人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

電気工作で電線2本をつなぐときどのようにすればいいのでしょうか。非常に細い線でできれば滑らかにつなぎたいと思っています。簡単なのが半田ですが、他の人がやったのを見たらアーク溶接のようでした。プロは線をつなぐときアーク溶接を使うのでしょうか?もっと簡単にできる方法はありますでしょうか?

●質問者: mai_mai_mail
●カテゴリ:家電・AV機器
✍キーワード:アーク プロ 半田 溶接 電気
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● bg5551
●23ポイント

半田でも上手くやればきれいに仕上がるようですよ。

写真つきで掲載されています。


http://masa-ya.jp/index.php?%BA%EE%B6%C8%C6%FE%CC%E7%BD%F1%2F%C5...


2 ● AND0
●23ポイント

アーク溶接のようにみえるのは、半田のノリが悪いのだと思います。

私も仕事でいろいろな半田ごてを使いますが、どのようなこてを使う場合でも、半田が流れるまで加熱する必要があります。

とりあえずひっついたからといってこてを外してしまうと、すぐにはずれてしまいます。

細い線なら、こてはどんなサイズでもかまいません。

また、空中で線どうしをつなぐ場合には、ラジオペンチなどであらかじめきれいにねじっておくと、つきやすくはずれにくくなります。


3 ● garyo
●22ポイント

半田付けのポイントは

1.金属面の汚れ(油・さび)を無くす

2.熱を与える時間を極力短くする

です。


1.は、導線の皮膜を剥いだら手早く作業をする。既に剥いてある場合は、紙やすりなどで表面のさびをおとすか、フラックスを使います。


2.は重要です。

半田は熱を与えるとさびます。さびた半田は決してくっつきません。

そのため、極力熱を与える時間を短くします。


a)まず、半田付けする導線を半田ごてで熱してすばやく半田をあて、半田でめっきします。

これを接続する2本の導線の両方に行います。これを「予備半田」といいます。

b)次に半田でめっきした2本の線をくっつけ、半田ごてで両方の線にすばやく熱を与えます。

c)くっついたら、半田ごてをはずし、息を吹きかけ温度を冷まします。

これで綺麗な半田付けができます。


4 ● ろい
●22ポイント

「細い」の細さが分からないのでコメントしづらいのですが、

細い線をアークで繋ぐメリットが余り思いつきません。


半田は「蝋付け」に分類されるので、力がかかる用途では不向きです。

細い線と言うことは力はかからないと思われるのでこの条件は問題ないと思います。


線を繋ぐときにアークでも出来ないことはないでしょうが、

アークは熱が発生するので、細い線では溶けるなどで細さが変わったり、切れたりしかねないので

余りメリットを思いつきません。

(ただし接着は強力です)


「滑らかに」は形状ですよね?形状なら半田でも結構キレイに出来ますよ。

AND0さんが書かれているようにあらかじめペンチなんかで形を作っておく方がいいですが。

形状ではなくて電気的な話(抵抗を減らしたい)のなら、高価なコネクタでやるという手もあります。

産業用のコネクタなんかでしっかりカシメると電気的には一番いいと思いますが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ