人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小売業の売価還元法で粗利を計算しています。
売変が現在年間1億あり、年間5000万削減したとします。
削減した金額がそのまま経常利益になるか?また、削減した金額がそのまま粗利益になるか?
原価率70%とします。
どのように考えていけばいいでしょうか?

●質問者: bu77
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:小売業 現在 粗利益 経常利益 計算
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●35ポイント

売変による削減であれば、削減した金額がそのまま粗利益になって、そのまま経常利益に反映するのではないでしょうか。


売変を削減するだけであれば、販売費、一般管理費、営業外収益、営業外費用に変化は無いと思うので、経常利益と粗利益と同じになると思います。


2 ● koolmint135
●35ポイント

>売変が現在年間1億あり、年間5000万削減したとします。

意味がよくわかりませんが、売価変更の枠が1億ありそれを5000万削減したという意味なのでしょうか?

質問の意味を完全に理解はしてませんが、回答をしたいと思います。

予算上の数値

期首300 当期仕入1800 / 当期売上2500 期末商品売価500 =原価率70% (予定の売変は1000として)

実績

期首300 当期仕入1800 / 当期売上3000 期末商品売価500 =原価率60%

(売変を年間500削減する。→当期売上が予算より500増加し3000となる。実際の売変は500になる)

予算上 売上2500-売上原価1750=粗利益750

実績は、売上3000-売上原価1800=粗利益1200 になります。

売変200を削減することによって、450だけ粗利益と経常利益(営業利益も同じ)が増加する事になります。


結論?

まず売変の変更によって粗利益も経常利益も同額、変化します。

損益計算書の構造を理解できているなら当然の結論です。

結論?

期末商品売価が一定とした場合、売変の削減金額と

同額の粗利益や経常利益が削減されるわけではありません。

売変が削減→原価率が減少(値入率が増加)→期末商品原価の減少を通じて売上原価が増加→売上原価という費用が増加

→売上が増加 → →売上という収益が増加

上記450の利益の増加原因は2つ。

1期末商品売価×原価率の変化率(70%→60%の10%)→500×10%=費用が50増加

2売上の増加 =収益が500増加

=500-50=利益が450増加

という事ですがわかりますでしょうか。

基本的に売変を5000万削減すればその分、粗利益(経常利益も)は5000万増加しますが、

売上高の増加を通じて原価率が変化してしまうため、期末商品売価×変化した原価率の分だけ

費用が増加するので、「5000万-期末商品売価×変化した原価率」が、粗利益(経常利益)になります。

つたない説明ですがお役に立てれば幸いです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ