人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「便利左官」とはなんですか? 「便利左官のような暮らしをしていては駄目だ」という文章が井伏鱒二の「夜ふけと梅の花」にありました


●質問者: neyorawa
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:井伏鱒二 左官 暮らし
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 03
●35ポイント

http://www.city.osaka.jp/sumiyoshi/outline/carta01/carta02.html

ここの「へ」の行にある、便利大工とほぼ同じです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● でじゃぶ?
●35ポイント

左官屋は元々は壁塗りを職業とする人でしたが、

それだけでは仕事量が少なく生活が遣り繰り出来ないため、

他の仕事(解体、土木など)も請け負っている左官屋を便利左官と称しているのだと思います。


「夜ふけと梅の花」を読んだことはありませんが、

「便利左官のような暮らしをしていては駄目だ」と謂うのはおそらく、

「自分が誇りを持ってやってる仕事の稼ぎが悪いからといって、他の仕事を請け負うなんてことをしては駄目だ」

ということではないでしょうか。


【左官 - Yahoo!辞書】

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%B7%A6%E5%AE%98&dt...

◎質問者からの返答

参考になります。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ