人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

GPLについて以前、以下のような質問をしました。
http://q.hatena.ne.jp/1235635551

いただいたご回答では「(不特定多数への)頒布でなければ、ソース公開の義務は無い」というものでした。
私もその通りだと思ったのですが、EC-CUBEのサイトに以下のような記述がありました。

http://www.ec-cube.net/download/index.php
> あなたが、ECサイト構築を委託されている制作・開発会社であれば、無償で複製、改変して、サービスとして納品することができます。もちろん、ご自由に対価を課することができます。
> ただし、この場合、提供するソフトウェアにも、GPLライセンスを適用する必要があります。

これを読む限り、「(不特定多数への)頒布」ではなく「(特定の相手のみへの)納品」の場合でもソースコードを公開せよ、さもなくばライセンスを買え、と言っているようです。

これは前述の質問にていただいた回答と矛盾する記述だと思うのですが、EC-CUBE側のGPL解釈が間違っているのでしょうか? もしそうだとしたら、EC-CUBEが主張するGPL解釈には従う必要はないのでしょうか?


●質問者: REMsuimin
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:EC-CUBE ECサイト GPL GPLライセンス あなた
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● JULY
●18ポイント

FSFはLindowsに尋ねました、「ソースはどこにある?」

もうちょっと、しっかりとしたソースを探したのですが、ちょっと見つからなかったので、とりあえず、上記ページでは、特定の相手への納品が「頒布」に該当するだろう、ということが書かれています。

このコメントの最後の方に、「もし、特定の相手への提供が頒布に当たらないとしたら」という考察が興味深いです。

◎質問者からの返答

そのページの内容を書かれた方は、「頒布」=「広く配布する」という意味では使っていないですね。そうなると、言葉の定義の仕方が主観的になってしまいますよね・・・。


2 ● pahoo
●17ポイント

EC-CUBEのライセンスについて」を確認しましたが、「『(特定の相手のみへの)納品』の場合でもソースコードを公開せよ、さもなくばライセンスを買え」とは読み取れませんでした。

私は単に「GPLにしたがえ」と書いてあると読んだのですが、REMsuiminさんは、どういう観点から、配布(特定の相手への納品)の場合でもソースコードを公開せよと読み取ったのでしょうか。


たしかに、「ライセンス選択フローチャート」の部分で、「配布の場合」かつ「ソースコードを公開したくない」場合に「商用ライセンスの購入が必要です」となっているので、この部分はGPLと矛盾するような気もします。ただ、「上記ケースで本当にGPLライセンスの規定に従っているかの判断は裁判所に委ねられます」とも記されているので、幅を持った解釈ができます。

EC-CUBE側としては、改変したプログラムをパッケージやダウンロード販売など、広く流通に乗せることを想定しているのではないでしょうか。


原則論になりますが、GPLの規定がどうあれ、オープンソースのバグに関するリスクを回避する観点から、改変ソースは公開する(ソースに関する責任を顧客側にヘッジする)方が良いと思います。

◎質問者からの返答

> ただし、この場合、提供するソフトウェアにも、GPLライセンスを適用する必要があります。

↑上記の一文により、「ソースコードを公開したくない(GPLを適用したくない)のならばライセンスを買え」と言っているように私は解釈しました。

ただGPLにおけるソースコードの公開云々の話というのは、基本的に最終形態はバイナリとしてコンパイルするのが前提の時代に考えられたルールという感じがします。ネットで使うスクリプトなどのように、コンパイルをせずにもともとソースコードが丸見えになっているソフトウェアにおいてはGPLの考え方は馴染まない気がしますが、その辺りはいかがでしょうか。



>オープンソースのバグに関するリスクを回避する観点から、改変ソースは公開する(ソースに関する責任を顧客側にヘッジする)方が良い

なるほど、それもそうですね。

ただ危惧するのは、改変ソースをまた再頒布された場合のセキュリティ上の問題とか、利益的な問題(せっかく苦労して改変したものを無料でバラまかれてしまう可能性等)もありますよね・・・。


3 ● y-kawaz
●17ポイント

プログラムの公開方法として一番事例が多く一番簡単なのが「誰でもダウンロード出来るようにする」なので、GPLに基づいてソース公開=ソースを誰でもダウンロード出来るようにすること、と勘違いされやすいですが正しくは「プログラム(実行ファイル)を持ってる人にソースを公開しなければならない」です。

なので質問のケースでは、納品先に改変したソースを公開する体制があれば良く、相変わらず第3者への公開義務はありません。

◎質問者からの返答

なるほど、そうなんですね。

ということは、たとえばPHPスクリプトのように、「納品」と「(クライアントへの)ソースコード公開」がほぼ同義(そもそもソースそのものを納品するから)の場合は、ライセンスを購入しなくても第三者に公開したりする義務はないんですね。

もちろんPHPでも、ソースを暗号化コンパイルなどした場合は「納品=ソースコード公開」とはならないでしょうけれども、では「難読化」の場合はどうなるんでしょう・・・グレーゾーンですかね?(^^;


4 ● lipper
●17ポイント

あくまでも、体裁をどう整えるか、という話と割り切ればいいんじゃないかと思います。


・顧客との契約形態を、「アプリケーションの開発・販売・配布」ではなく、「役務(サービス)

の提供」とする。

・サイトからのソースのダウンロードは、顧客からの指示によって、(以下は場合によって。

「顧客の会社内で」、「顧客のPCを使って」)行われる作業である。

・改変したソースの所有者は、顧客である。


「契約形態?」については、顧客との相互信頼関係が必要になる話ですので、顧客には、

それなりの事情説明(パッケージを必要とする背景、パッケージベンダの条件など)が

必要にはなりますが。


5 ● pahoo
●17ポイント

> ただし、この場合、提供するソフトウェアにも、GPLライセンスを適用する必要があります。

↑上記の一文により、「ソースコードを公開したくない(GPLを適用したくない)のならばライセンスを買え」と言っているように私は解釈しました。

なるほど。

しかし、ソースコードを公開するかどうかは GPL の解釈の仕方によります。GPL を読んで、不特定多数への「頒布」ではないのだからソースコード公開は不要という解釈も成り立ちますから(後述するようにグレーではありますが)、商用ライセンスを購入する必要はないでしょう。


ネットで使うスクリプトなどのように、コンパイルをせずにもともとソースコードが丸見えになっているソフトウェアにおいてはGPLの考え方は馴染まない気がしますが、その辺りはいかがでしょうか。

私は GNU 設立当初から、そのツール群のお世話になっている人間の一人です。

GPL の変遷を見ていると、たぶん、すべてのソースコードを百科事典のような人類の知的財産として共有したいという思いに基づいて記述されているのだと感じます。彼らは、改変を加えた部分にも新たな知的価値を与え、積極的に公開していって欲しいと願っているようです。

対象となるプログラムがバイナリであってもスクリプトであっても、基本的な思想は同じだと思います。


一方で、ソフトウェア開発ビジネスは知識/情報を独占することによって成り立っています。この意味で、GPL を開発ビジネスに導入するのは、とても勇気が要ることです。

法文の解釈は、グレーであればクロと見なした方がリスクが低いというのが王道ですので、あえてリスクを冒してまで GPL を利用するのは勇気が要ります。


もし私が EC-CUBE を利用しなければならない立場でしたら、迷わず商用ライセンスを購入するでしょう。

実際、私が仕事でオープンソースを利用する場合、商用ライセンスがあるものしか採用しません。GPLで仕事をしたことは、一度もありません。

もしGPLを採用して訴えられた場合――訴訟というのはどんなに小さいものでも数百万円オーダーの損失が出ますので、商用ライセンスを購入した方がリスクが低いと考えています。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ