人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「公債が値上がりしたのは、浜口(御幸)内閣として、金解禁の前提として非募債主義をとり、一般会計で発行打ち切り、特別会計では半減という方針をとることにしたためで」とありますが、「一般会計」「特別会計」の意味と、「半減」とはどういうことかを教えてください。素人むけでおねがいします。

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:一般会計 公債 内閣 打ち切り 浜口
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● mare_caldo
●35ポイント

一般会計」「特別会計」の意味


基本的・一般的な経費が処理されるのが「一般会計」で、ある一定の目的、用途(戦争や道路)に関する収入、支出を一般会計から区分して経理するのが「特別会計」です。

http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/tokkai1804/tokkai1804_1b.pdf


「半減」の意味


半分に減らす、この場合であれば、特別会計で発行されていた国債発行残高を半分に減らすということです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。もしおわかりになればでいいんですが、残高というのはたとえば券みたいな「モノ」ですか、それとも帳簿上での「数値」にすぎませんか? あと、その残高というのはどこにあるものですか。国が管理してる倉庫的な「ある場所」? 最後に、「発行されていた」という表現からするとすでに、たとえば国民に売られてしまっている印象を受けるんですが、手元にないものだと仮にすると、それを半減するのは物理的にどうするんでしょうか。いろいろすみません、おわかりであればよろしくお願いします。


2 ● mare_caldo
●35ポイント ベストアンサー

残高というのは、帳簿上の数値のことです。例えば、1年目に満期10年の国債を100発行し、2年目にも同じく満期10年の国債を100発行したとすると、2年目末における国債発行残高は200になるということです。


ただし、一方で国債の発行は当時は実際に紙としての債券を発行していた(現在は電子決済)と思いますから、上の例では、200分の国債券が国債を買った人たちの手元に存在していることになります。そういう意味ではモノでもあります。ただし、おっしゃるように国の手元にはなく、国債を買った人(銀行などの法人も含む)の手元にあります。


これを半減するには、償還するしかありません。つまり、満期が来たときには債券と引替えにお金を返す訳ですから、その満期が来るのを待ち債券を手にするか、あるいは市場から国債を買い戻して手にするかのいずれかになります。こうして手にした債券は、もう必要ない紙切れですから、燃やすなり、粉砕するなりして処理します。

ダミーurl http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ