人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「比推定の誤差評価の方法」について、2変数関数 のテーラー近似(1次まで)を使う方法、
これが紹介されている、英語圏のWEBを教えていただけないでしょうか?

●質問者: kojiro_i619
●カテゴリ:ウェブ制作 科学・統計資料
✍キーワード:Web 変数 英語圏 関数
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kinnoji7
●0ポイント

http://tochi.mlit.go.jp/kihon/h10_kihon/setai/s_howto/setai_howt...


2 ● たかし
●40ポイント

デルタ法です。

delta method

例えば

http://www.math.umt.edu/patterson/549/Delta.pdf

◎質問者からの返答

大変、ありがとうございます。

本の名称、著者、本の出版社を教えていただけませんでしょうか?


3 ● たかし
●40ポイント

delta methodとか"ratio estimator" varianceとかをキーワードにしてGoogleで検索すると色々情報が出てきますが。

例えばこんなもの

http://www.biomedcentral.com/1471-2288/5/32

そういえば、Fiellerの定理を使って信頼区間を構成する方法もあった。


デルタ法は数理統計の本に出ています。他にもきっとありますが、Googleで見つけたのはこれ。

asin:0387953825

MATHEMATICAL STATISTICS

著者: JUN AUTOR SHAO

出版社: Springer, 2003


まずは適当なキーワードを用いてGoogleなどで検索することを勧めます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ