人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

鋼材(例えば溝型鋼125×65×6×8)3本で門型の配管支持架台を作る時、その溶接部分の強度はどのような計算で出すことができるのでしょうか?梁材部分の断面すべてを柱材部分に溶接した場合、溶接継手の強度の公式Pmax(溶接継手の強度)=δw(最高荷重)×a(のど厚)×?ef(有効溶接長さ)のど厚、有効溶接長さというのはどこを言うのでしょうか。お教えいただけると助かります。よろしくお願いいたします。

●質問者: Platini
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:ef MAX 溶接 荷重 計算
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● akilin
●60ポイント

下記のサイトに用語の解説がありますが実際の設計に際して用いる有効長さについては業界それぞれの計算指針がありますのでそれを参照してください。

http://w.jisw.com/01260/post_186.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ