人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

10人未満の会社は、特例を出すと、地方税は半年に1回の納付でしょうか。

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:会社 半年 地方税
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● taka27a
●35ポイント

http://www.city.kainan.wakayama.jp/icity/browser?ActionCode=cont...

なお、従業員が常時10人未満の事業者には、申請により年12回の納期を年2回とする制度もあります(納期の特例の承認)。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


2 ● yazuya
●35ポイント ベストアンサー

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000002900/hpg000002881...

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000003100/noutoku-shi...

給与の支払いを受ける人が常時10人未満であれば特例の承認を受けることにより特別徴収税額の納付が、毎月1回から半年に1回でよくなります。


http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO226.html

(特別徴収税額の納期の特例)

第三百二十一条の五の二 第三百二十一条の四の特別徴収義務者は、その事務所、事業所その他これらに準ずるもので給与の支払事務を取り扱うもの(給与の支払を受ける者が常時十人未満であるものに限る。以下本条において「事務所等」という。)につき、当該特別徴収に係る納入金を納入すべき市町村の長の承認を受けた場合には、六月から十一月まで及び十二月から翌年五月までの各期間(当該各期間のうちその承認を受けた日の属する期間については、その日の属する月から当該期間の最終月までの期間)に当該事務所等において支払つた給与について前条第一項の規定により徴収した特別徴収税額を、同項の規定にかかわらず、当該各期間に属する最終月の翌月十日までに当該市町村に納入することができる。前条第二項ただし書の規定により徴収した特別徴収税額についても、同様とする。

2 前項の承認の取消し、当該取消しがあつた場合の納期の特例その他特別徴収税額の納期の特例に関し必要な事項は、政令で定める。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● lovelykuma
●10ポイント

源泉所得税の納期の特例ですね

半年に1回

7/10と1/10にまとめて納付でよくなります。

また、延納も可能になり、1月は1/20までに納付すればいいという申請もできます。

この税金の中には、税理士や労務士に払う費用の源泉も含めることが可能です。

もし、会社でおさめているなら、です。既にその分を引いて請求が来ている場合は、税理士などの方で支払をしていますので関係ありません。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ