人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

良回答には500ポイント以上差し上げます。
GPLについて質問です。
WordPressを使って、クライアント企業のサイト構築をしようと思っています。

この際、若干のカスタマイズが必要になりそうなのですが、カスタマイズした場合はGPLに基づいて、ソースを公開しなければならないのでしょうか?(もちろんクライアントさんからすれば、ソースの公開などしたくないのは当然ですし、私としてもセキュリティ等の観点から公開したくありません)

以下のそれぞれの場合において、GPLのソース公開義務が適用されるかどうか教えてください。

(1)テーマ(外観)をカスタマイズ、自作した場合
(2)プラグイン 〃
(3)管理画面や記事投稿画面などのカスタマイズ
(4)その他、必要があればWordPressスクリプト本体の中のどこかのソースをいじる


また、私のような状況と同じ境遇のWeb制作業者さんたちは、この辺をどのようにクリアしているのでしょうか? 世の中にはCMSカスタマイズを請け負っている会社がたくさんありますが、彼らはすべてカスタマイズしたソースを公開しているのでしょうか? 実績などを見る限りソース公開していないように見えます。

●質問者: REMsuimin
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:CMS GPL Web wordpress カスタマイズ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● しろっくす
●500ポイント ベストアンサー

GPLとは

GPLで保護された著作物の修正や、GPLで保護されたコードを新しい著作物で使うとき、必ずしもソースコードの公開を要求しているわけではない。この要求は、 新しいプロジェクトが第三者に「頒布される」ときだけに発生する。結果としてのソフトウェアが、修正者に使われるだけなら、ソースコードの公開は要求されない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/GNU_General_Public_License

となっています。

そして、頒布とは

人に配ること。不特定に対して配るときに使い、対称を限定するときは「配布」とする。販売とは別の概念で、有償かどうかにかかわらない行為。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%D2%C9%DB

とありますので、

REMsuiminさんの状況だと(商用でも)使ってOK(ソース公開もしなくてよし!)ということになると思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

そういえば「頒布」というのがキーポイントでしたね。

自分でも昔調べたことがあったのに、すっかり忘れておりました・・・。


2 ● lipper
●500ポイント

(1)?(4)すべてに共通した回答になりますが、

GPLでソースの公開が必要になるのは、再領布を行うだけ場合です。


http://www.gnu.org/licenses/gpl-faq.ja.html#GPLRequireSourcePost...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

助かりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ