人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

全ての方にお尋ねします。
以前より、看護師の人材不足が取り沙汰されていますが、
この問題を検討するにあたり、いわゆる看護学校が特に
努力すべきことは何だと思いますか?


●質問者: KKI-Ma
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:人材 努力 学校 検討 看護
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 34/34件

▽最新の回答へ

[1]元看護師の人に、ブランクの間に実用化された技術を教える chuken_kenkou

結婚、出産などを契機に退職した看護師が、何年かのブランクの後に現場に復帰しようとした場合、ブランクの間に実用化された新しい技術や器具の修得が、かなり大変とのことでした。

そういった方々に、教育する機会があればいいのでは?

自動車学校で行われている、ペーパードライバー教習のような感じですね。


[2]一騎当千を狙う発想はどうでしょうか? whitecat

一騎当千を狙うと言いますか、一人一人の資質、経験値、対応力、幅広い知識を今以上に何倍も上げることで、一人の看護師さんが何人分もの仕事をこなせる様に教育する事を

考える事も必要ではないでしょうか?

数だけ増やすと言うような、旧日本軍がやって大失敗した「逐次投入」と言う愚行を繰り返すことだけは避けなくてはいけないと思っています。

しかし、大本の厚生労働省の官僚そのものの発想が昔のままである以上、現場が改革していく意識を持つ必要性があるように思います。


[3]卒業生の再就職先の斡旋 Sauna_wear

看護学校では新卒の方の就職相談をされていると思いますが、OBの再就職の紹介もされてみてはいかがでしょう?

(正式雇用だけでなく、短期や長期のアルバイトのようなものもあった方が良いとおもいます)

おつきあいのある医院でも新卒の方だけでなく経験のあるベテランの方の紹介は喜ばれると思います。

また、同じ学校を卒業したということであれば看護師さん同士でも連帯感が生まれやすいでしょうし

ベテランの方が新人さんへのフォローもしやすいのではないかと。

OBの方の再就職の際に先の方がおっしゃられているような再研修をいれるのも

勤務先の病院にも再就職される方にも喜ばれると思います。


私事ですが、叔母が看護師をしています。65歳になりますが未だ現職です。

女性がこんなに高齢でも高い給与をいただける職業ってそうそう無いと思うのです。(だいたい年金もらえる年だし)

65歳にして銀座のおねーさんのような時給をいただいています。区で予防接種などの仕事もあるようです。


また、看護学校生にもこのような実例を具体的に教えて、長く勤められる職業であるという意識を強化できるような

授業をされたらよいかとおもいます。(現時点での平均給与とか、年齢が上がった場合の給与平均とかその後の資格とか)

いつでも戻ってこれるような環境を知識として、職を斡旋するという2つのところでサポートされれば

より長期雇用化を実現できるのではないでしょうか?←個人的にはものすごくうらやましいです。

再就職サポートがある学校なら学生さんも集まりやすいし学校としては売りになると思います。


[4]>3 しっかりとした条件の、がほしいですね powdersnow

勤務時間、報酬など、無理なく長く続けられる条件の就職先の斡旋がよいかと思います。


[5]看護学校よりも医療現場の改善を y-kawaz

所詮学校は通過点でしかないですから、その先に良い未来が待っていると思えれば増えると思います。


[6]男性看護師の増加 SALINGER

最近では男性看護師も珍しくなくなりましたが、就職難の時代もっと男性看護師を積極的に募集する姿勢があってもいいと思います。

看護学校も半数を目標に増やす努力をしてみたらどうでしょうか。


[7]登録センター saru7

全国の看護学校の学生さん(卒業生も含めて)を一括して管理する部署を作って、

そこに、希望条件も含めて登録し、適所に派遣するのはどうでしょうか?

あとは、即戦力となる人材の育成ですかね・・・

難しい問題ですよね。


[8]学費の補助 laome

があると少し敷居が低くなるかな


[9]就職先 laome

を確実に補償できると良いかもしれません


[10]なによりも sakaelu

人材不足に焦って人材の質を下げないこと。


[11]ペーパー試験だけじゃ駄目! to-ching

学業はそこそこで良いのです、面接を初めとし、人と人の接し方、物事の対処のしかた、マニュアルに依存しない行動。さらに絶対大切なものは人を好きか?そのことに尽きますね。さらに感性これは持って生まれたものですから仕方ない・・・。

要は、患者さんがいつもの様子と違うとすぐ気が付くこと、(血圧が低いとか物理的な視野に限らない)これだけでも良いです。最近の若い人これが欠如しています。


[12]勤務条件の改善 chinya

二交代制や三交代制など聞きますが、勤務条件の改善でしょう。

命を預かる仕事でミスできないのですから。


[13]>10 そのために lqdf

教育体制の質を下げないこと。


[14]職業意識の向上 offkey

人材を増やすにはその職業の魅力をまわりに知らしめることがいいのではないかと考えます。

その考えから看護学校の役割を見た場合、これは学業を通して徹底的に看護師になるということへのプロ意識を高めることが大切ではないでしょうか。

若い学生ならば社会人としてのふるまいを教えることもそうですし、実際に働いているOBの人から話を聞いたりして、具体的な仕事内容や職業としての気構えを知らせてあげることなど、いろいろあると思います。

あとは、働きやすいように看護師の職場環境に関してもサポートできるのであれば、簡単にリタイアする人も少しは減るのではないでしょうか。


[15]>9 同意 lqdf

学校と人材を必要とする現場との繋がりをしっかりすることでしょうか


[16]>13 人材の質 laome

これだけは下げてはいけないですね


[17]育児休暇後の復帰体勢 laome

これを整えてあげましょう


[18]>12 いえてますね。 nekomanbo56

条件が好転しない限り、そのままだと思います。


[19]楽しさを見せる oz8

看護の人材が不足しているのは確か。しかし、不足しているから看護士になろうと言うのも面白くない。そこで、看護の楽しさにフォーカスし、ブログのように実況中継する。それをみて、楽しそうと思う人が増えたら、看護士になりたいと思える人が増える。

また、看護士の仕事は少々、ハードすぎる。病院にもよると思うが、私の友人でも病棟看護の大変さを聞いた。命を預かるから、半端では無理だというのももちろんだし、そうでなければいけないと思うが、看護する人を助ける人みたいな人(ボランティア?)みたいな人も必要な気がする。そういう人をいかに受け入れ、育成するか。善意をいかにスムースに流すかにかかっている。善意をもつ人はたくさんいる。力になりたい人、時間の都合のつく限り、できることをしたいという人は必ずいる。

それが現場に届かないのは、受け取り手の準備不足。(受け入れが大変なこともなんとなくわかる)

あとは、単純に人材不足。海外から受け入れてはどうか。既にフィリピンあたりから受け入れをしているとニュースで知ったが、もっと積極的に受け入れるべき。日本語教育と、日本での看護を、現地よりも高い賃金で雇うことは、その国の人にとっても喜ばれる。


[20]他の看護学校とも、全面協力して、真の政治力を付けて、保険点数の大改正などを行い現在の医師に負けない給与水準を確保する。 miraa

他の看護学校と足の引っ張り合いをしている場合ではありません。


[21]>1 教える事。 nakki1342

個人的には、看護学校ができることはこれだと思います

給料とかその他の環境整備とかは、行政との連携が

必要ですぐには、出来ないんじゃないかなあ・・と

何となくですが思うんです

でもブランクのある看護士への再教育は

それらに比べてやりやすいかと

場所と時間をうまく学校が考えればね。

他と話し合いは、する必要性はないと思います


[22]>18 大事ですね powdersnow

長く勤められる環境を整えるべきです。


[23]>16 命を預かる仕事ですから powdersnow

何の仕事でも、軽いものはないとも思いますが、専門職として誇りを持てる環境作りをしてもらいたい。


[24]>22 確かに。 meizhizi87

年齢が進むと体力的にもつらくなると思うので、夜勤を続けるのは大変だと思います。


[25]看護師ひつような事は prime7

なによりも技術です。病院の経営としては、人材確保・育成です。しかし、看護学校に期待することといえば、技術が最優先であると考えます。やさしく、たのしく、ていねいであるけど、うまく注射ができない看護士と、ぶっきらぼうですがすごく注射が上手な看護士がいたら、どちらを選びますか?なんだかんだ言っても、看護学校には、技術水準を優先していただきたい!


[26]>24 具体的に laome

どう替えていくべきでしょう?


[27]>7 登録センター kinnoji7

適材適所に派遣されることがいいですね。


[28]>6 男性看護師に同意 kinnoji7

男性看護師の雇用をもっと増やしてほしいです。


[29]>28 雇用面よりも養成面が問題なのではないかな? miharaseihyou

男性看護師は看護学校への男性の入学が少なくては増えない。

中学校の進路担当へのPRを強めるとか、コマーシャルに工夫を凝らすなど、改善すべき部分が多いのではないのだろうか?

それでなくても少子化でタマが減っている。

入学前の男性へのアプローチ、人材確保の努力が足りないと思う。


[30]看護師さんは聖職です! fusakogane

いわゆる「救急車のたらい回し」問題など社会的に病院への不信感が高まっています。そして無責任な医師による医療過誤や隠ぺい問題、医療裁判を避けるための悪質な偽装工作など・・連日のように数々の暗い話題がマスコミによって報道され、医療全体が不信感を抱かれているのではないでしょうか? さらに看護師さんの勤務時間や待遇面にも、他の方が書かれているように多くの改良点があるのでしょう・・・ こんな状況で看護師さんを志望する学生さんとその親族が、安心して看護師さんを理想の職業と認められるでしょうか? 今までも看護学校としてさまざまな改善はしていると信じています。今後も全力で社会にそして医師会全体に早急な問題の改善を、積極的に働きかけていってください! そして看護師志望者さんは、看護師さんの将来に、まだまださまざまな不安があるかも知れませんが、「看護師は人間の命に関わる聖職なんだ!」と自信と自負を持って看護学校を受験して欲しいと思います。 看護学校や看護大学の今後の改善と努力で、看護師さんの志望者がきっと増えてゆくと信じています。


[31]確実に職につなげる BUNchen

入学して、辞める・看護士にならない人がどれほどいるかはわかりませんが、せっかく勉強したのであれば、確実に職につなげるように、職場の斡旋だとか、してあげられればいいんじゃないでしょうか?

でも。

基本的にはもっと待遇よくしてあげていいと思うんですが。

命を救う手助けをしてくれる人たちに、ボーっとして寝てる政治家の給料削って、分けちゃいたいですね。

机上の論理?っていうんですか。

口だけうまけりゃいいのか!見たいな人より、医療関係でほんとに仕事してくれている方々に、高い給料を支払うほうがどれだけ!どれだけいい国になるか。


[32]現実を ma-chan-ben2

現場に出ても辞めたいと思わないくらいの体験をさせておくべき。

3Kですぐ辞める人が多い。

すぐといわなくても結婚・出産などで若い人ほど辞める機会が多い。

卒業後も復帰のためのサポートができる集まりがあるといいのでは。

ブランクがあってもその分短期間でも実習的なことができるとか。


[33]>21 復職コースをつくる I11

自動車学校にもペーパードライバー用の再訓練コースがあったりしますよね。

そういう復職のための技術訓練がシステム化され、気軽に利用できたら、元ナースの復職はもっとすすむと思う。

ガンバレ元ナース!


[34]>26 ワークシェアリング? miharaseihyou

責任ある仕事だし、専門知識が必要な場面も多いが、それらが無くても勤務可能な体制で交代制を効率的に運用する・・・ぐらいかな?

マイク付きのモニターカメラ(安くなってきた事だし)を多用して専門スタッフが常駐しなくても良いような制度面と現場の改革を進めるなどかな?

あるいはカメラ操作だけでも仕込んだバイト君を使える体制にするとか。

ただ、法改正まで必要になるような気がする。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ