人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

カード会社8社より500万、売却に出して約1年の所有マンションも売れず(残債2250万)、仕事も相手先が縮小体制となり八方ふさがりとなり自己破産を覚悟しています。

本などで勉強し、近く弁護士事務所の門を叩く予定です。

現在、最後の財産である生命保険を解約すると200万ほど戻し金があります。
通常自己破産した場合は、それは借財の補填に使われるものです。

上記借財の他に国民健康保険、市民税などを約200万滞納しているため、自己破産の手続きをする前に、健康保険、税金関係に100万程度の返済と、自己破産に必要な弁護士費用と、当面の生活費に100万残そうと考えています。

上に書いた内容と行為は、カード会社に対しての詐欺行為となるでしょうか?

●質問者: zannpano
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:カード マンション 会社 健康保険 勉強
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● hijk05
●20ポイント

■破産費用

http://www.yebh3.net/image/jikohiyou/index.html

■税金、健康保険は自己破産しても免責されません

http://www.jikohasan.biz/cat9/

■自己破産前のキャッシング

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2609819.html

詐欺行為になるし、下手すると免責されない可能性が・・。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● pahoo
●19ポイント

騙す意図がなければ詐欺には当たりません。

ただ、道義的には、マンションを任意売却し、健康保険・税金よりも先に借金返済に充てるべきではないかと思います。というのは、国/自治体は待ってくれる(自己破産しても健康保険・税金は免責対象にならない)からです。


具体的な段取りは、弁護士の方にご相談下さい。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● blueberry77
●41ポイント ベストアンサー

詐欺にはなりませんよ。

まず、税金の支払が先決ですので、200万の確保ができるのなら、

それが税金の支払にあてられます。

どんな場合にでも税金が一番最初です。

あ、その前に自分の最低限の生活費用が確保されます。これはご自分で決めるものではありません。

http://www.shozui.com/i/b_2_24.html

http://www.shozui.com/business/liquidation/kijun.html

http://www.adire.jp/tajyu_faq_jikohasan.html

この3番目の方はテレビでも有名です。多重債務者などにすごく権力があり、かなり力に乗ってくれます。この説明ページが一番わかりやすいとおもいます。

生命保険も200万と高額ですので、確実に解約となります。

20万以下の財産は所有可能ですが、書かれているとおり、家も売却ローンの返済に充てられます。

その次に税金、次に弁護士費用、次に債権者となります。

自己破産前のキャッシングは詐欺と回答がありますが、

質問者様は、カード会社に既に500万あるということでしょうし

問題はありません。

意図的に、今から借りたとすれば問題になります。

◎質問者からの返答

こういう回答が欲しかったです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ