人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以下の記事を見ると
http://www.asahi.com/national/update/0304/TKY200903040170.html

たった2000万円献金で、100億円の仕事の受注を得たように見えますが。

たとえば、自分の貯金が仮に100万円だったとして、
それを誰か政治家に献金すると

- 何かいいことがあったりする可能性はあるのでしょうか?
- いいことがあるとすれば、それはどんなことですか?
- もし、献金するなら誰がいいでしょうか?また、それは何故ですか?

●質問者: amachang
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:政治家 献金 貯金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● YUI2007
●200ポイント

企業や団体が政治家に献金する目的の一つが、自分たちにとって有利有用となるような立法や法改正を求めるものがあります

例えば医療関係の法律であれば、医師会がそれに精通している政治家や政治団体などに献金するような話は珍しくはないですし一定のルールを守れば合法です

献金と賄賂は似て非なるものです、献金になるのか賄賂になるのかがポイントになってくるのではないでしょうか

◎質問者からの返答

さっそくの回答ありがとうございます。

企業や団体が政治家に献金する目的の一つが、自分たちにとって有利有用となるような立法や法改正を求めるもの

医師会がそれに精通している政治家や政治団体などに献金す

一定のルールを守れば合法

なるほど。企業や団体には献金のメリットはありますね。

では、個人の場合はいかがでしょうか?

個人でもメリットを受けられるようなパターンはあるでしょうか?

献金と賄賂は似て非なるものです、献金になるのか賄賂になるのか

では、政治家または政党に対する献金と賄賂の具体的、法的な違いは何でしょうか?

無知なもので教えていただけると嬉しいです。


2 ● YUI2007
●200ポイント

何回もごめんなさい

この日本に賄賂と政治献金の違いを完璧に理解し説明できる人間が何人いるかわからないくらい難しい問題だと思います

ただ、政治家個人に金渡せば賄賂になります

その他政治献金に関しては下記に示している事項以外にも厳密に法定されています、その全部を説明することは私にはできませんが大まかなことは下記をご覧になってみて下さい。


現在の日本では政治家個人への献金は原則として禁止されており、政治家に献金しようとする場合は、政治団体(一政治家が一つだけ指定できる資金管理団体や、政治家の後援会など)を通じて献金することになる。これは個人献金のみ可能であり、企業献金は企業の意を受けた政治家によって政府の施策が歪められる原因にもなるため、一切禁止されている

また政党へ献金する場合は、政党(本部および支部)へ直接献金する場合と政党が指定する政治資金団体へ献金する場合の2種類の方法がある。この献金は個人献金だけでなく企業献金も可能であるが、企業が、政治家が支部長を務める政党支部に対して献金するという方法を取れば、政治家が企業献金を受け取ることが可能になることから、企業献金の抜け穴であると批判されることもある。また、こうしたことから、無所属議員は政党支部がないため企業献金を受け取る方法として政治資金団体のみに制限され、政党に所属する議員と比較して資金力に格差があると言われている。

個人献金の場合もほとんど企業が絡んでいます、ただ個人名義で献金したほうが規制が緩いので・・・その辺に利点があると思います

他にも、地方の地主が自分の地元の政治化を応援する目的で献金する場合など

◎質問者からの返答

続けてのご回答ありがとうございます。

ただ、政治家個人に金渡せば賄賂になります

(略)

政治家に献金しようとする場合は、政治団体(一政治家が一つだけ指定できる資金管理団体や、政治家の後援会など)を通じて献金することになる。

事実上、政治家個人へ金を渡しても賄賂とはならない(方法が存在する)わけですね。

また政党へ献金する場合は、政党(本部および支部)へ直接献金する場合と政党が指定する政治資金団体へ献金する場合の2種類の方法がある。この献金は個人献金だけでなく企業献金も可能であるが、企業が、政治家が支部長を務める政党支部に対して献金するという方法を取れば、政治家が企業献金を受け取ることが可能になることから、企業献金の抜け穴であると批判されることもある。また、こうしたことから、無所属議員は政党支部がないため企業献金を受け取る方法として政治資金団体のみに制限され、政党に所属する議員と比較して資金力に格差があると言われている。

そして、事実上、政党を通せば企業も献金できるわけですね。

個人献金の場合もほとんど企業が絡んでいます、ただ個人名義で献金したほうが規制が緩いので・・・その辺に利点があると思います

他にも、地方の地主が自分の地元の政治化を応援する目的で献金する場合など

個人献金も企業の利害が絡んでることが多いのですね。

そこら辺は、非常に勉強になりました。ありがとうございます。


ところで、純粋な個人が献金によって利益を得るというパターンはあるんでしょうか。


3 ● mogya
●200ポイント

誰がいいのかはわからないのですけど、適当な議員さんに100万円渡して、

「ところでこのたび、日本ジャバスクリプト協会というのを作ろうと思っています。もしよかったら応援のメッセージをいただけませんか?」

といって名前を借りることに成功すると、なんだかとても公式っぽい団体を作ることが出来ます。

公式っぽい団体だと、そうでない団体よりイベント会場を貸してもらいやすかったり、参加をためらう人に対して「たぶん大丈夫だろ」と思わせる効果があります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

なるほど!具体的で分かりやすいです!

「信頼」をお金で買うということですね。


4 ● snow-bell
●200ポイント ベストアンサー

賄賂と政治献金の違いをについてまず説明させて下さいね

賄賂というのは金銭などを渡す見返りに自分に利益が出すという内容のものですよね?

政治献金というのは平たく言ってしまうなら「自分の政治的思想が近い政治家に渡す事でその政治家の政治活動を助ける」

という名目のものです

では何故政治献金が必要なのか?

それは自分の政治思想に近い相手を応援する事で理想の世界に近づくであろう事を期待して「献金」するのです

あくまでこれは表向きの名目であって実際はその思想に近づく目的なのか賄賂に近い性質のものなのかを

見分けるのは相当の困難だと思われます

という事で本題ですが

たとえば、自分の貯金が仮に100万円だったとして、
それを誰か政治家に献金すると

- 何かいいことがあったりする可能性はあるのでしょうか?
- いいことがあるとすれば、それはどんなことですか?
- もし、献金するなら誰がいいでしょうか?また、それは何故ですか? 

もし献金した場合政治家は誰でもいいのですが『いいこと』は自己満足くらいしか思いつかないです・・・

政治家のお名前をお借りするとかもありだとは思うんですけど

献金したので政治家の名前を貸したなどなった場合(個人の利益になると見られた場合)賄賂を疑われてしまうし

何か団体を発足する場合も同じだと思います

特定の個人や企業団体などにメリットが無いように政治資金規正法で縛られているので・・・

政治団体を立ち上げて名前を売るとかそういう事ならもしかしたらメリットがあるかもしれないですね

◎質問者からの返答

ありがとうございます。賄賂と政治献金の違いがよく分かりました。

翻って考えると、この質問的な思惑があって「政治献金」をした時点でそれは「賄賂」ということですね。

ということは、件の2000万円で100億円の受注を得たこと自体が「賄賂」であるということですね。

理解できました。


5 ● きあ
●200ポイント

メリットって部分ですが、個人ならこういう方法が一番ありえそうかと。

仲良くなった政治家から、今後役所が地上げしそうな土地を聞いて、あらかじめ買ってしまう。

道路とか公的施設とか。立退き料狙いです。

◎質問者からの返答

なるほど。

とりあえず、政治家と仲良くなるとおいしいので、そのための金っていうことですね。

ありがとうございます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ