人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1) 脳の髄鞘化という現象は、とくにヒトだけに起きる現象なのでしょうか。
2) 脳の髄鞘化とヒトの晩成性の間に関係性はありますか。

(参考)
「大脳」は喜怒哀楽など感情を司る「辺縁系」、精神作用(理性、知性)を司る「大脳新皮質」に分けることが出来ます。
大脳の体積の大部分を占める左右脳半球は、豆腐に例えられるように、白い「髄鞘」と呼ばれる神経のネットワークで、その表面の数ミリを「大脳新皮質」と言い、ここが人間だけが持つ精神活動を行なう部分である。
http://homepage3.nifty.com/jissyoudou/18page.html


●質問者: ShinRai
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:けが なう ネットワーク ミリ 人間
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● idetky
●23ポイント

まず、リンク先のインチキ臭い内容は突っ込みどころ満載なのですが、それはおいておいて。。

まず髄鞘というのは、神経細胞内で情報のやり取りを素早く行うため(そのメカニズムは、説明するのがめんどくさいので、どこかのサイトを見てください)、神経細胞の細胞体から長く伸びた「足」の部分を取り巻く「鞘(神経細胞の足を刀とみなすと、それを収める鞘の部分)」の事で、グリア細胞という細胞の一種がその形を作っています。

ので、正しい用語で「髄鞘化という現象は、とくにヒトだけに起きる現象か」という質問に答えると、「いええ」です。動物でも存在します。

また「 脳の髄鞘化とヒトの晩成性の間の関係性」はありません。

http://yahoo.co.jp

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

では、チンパンジーとヒトで、同じようなことが起きていると考えてよろしいのでしょうか。


2 ● lqdf
●23ポイント

質問文で参考挙げられた文章は、よく理解していない人が書いた感じですね。

聞きかじったことを適当に組み合わせて書いただけ、という印象があります。


基本的に脊椎動物の神経は髄鞘を持つと、中学か高校で習った記憶があります。

神経細胞の長い枝の部分を電気信号が伝って行く時に髄鞘があると、

髄鞘がない場合よりも信号が早く伝わります。

(詳しくはWikipediaの髄鞘の項で十分だと思います。)


■髄鞘とその意義についてはこのあたりを参照してみてください↓


http://jp.encarta.msn.com/encnet/refpages/RefArticle.aspx?refid=...

http://pharmac.med.yokohama-cu.ac.jp/for%20gakusei/09for%20gakus...

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/seibutsu/archive/resume025.html


髄鞘が生後に形成されるのは私は知りませんでした。

そうだったんですね!(・ ・ )

ちなみに、自分はこの辺を参考にしました。

http://web.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/anatomy/anatomy15-2.html

http://medicalfinder.jp/ejournal/2425100223.html




■質問の答え


1) 脳の髄鞘化という現象は、とくにヒトだけに起きる現象なのでしょうか。


上に挙げたリンク先でも書かれてあるように、ヒトに限らず、

脊椎動物は神経細胞の軸索部分(神経線維)に髄鞘を持ちます。

(それから、余談ですが、「脳の髄鞘化」という表現は違和感があります。)

(通じるとは思いますが、「神経の髄鞘化」くらいが妥当でしょう。)


2) 脳の髄鞘化とヒトの晩成性の間に関係性はありますか。


ヒトは生後数ヶ月ほどかけて髄鞘化が起こる(神経系が成熟するということですね)

そうですが、そのタイミングや速度が他の脊椎動物と比較して遅いということであれば、

脳の髄鞘化とヒトの晩成性(他の動物と比べて)の間に関係性はある・・と思いますが、

チンパンジーの髄鞘形成がいつ起こるのかは調べられませんでした。


答えではありませんが、これは面白いのではないかと思います↓

(http://web.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/macaca/area.html)

ヒトの大脳皮質で(サルより)発達が顕著な部位は、髄鞘の形成が遅いそうです。

(脳の原始的な部分から先に成熟するということを示す?)

◎質問者からの返答

ヒトの生後の髄鞘形成が、ヒトのヒトたる機能を形成しているという可能性があるのでしょうか。

おもしろいHPをご紹介いただきありがとうございました。

髄鞘の形成時期や部位以外に、ヒトの脳の中枢神経が他の動物と違うところってあるのでしょうか


3 ● lqdf
●34ポイント

>ヒトの生後の髄鞘形成が、ヒトのヒトたる機能を形成しているという可能性があるのでしょうか。


髄鞘の形成が遅い部分がヒトのヒトたる機能を担う部分である、という意味なら、その可能性はあると思います。


(髄鞘形成が「遅いこと」がヒトの特殊性に寄与する、という考えだとこれは全然別の話で、それはないだろうなぁと私は思います。)


>ヒトの脳の中枢神経が他の動物と違うところ


大脳新皮質と呼ばれる部分が特に発達しているとはよく言われます。

私もよく知らなかったので、参考になりそうなものを探してみました。


http://www.nagaitosiya.com/a/intellect.html

(ShinRaiさんが興味を持たれているのに近い話題だと思います。)


http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/brain/brain/40/index-40.html

(やはり髄鞘の話は、こんな風に解釈されるようです。引用↓)


このように、感覚野と運動野の間にある大脳皮質は、個体発生的にも系統発生的にも新しく、動物が進化するに従って拡大していることから、高次の脳機能を担っていると考えられています。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%84%B3%E7%9A%AE%E8%B3%A...

http://www.oak.dti.ne.jp/~xkana/psycho/intro/intro_39/index.html

(具体的な構造について。もう一個コメント欄に書いときます。)

(脳の部位はBrodmannの分類とEconomoの分類というのがあるんですね。)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

髄鞘化のほかに、軸索がどことどこを結び付けているのかということも調べてみる必要がありそうですね。

大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ