人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

部下からすると、上司には部下の評価の仕事はきちんと部下の仕事を正確に把握して、公正に、手抜きをせずに評価をして欲しいと思います。
しかし、上司の立場からすると、部下の評価の仕事など雑用にすぎない仕事なんですか?適当に評価したところで構わないような仕事なのですか?

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:上司 適当
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● kinnoji7
●15ポイント

管理者の部下評価能力はトレーニングされているか

http://www.meinan.net/column/col_jinjiroumu/2009_01_05.htm


2 ● きあ
●15ポイント

評価って難しいですよね。

どんな仕事かわかりませんが、ほかの人より一歩進んでみてはいかがですか?

企画書を出すときに、その結果を踏まえた次の案もさらっと入れてみるとか。

分析結果を出すときに、改善点を添えてみるとか。

営業職のように結果として見る職種で無い場合はそのような形でアピールするのが一番です。

自然と上司のほうから相談するようになってきますよ。

「俺がんばってる」って言ってる人が、1番がんばってるわけじゃないってことを多々目にします。

仕事量や効率、勤務態度など、それぞれの面で上司に勝っていると思うのであれば上司のさらに上の人に直接言ったらいいですよ。

http://q.hatena.ne.jp/answer


3 ● hijk05
●15ポイント

上司の役に立つ部下は評価に値する。それ以外はごみ。

http://q.hatena.ne.jp/answer

学校の通知表のように割り当てがあって、5をつけれるのは1人しかできないとかになってるので

周りに優秀な人がいっぱいいる部署では、相対的に評価が下がってしまうという理不尽なことが起こります。


4 ● standard_one
●15ポイント

適当に評価する人はそんなに居ないと思いますよ。

適当なやり方が部下の反発を招かないワケがないですし、そういう反発がつもり積もれば、その上司のさらに上からの評価というものもありますから、長い目で見ればそういう人間は淘汰されていくはずです。

問題なのは評価軸です。

現場の人間は職人芸的に自分のアウトプットを評価して欲しくなるものだと思いますが、上司が評価するのが必ずしもそれであるとは限りません。

例えば会社にもたらす利益の大小かもしれませんし、仕事へのひたむきさかもしれませんし、取引先からの評価かも知れませんし、もしかしたらゴマスリのうまさかも知れません。

この評価軸のズレが「適当に評価されている感」につながるのではないでしょうか?

http://office.keikai.topblog.jp/blog/k/10013151.html

ストレス軽減のためにも上司が採用している評価基準について、考えてみて損はないのではないでしょうか。


5 ● taka27a
●15ポイント

本来であれば、部下の査定は非常に重要な業務であり、managementの一環であるはずですね。少々乱暴な表現ですが「あめとむち」をうまく使えないようなbossでは、誰も動きませんね。

http://www.etna.co.jp/jinji/koindex.html?gclid=CNScjKzhiJkCFZMwp...


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ