人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ご自分、ご家族が食の第一次産業従事者である方におうかがいいたします。

★農家、漁師、牧場、食品加工、養豚、養鶏など★

自分のつくった食品を無料でアップしてオンラインで販売できる、楽天ショッピングモールのようなものを作っています。
メール機能や、感想・評価機能もつき、ランキングにも自動参加となります。
イメージとしてはアマゾンのようなシンプルな感じです。
値段その他商品はすべて自分で決められます。

だいたい食品の売値の70-80%が元値なので、売上のうち2割ほどが手数料で妥当と考えていましたが、高いのではという声も頂き、みなさんのご意見や事情を詳しく伺いたく思います。

日本の食を元気付けるための取り組みなので、楽天などと比べるとずっと儲かるしくみにしています。

ご意見おまちしています★


●質問者: Mori-M
●カテゴリ:グルメ・料理 生活
✍キーワード:はと アマゾン イメージ オンライン ショッピングモール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

[1]直売所や産直なら cinZano

直売所やスーパー産直コーナーなら20%は普通ですが

今回の場合は送料の関係からお客様へ届く時高価なものに成りませんか?

他の場合と違い管理費、場所代から言って妥当かは、疑問です。

15%?10%


余談

最近の農業は、地産地商がメインです。加工食品なら・・・・

農産物でもあまり遠くまで販売はエコじゃ無いので


[2]実家が兼業農家です。 moet-bois

東京近郊ですと、キャベツなど新鮮さが要求される作物が多いと思いますので、出荷までの日数とどれだけ遠いところまで発送するのか、例えば茨城から鹿児島へ送らねばならない、というときにイチゴ腐らないか、みたいな話になっちゃいますよねー。どこまでそのへんのヘルプをしていただけるか、というのも考慮に入れられたら参加者は増えるかもしれません(オプションで梱包をする、など…)。

新しい販売ルートの拡大、というテーマにはとても興味があるんですが、そうするとどうしても有機栽培ですとか、ものすごいこだわりがあるとか、何か大きなメリットを付けないと消費者は買いませんよね、スーパーで買えちゃうので…。

それから、実際の農家のインターネット利用率はとても低いという話を耳にしました。1つの地区で2家庭が回線ひいてるかひいてないか…ぐらいです、特にインフラが整っていないわけではなく(もちろん光まではいきませんが)、高齢化と必要がない、という考えではないでしょうか。

このようなことから、若手でネットにも明るくて、こだわりのある商品を生産している、という人たちを集めるのが少し困難ではないだろうか、と感じました。


[3]家族が食品加工 miraa

楽天やAmazonや自主運営サイトと比べて、どんなメリットがあるのかもっと明確にしてもらいたい。

無料でアップできたり手数料が安かったりする(この文章だけでは安いかどうか不明ですが)以外のメリットは、なんですか?

そこをもっとわかるようにしてください。


それから、食品加工は、第一次産業ではないと思いますし、

文章を見る限りでは、他の方もおっしゃるように、食品流通や通信販売の現状把握も不十分のように感じられますが、

たとえば、関連法令等は、どのくらい勉強していらっしゃいますか?

そちらに法務専門の担当者や顧問弁護士はいらっしゃいますか?


[4]>3 ありがとうございます。お答えします。 Mori-M

わかりにくかった点を説明いたします。

まず、このサイトは農家の方たちの声と普通の一般消費者の声から始まったプロジェクトです。一方で農家が「農協や業者を通すと買い叩かれて価格が下がり規格外の廃棄も増える。美味しいものを消費者に届けたいし消費者の声を直接聞きたいけど、今は業者を通す以外ないし、生活がどうしても苦しくなる」といっているのに対し、消費者は食に対する関心や意識が高まっており、規格外野菜の活用にも興味を示している。しかし、消費者からすると第一産業はとても遠い存在...後継者不足と自給率悪化の今、消費者の目を第一産業に向け国民全体で今後を考えていく必要があり、そのためにこのような取り組みは意味の無いことではないと考えました。

実際、消費者の反応もポジティブです(一例:http://q.hatena.ne.jp/1236361011)

上記のことから、参加出店者は「その食べものを実際に作っている方」となります。

アマゾンや楽天の料金形態は、定額+売上のX%+クレジットカード5%前後とられるので、ある程度の量を一定に売らないと割に合わなくなっています。いわば業者向けといえます。

対して当サイトは、売上のあった場合のみ手数料(10%前後)が発生し、その他は一切ゼロです。もちろん、クレジットカード手数料が含まれています。

これは、少量から売買でき、なおかつ参加するのにお金がかからないよう、創業理由と生産者の方にあわせたものです。

生産者の方(農家に限らず)の喜びは、お客様からの声を直接もらうこと&自分の商品について知ってもらうことと多く聞き、マイ・ページと商品レビュー機能をつけました。

マイ・ページからは商品に対するこだわりやおいしい食べ方などなんでもアップできます。

これは、もっとしりたいとおもう消費者にとってもうれしい機能です。

レビュー機能はコメントと★です。また、消費者から生産者へのお便り機能もあります。

流通に関しては、弊社単体では知識不足だと思います。

しかしながら、このプロジェクトは”ポジティブな意識に基づき、みんなでつくっていくもの”と考えており、アルファ版、ベータ版段階でどんどん利用者の方の意見を取り入れ、協力者の方を募っていきたいと考えております。(実際に協力してあげる、といってくださる方々がいらっしゃいます...^^*)

コメント、大変参考になりました。ありがとうございます。

疑問点などご教示いただければ幸いです。


[5]>2 ありがとうございます!ネット普及率について.... Mori-M

コメント、ありがとうございます。

説明不足で恐縮です。実は、このプロジェクトは「日本の食のこれからを元気にしていこう」という意識の元に始まりました。

そのことから、基盤は若くやる気のある農家さん(または他の第一産業従事者のかた)が主な参加者となります。

確かに農業ですと若者は全体の20%なので、頑張らないといけないとおもっています。

鮮度について、ありがとうございます。この辺は、参加される方も心配な点だとおもいます。α版、β版の運営中に参加者、利用者の声をどんどん取り入れシステムに反映していく必要があると思います。たとえば、この商品はどの地域までとか、○日までなど指定してアップできるようにしてあれば便利でしょうか?

こだわりの点。ありがとうございます。

各農家の方(または参加者のかた)に、マイ・ページや口コミ機能を用意しているので、そこで上手にアピールいただき、それに消費者がどのように反応するかというのをWait and Seeかなと思っています。

私はただのOL兼いち消費者だったので、こう思うのですが、スーパーで買えるやさいでも、心をこめてつくっていることを知ったときやセットにして畑からおくってくれたときは今までにない食に対するありがたさを感じたものです。みてくれは一緒でも、想いが消費者に届いたり、実際においしい!と感動をよぶようなモノであれば、付加価値はあるのではと思います。

またコメントいただければ幸いです。ありがとうございます^^*


[6]>1 ありがとうございます。送料の件.... Mori-M

送料で高くなってしまう、というのはネックなところで、これは実際にα版、β版のときによく皆さんの意見を聞いていきたいと思っています。

直売所と異なる点がもうひとつあり、カード決済手数料が5%かかることです。

これをいれると、5%以上にしないといけなくなってきます。

15-10%とのこと、ありがとうございます。ぜひ、参考にさせていただきます。

実は先日アンケートを行い、5-10%に集中したのです。http://q.hatena.ne.jp/1236543562

地産地消がメインであること、すばらしいと思います。

できれば、それがベストだと思います!

その場合、それでもやはり外に出さねば採算性の合わない中規模以上の農家さんや、こだわり産物などで首都圏に出荷されたい方にご利用いただければと思います。

またコメントいただければ幸いです。大変助かりました。ありがとうございます!


[7]>6 こだわり農産物 cinZano

実際の所、偽装品は論外として、ネットで販売されているのは、自称こだわり品ばかりです。良い悪いの話ではないので・・・・・・・・

トンでもないものは流通していないと思います。

私の場合無農薬としてもそれを口実に販売していません。この辺の農家のこだわり解りますか?

地元で売る時は顔が見える相手との安心取引が実績に繋がり口コミなどね

*************

本題

*************

そうですね!中規模農家、まぁー大農家にしても素晴らしい農産物や加工品を生産している人は沢山いるのは事実ですよね!今まで農協、経済連などの系統出荷向け専門の大農家・・・・この人たちは、出荷経費を相当出費していますので20%でもメリット有ると考えるかも

今でこそ私は産直で食べていますが始まりはやっぱり・・中間マージンを下げて安く美味しい物を提供するが前提に有りました。

これはNET環境の無い時代からの取り組みです。勿論、量の多いときは、御米も貨車売りと言って貨車1台分のお米も取引しました。ここまでしないとコストは下がらず安定収入が・・・・ソンな時代もあった


*************

実際

*************

儲かるって言葉は、いかがなものか

違う意味で使っているとは解っていますがNET上の儲かる儲けるって言葉・・・・いつも気に成ります

生産者は生産物の対価を頂いております。儲けようでは無いです。確かに利益を増やしたいのは事実ですが

儲けるは流行ですが儲けるって調べて見て損は無い

儲け話など上手い話しはどうよ!・・・

気持ちで売ってください!買ってください


作付けする時ある程度販売先確保し生産するので、・・・・色々大変とは思いますが頑張って下さい。

目先の利益ではなく、生産者の気持ちや消費者の立場に成ればきっと繁盛する事でしょう


[8]>5 妥当だと思う Farmers_Energy

実家が農家です。


生産者と消費者のコミュニケーションが商品の付加価値となりえる仕組みならば「2割ほどが手数料」というのは妥当だと思います。さらに「生産工程」「商品の解説」「おすすめの食べ方」なども登録できるならば、さらに価値は高くなるように思います。また消費者が“どう食べたか”をクックパッド的にまとめられるとさらにいいですね。


よい試みだと思いますので頑張ってください。

陰ながら応援させていただきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ