人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

賞与の自主返納、という話がメディアにあふれています。
ふと疑問に思ったのですが、一度支払った賞与を再度返納させる
場合、企業内部ではどのような経理処理をしているのでしょうか?

寄付と見做して所得税等にも影響無し?
反対仕訳している?



どのような情報でも構いません。知っている人がいれば教えて下さい。。


●質問者: HYT
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:メディア 企業 寄付 所得税
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● apple_pie
●5ポイント

>寄付と見做して所得税等にも影響無し?

これは出来ないでしょう。一企業に寄付をしても(ギャンブルや消費に使ったのと同様)所得税には関係ありません。

http://www.taxguide.jp/contribution/

「賞与を支払わなかった事にする」という処理をすれば所得税には影響なくなるでしょう。

すみません、実際にどうしているかは知りません。

◎質問者からの返答

なるほど。

そういえば大臣の賞与返上は

・国庫への寄付扱いになる

そうです。本当どうやっているんでしょうね。


2 ● きあ
●5ポイント

うちは返納は無いので断言できませんが、一度だけ間違えて多めに振り込んじゃったから戻してねといわれたことがあります。その場合は

会社

給与としての支出→無かったことに

給与としての収入→無かったことに


改めて給与支給という形をとりました。

申告が済んだ後だと厄介でしょうね。


ダミーURL

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

なるほど。


3 ● hijk05
●5ポイント

贈与扱いでしょ。

間違って払いすぎたのなら、反対仕分けもできるでしょうがそうでないので。

寄付でもないので、贈与だと思います。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

なるほど。

回答はもう少し募集させてください。


4 ● pahoo
●75ポイント ベストアンサー

給与所得者が、給与支払日以前に返納の意志を示しているという形であれば、所得税法基本通達28-10(国税庁)に以下のように記されています。

給与等の支払を受けるべき者がその給与等の全部又は一部の受領を辞退した場合には、その支給期の到来前に辞退の意思を明示して辞退したものに限り、課税しないものとする。

この場合、すでに源泉徴収されていたら、年末調整で還付されます。


一方、すでに支払われた給与を返納する形にするのであれば、課税され(所得税法基本通達181-223共通-2, 3)、寄付という形で返納することになります。

◎質問者からの返答

大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ