ったのがアイヌ模様です。

アイヌの伝統的衣服には独特の模様が施されていますが、

あれはただのデザインではなく、

アイヌの人たちにとってはとても重要な意味を持つものらしいのです。

もちろん一口にアイヌ模様といってもいろいろあって、

アイヌ文化は昔は本州東北部から北海道、

そして千島から樺太に至るまでの幅広い地域に広がっていましたから、

それぞれの地域ごとにちがいがあったそうです。

昔は衣装に施された模様を見ると出身地がわかるとまで言われていたそうですが、

でもだいたいの共通する考え方として、

一針一針ていねいに縫い込まれていくこの模様には、

身を守ってくれる結界のような力があると考えられていたらしいのです。

袖口だとか、襟、裾などにこの模様を施しておくと、服の中に悪い物が入り込みません。

また背中にも模様を施しておくと、無防備になりやすい背後が守られます。

こうして独特の模様が施された衣装ができあがっていったわけです。


衣服に用いられる模様は、刺繍で入れられるもののほか、

布を切り抜いて模様を入れていく「切抜(きりぬき)」、

別の布を張り合わせていく「切伏(きりぶせ)」といった技法で施されていきますが、

それらの技法は全て母から娘へと伝えられていきました。

またアイヌの女の子は、アイヌ模様の基本パターンを様々に組み合わせながらデザインしていくお絵かきを

砂の上などにして遊んだものだったのだそうです。


アイヌの娘が年ごろになり恋をすると、

好きな男性のためにテクンペという手甲を作って贈りました。

もちろんそこには鮮やかなアイヌ模様が施されます。

もし相手の男性がそれを身につけてくれたら、気持ちを受け入れてもらえた証拠です。

娘は続いて脚に巻く脚絆、頭に巻く鉢巻きを作って贈り、最後は服も作って贈ります。

そのどれもに心を込めた美しいアイヌ模様が施され、愛する男性を守るのです。


男性の方から告白する場合は、メノコマキリという小刀の鞘に模様を掘って贈ります。

もし娘がそれを腰に下げてくれれば、プロポーズは成功です。

夫になると、妻の使う針刺しや糸巻き、まな板にまでていねいに模様を彫刻していったそうです。

こうしてお互い、愛する人を守りあったんですね。

私たちはこうしたアイヌ模様についての調べ物を終えた後、

実際にアイヌ模様の刺繍で鉢巻きを作ってみました。

愛する人を守るために思いを込めて一針一針縫っていったアイヌの娘の気持ちがわかる気がしました。


[174]>150 卒業旅行! toukadatteba

友人と卒業旅行にタイへいった思い出があります。

お金のない貧乏学生だったので、なけなしのバイト代をはたいて、いっちばん安い時期を選んでいきました。

日本は真冬だったにもかかわらず、タイは常夏で、気温の違いにも驚きましたが、オカマのお姉さんがふつうに化粧品売り場でお化粧を進めてくれたりという文化の寛容さや、王様への敬意などなど、文化の違いも肌で感じました。また、自分たちだけでいろいろと見て回って、度胸もつきましたね?。

その後、あんまり楽しかったので、一週間バイト詰めしてまたヨーロッパにいってきたのですが、それも楽しかったですね!フランスで美術館を見たり、七面鳥の肉を買ってみたり、道に迷ったり。

そして、2回目はあんまりバイトしている私を見かねたのか、母と父が「これをつかいなさい」と5万円を渡してくれました。親冥利に尽きます。

本当はすっごくやすい6万円パリのプランの予定だったのですが、もう少し長めに滞在して、少し良いホテルに泊まることができました^^


[175]>161 駅弁、ゆきだるま弁当 toukadatteba

がすきです。貯金箱にもなるのですよ^^

すっごくかわいいのです。


[176]>171 旅先から手紙を toukadatteba

私もよく書きます。現地の絵葉書を買って、友達や家族に。

ひとことメッセージを添えるだけでも喜ばれますね^^

思い出にも残るので、よいかなぁ。


[177]友だちの娘さんのお節句のお祝いに絵本を製作中 MINT

結婚した友だちの娘さんが、もう絵本を読んであげると喜ぶほどに大きくなりました。私はまだ未婚なのにどうしましょう。じゃない、じゃない。今、この娘さんの桃の節句に贈る絵本を製作中なのです。

出てくるのは折り紙のお雛様。絵本と言っても絵ではなく、千代紙で十二単の着物を作ったりして、それを台紙に貼り付けて作っていきます。

最初のページにはベーシックなお雛様。金屏風の前に二人並んですまし顔です。

次のページは、二人が仲良く寄り添っています。こちらは人が見ていない時のプライベートなお雛様。

次のページは、ちっちゃな女の子とママのお雛様。金屏風の前で、女のお雛様が二人です。ちょっと珍しい風景ですが、二人とっても仲良しです。

続いてはちっちゃな女の子とパパのお雛様です。パパのお内裏様がちっちゃな女の子のお雛様を抱っこしています。

次のページは、パパとママと女の子が三人揃ったお雛様です。パパのお内裏様とママのお雛様の間に、ちっちゃな女の子のお雛様がいて、お手々をつないでもらっています。みんなとっても幸せです。

そして桃の花のページがあって、最後のページは五人囃子も三人官女もいる段飾りのお雛様の一番上に、パパとママとちっちゃな女の子が三人揃ったお雛様です。ラストシーンはアップの方が良かったかなぁと今になって思っていますが、もう作り替えるのは大変なのでこのままGOです。

と、そんな手作り絵本を現在製作中。文字は一つも入れません。この絵本を使ってどんなストーリーを作るかは、パパやママに任せます。喜んでくれるかなぁ。お子さんが大きくなった時、そういえば小さかったころ折り紙のお雛様の絵本を持っていたよ、なんて思い出に残ってくれたらいいなぁと思っています。


[178]>157 猫模様 toukadatteba

そういえば、昔近所に、パンダそっくりな模様の白黒猫がいて、あだ名がパンダでした。めっきり見なくなってしまいましたが、元気なのかなぁ。


[179]>164 おやつと本 toukadatteba

もっていきますね^^

チョコレートと、小さな文庫本。駅で買うこともあります。ぶらっと旅するには良い持ち物です。


[180]>170 出産祝い kinnoji7

出産祝い(プレゼント)って何でもうれしいものですが、お祝いをあげる方としては喜んでもらいたい、使ってもらいたいなどと考えるものですよね。

出産祝いはいくら「気持ちを伝えるもの」とはいえ年代や受け取る側との関係でも変わってくるでしょうし、さらにその地域などによっても微妙に差があるものです。


[181]>162 模様替え kinnoji7

部屋の模様替えって楽しいですね。

最近は風水で部屋模様替えをする人もいますし、ゲーム感覚で部屋の模様替えをする人もいます。

風水で部屋の模様替えする場合は必要ないかもしれませんが、部屋模様替えにはインテリアに拘ったり、画像を参考にしたりと考えというか個性を発揮したいですね。


[182]>178 猫の模様 kinnoji7

猫の模様は面白いですよね。

確かに白黒猫の模様は面白い。

頭だけ黒いのもかわいいし、ホクロみたいに模様があるのも面白いです。


[183]>167 入学祝いや卒業祝い kinnoji7

卒業祝、入学祝に贈られたものは大人になってからも、心に残り、大切にされることが多いですね。それは、贈る方の、ご成長を願う温かいお気持ちがこめられているからでしょう。

合格祝・入学祝・卒業祝には、学識者の象徴とされるフクロウの置物や根付がおすすめです。フクロウは賢さの象徴でもあり、不苦労、福朗ともかかれ、幸せを呼ぶ鳥とされています。年齢を問わず、長く飾っていただける贈り物です。


[184]>166 家族旅行 kinnoji7

現代は、家族の繋がり、絆が、薄れて来ている様に思えてなりません。

子供は大きくなると家に居なかったり、帰って来ても直ぐに自分の部屋へ行ったりします。仕事で夜遅く帰って来るお父さんとは、会話も顔を合わせる事も無くなったりしている風情です。

そんな時代だからこそ、共通の体験を作って、家族の繋がり、絆を確かめ

合う事が、大事なのではないでしょうか。


[185]日帰りバス旅行で食べ歩き fusakogane

早朝の集合で日帰りバス旅行に熱中していました。宿泊するとなると時間や費用の都合が付きにくいですが、弾丸日帰りならなんとかなるものです・・・旬の果物や海産物を食べ放題で自分でも驚くほど楽しんでしまいます。予約が大切ですが新聞のチラシでチェックして、超格安を見つけ出して友人を誘います。確かにゆったり旅情を楽しむとかは望めませんが、こんな忙しい良好もちょっとありかなって思っています。それからお留守番の家族からクレームが出ないように、新鮮で産地直送のおみやげをお忘れなく!


[186]恋模様 umirumi

人はダレでも恋をしたことがあると思います。

恋心ほど、複雑な模様を奏でるものは無いですね。

まるでお天気のように、晴れたり曇ったり。

好きな人の一言で、気分が上がったり下がったり。

人生をここまでグルグルと回すことの出来るものは無いなぁといつも思います。

恋模様も一つの芸術のような気がしています


[187]自立、旅立ち、親元からの離れ umirumi

二十歳を超えたところで、一人暮らし。

旅立ちを決めることが多いかもしれません。

自立し、親元を離れ、旅立つ若者。

人生は毎日が旅のようなものであり、いくつもの転機がありながら、旅を続ける。

親元を離れて自立する瞬間は、大きな旅立ちの時期でもあります。

子供だけでなく、親御さんにとっても、子供の旅立ちは嬉しくも、寂しくも複雑な旅立ちです。

生まれてから死ぬまでの時間。

一番長くて濃い、旅なのです


[188]子供の頃はじめてのお使い。大きな旅 umirumi

近所のスーパーまで、お母さんに買い物を頼まれた、まだ幼稚園のころ。

歩いて数分。

しかし、あの頃は、大きな旅でした。

一人で出かけることが無かったあの頃。

不安で押しつぶされそうになりながら歩く道。

前にも後ろにも母の姿はなく。

初めての一人旅でした。

数分という距離は、子供にとって、巨大なものに感じたものです。

あの旅こそ人生で一番初めに一人でした旅だったのだと思います


[189]>172 宇宙への旅。 umirumi

いつか叶うと面白いですね。

今はまだ宇宙旅行は出来ないので、毎晩夜空を見上げて、夜空にて宇宙を感じながら夜空の旅を楽しんでいます。

色んな星が浮かび、綺麗な月。

自宅からでも小さな旅行が出来てしまう夜空。

いつかあの夜空のむこうへいける日が来るのかな。

なんて、ちょっと思いながらも今日も夜空を見上げます


[190]>123 退院祝いに手作り料理 umirumi

大好きな祖父が退院した際に、テーブル一杯に手料理を作りました。

病院食に嫌気をさしていた祖父。

イエに帰ったら美味しい手料理が食べたいとずっと言っていました。

退院して、手料理を食べれることを楽しみに闘病していました。

祖父が退院することが出来たのは、亡くなる1ヶ月前でした。

つまり、この日は、退院ではなく、一時退院というものでした。

残念ながら、テーブル一杯の料理を食べるだけの体力ももうなかった祖父。

私の作った手料理を目で見て小さな笑みを浮かべてくれたことを今でも思い出します。


[191]>176 恩師に出した事があります。 nakki1342

高校時代の修学旅行先から自分が通ってた高校から

転勤してしまった恩師に

絵葉書を出した事があります。

恩師が授業中にある日話してた場所が

修学旅行で自分たちが泊まった所が同じ場所で

それを思い出し

そこから恩師にむけて絵葉書を出したんです

恩師には、かなり喜ばれたのを覚えています


[192]>137 忘れ物 eiyan

忘れ物は思い出も忘れそうで怖いですね。

置き引きに遭うものもあるし、忘れ物届けがある場合もあるし、様々ですね。

人とのきっかけは千差万別。

それが人生の面白さかも知れませんね。


[193]>46 和服 eiyan

和服の着物は礼服着にしか利用されなくなりましたね。

何かの催し物がある時にも利用出来ると良いですね。

古着になったら布団掛けとか暖簾等に利用すると良いかも知れませんね。


[194]>68 ナビ eiyan

地図便りの遠乗り。

最近はナビ搭載でドライブが流行ってますね。

電気がない生活を経験したいと電気のない生活にすると電気の大切さが判る。

ナビの大切さも判ると良いですね。


[195]>69 再来 eiyan

自分の思い出の地は懐かしさが漂いますね。

まるで過去に戻れる感覚。

自分の歩んで来た道のりをジックリと確認したいものですね。


[196]>134 水面 eiyan

水面模様は綺麗で不思議ですね。

話しかければ応えてくれて色んな模様を呈してくれる。

こんな人生を送りたいものですね。


[197]七宝焼き t-saitou

小学生の時、図工の時間に七宝焼きをやりましたが、私は先祖代々受け継いだ家紋を作って仏壇に飾っています。ご先祖様達に感謝の気持ちを込めて。


[198]>189 いけるものなら行って見たい。 ttz

自分が死ぬまでにポピュラーな旅行になっているかな??行けるものなら行って見たいですね。


[199]>174 卒業旅行はアメリカ。 ttz

ラスベガスに行きました。日本人は子供に見えるらしく、何度も年齢を確認されました。でもラスベガスは学生の貧乏旅行で行くとこじゃないです。


[200]飛行機に乗る ttz

飛行機に乗るのがけっこう好きです。それだけで旅行気分を味わえちゃうかもしれません。日ごろ乗り慣れていないので、新鮮です。空港で待ってるだけでも楽しいです。


[201]>191 富士山の頂上から ttz

出したことあります。富士山だから、手紙よりも早く帰宅しちゃうのが玉に瑕。


[202]>184 結婚して ttz

また家族旅行に行く機会が増えました。親孝行っていうんでしょうか。自分もけっこう楽しんでますけどね!


[203]>202 今はもう亡き父の背中でおんぶ t-saitou

幼少の頃、月一回は東京に家族旅行をしてました。幼い私はすぐ疲れて眠ってしまい、父の背中におんぶしてもらってました。父の背中でおんぶされると、何だか揺りかごで寝ているような安心感があり、とても気持ちよかったです。今度お墓参りの時にお礼を言っておきます。


[204]>57 四菱や六文銭 powdersnow

若い女性の間で、戦国武将ブームらしく、有名な武将の家紋などがプリントされたTシャツなどを見かけますね。


[205]>187 ウチはもうすぐ一家離散 t-saitou

お笑い芸人のホームレス中学生のように一家の主が会社近くに一人住まいすると言い出し、来月末までに今すんでる所を出ていかなければなりません。

これは旅立ちというより放浪になっちゃうかな。


[206]>77 途中下車の旅 atomatom

通勤の定期を持っていますので、途中下車の旅をときどきします。知らない町を歩くのはそれだけで面白い。自分がもしもこの町に引っ越したら、なんて想像しながらのぶらぶら歩き。いいもんです。

途中降車の旅は学生のころにしましたね。一筆書きの路線図ですよね。

大阪からぐるーっと奈良、京都を回って隣りの駅まで120円。のんびりした1日が過ごせますね。


[207]>185 バス旅行は安い! atomatom

びっくりするほど安い価格設定の日帰りバスツアーがありますよね。

一度参加したことがありますが、お客を飽きさせないように工夫されていました。

次から次へとなんか食べる機会があるんです。お酒やお菓子の工場での試食、食事はバイキング、車内でのおやつ、あっという間の1日でした。


[208]>198 怖いけれど・・でも。 nakki1342

やっぱり地球の姿を外から一度は見てみたいな?って

思います

普通の旅行と違って地球の外に出るのだから

なんとなく怖い気もしますが

でも宇宙船の窓から地球の姿を見て感激してみたいな・・

将来は、ちょっと無理したらいけるくらいの価格で。


[209]>179 音楽を持っていきますね iwavan

携帯やIpodに、東京ならJAZZ・ボサノバ、沖縄ならハワイアンミュージック・レゲエ・沖縄ソング、といったように、自分が勝手にその地をイメージした曲をチョイスして、持って行きます。

行きの新幹線や飛行機の中で、曲を聴きながら、雑誌を広げて、あーっ、今回はここに行こう!とか、前回こんなところにいったなー、とか、いろいろと想像しながらプランを決めます。

また、レンタカーを借りて、CDが聞ける環境だったときは、持ってきた音楽を流して雰囲気を味わいます。

東京の夜の街をみながら聞くJAZZもまた最高ですし、沖縄の青い海を見ながら聞く、沖縄ソングも最高だったりします。


[210]>203 家族旅行 koume-1124

昔はしょっちゅう家族で出かけてましたが、最近はまったく無くなってしまいましたね・・・

親孝行もかねて行きたいですね。


[211]>175 日本最南端の駅弁 iwavan

前にも書きましたが、私沖縄に住んでいたので、ご当地の駅弁ネタを書きます。

沖縄にはもともと、電車というものが走ってなかったので、当然、駅弁はなかったんですが、ゆいレール(モノレール)が開通してから、壷川駅というところに駅弁ができたそうです。


名前は、「海人がつくる壺川駅前弁当」

ん?壷川駅前?そうなんです。壷川駅で販売ではなく、壷川駅前の漁港で販売されている弁当なんです。でも一応、駅弁らしいです。


中身はというと、海人(うみんちゅ)が作る弁当だけあり、刺身や海ぶどうなど、沖縄の海の食材がいっぱい入っています。

値段は800円と沖縄にしてはちょっと高いです(沖縄では、オバちゃんが売りにくる弁当がお弁当+味噌汁またはミニソーキソバのどちらかが付いて250円と安いんです)が、少なくとも私が食べたときは美味しかったので、一度食べてみる価値はあるとおもいます。


売ってる場所・お弁当の詳細はるるぶさんのサイトを参照してください

↓↓↓

http://www.rurubu.com/Ekiben/Ekiben.asp?ReleaseDate=20050720


[212]>210 家族を再確認するためにも旅行は必要 wacm

家族旅行ってなんだか心弾みますよね。家族との絆を深めるためには家族旅行が一番なんではないでしょうか?でも、両親が愛情を持ってくれてる時期に、子どもは思春期で反発してしまうんですよね。とても残念です。私自身も、もっと両親に甘えておけば良かったと反省しています。

おそらく、同じようなことが日本中で毎年毎年繰り返されているのでしょう。家族の絆、必ずしも必要な物ではないですが、家族のあり方、家族としての温かさや情、を再確認するためにも家族旅行は必要だと思います。一家で囲炉裏を囲むことや、陶芸や蒔絵を体験する、普段見たことのない家族の側面を見て、家族の価値を多面化、新たな存在感に気づける場として家族旅行を位置づけたいですね。


[213]>211 沼津駅・桃中軒の駅弁 fwap

住んでいる地元のせいか、私は自分の所の駅弁がとても大好きです。「鯛めし」なんてとても豪華で値段がリーズナブル、旅の友でなくても買ってしまいます。

作っているところも、歩いてほんの数分の所なので愛着が持てますし、何より地元の産業に貢献したい、競争力ある特産品だと考えています。

他にも、「港あじ鮨」はさっぱりとした味わいで、なんと本わさびを食べることのできる贅沢な一品!多少値段は張りますが、ぜひ一度食べてみて下さい。

旅の疲れを癒すには酢飯がとても口に合い、箸も進みます。

他にも、時期物で桜えびめしなどがあります。一度、桃中軒のお弁当を食べてみて下さい。

残念ながら、沼津駅は新幹線駅ではないので、東海道線、あるいは御殿場線ローカル経由でないと寄ることが少ない駅だと思います。

ですが、楽しい旅に食事は必ず必要ですし、なかなか贅沢で買いやすい値段ですので是非一度試して下さい。

紹介した桃中軒(とうちゅうけん)のホームページですです。

http://www.tochuken.co.jp/index.html

桃中軒

イチオシはこの2つ

http://www.tochuken.co.jp/ekiben_02.html

鯛めし・680円

http://www.tochuken.co.jp/ekiben_01.html

港あじ鮨・880円


[214]>208 値段がネックな宇宙旅行 aekie

小さい頃、宇宙飛行士になりたいって憧れたことがありました。あれは、向井千秋さんが宇宙メダカを一般の少額背から公募して行った実験でしたよね。とても、素朴でユニークな実験だったと思います。ただ、私自身視力が良くなかったので、あと学力が足りなくて、宇宙飛行士になる夢は無惨にも消えましたが、

最近ではお金さえ出せば宇宙旅行できるんですよね。南アフリカの事業家がおよそ20億円支払って宇宙へ・・・。日本人の方も最後まで選考には残っていましたよね。あと、何年で1000万円程度で旅行できる日が来るのでしょうか?1000万円といったら高価なクルマの値段とほぼ同じくらいです。そう考えると、安いですね。


[215]お守りの中身 lovespread13

小さいころ初めてお守りをもらったとき、その小さな巾着の中に何がはいってあるのかとても気になった。

親に聞いても、神様のものだからあけてはいけないとかいわれて、結局何がはいっているのかは教えてもらえなかった。

で、好奇心いっぱいの私は、親に内緒でこっそり自分で開けてみた。

なかなか解けない巾着の紐をゆるめて、恐る恐る中を覗き込むと小さく折りたたんだ紙のようなものが見えた…、でもそれ以上の記憶が無い。

多分幼かった私はなんだか悪いことをしているような気がして、怖くなってそこでやめてしまったんだと思う。

今でもお守りの中身が何なのかはわからないままだ。

たぶん御札かなんかが入っているのかな?


[216]アグリツーリズム(グリーンツーリズム)を楽しんでみよう TomCat

アグリツーリズム(グリーンツーリズム)とは、都市と農村の交流のこと。個人レベルで言えば、農村や農場に滞在して、あるいは農業と触れ合いながら休暇を過ごすこと、ということになるでしょう。

グリーン=環境保護というイメージからエコツーリズムとごっちゃになりやすいですが、エコツーリズムとは、行き先の自然環境や文化などを破壊しないように注意しながら、それらを体験し、学んでいく旅を指します。

もちろんアグリツーリズム(グリーンツーリズム)にもその要素は多分にありますが、アグリツーリズム(グリーンツーリズム)と言う場合には、農業という産業に触れて農や食に関わる様々な社会問題にまで意識を広げていく、土や緑と共に人の社会のありようも見つめていくという要素を併せ持つ、と考えられると思います。

アグリツーリズム(グリーンツーリズム)の発祥はヨーロッパですが、日本においても1992年度から農水省が提唱を開始し、翌93年度から2年間に渡って、全国50箇所をモデル地区として指定して振興を図ってきました。実はこんな法律もあるんですよ。

農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律(通称・農村休暇法)

さて、具体的なアグリツーリズム(グリーンツーリズム)のプランですが、個人として行うなら、まず近場の農業に目を向けてみることをお勧めしたいと思うのです。キャッチフレーズを付けるなら、「農と触れ合う小さな旅」って感じです。

たとえば東京でも、まだまだ農業で頑張っている地域はたくさんあります。そういう所の農産物直売所や、畑の中にある無人販売所などの情報を調べて実際にそこを訪れてみるんです。そこに色々な地域イベントを組み合わせたり、ハイキングや川遊びといった楽しみを組み合わせていけば、かなり楽しめる一日になると思います。身近な地域の農業を再発見していくことは、色んな意味でとても意義深いと思います。日帰りでも行ける「地産地消型アグリツーリズム」のプランを色々開発して、ぜひ楽しんでみてくださいね。

もっと本格的に農と触れ合いたかったら、こんな場所もあります。

【東京近郊での例】奥多摩町体験農園→ http://www.town.okutama.tokyo.jp/oshirase/greentourism/01.html

最近は各地にこういった滞在型の体験農業施設が誕生していて、一日だけの短期の体験から、週末をどっぷり畑で過ごせるプチ田舎暮らしまで、様々なニーズが満たせるようになってきています。

さらに私は、未来の夢の農園計画に資すべく、「笑っていいとも!」のテレホンショッキング流に、訪れた先で知り合った人に別の場所のお知り合いを紹介して頂き、その方を訪ねていくという形で各地を訪問して歩く、農山漁村体験ツアーを個人的に行っています。

スケジュールの関係や、猫を飼っている関係もあって、あまり長期間は家を空けられませんが、月一くらいのペースで色んな所を回っています。土地の人と交流をしながら色々なことを教えて頂いて、楽しいですよ。

観光地を巡る旅ではないのに、様々な興味深い文化に触れ、土地のうまい物をたっぷり楽しみ、そして場所によると温泉まであったりして、自分だけのオリジナルの思い出が残る旅が出来ます。

アグリツーリズム(グリーンツーリズム)の定義は色々あると思いますが、とりあえず、「観光」を「農業との触れ合い」に置き換えれば、たいていの旅がアグリツーリズム(グリーンツーリズム)と言える旅になると思います。皆さんもぜひ、従来の観光とはちょっと違った旅を計画し、体験してみてください。きっと楽しいと思います。


[217]>215 お守りの中身 futanbo

私も開けたことがないです。今度妹が出産なので、お守りを手作りで

作ろうかと思って・・。

でも中に何入れようかと思っていて。

私はクリスチャンなので、聖書のことばを書いて

入れようかなと思ってます。。


[218]>213 駅弁 futanbo

最近はスーパーなどでやっている駅弁大会のしか食べたことがないのですが、昔、毎年夏休みに田舎に帰る電車の中で駅弁食べるのが楽しみでした。味的にはあんまりおいしいものではないけど、なんかあの食べ終わったあとの木箱のにおいとか、やたら懐かしいですね。

新幹線とかで、車内販売のガラガラとゆう音が聞こえるとドキドキして「お父さん、なんか買ってくれるかな?」と期待して・・。アイスクリームとか冷凍みかんとか普段食べれないものが食べれるのが嬉しかったです。


[219]>201 海外からの手紙 futanbo

海外から手紙をもらうと、その国のにおいがする気がします。

自分も旅のおこぼれを

もらった気分になれます。。


[220]>141 一人旅 twillco

気を使わない旅っていですよね。

自分の気分の赴くままにプランを立ててフラっと行ってみたいものです。


[221]>219 旅先からの手紙 koume-1124

父が長期出張に行ったりすると、げんちから手紙が届いたりしてました。

日本とは違う感じでなんだか、手紙をもらっただけですごくワクワクしたのを覚えています。


[222]>199 海外かあ・・。 futanbo

みんなすごいですね。。

私は高校の卒業旅行は、行き船、帰り飛行機の沖縄ゆきでした。

しかも春だし・・。

短大の卒業旅行は、信州にスキーでした。

みなさんと比べると地味だけど、やっぱり、みんなで

いける最後の旅行だったので盛り上がりましたね。


[223]>182 ネコ futanbo

うちもパンダみたいな模様で「パンダ」と呼んでたネコがいました。

生まれたてて捨てられていて、飼い主が見つかるまで飼ってたんですが

ほんとにパンダみたいで・・。思い出してちょっと切ないです。

白黒は特におもしろい模様になるんですね。


[224]>180 出産祝い futanbo

出産祝いって、すごく難しくて・・。物だとかぶったりするし。。

最近は現金ですね。結局それが一番必要だったり。。

でも、産んだママへのプレゼントとゆうのもいいですね。

参考になりました。。


[225]人生は旅だ futanbo

「生きてることが旅なんよ」とは、最近知人に言われたことばです。

パニック障害とゆう病気で、大好きだった旅行をすることが

できなくった私の話を聞いて、そのクリスチャンの知人は

「あたしたちのふるさとは天国なんだから、今、生きてることが

旅してることと同じことなんだと私は思うよ」

って言って、慰めてくれました。

確かに人生ほど、予期せぬ出来事がたくさん起きて、

予定通りに行かない旅はないですよね。だからこそ、

おもしろいですね。旅行はできなくても、ずっと人生の旅を

楽しんで生きたいです。。


[226]>86futanbo

新婚旅行でセブ島に行ったとき、無人島ツアーみたいなやつに参加して、

すごいきれいな海と砂浜に出会って。。そこの思い出に、きれいなおおきな

貝と砂浜にあった珊瑚(白くなったやつ)を持って帰りました。

海といえば貝ですよね。


[227]誕生日プレゼント futanbo

友達の子ども(2歳)の誕生日会のとき、2人の別の友達の子ども(10歳)たちが、

手作りで絵本を作ったり、折り紙で作った動物や、たっくさん絵を描いたものを袋に

いっぱい入れてプレゼントしていて、すごくほほえましかったです。

私もその子どもたちに、手作りの布で作った小物入れ(なかにはどんぐりが入ってた)

を誕生日にもらって、とても嬉しかったです。お金がなくても、あるもので一生懸命

お祝いしてくれようとゆうその気持ちがほんとに大事だなって教えてもらいました。


[228]乗り物酔い薬が欠かせなかった(汗) nakki1342

小学生の頃、遠足のバス旅行がホント苦手でした・・

乗り物酔い薬がホント欠かせなかったからです

いつから乗り物酔い薬が必要ない状態になり

嬉しかったのを覚えています。


[229]>222 卒業旅行 rsc96074

友人数人と湯布院の温泉に行きました。ちょっと地味過ぎましたね。海外に行っておけばよかったです。特にヨーロッパとか羨ましいです。


[230]>229 卒業旅行に出雲大社 iijiman

卒業旅行で、私の友人は「崩壊したばかりのベルリンの壁」に行きました。というと歳がバレましょうか。

ちなみに私(当時奈良在住)は、友人(京都在住)と2人で、青春18切符で城崎温泉と出雲大社に行ってきました。山陰本線のディーゼルカーに揺られて、ごとごとと。

何かの待ち時間に、宍道湖の湖畔でぼーっとしながら、しじみ漁の船を眺めたのを覚えています。しじみ漁って面白いんですよ、眺めていると。カゴの付いた竿を湖に入れて、船をぐるぐる回すと、カゴにしじみが入っているのです。うーん、文章で書くと分かりにくいですね。動画があればよいのですが。


[231]新築祝いに果樹を贈る YuzuPON

従兄が念願のマイホームを建て、引っ越すことになりました。うちでも何かお祝いをしようということになったのですが、従兄というとわが家で対応する世代の者は私になりますので、父の意向で私が祝いの品を考えることになりました。

最初は何を贈ったらよいか全く見当が付かなかったのですが、そうだ、果樹を贈ろうと思い立ちました。果樹なら花の季節には美しく庭を彩り、葉は緑化に貢献し、実の季節には収穫が楽しめます。さらにその楽しみが次の世代までも続いていくことはとても縁起がよく、きっと喜んでもらえると思いました。

問題は何の木を贈るかですが、こればかりは植える場所に左右されますから、何が贈られるかわからないサプライズを楽しんでもらうのはあきらめて、植える場所の広さや土壌の質、日当たりや水はけなどを考慮しながら、従兄と相談して決めることにしました。建築途中の現地を見に行き、あれこれ相談した結果、花の楽しみを重視して梅がほしいというので、梅の苗木を贈ることに決定しました。

品種は二種類。白加賀と花香実です。なぜ二本かというと、理由は二つ。一つはお祝いの贈り物なので紅梅と白梅の組み合わせで紅白にしたかったということ。もう一つは、梅が自家受粉しにくい果樹だからです。花だけでなく実を楽しむには、異なる株を隣接して植えて受粉を促してやる必要があります。

梅には花の観賞に向く花梅と果実の利用に適した実梅がありますが、白加賀は大きめの花が美しく実も豊産性で、両方楽しむのにぴったりです。花の色は名の通り白、実は果肉が厚いので、梅干はもちろん、梅酒にとても向いています。安定した結実で育てやすいのですが、花粉が少なく他の木に頼る必要があります。

そこでパートナーとして花香実の出番です。ガラスの仮面の紅天女が出てくるような鮮やかな紅梅ではありませんが、淡い紅色の美しい八重咲きの花を咲かせます。花の時期が比較的長く、おまけに花粉が多いので、これを受粉用にすることにしました。もちろんこれもいい実を付ける種類ですから、実ればたっぷり梅干しや梅酒作りが楽しめます。

どちらも樹勢が強く耐寒性もあり、また根の張り方や育った後の木の大きさなども似ているので、並べて育てるのにちょうどいいかと思い、この二種類に決めました。新築直後に苗木を携えて植えに行き、無事根付いて私の新築祝いは完了しました。

梅は実を付けるまでに最低4?5年はかかります。引っ越しの翌年、従兄の家に赤ちゃんが生まれましたので、その子が幼稚園になるころに、最初の実が楽しめることになるはずです。子供の成長と共に、だんだん本格的な収穫が楽しめるようになるでしょう。

今までにも何度かイエの記念樹の話題が語られましたが、いつか私も独立して新居を構えたら、木の贈り物がほしいと思います。庭がない家の方には鉢植えでもいいと思いますが、“エコ・ルポ”でLady_Cinnamonさんが紹介されていた「エコロギフト」もいいですね。

http://q.hatena.ne.jp/1219380594/181880/

環境貢献にお祝いの気持ちを込めて贈る緑のプレゼントが、もっと広まることを願っています。


[232]>225 たしかに人生は旅かもしれませんね YuzuPON

昨日から今日へ、今日から明日へと進んで行く私たちは、すごいタイムトラベラーであるとも考えられますね。まだ誰も見たことのない明日に向かって行く私たちは、世界一壮大な旅をしている旅行者であり冒険家です。

また自分探しの旅などという言葉もありますが、明日に旅していく私たちはまさに明日の自分を探しに行く旅人と言えそうです。旅なら楽しまなければ損ですね。私もこの人生という旅を、たっぷり楽しんでいきたいと思います。


[233]>218 駅弁の載っている時刻表 xnissy

書店に行くと時刻表は何種類も売っていますが、どこの駅でどんな駅弁が売っているかが紹介されている「JR時刻表」を選びます。途中下車して駅弁を買い、汽車の中で食べるのも旅の楽しみの一つです。


[234]>145 18きっぷで帰省 xnissy

学生時代はよく青春18きっぷを使って京都から宮崎まで帰省していました。まだムーンライト九州に自由席があった頃です。寝ていたら九州に着くのはいいのですが、その後が接続が悪く、宮崎に着くのは夕方でした。大分・別府で3時間待ちだったので、途中下車して温泉に入るのが楽しみでした。駅から歩いてすぐの温泉が100円なんですよ。特急だとなかなか途中下車しようとは思いませんので、鈍行ならではですね。

今年、久しぶりに18きっぷを使ったのですが、使い切らないうちにどこかで落としてしまいました(泣)。


[235]>228 同じく t-saitou

私もそうでした。車酔いって辛いですよね。でも自分で車を運転するようになってからは、それほどでもなくなりました。


[236]>200 私も好きです fumie15

空港で飛行機を飛び立つのを見るのも好きです。

エコノミーしか乗ったときありませんが、いつかファーストクラスに乗ってみたいです。

でもファーストクラスは100万円とか聞くので、いつか宝くじを当てて乗ってみたいです。

どんな座り心地なのでしょうか?

経験者の方教えてください。


[237]日本各地 音源・音楽の旅 momokuri3

私は旅が大好きですが、自由な遠出のチャンスは限られてしまいます。そこでオーディオ好きの私としては、まず土地独特の「音」を収集し、それを聞いて旅情に浸る心の旅をすることから始めています。収集した音の場所にいつ行けるかはわかりませんが、音でイメージを膨らませていった場所には、実際に訪れた場所と同じくらいの愛着が湧いていきます。「音」のコレクションが集まるごとに、いつか足を運びたい地が増えるとともに、第二のふるさとのように慕える地も増えていきます。

収集する音のソースですが、まずNHKラジオの「音の風景」という5分間番組が欠かせません。これは音だけで綴る紀行スポット番組で、地味な番組かもしれませんが、録音技術に定評のあるNHKのエンジニアが腕を振るったすばらしい音源の数々が惜しげもなく投入される、オーディオ好きには聞き逃すことの出来ない番組です。主にFMでエアチェックしてコレクションしています。

http://www.nhk.or.jp/otono-fukei/

続いての狙い目は、マニアの作った鉄道の音CDです。鉄道趣味の中の大きなジャンルに鉄道写真がありますが、それと同じくらい、昔から音によるコレクションも盛んなのです。それが今はCDに焼かれて、たくさん出回っています。そういうのの中からめぼしい物を見つけてコレクションに加えていきます。もちろんメジャーなレーベルからも色々な鉄道の音CDが出ていますからそういうのもコレクションに加えますが、個人の自主製作は対象が幅広くマニアックで、市販品ではぜったいにカバーしてくれないようなレアな場所の音や珍しい音を拾ってくれているのが魅力です。ネットで検索すると、それは様々な自主製作CDが見つかります。

あとはやはり音楽ですね。民謡、邦楽です。市販のCDには、地元に長く伝わる伝統の音楽とはちょっと違った、録音用に作られた物が多いですが、丹念に探していくと実際に現地に行って地元の人の歌や演奏を録音した、民俗学的にも大変価値の高い音源を見つけることもできます。NHKが総力を挙げて現地取材してまとめた「日本民謡大観」という全集が、付属の解説書も含めて、内容、ボリュームともにすばらしいものですが、今はもう生産されていないようでなかなか手に入らず、また手に入っても大変高価なので、まだほんの一部しか揃っていません。いつかこれを全巻揃えることが、旅マニアの都道府県全制覇とか全国鉄道路線完乗といった目標と同じようになっています。

こうして集めた音源を、ソファに腰掛けてゆっくりと味わいます。ロック用に作った大型のホーンシステムのスピーカーはこうした音源でも臨場感に溢れ、まるで現地の音の真っ直中にいるかのような錯覚さえ与えてくれます。じっと目をつぶって聴き入っていると、旅情満点の夜や週末が過ごせます。


[238]「旅の恥はかき捨て」ではない! atomatom

タイのバンコクに年下の友人と2人で旅行して来ました。

海外で出会う日本人はどうしてああまで下品なのでしょう。

ホテルの食堂では、大声でわい談をしています。

観光スポットでは撮影禁止の看板が出ているのにもかかわらず「自分1人くらいいいだろう」という気持ちからか、パシャパシャ撮ったり。そうそう、行きの飛行機のトイレでタバコを吸って、機内アナウンスで「やめてください」と注意された人もいました(これは日本人かどうかはわからないけれど)。

国内、海外を問わず、気の合った仲間と旅行をするんだからテンションが上がって、気持ちが大きくなるのもわかります。

けれど、その土地その土地にはそこで日々の暮らしを営んでいる人や、他の旅行者もいるんですから最低限のマナー、いや、普段、自分の町にいるときよりも丁寧で慎み深い心がけで旅を楽しみたいものです。

ぼくは何度も旅しているうちに、旅先で合うダメな日本人たちに失望や怒りを通り越し、「ああいうものなんだから近寄らないようにしよう、腹が立つので彼らの会話を聞かないようにしよう」と心を閉ざしていました。

今回、一緒に旅行した友人は海外は初めてだったのでそういう「免疫」がなく、いちいち立腹していました。彼の感受性のほうがずっと正しく健康で、自分の感受性は磨り減って死にかけていました。

年を取るっていうのは、心が鈍くなっていくことなのかなあと反省しました。

友人の腹を立てる姿に今回、学ぶことが出来てよかったです。


[239]コーヒーの上に美しい模様を描き出すラテ・アート Fuel

ラテ・アート、あるいはコーヒーアートなどと呼ばれるコーヒーの楽しみをご存じでしょうか。百聞は一見にしかず。まずはこちらをご覧ください。

http://www.delonghi.co.jp/style/barista/index.html

http://heikousekai.seesaa.net/article/26658782.html

すごいでしょう。こういったアーティスティックなコーヒーは、バリスタ(barista・別名バールマン)、つまりバール(Bar・イタリアなど南欧における軽食喫茶店のこと)のカウンターに立つ専門家の手によって淹れられてきたものです。

大変難しい技ですが、素人でも真似事くらいはできます。とりあえずエスプレッソが淹れられれば、そこにほどよく泡立てたミルクを注ぐ時に模様作りを意識していくことで、簡単なハートマークくらいは作れます。

前掲のURLのキキの絵のような物を描いてみたい場合は、チョコレートシロップを使います。シロップはサラリとしている物が向いていますので、定番と言えるハーシーのチョコレートシロップなどがお勧めできると思います。これは滑らかで使いやすいシロップです。

http://www.hersheyjapan.com/products_m.html

道具は前掲の動画などを参考にしながら、お手持ちの物を色々活用してみてください。

なお、真のラテ・アートとは、模様を描くことが目的ではなく、基本に忠実に香り高くおいしいコーヒーを淹れ、そこに上質のミルクを最適な割合で注いでいくことが第一義であり、その限定された条件の中で模様を描いていくところに技があるとされています。

それでもスチームドミルクとフォームドミルクの使い分けなどで様々な風合いが描き出せて、その奥の深さの一端に触れることができます。

ラテ・アートは世界中の専門家たちによって腕前が競われる競技会があるほどの本格的なもので、素人の挑戦は本当のお遊びに過ぎませんが、でもイエで飲むコーヒーを美しく装うのは本当に楽しいですから、ぜひ皆さんも挑戦してみてください。


[240]>60 たまに外で飲みに行ったり azaburecipes

普段のお夕食は家で食べることが多いのですが、たまに外で食べに行ったりして、夜のお散歩も楽しんだりします。夫が一緒でないと怖くて歩けませんが、西麻布、六本木と不思議な夜の街を眺めて歩いたりするとちょっと不思議な気分になります。同じ通りでも、その日の天気や曜日によって人の流れが変わるので、何度行っても新鮮で驚きがいっぱいです。いろいろな表情のある街並みは不思議です。


[241]>232 あゞ人生に涙あり t-saitou

水戸黄門のオープニングでも観ながら、これからの人生を楽しんでいきましょう。

http://www.youtube.com/watch?v=DdGg4BUeHkQ&feature=related


[242]>241 人生の旅の道連れ atomatom

旅はどういう道連れと歩くかによって大きく影響されますね。

人生という旅においてもまた。

立ち止まり、休み、また朝日と友に歩き始める。

どうぞよい旅を。ボン・ボヤージュ。


[243]>236 ファーストクラス atomatom

乗ったことありません。数時間で100万円とか使うよりも、数時間、エコノミー席で我慢すれば100万円節約できる、って考えてしまいますよ。

ビジネスクラスには1度だけ乗ったことありますけど、価格の違いほどの快適さがあったかどうか。もちろん主観的な問題だと思いますが。


[244]>98 デジタルの世の中で t-saitou

最後はやっぱりアナログのお守りですね。要は気の持ちようって事かな。


[245]>243 ビジネスにアップグレード kq49

日本発の時にエコノミーからビジネスにアップしてくれることが割とあります。

日本行きの時はまったくそういうことはありません。

ファーストクラスは経験ありませんがビジネスとエコノミーは雲泥の差がありますね。でも自腹を切ってビジネスにしたい程では無いというのが現実です。


[246]>235 私も kq49

辛かったですね。

最近ではだいぶましになりましたけどジェットコースターなどの遊園地の遊具に乗ると酔います。

自分で運転している分には大丈夫なんですけどね。


[247]>231 ながく息ずく素敵な贈り物だと思います。 canorps

オリーブの木も異なる品種を植えないと受粉しないというのを知っていましたが

梅もそうなんですね。

そういえば梅とオリーブって少し見た目が似ているかも?

従兄さんの赤ちゃんはその梅の育っていく様を見て大きくなるのですね。

家とともに成長しその子がいつか、その梅で梅干や梅酒なんてつくるようになるかもしれませんね。


[248]>73 自然の力を模様に現す momokuri3

これは私もやったことがありますが、磁力という目に見えない力が砂鉄の模様として描き出される面白さ、不思議さのとりこになりますね。そもそも磁石という存在が不思議です。あの引き付ける力の元は何なのかと考えただけで、もうそれは壮大な宇宙の謎を考えるのと同じこと。ぼんやり考えるだけでもすごいロマンですし、真面目に勉強していけば量子力学や物性物理学や熱力学にまでも行き着いてしまいます。

でも、そんな理論理屈とは関係なく、ごく自然に、本当に自然の力として、磁力というのは存在しているのですよね。そして子供が砂場で集めたような砂鉄を介して、その姿を私たちの目に見える模様にして現してくれます。こんな不思議が当たり前の現象として存在するこの世界は、考えようによっては、魔法だらけのファンタジー世界よりすごい世界かもしれません。

磁力の不思議、自然界の不思議に思いを馳せながら磁石の描いていく模様を眺めていくと、色んな意味で感動しますね。他にも自然が見せてくれる様々な模様や造形があると思いますが、磁石が見せてくれる模様は、その不思議さの点で格別の物があると思います。子供さんと一緒に楽しんでみる場合、ただの遊びとしてやるだけでなく、自然への憧れが膨らむような予備知識と演出でやっていくと、とても心に残る記憶になっていくのではないかと思います。


[249]>104 緻密で美しい和の紋様ですね momokuri3

型紙作りは私も紀行番組か何かのビデオで見たことがありますが、緻密な作業ですね。驚くほど小さな模様を鋭い小刀で鮮やかに切っていく様子は、これぞ刀で発展してきた日本の刃物の見せる技と感嘆した憶えがあります。

言われ紋の縁起物の柄は、福を呼ぶ模様が、たとえて言えばちょうどホームページの壁紙素材のように、連続模様で繰り返し配置されていくところがいいですね。後から後から福がやってくる、福が尽きないっていう感じが、じつにおめでたいと思います。

検索してあちこち見てみたら、江戸時代からの伝統の技法を伝える工房が、今も20個所くらい残っているみたいですね。これはもう激減しているといっていい数なのだろうと思いますが、それでも20個所も頑張っていてくれるのはうれしいことです。伝統の職人の技を今に伝える現代の江戸小紋を、いつまでも守り、そして発展させていきたい物だと思いました。


[250]>168 温かな心を伝える模様 momokuri3

アラン模様は手編みのフィッシャーマンセーターで有名なアイルランドのアラン諸島に由来する模様のことだと思いますが、ケーブル、ダイヤモンド、生命の木、ハニカム、バスケットなどのそれぞれの模様に、ケーブルなら命綱、生命の木なら家の安全や繁栄といった祈りが込められているのだそうですね。また目が重なって立体的になる編み方は、きっと寒い海で働く漁師たちに少しでも温かい服をとの願いが込められているのではないかと思います。

そういう模様が編み物だけにとどまらず様々な所に広がっていくのは、もしかすると心を込めて手編みされてきた心が伝わってきて、知らず知らずのうちに共感の思いを呼び起こすからなのかもしれませんね。


[251]>173 あの模様にはそんな秘密が momokuri3

模様がバリアになって、悪い物の侵入を食い止めるんですね。それを女性は刺繍や裁縫で、男性は木彫りでそれぞれに贈り合う習慣がとてもいいですね。

調べてみるとやはり模様のひとつひとつに色々意味が込められているようで、そういうのもとても興味深く感じました。

昨日はバレンタインでしたが、相手の身を案じつつ心を込めて手作りしていくこういう伝統の贈り物には、現代日本のチョコよりもパワーがありそうですね。


[252]>177 すばらしい手作りのお祝い品 momokuri3

なんとこれはすばらしい心のこもったお祝いですね。先日のいわしでも絵本の読み聞かせのツリーが盛り上がりましたが、この絵本は手作りの思いと、親子の時間と、そしてあえて文字を入れず読み手に自由なストーリーを作ってもらうところから生まれる親子それぞれの創作の楽しみや成長をも詰め合わせにしたプレゼントと言えると思います。

この絵本は子供さんの心にいつまでも残っていくことでしょうし、この絵本で過ごしていく親子の愛情溢れる時間の記憶が、どれだけその子の人格形成に寄与していくか計り知れないと思います。形式だけのお祝い品にはない、本当に子供さんの成長を祝うにふさわしい品だと思います。今はまだ製作途中なのでしょうか。いい作品に仕上がりますよう、陰ながら応援しています。


[253]>245 ファーストクラス jane

通常は、仕事などで利用することが多いのでビジネスなのですが・・・海外挙式&ハネムーンの時だけ、「ファーストクラス」に乗ってみました。お料理の味が格段に違いましたし、シートがベッドのような寝心地で、ビジネスとは段違いでした!(笑)


[254]>239 六本木ヒルズ近くに jane

世界一になった「日本人バリスタ」のカフェがありますよね! お店は狭いですが、味は群を抜いている(イタリアよりおいしい!笑)ので・・・よく行きます^^


[255]>246 車はだいじょうぶなのですが・・・ jane

船が×です。海釣りがしたくて何度もトライしたのに、あれは・・・酔い止めが効きません。。。。。。。号泣


[256]>216 私も! jane

TomCatさん、いつもタメになる情報ありがとうございます!(って、ココに書いたらイエハテナさんに怒られちゃうかな?!苦笑)


[257]>207 いちご狩り&御殿場アウトレット jane

が、私のお勧めです!!!

上記の他にも、静岡の名所を廻るので・・・一日で「3日間分」の満足感があります★(お弁当も付いてきます!) 集合時間が7時台なのが難点なのですが(笑)、運転免許を持っていない女の子同士には、とっても良いと思います^^


[258]>252 手作りのリングピロー jane

2年前、南欧で「挙式」をしたのですが・・・そのアレンジをしてくださった方が、日本を出発する前に『リングピロー』をくださったんです。

そのリングピローは、その方のおばあ様がお作りになられたもので、アレンジしたカップルには必ずプレゼントなさっているそうです。おばあ様にはお会いする機会はありませんでしたが、とても温かい気持ちになりました。とても感謝していますし、そのリングピローは、いまや我が家の家宝です!


[259]>244 ブタちゃんのお守り jane

数年前から「ブタちゃん」グッズを集めるようになりました。それからは、結婚したり、良い出会いがあったり、と良いことがたくさん続いています!

来月、ペットとして、「ミニブタ」を飼うことになっています!(笑)


[260]>197 私も七宝で家紋を焼きました momokuri3

実は私の家にはなんと、七宝を焼く炉があるのです。小さな電気炉なのですが、中古を見つけて買ってしまいました。それで私も家紋を作ったんです。真鍮板をエッチングして家紋の模様を浮き立たせ、へこんだところに七宝の釉を流し込んで焼き上げました。あらためてわが家の家紋を眺めてみると、これを自分も受け継いでいくという感動が湧き上がってきました。

私は、家を継ぐ、家系を継ぐということにはあまりこだわりたくありませんが、ご先祖様への感謝の思いや、姓や家紋といった伝統は、やはり絶やしたくないという思いがあります。少子化時代を迎えて今までの常識で考えると「家系断絶」を迎えてしまう家が多くなると思いますが、何か新しい方法でイエの伝統を受け継いで後世に伝えていく方法を考えていきたいですね。一人一人が家紋を何かの形に焼いたり掘ったり描いたりして、それを後世の人に託していくような方法は注目できるかもしれません。


[261]>249 彫刻を施した上に漆で仕上げる工芸品 jane

数年前、祖母の形見の『鎌倉彫』を譲り受けました!

実際に、鎌倉で同じようなものを見たら、相当値が張るんですね。祖母が長年使っていた物を、いま私が使っているのは・・・とても不思議な気持ちです。個人的に思い入れのあるものであることと、しっかりとした作りなので、これからも一生大切に使い続けていきます。


[262]>242 ヨーロッパ旅行中に・・・ jane

偶然、東西ドイツが統一された翌年にドイツに訪れました。

まだ旧東ドイツは食糧不足で酷い状態でしたが、壁の取り壊し作業をしている方に「ピース(一片)でもいいから、いただけませんか?」と尋ねてみたところ、20cm四方くらいの大きさの物をくださったので、記念に持ち帰りました。

アメリカに帰国後、そのことを友達に話したら、「ちょうだい、ちょうだい」と言われたので、ちぎって渡していたら・・・今では、手のひらに乗るくらいの大きさになってしまいました。。。。。。号泣 “壁をちぎって”とは変な表現と思われるかもしれませんが、実際のベルリンの壁は、私が想像していたものとは全く違い、遥かにモロイものでした。

現在、その壁は、リビングボードの前に置いているので、毎日眺めて暮らしています。ドイツの歴史をずっと見てきた「壁」が、海を越えてアメリカに渡り、そしていまの私の家(東京)にあるのは、本当に不思議な気持ちがします。下方にします!


[263]>260 縄文土器 jane

ちょっと話がそれますが、学生時代、母校の土地から「縄文土器」が発掘されました。そのお陰(せい?)で、仮校舎で勉強するハメになり、当時は友達と文句ばかり言っていましたが・・・卒業後に、「縄文土器のレプリカ」が送られてきました。

それがなんとも素晴らしい形なのです!(笑) 我が家の立派なインテリアとして君臨しています。母校の先生方、その節は、文句ばかり言ってすみませんでした。。。(苦笑)


[264]>206 駅を見る楽しみと計画を立てる楽しみ momokuri3

私も鉄道は大好きですが、一度もホームに降り立ったことがない駅が結構あることに気付きました!通過しているだけでは、その駅を知ったことにはなりませんね。私も各駅“降車”の旅にぜひ挑戦してみたいと思います。電車の本数が多い路線はいいとして、1時間に2本くらいしかないローカル線の場合は上り下りをうまく混ぜて、A駅から一つ飛ばしてC駅に行き、C駅から一つ戻ってB駅、B駅から次はE駅まで行ってしまい、そこからD駅に戻って散策する、なんていうジグザグコースも考える必要がありそうですね。フリーキップなどの乗り放題キップなら、そういうやり方も合法だと思います。時刻表とにらめっこしながらそういう計画も立てられたら面白いでしょうね。


[265]>227 子供が作る手作りプレゼント momokuri3

別のツリーに、雛祭りのお祝いに手作り絵本を作っているという方の書き込みがありましたが、子供さんが子供さんのために作るお誕生祝いも心温まるいいお話ですね。

折り紙や絵、そしてどんぐりの袋。どんなことを考えながらそれを作っていたんだろうと考えると、その心が何にもまさる宝ですね。お祝いやプレゼントってお金じゃないんですね。どんな高価な品物よりも尊い輝きが、そういう贈り物にはあると思います。そういう贈り物を手に出来る人は幸せですね。


[266]>234 18切符 juic

若い頃はこれで一人旅をしました。

いまは時間がないですが、またやってみたい気はします。でもあの頃の精神力はもうないかな・・・


[267]>247 すばらしい贈り物です momokuri3

お祝いとしての形も、植物を育てるためのノウハウも、全てに渡って奥深く考察された、すばらしいお祝いですね。相手を心から祝福する心と、植物に対する深い知識と経験がなかったら、ここまでの計画はできないと思います。というか、梅に関する全く初耳の知識が満載の書き込みでした。

その従兄さんのお子さんは、これからずっとその梅の木と一緒に育っていくんですね。紅白の梅に見守られながら、そして梅も子供に見守られながら育って、そしてお子さんが色々な実りを積み重ねていくころ、梅の木もたくさんの実を付けるようになっていく。イエの幸せここにありですね。

ところで日本の梅には中国原産説と日本原産地説があり、まだどちらが正しいのかわからないそうですが、中国原産説は8世紀半ばに渡来したという説ですから、遣唐使が行き来していた時代に渡来したものが記録に残っていないはずはなく、そういう確証がいまだに得られていないなら、その説は違うという感じがします。つまり私は、梅在来種説をとるわけです。日本古来の果樹を増やすことは、緑豊かな環境を作るためにもとても大切だと思います。私も、従兄さんのお家の隆盛と、お子さんと二本の梅の木の健やかな成長をお祈りしています。


[268]>194 けんかにさえならなければ powdersnow

寄り道や、迷って偶然辿り着いたりする場所があったり、面白かったりしますからね。

もめ事の原因にさえならなければ、それもありかとおもいます。


[269]>268 ナビついてません。。 atomatom

うちの車にはナビ付いていません。かなりの方向音痴なのですが、車に乗る機会も少ないし、なんかナビ購入が延び延びになっています。どうもね、運転しながらナビ画面を見るのが、忙しいような先入観もあります。

でも、付けたら便利なんだろうなとは思います。

だって、ぼくの車に乗る人は常に地図と首っ引きで人力ナビする必要がありますから。


[270]>265 誕生日のお祝い atomatom

誕生日のお祝いって結構、最近の風習ですよね。

昔の日本では正月に1つ歳を取ることになっていましたから、誕生日を祝う習慣が今ほどはっきりはなかったように想像します。

きっとキリスト教からの習慣でしょうね。

ところで毎度おなじみのタイでの話しですが、タイでは今でも誕生日を祝う習慣があんまりなくって、そもそも自分の誕生日をちゃんとは知らない人もいるようです。

ただ、誕生した日が何曜日だったか、これは占いに必要な情報なのでしっかり把握しているんです。

誕生日を公的な書類に記入する必要があるときなどには、自分のカード式身分証明証で確認してから記入する人が居るんですよ。


[271]>165 見えてこなかった・・ nakki1342

視力回復の絵。

何度か見たことありますが

自分の見方が下手だったのかな・・

正直ヘンな模様のままばかりで形が浮かんだ事はなかった記憶が

あります

悔しかったなあ・・(涙)

それらの絵は、tibitoraさんが言うように目の周りの筋肉を

やわらかくして結果的に視力回復を狙ったものだと思います


[272]>271 視力回復の絵 koume-1124

何度かチャレンジしましたが、なかなか見えなかった記憶があります・・・

想像力がたりないのかどうなのか;


[273]>255 酔い止め koume-1124

私も薬はかかせません!

大人になってから大丈夫になったろ思いましたが先日、飛行機に酔ってしまい。散々な目にあってしまいました・・・


[274]>273 車酔い twillco

山道なんかだとすぐ酔ってしまうので、毎回旅行のお供でした。車で本が読める子が本当にうらやましかった〜!


[275]>233 駅弁 twillco

いいですよね〜!気軽にご当地名物が食べられるので、結構買って食べちゃいます!

新幹線の楽しみの一つです。


[276]>61 一人旅って TomCat

マイペースで行けるだけに、かえって道連れが欲しくなりませんか? 列車で隣り合った人とおしゃべりしたくてたまらなくなったり。それと同じ人恋しさが働いて、おみやげにも力が入ったりするんですよね。

一人になりたくて旅に出たのに、かえって人の温もりに触れて帰ってくる。そういうのがまた一人旅の醍醐味かもしれません。


[277]>105 一日乗車券は買い物にもいいですよね TomCat

一日乗車券ならスーパーだけでなくエスニック専門店なんかも回れますよね。大規模小売店舗と専門店は立地が違うので、あちこち回れる一日乗車券がすごく便利です。

都バスは路線が偏っているのでちょっと使い勝手が悪いですが、でも線路を走る電車と違って、歩行者の見る景色と近い風景を眺めながら走っていけるバスには、独特の良さがあるなあと思います。降りずに眺めているだけでも楽しいバスの循環コースもいいですよね。


[278]>237 こういうバーチャル旅行は素晴らしい!! TomCat

音と音楽で、地域の暮らしを知る、文化を知る「心の旅」なんですね。雑誌やパンフレットやホームページなどの写真から入っていくのとはまた異なったアプローチで、見知らぬ地に思いを馳せていくことが出来ますね。

「音の風景」は、私も時々聞いています。といってもそれを目的に聞くのではなく、なんとなく聞いているといつの間にか流れている、という感じなのですが・・・・。

言われてみると本当にいい番組だなあ、もっと注目して聞かないともったいないな、CDとかにまとまっていないのかなと探してみたら、ありました、ありました。「NHK CD 音の風景100選」。

http://shop.nhk-sc.or.jp/shop/g/g020500003/

しかしやたら高いですね。「日本民謡大観」にしてもそうですが、公共放送の外郭団体が製作する品は、もっと国民の手に入りやすい価格帯で企画してほしいなあと思ったりして・・・・。ま、売れ筋を度外視して文化的に価値の高い物を企画してくれる姿勢は素晴らしいですけど。

おっと、話が逸れました。こういう音を通じた心の旅には、リアルな音を再現してくれる良質なオーディオシステムも欠かせませんね。いい加減なアンプやスピーカーでは、ただ音が聞こえてくると言うだけで、その空気までは伝わってきません。

旅はちょっと贅沢をすればあっという間に大変なお金が飛んでいきますから、旅に出たつもりで、その分のお金を音の旅を楽しむシステムに投資する、なんていうのもいいかもしれませんね。私もそういう音の旅に適したシステムを考えてみたくなりました。


[279]>257 路線バスの旅も楽しいですよ TomCat

観光地でも何でもない所を走る路線バスですが、地方に行くと、ちょっとしたバスツアーよりも風光明媚な所を回ってくれたりします。観光化という名の手垢が付いていない、見たことも聞いたこともない景色が満喫できて、最長乗っても片道500?600円くらい。これは楽しいです。

朝から出発して、あちこちのバス停で降りてみるツアーも楽しいです。途中、バス停からバス停まで歩いたりもするんです。すごいですよ、過疎の集落を結ぶバスなんか、バス停とバス停の間はもう信じられない山道です。やっと人家が見えてくるとバス停が近い証拠です。そんなバス路線を巡る旅は本当に楽しいです。

お弁当は、屋根付きのバス停で食べます。東京では見ることのない小屋のあるバス停。地方には多いですよね。地元の人が壁に一輪挿しを飾って、花を生けてくれてたりするのがまた心温まります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ