人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

制作会社で、
営業マンがクリエイターに技術的な質問をする風土だと、
クリエイターの手が、都度、止まってしまい、納期に遅れたりします。

逆に、時間を決め、質問タイムを作るなどすると、
上手く循環するように見えますが、お客様からの質問に迅速に答えられなかったりします。

何かいいアイディアはありますか?


●質問者: caster777
●カテゴリ:ビジネス・経営 ウェブ制作
✍キーワード:お客様 アイディア クリエイター タイム 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● taka27a
●34ポイント ベストアンサー

メーカーのいわゆる「技術営業職」がそれを円滑にこなす役割といえます。クリエーター、営業、両方の要素を持つ人を育てるか、密なコミュニケーションを構築するのが良いと考えます。

◎質問者からの返答

技術営業職。

なるほど、大手にはいますもんね。

専門職を育てるのも手ですね。


2 ● 大蘇 蓮風
●11ポイント

クリエイターというかデザインや技術の分かる者が、先方へ同行したほうが良いでしょう。

◎質問者からの返答

それは、もっともなんですが、

プロジェクトがある程度進んでいるときに、細かい内容で毎回行くのも。。。


3 ● rinqoo
●11ポイント

細かい内容ほど、営業経由で伝えるのはリスクがあると思います。

クリエイターが先方へ同行もしくは、電話・メール等でクライアントと

直接やりとりをするのが良いと思います。

◎質問者からの返答

クライアントと連絡取っちゃうのが手っ取り早いのですが、

気軽に連絡されると、作業時間圧縮されてしまうのが

新たな問題として上がってしまうのです。


4 ● ふぢ
●35ポイント

営業マンがクリエイターに聞く質問にはいろいろとバリエーションがあると思いますが、複数の営業マンがクリエイターに対して同じような質問をしているようなケースってないでしょうか。

もし、FAQのようなものが作っておいて、営業マンがFAQを見て回答が見つからなければ、クリエイターに聞いて、もし、普遍性がありそうなQ&Aだったら、FAQに追加する…といった仕組みができれば、営業マンや顧客に依存した質問はともかくとしても、営業マンで共通するような質問は回数を減らせるような気がします。

ただ、営業マンもクリエイターも、FAQのメンテナンスにはさほどインセンティブを感じないような気がしますので、この仕組みをうまく回すことは難しいかもしれません(…実際に、ウチの会社でもFAQを作ろうかと思ってはいるんですが、挫折中です…)

ご参考まで。

◎質問者からの返答

FAQ!

なるほど、はてななどと同じような社内システム作るのも良いアイディアです。

ありがとうございます。


5 ● chinya
●9ポイント

営業マンのハンドリングの問題と思います。

うまくクリエイターの良さを引き出し、納期にきっちり納めてこその営業マンと思いますので。

もし、あなたがクリエイターであれば、営業マンの指示を受け流したりする度量が必要です。

要するにお互いを知る、ということで飲みに行って、喧嘩すればいいのだと思います。

◎質問者からの返答

そうそう、それでしょっちゅう喧嘩するんです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ