人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

荷重のかかった鋼材(正確には鋼材を部材とする支持架台)で、梁部のせん断力が753kgFで鋼材の許容せん断応力度1402kgF/cm2のときに必要な断面積と鋼材の断面積を比較して強度の検討をしようと思うのですが、その際、断面積A=(1.5(係数)×せん断力Q 753kgF)/1402kgF/cm2という式で断面積を出したのですが、ところで、この式でよいのかというところと、係数1.5は鋼材断面が長方形のときと聞いたのですが、正方形(たとえばH175×175とか)の場合もこの係数でよいのでしょうか?教えてください。

●質問者: Platini
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:検討 正方形 比較 荷重 長方形
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ