人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ボールドウィンとクラークのデザイン・ルールについて。

「デザイン・ルール ? モジュール化パワー ?」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492521453/investment-22

「モジュール化―新しい産業アーキテクチャの本質」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492393706/investment-22

を読みました。
不確実性が高ければ多くの実験を行うことにより高い価値を得られるということを
オブジェクト指向のカプセル化やモジュール化と金融のオプション理論とを結びつけて説明しているというのは理解しました。

何故、不確実性が高いほど価値が高くなるのか?
モジュール化する際のインターフェースの重要性は?
設計する際に考慮すべきことは?

などなど。
私の理解力が足りずどうしても実務レベルまで落とし込むことができません。

素人にも分かりやすく説明して頂けるとありがたいです。
ご教示のほど、よろしくお願いいたします。

●質問者: jar2
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:と金 アーキテクチャ インターフェース オブジェクト指向 オプション
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ