人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

晩成鳥であるツバメは、どうして高く、遠くまで飛べるのでしょうか。他の鳥に比べて、何か特別に発達した器官あるいは筋肉があるのでしょうか。

●質問者: ShinRai
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:ツバメ 筋肉
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● bg5551
●13ポイント

高く飛ぶというよりは、低く飛ぶのに訳があるそうですよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%A1

http://wapedia.mobi/ja/%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%A1


2 ● Hyperion64
●39ポイント

ツバメの重量は、大きさの割りに軽く。しかも、飛行に使う筋肉の量も体重のわりに大きいそうです。

このサイトに従うと18gですね。

http://akaitori.hp.infoseek.co.jp/omosa.htm

翼面積あたりの重量もハヤブサなどの猛禽類についで小さいです。

(これは東昭さんの「生物の飛行」78頁をもとにした指摘です)

飛行速度は最速のハリオアマツバメで350k/hです。ハヤブサなどと並んでいますね。

http://akaitori.hp.infoseek.co.jp/sokudo.htm

つまり、重量と翼の形状(面積)及び飛行のための筋肉量で決まるのではないかと思います。

◎質問者からの返答

非常にユニークな研究成果を御紹介くださりありがとうございました。

ツバメの晩成性と、この飛行能力は関係があるのでしょうか。

ほかの鳥でも、晩成か早成かの違いが、飛行速度や航続距離に関係するのでしょうか。そういった点に興味があります。


3 ● sakaelu
●13ポイント

他の鳥と比べ翼が大きく飛行に適した細長い体をしているそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%A1


4 ● sakaelu
●25ポイント

下記サイトを見ての予測ですが。

http://akaitori.hp.infoseek.co.jp/bansei.htm

早成性の鳥には雛が飛べるようになる前に巣立つものもいるようです。天敵の少ない樹上で繁殖するものには晩成性のもがおおいらしく、これは飛べるようになるまで巣から離れられないためのようです(一部枝伝いに巣立つものもあり)。ようするに早成性か晩成性かというのは、外敵のリスクと子育てのコストどちらを避けるかという戦略の違いだと思います。渡る事との関係性は、上手く飛べることが大前提なので晩成性を選んだのではないかと思います。

◎質問者からの返答

面白い表ですね。

気になったのは、晩成と早成は、安全な巣をつくるノウハウを持てたかどうかの違いであるのかどうか、ということ。

さらに、晩成鳥の特徴(晩成のおかげで何がよくなったのか)は何なのだろうということです。

カラスが意外に晩成鳥だというのは、カラスの知恵と関係があるのでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ