人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

30代以上の方に質問です。

「20代の頃、この本に出会っていれば・・」という本があれば教えてください。

できれば、仕事に関する本でお願いします。

宜しくお願いします。

●質問者: rimk
●カテゴリ:就職・転職 書籍・音楽・映画
✍キーワード:20代
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 24/24件

▽最新の回答へ

[1]ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 un0

"G.キングスレイ ウォード"


[2]製造業関連ですが kanetetu

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

エリヤフ ゴールドラット (著), 三本木 亮 (翻訳)

仕事のボトルネックについてのお話ですが、

この本を読んで仕事に対する見方が変わりました。

もっと早くに読んでいればという気がしました。


[3]D.カーネギーの本 dabloger

『人を動かす』『道は開ける』

仕事上の悩みを解決する方法や、社交的な振舞い方などか指南されていてます。

若い頃はこういう自己啓発系を敬遠してたのですが、最近とりあえず読んでみて、

何事も食わず嫌いは良くないものだと思いました。


[4]スティーブ・ジョブズ 神の交渉術 taka27a

読みやすくわかりやすい本です。


[5]スティーヴン・R・コヴィーの knhd

7つの習慣ですね。定番ですけど・・・

企業の新入社員向けのOJTで導入するべきですね。


[6]>2 非製造も考え方は共通です un0

この本はどこがボトルネックか?を考えさせられます。

ボトルネックを見つけて部分最適化をしても、

ボトルネックは別の場所へ移るだけ…

なので全体の最適化をしないといけない

といった話が物語の中に織り込んであるのでわかり易い。


[7]>3 鉄板ですね un0

>若い頃はこういう自己啓発系を敬遠してたのですが、最近とりあえず読んでみて、

同感です。

弱ってるときに読むと元気が出ます。


[8]生声CD付き [対訳] オバマ演説集 taka27a

役に立ちますね。


[9]コミュニケーション戦略スキル (ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス) taka27a

少し難しいですが、面白いです。


[10]いかに「時間」を戦略的に使うかDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部 taka27a

眼からうろこです。


[11]無一文の億万長者 コナー・オクレリー (著), 山形 浩生 (翻訳), 守岡 桜 (翻訳) taka27a

きめ細やかな表現が頭に残ります。


[12]最強組織の法則 gonnami

最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か: ピーター・M. センゲ, Peter M. Senge,


[13]上司に「仕事させる」技術―そうか!ボス・マネジメント! n-ko

20代のころって、「上司に使われる」意識が大きかったり、上司に期待しすぎて不満を持ってしまったりしがちだと思います。この本は、内容がすごく濃いわけではないですが、逆に上司を「使う」という発想をさせてくれるという意味で、早くに出会うとよかったなと思います。

上司に「仕事させる」技術―そうか!ボス・マネジメント!

上司に「仕事させる」技術―そうか!ボス・マネジメント!


[14]The Seven Habits of Highly Effective People sakrambom

http://en.wikipedia.org/wiki/The_Seven_Habits_of_Highly_Effectiv...

英語の本を読破したのは初めてでした。読みやすい、そして次の章が読みたくなるような本です。


[15]失敗の本質 pahoo

失敗の本質―日本軍の組織論的研究

失敗の本質―日本軍の組織論的研究

1984年発売。ノモンハン事件、ミッドウェー作戦、インパール作戦、レイテ海戦、沖縄戦などを取り上げ、日本軍がどこでどう失敗したのかを解き明かした名著です。

中でも印象的なのは、「日本軍は結果よりもプロセスを評価した」(236ページ)という下り――これを20代の頃に読んで理解できたかどうかは自信ありませんが、現代の教育やビジネス戦略の失敗にも通じるところがあります。

成果主義が絶対に正しいとは思いませんが、成果主義で行くと決めたなら、温情主義を捨てた冷徹な戦略を貫徹するのがリーダーの責務だと思います。


20年後に出版された続編もお薦め。

戦略の本質 (日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫)

戦略の本質 (日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫)


[16]橋本治 雨の御蜜柑姫 fumie15

まだ30才ではないですが、私の生きる指針となった本です。

はじめと最後は心に残っていないのですが、第3章で主人公がイギリスのケンブリッジかオックスフォードに留学します。

そこで大学の図書館で主人公が発する「ここにある本、すべて私のものだと思っていい」という言葉が心に残っています。

世の中にある本、知識はすべて私のものです。

こう思って毎日仕事をしています。


[17]問題解決プロフェッショナル (著)齋藤 嘉則 nineinchnails

当時はこれを読んで、仕事のやり方が変わりました。

その後、様々な本を読み漁りました。

今は、勝間さんの本が気軽に読めて入りやすいと思います。

『勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践』など。


[18]カフカ寓話集 フランツ・カフカ jose88

あのカフカです。中にはいくつかの短編が入っておりますが中でも「巣穴」がお薦めです。

『ビビる』ことの重要性がよくわかります。文庫本なので安いのもお勧めです。


[19]若き人々への言葉 ニーチェ jose88

かっこいいです!


[20]本の特定はないが masatsubame

資産運用、管理の本


[21]オススメ本は何冊かありますが、「20代の頃」というなら MyTy

1「サービス論」?サービスへの多面的アプローチ?(田内幸一&浅井慶三郎 監修/調理栄養教育公社)・・・もしかして絶版かも。ビジネスの本質でもある「サービス」を体系的に理解しておくことは、一生様々な面で活きて来ます。

2「ウェブ時代をゆく」?いかに働き、いかに学ぶか?(梅田望夫 著/ちくま新書)・・・今もこれからも、時代背景を理解の上、働き方を見つめ直すために。若い人が羨ましいのは同感。

3「続ける力」?仕事・勉強で成功する王道?(伊藤真 著/幻冬舎新書)・・・凡人がよい人生を歩むために必要な基礎は「継続する力」。

4「自助論」?人生を最高に生き抜く知恵?(スマイルズ 著/三笠書房)・・・言わずと知れた名著。自分の人生と対峙し、生きる姿勢を学ぶ。

5「成功はゴミ箱の中に」?レイ・クロック自伝?(レイ・クロック&ロバート・アンダーソン共著/プレジデント社)・・・有名なマック創業者の苦労と勇気の物語。

他にもあるけど、とりあえず以上5冊は、読めば大切な何かは得られると思います。


[22]>21 「続ける力」 rimk

今もっとも私に必要な力でもあると思いました。

近い内にかならず読んでみます。

他の本もいつか手にとって読みたいと思います。

ご丁寧にありがとうございます。


[23]>13 似たような本で rimk

「部下の哲学」という本もありますね。

「上司を使う」を意識するきっかけとなりました。


[24]心を打つちょっとした気の使い方93 meizhizi87

山崎武也



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ