人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

エンタープライズ(企業)で、クラウド環境を構築する時期は、いつごろがいいですかね?
今、Google・Amazon・IBM などは、巨大なクラウド環境をインターネットに構築して、「クラウドは利用するもの」と
主張し、展開しているが、HP・NECなどは、インフラ技術として導入して欲しいような動きをしています。
エンタープライズ(企業)のコアビジネスは、自社資産環境の上で稼動し、非採算な部分はクラウドへ移行していく。
「自社資産環境」を一番損しないタイミングでクラウド化したいですよね。


●質問者: bowseven
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:Amazon Google Hp IBM NEC
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● motsura
●35ポイント

今すぐにでも構築すべきだと思いますよ。

クローズアップ現代で随分前に、顧客データベースをクラウドにしたおかげで業績を伸ばした釘屋さんが紹介されていました。

そこの釘屋の若旦那がネット依存症気味になってたのが気になりましたけど……

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku2008/0810-3.html

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

ずいぶん進んだ釘屋さんですね。中小企業から裾野が広がると、クラウド推進の大きなちからになりますね。

参考になりました。


2 ● esecua
●35ポイント

私も同意見。ただ今すぐとは行かないと思います。

まだまだ新しい分野です。一般に定着していない為、導入コストも高く、今すぐにそれに見合った結果を出すとも言えません。やはり様子見ではないでしょうか。

SaaSやASPも大きなビジネスとしてフォーカスされ初め、IT企業だけではなく商事会社(特に伊藤忠)などもクラウドプロバイダーとして参入し始めています。

しかし未だ、未開発な部分な為、サービスの安定性や信頼性、セキュリティなど企業導入には未だ間大きな課題があります。ただWindowsのOSが2つ変わる頃にはクラウドコンピューティングが当たり前の時代なるのではないでしょうか。

http://jp.sun.com/

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

そうですよね。今までのIT業界を見ていると、様子を見たほうがよさそうですよね。

ただ、今回のクラウド・SaaS/PaaS/Xaas etcは、ITのエンタープライズ市場に他市場(コンシューマ)のGoogleなどが

参戦し、日本の遅れているIT業界に風穴が空くこと確実と見ています。

IT業界の弱者が淘汰されるのは致し方ないとしても、あの時 気づいておけば・やっておけば良かった

と感じたまま、淘汰されるのは、納得いかないですよね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ