人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「自民議員には、今回の捜査の手は及ばないだろう。」と、つい、ウッカリ漏らしてしまった政府高官とは誰か!?


名前と経歴を聴いて、

「アー、やっぱり!」

と、納得ヤデ!!!!!!


漆間(うるま)巌 官房副長官


何とコノ男、元"警察庁長官"で、自民議員を警察・検察権力の手から防御するため、捜査情報の事前入手はモトヨリ、自民党議員への捜査抑制のために「用心棒」として麻生内閣発足と同時に内閣官房副長官として起用されたのだという。

コレで今回の小沢一郎事務所への強制捜査が如何に仕組まれたか、大いに納得ヤナ!


もう、疑いの余地はナイ!


コレ、完全な国家権力(自公政権)と検察・警察権力が裏で結託して、第一野党党首を狙い打ちした、最初から小沢一郎逮捕アリキでシナリオが描かれた出来レースの『国策捜査』に間違いナイ!!!!!!


しかし、当初 予想していた以上に世間の検察に対する目は厳しく、当初は考えていなかった自民議員への捜査を今になって開始せざるを得ないというバカ振り!!!!!!


"二階"一人を生贄(いけにえ)に差し出して何とか誤魔化す積もりダ!!!!!!

国民を舐めるナ、オマエ等!!!!!!

●質問者: Hafiz
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:ウッカリ シナリオ 内閣官房副長官 出来レース 名前
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

[1]冷静に特捜の捜査の行方をみまもりましょう。 taka27a

あわてずとも結果は出ます。


[2]!が少ないが standard_one

どうした?

何かショックなことでもあったか?

カタカナも少ないな。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ