人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「」内の文は2ちゃんねるからの引用です。
私にはこの人の気持ちが良くわかります。
上手くいっている時の、気持ちのそわそわ感、落ち着かなさ。
逆に低空飛行の時や、ギャンブルに負けた時の安堵感のようなもの。

こういう心持ちが原因で、人生が上手くいきかけるとわざわざブレーキを踏んでしまう事も良くあります。
いったいこれはどういう心理状態なのでしょうか?
どうしたら矯正できるのでしょうか?

「ここ1、2年ほど今までの人生が嘘みたいに絶好調になり、金銭面も人間関係も上手くことが進みすぎてプラス思考になってしまった。でもそれによっての反動が怖い。早くマイナス思考に戻りたい。落ち着きたい。」


●質問者: redriver
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:ギャンブル ブレーキ プラス思考 マイナス思考 人生
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● winbd
●14ポイント

これは完全に「うつ病」の症状の断片です。

一般的にうつ病と言うと、何かショックなことがあったときに発症するものだと思われがちですが、実際には結婚や昇進など人生がうまくいっているときに不安が生じて発症することも多いのです。


矯正するのは難しいですが、「こういった症状はよくあること」だと認識していればかなり緩和することが出来ます。

http://www.utuban.net/patient/grounding/kakaru.html

◎質問者からの返答

なるほどそうかもしれません。

ただ知りたいのはその考え方なんです。

つまり「人生がうまくいっているときに不安が生じる」のはなぜなのか、

そういう人はどのような思考をしているのか、

を客観的に指摘していただければ、自分の思考を自己認識できるので、矯正も可能だと思います。


2 ● winbd
●14ポイント

理由はかなりいろいろなパターンが考えられますので一概には言えませんが、多くは「責任」を感じることにあるようです。


例えば、

・人間関係がうまくいくことで、周りからの信頼を維持するためのプレッシャー。

・昇進して周りから期待されることで、周りの期待に応えるための責任感。


その責任やプレッシャーが「失敗への恐れ」に繋がり、不安となり、回避したいと思うようになるのです。




それ以外だと、

「環境が変化したことへの漠然とした不安」

人間は未知の環境に放り込まれると本能的に不安を覚えるものです。


あとこれは少数ですが、

「満たされることで目指すものが無くなる」

生きる目標として何かを目指しているときはいいですが、それがすべて叶ってしまうと生きてることに価値を見いだせなくなってしまい、不安になってしまうというものです。

無趣味な人などに見られるケースです。

◎質問者からの返答

>「失敗への恐れ」に繋がり、不安となり、回避したいと思うようになるのです。

たぶんこれですね。

成功するという事は今よりも良い状態になるという事で、そこから落ちる余地、つまり失敗する土壌を生むと発想してるんですね。

逆に今が失敗している状態ならば、そこよりも落ちないという安心感・安定感があります。


3 ● サディア・ラボン
●14ポイント

人間は、生活が変わる事を恐れます。

ですが、自分に自身がある人は、あまりそれを恐れません。


無意識に罪の意識を持ってて、

自分の本当の目的を忘れている人は、

上手くいきそうな時に、何故かそこから逃げる確率が高いです。

それは変化を恐れると同時に、

無意識に、自分で勝手に自分を罪人として裁いているのが原因です。

◎質問者からの返答

ああそうかもしれない。

自己肯定感がない時期が長いと、無意識に罪の意識を持つようになるんでしょうね。


4 ● saru7
●14ポイント

絶好調なときほど、ふと不安になることはありますよね。

逆に、不調なときはまぁ落ち込んではいるものの、落ちるところまで落ちれば、後はあがるかな?

くらいに考えていたりもします。

絶好調なときでも、常にこの状態がいつまで続くかはわからない、と考え

不調に転じたときへの備えをしておけば、安心して絶好調の波に乗っていられるのではないか?

と考えます。

◎質問者からの返答

安全対策ですね。

当たり前の事なのに、考えてませんでした。


5 ● rsc
●14ポイント

不安の原因は、絶好調の状態を失うことへの恐れかも。

・禍福(かふく)は糾(あざな)える縄の如し

http://www.geocities.jp/kurogo965/kotowaza3/page32.html

矯正する必要はないと思います。多くの人が、絶好調のとき、調子に乗リ過ぎて失敗しています。むしろ、そういうことが自然に出来るのは、良いことかも。

・勝って兜の緒を締めよ

http://www.nihonjiten.com/data/308.html

普通の人にはこれがなかなか出来ないことです。

◎質問者からの返答

>不安の原因は、絶好調の状態を失うことへの恐れ


言い得てると思います。


>矯正する必要はないと思います。多くの人が、絶好調のとき、調子に乗リ過ぎて失敗しています。


私は絶好調の時が落ち着かないので、わざわざ破滅に向かって進むんですよ。

そしてその状態は周囲からは、調子に乗っているように見えると思います。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ