人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?FORTUNE” #028

THEME:「種」「楽器」「卒業・入学」+「縁起物」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつ、FORTUNEバージョン。FORTUNEとは「幸運・幸せ」。毎回のテーマに沿って、イエと暮らしに幸運を呼ぶコト、ハッピーにするコトを思いとともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090311

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は3月16日(月)正午で終了させて頂きます。

1236747084
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:3月16日 theme いね おすすめ はてなスター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 284/284件

▽最新の回答へ

[1]幸せの種! taka27a

ガーデニングですね。安らぎます。


[2]アロマセラピー taka27a

リラックスもできます。


[3]ミニトマトを植えます! taka27a

品種の名前には、「アイコ」や「小桃」など、可愛いものがたくさんあります。


[4]卒業式 kinnoji7

卒業シーズン到来ですね。桜を見ると卒業や入学や学生時代のことがたくさん思い出されて、とっても懐かしい気持ちになります。卒業記念品や思い出の寄せ書きなんかも思い出されます。卒業式の思い出って一生の宝物になりますよね。思い出はきっと語ろうと思えばいつまでも語れます。卒業式の思い出のある皆さん、その思い出、ぜひ大事にしてくださいね。


[5]アボカドの種 dankichik

食べ終わったアボカドのを植えるとけっこう育つと聞いたことがあるのですが、試した方いらっしゃいますか?アボカドの木ってどんなのだろう??


[6]チェロ miyupie777

30歳からの手習いです。なかなか上達しませんが、人が話すトーンの音色に弾いていて気持ちよくなります。

それと、ケースに入れて持ち運んでいると、小学生ぐらいの子を連れて歩いているような感じがします。


[7]桜の花 dankichik

桜の花、私の住んでいる地域だと卒業式からも入学式からも時期がずれて咲いてしまうんです。満開の桜の中での式って憧れます。


[8]食器にお箸で演奏会 Zelda

といえば聞こえはいいですが、要は食事時に茶碗やら何やらを箸で叩いて遊ぶ子どもの行儀が悪い行為ではありますが、一度は皆さんもやったことあるのでは(^^ゞ

身近なもので音を奏でるって楽しいですよね。

TVなどでもたまに紹介されているのが、同じコップに水をそれぞれ決められた量を入れると綺麗にドレミが奏でられるという。

一般の家庭で正確にドレミがでるように水やら入れ物やらを調節するのは無理だと思いますが、いろんなコップに水を入れて即席で音を鳴らしてリズムをとって。

これを楽器といえるかは解りませんが、音を奏でる楽しみを知るキッカケになることもあるかと思います。

生活をしていく中では、実は関係ないと思っていたものと繋がっていることが多いはずです。

食器を箸で叩いて音楽に興味を持つように、こういったことからいろんなものに関心興味をもって世界をしってほしいなと私事ですがw


[9]>4 卒業式 meizhizi87

大学の卒業式が一番心に残っています。

みんなとお別れするのが寂しかった。

学生生活は一生の宝物ですね。


[10]>2 アロマ meizhizi87

最近、はまってます。

香りでストレス解消です。


[11]燕麦(えんばく) miyupie777

ウサギさんのおやつとして売り出されているものなのですが、なんと、猫草(猫や犬が食べる草)の種と同一のものなのですね。ウサギ飼いの姉の家に常備されていてびっくり。猫草の種として買うと割高なので、姉から半分もらって栽培しています。


[12]第二ボタン sayonarasankaku

私たちの頃は、好きな人の第二ボタンをもらうのが流行っていましたが、

子供に聞いたら今はないそうです。(笑)


[13]>9 卒業式後の色紙 aekie

そろそろ卒業式の季節。大切な友だち、お世話になった先生、大嫌いな先生、ともお別れです。次のステージで活躍できるように心に誓う3月ですね。大切な友だちと一緒にメッセージを1枚の色紙に書き込むのは定番ですよね。私は中学校、高校の色紙をいまでも大切にしています。色紙に込められた思いをいつまでも大切にできたらいいですよね。夢は逃げないのではなく、自分が逃げることで夢は遠のいていくことを恩師に書いてもらいました。お金では買うことのできない可知が色紙に込められています。


[14]>7 桜の花 meizhizi87

私の住んでいる時期では入学式の後くらいに桜が満開になります。桜の咲く季節が一番好きです。


[15]ピアノのおけいこ fusakogane

「おけいこ」の響きににあこがれてピアノ教室に通いました。グランドピアノの大きさ、独特な曲線、鍵盤、におい・・・驚きの連続でした! そして響き渡る最初の一音、これからピアノが弾けるようになることへの期待感・・・ドキドキしたのを覚えています。


[16]>12 第二ボタンを同級生エースに fwap

第二ボタンとは懐かしい。私は野球部のエースにボタンを頂きました。なかなか下さいとは恥ずかしくていいづらいものですよね。私は卒業式にとうとう思い切ってお願いしてみました。すでに第二ボタン以外もなくなってしまっている。だったので、学ランの袖のボタンをもらいました。「そこまでもらうの?」と笑って快諾してくれた同級生のエースの笑顔が思い出深いです。そこから恋愛が生まれればなおさらよかったのですが。


[17]>14 桜の花 miyupie777

私の住んでる地域は入学式の前後です。学校の周辺が桜並木になっていてとても綺麗です。でも雨男&雨女が多いのか、入学式当日は雨で悲惨な状態になっていました。。。かわいそうに。。


[18]>17 卒業式・始業式に桜 wacm

卒業式の頃には、もう春の訪れが完全に感じることができますよね。私の中学校の卒業式は例年なく温かい年だったので、桜がすでに散ってしまった後に卒業式。思い出深い卒業式とはなりませんでした。桜の花と卒業式、始業式を迎えることができるとなんだか新しい学期や学年を前向きに過ごすことができるような気がしますね。どうか今年は大雨や強風で桜が散りませんように!


[19]>16 今はないのかー dankichik

私は中高ともに学ランの学校に通っていて、第二ボタンもらうのはあこがれでしたねえ。この慣習がすたれてしまったのは、ブレザーの学校が多くなったから?


[20]>19 第二ボタン kinnoji7

卒業式の風景で第二ボタンを渡すというのをよく見かけました。そんな卒業式に「先輩、第2ボタンくれませんか?」と、ずっと秘めていた思いを打ち明けた人も少なくないと思います。第二ボタンの由来には悲しい物語があるようですね。最近はそんな風景見られないんですね。今となっては懐かしい光景なんですね。


[21]卒業アルバム dankichik

卒業アルバム、あまり見返すこともないですが、手元に置いています。

同窓会の後に見直したりすると、かわったなあってしみじみ思っちゃいます。


[22]はじめての制服 fusakogane

小学校から中学校へ進級して一番うれしくてドキドキしたのは、制服を毎日着て通学することでした。公立学校だったので黒の詰襟(つめえり)でしたが、首のホックがきつくてなかなか留められなくて、慣れるまでに半月もかかりました。


[23]音楽会でウッドブロック Yoshiya

小学校の音楽会で一度だけ「ウッドブロック」のパートに当たりました。

(後の5年はその他大勢のハーモニカやリコーダー)

初めて扱う楽器だったので、間違えない様に必至に練習したのを覚えています。

演奏した曲は「村まつり」でちょっとだけソロパートがありました。


[24]>5 育ったことがありません chinjuh

わたしもその話を聞いて、アボカドを食べるたびに試すんですが、芽が出たことがありません。発芽させるコツでもあるんでしょうか?


[25]>22 学ランにブレザー aekie

中学生になったときの学ランのうれしさ、高校生はブレザーのうれしさはありましたね。小学校のときは私服だったので毎日だらしのない格好ばかりだったのが、しっかりとした服装で、3年間同じものを使うので大切にしたものです。この時期にものを大切にするということを自然に学ぶんでしょうか?大学生になったとたんに私服になるのでおかげでファッションとかにだいぶ苦労をしているのですが・・。私立の制服の格好いい学校には憧れてしまいますね。


[26]>20 ボタン aekie

私もボタンをもらう習慣を見たことはありません。ただ、卒業式の後に予想だもしない女の子がもらいに来たときには驚きました。そんなに気にしてくれているんだったら、もっと早く声を掛けてくれよ!なんて懐かしい思い出があります。どうしてボタンをもらうのでしょうか?卒業式から帰ってきたら母親がニヤニヤして「私に何かあった」と確信犯のように聞いてきたのには照れてしまいました。


[27]>18 桜の花 kinnoji7

桜の花が咲く頃、 相変わらず寒い日々が続きますね。桜の花が開花する頃は卒業や入学など出会いや別れがあるときですね。頭上に咲く桜を眺めていると何か感じるものがあります。今年もまた楽しく桜の花を見ることができそうです。早く満開の桜の花を見たいものですね。


[28]真空管アンプ wacm

私の夫は長年真空管アンプづくりに凝っていました。週末になると秋葉原、朝から真空管アンプを買いにいったきり夕方まで帰ってきません。亭主がいない方が家も落ち着き、不満もないので家庭円満の秘訣です(笑)

アンプは真空管ではないといい音が出ない、というのが信条らしく昔ながらのアンプにこだわってます。確かに、ガラス管から発せられる音は濃く、スピーカーと比べ音響に優れているような気がします。単純に360度全方向に聞こえるからなのかな?

いまではアンプを買いに行くことなどはしませんが、それでも優れたスピーカーを探し、通販サイトなどでいろいろとチェックしているようです。手入れに手間がかかるというのも余計に愛着を深めることなんでしょうね。真空管ってアナログな感じがしますが、音の響きや深さだけでなく、部屋に置いたときのノスタルジックな印象、ものを大切にしないといけない、ことを気づかせてくれます。


[29]>21 卒業アルバム kinnoji7

卒業アルバムは一生の宝物ですね。子供の頃、そして学生時代の宝物である卒業アルバムはいつ開いても懐かしいものです。一枚の写真を見るだけでその時、自分が友達が学校が環境がどのような時代で、何を思い、考え、学び、遊び、感動した生活を送っていたか脳裏に浮かんできますね。1番の思い出は修学旅行です。 修学旅行の写真を見るとその当時の事を思い出します。


[30]>26 ボタンが全てなくなってしまった人 wacm

第二ボタンどころか制服のボタンを全てもってかれてしまった人が高校のときいました。彼は陸上部のエース。野球部にも名前を貸していたくらいスポーツ万能で勉強も常にトップ10に入る実力者。スポーツも万能で、学業も優秀ときたらモテないわけはありません。私ももらえたら・・と考えがよぎりましたが、そんなのもつかの間卒業式の後の6番目のFクラスは黒山の人だかり、その男性は困りつつも少しうれしいような表情をしていました。結局、ボタンはもらえなかったけれど、その人の一面を最後に見れたことが思い出でもあります。


[31]制服の内ポケット bg5551

中学の入学が迫ったある日、学生服が家に届き、親の前で試着したのを

覚えています。

うれしいやら、恥ずかしいやらでなんとも言えませんね。

特に記憶に残っているのは、制服に内ポケットがあり、なぜか嬉しく

ちょっぴり大人になった気分でした。


[32]お祝い品 fusakogane

親戚や知人から卒業・入学・就職の間に思いのこもった品物やご祝儀をもらいました。 送ったひとの希望や願いが伝わってきて、メッセージカードを今も大切にしています。どうしても現金は使ってしまうと忘れてしまいがちですが、気持ちのこもった品物はいつまでも思い出として残ってくれます・・・ネーム入りの万年筆、黒のズボンプレッサー、実印・・・これからも役立ってくれるでしょう!


[33]ビワの種 natumi0128

小学校の頃、学校で食べたビワの種を、持って帰ってきて家の庭に植えてみました。

植えたものの、存在をすっかり忘れた(小学生の興味はそんなものですよね…)頃、何と芽が出たのです。

そしてすくすくと育ち、何年かの後には、小さいもののちゃんと実をつけるようになりました。

子どもの頃は、面白半分で食べた果物の種を植えたことも結構あったのですが、ちゃんと育ったのはこの1回だけです。

ビワは育てやすいのか、たまたま運が良かったのか…。

今でも時期になると実をつけてくれるので、毎年季節の楽しみのひとつになっています。


[34]>25 制服 natumi0128

私は中高ともにセーラー服でしたが、中学校に上がるとき、初めてセーラー服を着た嬉しさは、よく覚えています。

何だかちょっと大人になったような気がしたものです。

(実はデザインはあんまり好きではなかったのですが…)


[35]>34 はじめての制服 kinnoji7

はじめての制服にワクワクしていたことを思い出されます。まれて初めて着た制服は中学校のものでした。真新しい制服に身を包んで 穏やかに晴れた青空の下、桜の花も満開でした。 新しい仲間を迎えるのに絶好の日和だったことも思い出されて懐かしいです。初めて袖に腕を通した時の感触、今でもその感動は忘れられませんね。


[36]>32 家庭教師先からお祝い品! fwap

私もお祝い品を高校・大学時代に家庭教師をしていたときに頂きました。当時は図書券などなかった時代だったのでデパートの商品券や日本酒、それに家庭教師先のお子さん、ご両親、おじいちゃん・おばあちゃんにも気に入られていたので色紙と絵を頂きました。新生活は何かとお金がかかるもの。家庭教師の数ヶ月分の商品券を頂いたのは本当に生活が楽になりました。家庭教師先にはお礼の電話をし、夏にはお礼のお手紙を書きました。後に教え子だった子供が大学に入ったときにはご報告までしていただき本当にうれしかったです。たかだ家庭教師、されど家庭教師です。何事も真剣に務めていたら、いいことが返ってきたんだと思います。


[37]リコーダー fumie15

小学生のとき、授業でリコーダーを使いました。下手でしたがいい思い出です。試験、受からなくて何度も泣きました。


[38]>30 第二ボタン twillco

貰いましたね〜色んな人の貰ったのでどれがダレのかわからなくなってますが;


[39]>35 初めてのセーラー服 fwap

私もセーラー服になったときの喜びは忘れられないですね。おさがりや近所の人から譲ってもらうことなく、自分の制服。大切に毎日ブラシを掛けたり、汚れないように大切にしました。制服をはじめて着たときには重い感じがしました。中学生になるときの責任のような、小学生のときとは異なる勉強の厳しさを予感させるものでした。当時、男子は制服を汚すもの、女子はひっそりと大切にするものとして真っ二つに分かれていました。いまでは、駅舎の地べたに座る学生をローカル線で見つけるのですが、もったいないことをしていると思います。


[40]>27koume-1124

桜咲いたら一年生♪ですね〜。入学式シーズンにはいつも桜が咲いて、新しい気持ちと共に晴れやかな気分にります。


[41]>24 へ?!。 lovespread13

アボカドの種って植えると育つんですか。

いつもアボカド食べるたびに立派な種だな?、なんか使いみちはないかな?と思ってました。

今度、植えてみようと思います。アボカドの木ってどんなのでしょう?


[42]>38 第二ボタン koume-1124

私は中学では友達に貰ってました。

その中でも、友達のフリして好きな子にも貰った記憶があります。懐かしい思い出です。


[43]>37 自宅で笑われながらもリコーダーの練習 fwap

リコーダーってどの授業でも使いますよね。低いドやシの指つぎができなくてなかなか苦戦しました。でも、ピアノとは違って努力次第でいくらでも伸ばすことができると考えていたので必死になって家に帰ってピーヒョロ、ピーヒョロ豆腐屋さんのように練習し、家族に練習を聞いてもらっていました。あれだけ練習したリコーダーも大人になっては全く吹かない。本当に学生として勉強する必要があったことなのか、といまでも中学校以上の楽器教育に疑問です。


[44]>39 セーラー服 koume-1124

私は中学も高校もセーラー服だったので、一度で良いからブレザーを着て学校に行ってみたかったなーと思います。ブレザーの子がなんだか大人っぽく見えて憧れでした。


[45]新入生をクラブに勧誘! fusakogane

桜吹雪の下、慣れない校内をすることなしにブラブラしていると、にこにこ顔の先輩からいろんなクラブに誘われました!・・・控えの教室まで案内されて、スライドを見せられたり、体育会系だと実際に対戦したり、入部させたい先輩の期待に応えたいけれど難しいこともありました。愛好会のまったりした雰囲気に負けて、そのまま入会してしまいましたっけ・・・


[46]>43 リコーダー koume-1124

なかなか上手く吹けませんでした。

今思えば、なぜリコーダーなんでしょうか。

他にも楽器はいくらでもあるのに・・・


[47]卒業証書 aekie

私の「卒業」に関する思い出深いことといったら、やはり卒業証書。小学生のときはクラスの担任の先生からメッセージカードを頂きました。中学のときは校長先生が書道をたしなんでおられたので、自分の好きな言葉を書いていただきました。高校のときは卒業証書を3年間同じ担任から直接いただいて感慨深いものでした。また、大学のときは卒業式に参加しなかったので後日実家へ着払い。卒業証書はいまでも棚の奥に閉まってあります。就職するときには卒業証書の有無を確認されたので、粗末に扱わなくてよかったと感じたものです。

卒業証書でも、もらうとき、もらうシチュエーション、添えられたもの、それぞれ全てに違いがあっていいですね。自分が担任の先生だったり、校長先生だとしたら生徒に何を与えられるだろうか、考えてしまいます。


[48]>44 男子詰め襟、首に当たるカラーの感触、カラーが割れて髪が挟まって痛かった iijiman

小学校から中学校に上がって、詰め襟の制服を着ることになりました。

何か、とても窮屈な気持ちになったのを覚えています。

いや、だからといって「制服反対!」とか言い出すタイプではないのですが。私は。

詰め襟の制服って、襟の内側にプラスティックの薄い板で出来た白い「カラー」を取り付けますが、あれが、何かの弾みでちょっとだけ割れてしまうと、そこに髪の毛が挟まって痛かったのを覚えています。かといって坊主頭にする勇気もなく。

首に当たるカラーの固さに、もう小学生ではない、鉄道も子供運賃で乗れない、何か透明な階段を上ったような感覚を感じました。


[49]>46 リコーダーが苦手だったので音楽会は・・ aekie

リコーダーがどうしても上手に吹けなかったので、音楽会では鉄琴や木琴に逃げていました。ただ、木琴や鉄琴は自宅で練習できないので、学校で練習できる時間を精一杯音楽の先生に指導していただきました。あれだけ嫌いだった音楽の先生ともだんだんうち解けて仲良くなれたのがうれしかったです。音楽会が終わった後、頑張りを評価してくれてリコーダーのテストも鉄琴で評価してくれて得な感じがしました。


[50]>48 ちょうどリニューアルの年 wacm

私は高校のときの制服がちょうどリニューアルの時期だったので、新しい制服を着ることになりました。ですので、他の学年と違う制服でうれしかったです。どうも、セーラー服は重苦しく、固い印象だったので新しい制服にするとき、高校内やOB・OGで大いに紛糾したらしいのですが・・・。

それに比べ、男子はどこでもだいたい同じで安定感があってうらやましかったです。近くの女子校の制服があまりにもダサいデザインだったので、違う高校でよかったと思いました。


[51]エレキギターでGSサウンド fusakogane

グループサウンズ全盛で毎週末はダンスパーティーの「パー券売り」とと「勝ち抜き演奏大会」(勝ち抜きオンエア・バトル)で忙しい!・・・なんて時代を覚えていて、少しは参加してもいたんですけど、女の子が興奮のあまり失神して倒れて救急車で運ばれて、急きょ開催が中止になったときもありました!


[52]高校、全員が正面を向いて押し黙っている「新入生」 iijiman

私が入った高校は、県立K高校というところだったのですが、入学式の後、各クラス毎に分かれて教室に入って、それで、先生が来るまでしばらく、「何もしない時間」がありました。

その時、誰も何もしゃべらず、全員がしーんとして、前を向いて座っていたのです。

40人以上の10代の若者が、全員正面を向いて押し黙っていました。

ほとんどの人が知らない中学から来ていて、顔見知りというものがほとんどない「他人同士」の関係でした。そうなるのもある意味で当り前だったと言えます。

廊下には、クラブの勧誘やら何やらで上級生が来ていましたが、彼らは教室に入ることを許されていませんでした。

さて、その翌年。自分たちが2年生になって、「廊下にやってくる上級生」の立場になったとき。

思わず笑ってしまいました。またやってるんです、1年生達が、「全員正面を向いて押し黙っている」を。

「あーっはっは!やってるやってる!去年の俺達と同じだよ!」。

入学して1週間くらいは、毎日やっていましたかねえ、「全員正面を向いて押し黙っている」・・・

不思議な時間でした。


[53]小学校の時、学校でアコーディオンを習った iijiman

小学校というと、リコーダーとかカスタネットとかハーモニカとかを習いますが、5年生か6年生くらいになって、音楽室で音楽を習うようになってから、「アコーディオン」を習ったことがありました。

それは独奏ではなく、クラス全員での合奏で、パートにはアコーディオン以外の楽器もあったと思うのですが、今、不思議なことに、アコーディオン以外の楽器が思い出せません。何のパートがあっただろう?

アコーディオン、懐かしいなあ。

デジタルシンセサイザーや電子式のポータブルピアノが普及した今でも、小学校ではアコーディオンを使っているのでしょうか?


[54]>50 セーラー服 tibitora

私が通っていた中学校もセーラー服でした。

色は黒で白のラインが入ったセーラー服に折り目の入ったスカート、夏はスカートは同じで上の制服がカッターシャツになりました。

ブレザーの制服はきたことが無いので着てみたかったです。


[55]河原で楽器の練習 dankichik

以前住んでいた家の近くには大きな川が流れていました。河原には歩道と広場が整備されていて、夕方になると大学や高校のブランスバンドが練習に来ていました。たまにアフリカっぽい太鼓をたたく音も聞こえたり。にぎやかでした。


[56]>13 送辞・答辞 fwap

卒業式の思い出と言えば、送辞答辞のとき。私の仲のよかった友だちが卒業式前に必死に文章を作って一緒に練習しました。送辞をする後輩も同じ部活だったので和んだ感じで練習ができました。当日、私は後方で送辞答辞を見ていましたが感慨深かったものです。ほとんどの学生が大したことのないものではないと思う行事の一部ですが、文章を一緒に作ったりした私にはとても重要なことだと思いました。


[57]自分の中にある種を育てたい fumie15

前のイエはてなでも書きましたが、最近英語を頑張っています。学生時代は適当に勉強していたのですが、たまたま職場に英語を勉強するためのパソコンがあってそれで出来る限り勉強しています。ほとんど忘れている英語を脳みそから引っ張りだし、学生時代は苦手にしていたヒアリングを勉強しています。必死に自分には「昔やっていただろ。がんばれ」と言い聞かせています。いつか大きな実をつけられるように頑張ります。パソコンで勉強した時間も記録できるのでとりあえず100時間目指して、でも1時間、1時間頑張っていきたいと思います。


[58]グランドピアノに鉛の棒を入れて「なんちゃってシンセ」 iijiman

中学2年の時。当時、YMOが爆発的に流行っていました。

今考えてみると、まだデジタルシンセがなく、アナログ式のシンセサイザーを使っていたはずですが、コンピュータを併用して演奏される音楽は、とても新鮮なものに感じられました。

その頃のこと。

昼休み、友達同士で音楽室に遊びに行っていました。

しかし、中学の音楽室にシンセサイザーなどあるはずもありません。

でも、グランドピアノがありました。

そのピアノでYMOの曲を真似てみたりしたものです。

ところで、友人Aが鉛の棒(真鍮製の鉄道模型を組み立てるのに使う、棒ハンダ)を持っていました。

ある日、ピアノのフタを開けて、彼はその鉛の棒をピアノの弦の上に置きました。

そして鍵盤を叩いてみると、びよ?ん、と、不思議な音。「なんちゃってシンセサイザー」の出来上がりです。

今思うと、ああいうことをしているとピアノも傷んでいたのではないかと、少し後ろめたい気持ちもしますが、懐かしい思い出です。


[59]入学式から校歌練習 wacm

私の高校では校歌の練習が、入学式が終わってからの授業終了後行われます。それが4月中ずっと続きます!放課後20時過ぎになっても体育館で上級生の先輩方、応援団の指示の下ひたすら歌い続けます。周りの女の人でも気持ち悪くなって途中退出する人も中にはいました。私もはじめは校歌程度で・・と思っていたのですが、歌っているうちに不思議な連帯感、絆が生まれたような気がします。

4月の最後の金曜日が審査の日。何を審査するわけではないですが、校歌を覚え大きな声で美しく歌うことが求められます。ここで、応援団からねぎらいの言葉。センパイから高校の一員になったことを告げられると自然と感動が生まれます。いま、こういう古い行事を行う高校は全国でも数少ないと思います。私の母校の伝統をいつまでも続けていってもらいたいものです。


[60]トトロやさるかに合戦:種の出てくるお話 tibitora

豆や木の実も種といっていいでしょうか?

「さるかに合戦」や「ジャックと豆の木」「トトロ」などの種の出てくるお話はいろいろありますよね。

さるかに合戦では柿の種、ジャックと豆の木では豆、トトロではどんぐりとかの木の実。

トトロではメイちゃんとさつきちゃん、トトロたちが夢の世界(?)で木の実たちをぐんぐん大きくしていくところが印象的でした。

トトロのいる森みたいに緑がたくさんのところにいってみたいなと思います。


[61]サークルの追いコン fumie15

追いコンでマグカップと花束を頂きました。マグカップを見ると一緒に苦労した後輩との思い出が今でも思い出せます。大切に使っています。

追いコンではかなり飲みました。あんな楽しい飲み会はもうできないんだろうな。


[62]>56 卒業式の色紙 tibitora

中学生のとき私のクラスも色紙の交換をしました。

それぞれおもいおもいの言葉を色紙に書いていました。

私は書いてくれたみんなから「がんばれ」「まけるな」と描いてもらっていました。

なににまけるななのかなと思いますが、まけずにがんばろうと思います^^


[63]>57 自分の中にある種 tibitora

私も自分の中にあるはずの種をすこしづつでも育てていきたいと思います。

興味のある分野の本を読んだり、読んだことを実践したり、間違えてもそこで投げないでやり直して、こつこつと少しづつでも前進していってしっかり立っていられるようにしていきたいと思います。


[64]カスタマイズするから楽器は楽しい TomCat

音楽好きの私は、今まで様々な楽器を買い集めてきました。そして、そのほとんどに、何らかのカスタマイズを施してきました。自分独自の音楽を演るためには、楽器にも自分独自の、自分の手や心にしっくりくる改造が必要です。

かの名ギタリスト、リッチー・ブラックモアのギターの指板には、スキャロップド・シェイプと呼ばれる加工が施されています。指板のフレットとフレットの間をやすりで削って、磨り減ったようにえぐってしまうのです。ギターをこんな風にしてしまったのは、世界で彼が最初でした。

往年の名俳優で歌手で作曲家でエレキの若大将の異名を持つ加山雄三さんも、デビュー45周年を記念してヤマハから“加山雄三モデル”ギターが発売されることになった時、トレモロアームを自ら削って形状を指定したと言われています。

こんなふうに、心底楽器が好きな人は、愛する楽器のどこかに、自分独自の何かを施さないではいられないのです。

私も、ハーモニカ一本から、何かをしないではいられません。ロックではブルースハープという10穴のハーモニカをよく使います。これにはC(ハ長調)からB(ロ長調)用まで12のキーに対応したハーモニカがあるのですが、どのハーモニカも同じ色、同じ形をしていますから、小さな刻印だけで何がどれと見分けるのは、とりわけ暗いステージの上などでは面倒なんですね。そこで私のハーモニカは背中の所にペイントをして、一発でキーが見分けられるようにしています。たったそれだけの工夫でも、楽器が自分の物になったという満足感があります。

ギターにはもちろん色んなカスタマイズを施します。先日、お花見などにも気軽に持ち出せる安物のアコースティックギターが欲しいと思い、ヤマハの最安値に近いギターを買いました。で、買った当日にアコギ用のピックアップと、古いエレクトリックギターから取り外したピックアップの両方を取り付け、ナチュラルなアコースティック音も、エレクトリックギターと同じ音も取り出せる、特別なエレアコ仕様に改造してしまいました。ただし、ギターのボディへの加工は、アンプに差し込むケーブルを接続するためのエンドピン型ジャックの取り付けに伴い、元から空いている穴をわずかに拡大しただけにとどめました。カスタマイズと言っても、むやみにボディはいじりません。いつでもほぼ完全にオリジナルに復元出来ること。ギターの場合はそれが大切です。

さて、エレクトリックギターの方ですが、こちらにはたくさんのパーツが使われていますから、ピックアップからペグ(糸巻き)に至るまで、色々好みに合わせて換装しています。回路部分のシールドをより厳密にしたりといったカスタマイズも大切です。私はストラトキャスタータイプのギターを好みますが、あれはネックが太くスケールが長く、いかにも手の大きな欧米人向けの設計になっていますから、ネック交換も欠かせません。

ピアノも、自分の好みにキーの重さを調節しています。キーのストローク(押した時に動く範囲)も微妙に調整してバラツキを修正しています。こうしたやり方は、調律を頼んだ時に来てくれた調律師の方に教えてもらっておぼえました。

フラットマンドリンは、すごく古くて塗装がバリバリに剥げていた物を譲り受けたので、残っている塗装を全て剥がして、ヴァイオリン用の天然ニスでリフィニッシュしてみました。いい音がします。

スネアドラム(小太鼓)は、古い木の胴の安物ですが、内側をエポキシ樹脂で塗り固めました。エポキシ樹脂は十分に加熱して、胴の木に含浸させました。こうして作った胴に、厚手の皮を高い張力でキンキンに張ってやると、スパーンと抜けの良い、メタル胴に負けない音がするんです。ちょっと自慢のスネアドラムです。

ドラムのクラッシュシンバルは、縁が割れてしまった物をオークションで300円で落札(笑)。割れ部分をU字型に削って再生しました。これもいい音がします。

こんなふうに、機能を増すため、便利に使うため、音をよくするため、弾きやすくするため、劣化したり壊れてしまった物を再生するためなどなど、手を入れる目的は様々ですが、こうして何かの手を掛けてやることで、楽器が本当に自分の物になったという実感が湧いてきます。そういう楽器で奏でる音楽は、本当に自分の音だなあと思えます。こうしてただの品物が、生涯連れ添っていきたい大切なパートナーに変わっていきます。これが私の楽器の楽しみ方です。


[65]さくらんぼの種 fumie15

さくらんぼを食べているとき、さくらんぼの種を飲み込んでしまったことがあります。さくらんぼやスイカの種を飲み込むと、盲腸になるという迷信を聞いた時があり、数日間かなり怖い思いをしました。

でも迷信だと知りほっとしました。


[66]>15 挫折しました fumie15

幼い頃に通ったピアノ教室。でも帰ってからろくに練習をしなかったのですぐにやめてしまいました。もっとがんばればよかったな。


[67]>66 ピアノ meizhizi87

無理矢理通わされていた感があって、ろくに練習もしないまま、8年行っていました。おかげでやっとバイエルを卒業した程度。。。

私ももっと練習すればよかったなぁ。。


[68]>54 セーラー服 meizhizi87

セーラー服に憧れてその高校に入ったようなものです。夏服もすごくお気に入りでした。ずっと変わってほしくない制服です。


[69]>67 習いました ls_10_5

親に通わされていた意識があって、全然練習しないまま。

大人になってからちょっと弾いてみたら意外に楽しくて、それから時々弾くようになりました。

子供の頃にもっと練習しておけば良かった…って後悔してます。


[70]>1 ベランダにプランター ls_10_5

何かで種を貰って、処分に困ってベランダでプランター栽培してみました。

毎日水をやるたびに少しずつ育っていくのが楽しくて、癒されてました。


[71]>68 セーラー服 miyupie777

中学高校どちらもブレザーでした。セーラー服着てみたかったです。


[72]>69 ピアノ! toukadatteba

子どもの頃は嫌いだったのに、大人になったらむしょうに弾きたくなって、いまでは電子ピアノをかっちゃいました。

子どもの頃、もうちょっと練習してたらもっといろいろ演奏でけたのになぁ。


[73]>71 セーラー服 twillco

私も学校はブレザーだったので、セーラー服には憧れました〜。

どうやって着るのかもわかりません!謎ー。


[74]>71 セーラー toukadatteba

着てみたかったですね?。私もずっとブレザーでしたよ。かわいらしくて羨ましかったです。


[75]>42 第二ボタン toukadatteba

貰いました(笑)誰から貰ったかは秘密にしておきます。

ああいうのは学生のときだけのどきどきですよね。


[76]>72 ピアノ koume-1124

小さい頃から習ってましたが、中学校の頃に変わった先生と合わずにやめちゃいました。

今も続けてたらかっこ良く弾けてたかな?


[77]>40 桜の入学式 toukadatteba

うちの方でも、ぎりぎり咲くかさかないかという感じなので、満開の桜の中での入学式とかあこがれますね。

卒業式もしかり。


[78]>61 追い出しコンパ toukadatteba

で追いコンでしたっけ??私もありました?。

色紙となぜかミトンをいただきました(笑)色紙を見るといまでも後輩の顔が浮かびます。

あと、ミトンでグラタンを作ってオーブンからだすときも(笑)


[79]>41 アボカド植えた事あります♪ omotimotitto

アボカドの種、まん丸で立派ですよね?!

結構前になりますが、植木鉢にちょっと浅めに植えてときどき水をやっていたら、忘れた頃に芽が出ました!

たしか、葉っぱが6枚位までは育ちました。

でも、寒くなってきて元気がなくなってしまって、

肥料をやったり頑張ってはみたんですけど

冬になったら枯れてしまいました・・・。

葉っぱはコーヒーの木の葉っぱみたいな感じだったと思います。

実がなるくらいまで大きく育てられたら素敵ですよね!


[80]>75 第二ボタン flower2

中学生の時にもらいました。あの時はドキドキでした。懐かしい。

全部なくなっている男の子もいました、そういえば。


[81]レタスの種♪ omotimotitto

レタスの種って、タンポポみたいな綿毛なんですよね♪

友達に分けてもらったときに初めて見てびっくりしました!

プランターに、春菊や小松菜などの種と一緒に蒔いて

ベビーリーフとして楽しんでますよ♪

必要なときにささっと摘んでサラダにしたり、

お肉料理のつけあわせにしたりしてます♪

一回摘んだら終わりではなくて、根本が残っていれば

小さい葉が育ってきて何回も収穫できるので楽しいですよ♪


[82]>65 私も信じていました>スイカのタネ飲むと盲腸になる iijiman

子供の頃、「スイカのタネを飲み込むと盲腸炎になる」と聞いていたので、スイカを食べるときには種を飲み込まないよう細心の注意を払いながら食べていました。

豪快にがぶがぶと食べてしまう人は、どうやって種を排除しているのだろう?と、不思議に思っていました。

というか、実は、fumie15さんの書き込みを読むまで「ある程度本当の話」だと思っていました。

迷信なんですね!あぁ!


[83]カホンを作る momokuri3

またがった箱馬みたいなものを叩く楽器。それがカホンです。これを見てください。かっこいいですよね。

http://www.youtube.com/watch?v=1iUKckXDLww

カホンとはスペイン語で箱の意味で、古くはキューバなどの民族音楽で用いられてきた楽器でした。それが70年代にフラメンコで用いられるようになり、さらに近年、運びやすく椅子にも使える(笑)ことからストリートミュージシャンにも好んで使われるようになってきました。

ここでご紹介するのは、このカホンを手作りしてみる方法です。素人の手作りではたかがしれているかもしれませんが、基本は木の箱ですから、DIYの腕前があれば自作は可能です。

まず、カホンには、それは様々なサイズがあります。構造も様々ですし、材質も千差万別ですから、どんな物を作るかを決めていきましょう。サイズは、手持ちの材料から決めていってもいいと思います。基本的には、大きくすればバスドラムのような音を出した時にどっしりといい音がします。しかし、無闇に大きくすればいいというものでもありません。

内部には、共鳴させるギター弦を張ったり、ドラムのようなスネア音を作り出す小太鼓用の響き線などを仕込む場合があります。ロックやポップスなどの音楽でドラム的に用いる場合は、たいていそうした仕掛けが施されます。

材質は、叩く面と、箱としての強度を作り出す面(太鼓で言えば皮と胴)によって変えていくのが普通です。板の厚さもそれぞれに適した物にします。

そうしたことを考えながらサイズや構造や材質を決めたら、あとは日曜大工のノリで作っていきます。使う木をホームセンターのカットサービスで切ってもらえば、あっという間に出来上がります。

私が作った第一号カホンは、こちらのページを参考にして作りました。「安く簡単にドラムセットぽい音がでる箱を作る」という製作目標が、私の希望にぴったりだったからです。結果は大成功でした。

http://homepage3.nifty.com/namy/mycajon/index.html

こちらのサイトも大変参考になります。

http://www.zoscajon.com/netemate/

楽器の素養がまるで無い、ただ音楽と物作りが好きなだけの私に、カホン作りは最高でした。演奏については、叩けば鳴る楽器ですから、見よう見まねでけっこう楽しめます。CDに合わせて叩いていると、本当に楽しいです。ドラムほど大きな音ではありませんから、軽く叩く程度なら一般家庭でも十分楽しめると思います。皆さんもぜひこんな手作り楽器で音楽を楽しんでみてください。


[84]>79 試してみようかなー sayonarasankaku

すごいですねー。

生ったところが見たいです。


[85]幸せを呼ぶワイルドストロベリー oya-bin

数年前?とってもテレビ等でブームになったワイルドストロベリー覚えてらっしゃいますか?

その頃母に1つ苗をもらってベランダのプランターで育ててやっと実がなったと

思ったらうちのでぶ犬がツタの途中から実ごと全部食べてしまいました。

葉っぱもほとんどなくなってしまったのに水をそのまま与え続けたら翌年には

2倍の実がなったのででぶ犬と半分んこしました。

今ではものすごい実を付けています。種や苗をお友達に幸せのおすそ分けだよって

プレゼントするととっても喜ばれます。いろんなところに幸せは込んで欲しいな。


[86]>49 リコーダー twillco

懐かしいですね。

あれ、苦手でうまく吹けませんでした。

おかげで音楽の成績あんまり良くなかったです。

大人になった今、なんの役にも立ってませんがね。


[87]ウクレレ。 nakki1342

2,3年前に安いウクレレをネットショップで購入したことが

あります

今でも我が家にあるのですが最近は触っていないですね

以前は、指がうまく使えなくても頑張って練習をしてたのですが・・

まずは、簡単な曲を一つと・・

そろそろ、また初めてみようかな・・

ウクレレにも悪いし。


[88]>6 ものすごい憧れなんです。 nakki1342

自分が一番好きなクラシックの演奏家が

今は亡くなってしまってるチェロ奏者なので

チェロの音色が大好きなんです

自分でもチェロをやってみたいな?と

思うんですけどね

(その演奏家の音色なんて出せないとは思うけれど

簡単な曲とか弾けたらいいな・・とか)

でもチェロって大きいしなかなか・・・

自分の中では、チェロは憧れの楽器ですね


[89]種=天然酵母のタネで自然を大事にしたパン作り minonon

今では耳にしたことのある人も多いと思います。

天然酵母。

まだ当時、パン作りさえしたことのなかった私は、酵母にこだわる理由などわかりませんでした。

何で作っても同じ!

そんな思いでした。

はじめてパンを作ったときも、ドライイーストを使用して手っ取り早く。

うーん。出来立てはやっぱり美味しい。

そんな会話をしていました。

とある日、友人が天然酵母のパンを持ってきてくれたのです。

まぁ、大して何も変わらないだろうと思って口にすると・・・

うまい!!!

すごく美味しい!!!

小麦本来の旨みもいつもより感じて、食感も全然違う!!!

パンの香が違いすぎる!

フワフワというよりは、食感はモチモチ。

好みもあるかもしれませんが、私はこのモチモチが大好きです。

自分で作るには大変という方も多いですが、今ではネットのパン屋さんでも、天然酵母のパン屋さんは増えています。

自分で作ってみたいなという方には、レシピなども沢山出回っています

http://cookpad.com/category/471

是非皆さんも天然酵母の美味しさを味わってみてください


[90]葉っぱで作る葉っぱの笛 草笛 minonon

子供のころ、近所の公園の葉っぱでよく作りました。

葉っぱを巻き巻きして・・・

そして吹くと、音がなるんです。!

自然の織り成す楽器です。

へたっぴだった私は、上手に音が出せなくて。

お友達は綺麗に出来ているのに・・・と羨ましく思ったものです。

なぜか私が吹くと低音(笑)

葉っぱの大きさや形で音も変わってきます。

今の子供はこうしたことをして遊ぶことも無いのかな。

昔は自然のものを使って遊ぶ遊びが多かったです。

教えてくれる大人達も多かったからかもしれないですね。

もっともっと今の時代の子供達にも自然と触れ合うチャンスを与えたいです


[91]>62 泣けた卒業式 atomatom

高校生のときは泣きましたねえ。

まあ、卒業式で泣かないと、って歌が流行っていたことも関係しているのかもしれませんが。

中学のときはほぼ全員が進学でしたが、高校では進学あり、就職あり、留年ありとさまざまでしたから、万感胸に迫るものがありました。


[92]オシロイバナの種 minonon

女の子は、皆そろって小学生の頃、オシロイバナにはまりました!

私もその一人。

オシロイバナの種の中の白い部分を取り出して、お肌につけてみたりして。

決して化粧のように綺麗なものではありませんが。

オシロイバナの種を集めることがとても流行っていました。

見つけると嬉しくて、オシロイバナを拾っては、その種を少しのばしてブラーンとさせることを皆でよくやっていました。

懐かしい思い出です


[93]>29 卒業アルバム atomatom

卒業アルバムは酒のツマミにもなるんですよ。

今でも航行の同級の友人宅さんかで一杯飲むとき、誰からともなく「卒業アルバム見せて」必ずこうなります。

そして当時、誰が好きだったの、どの先生が嫌いだったの、懐かしい話に花が咲くんです。

ぼくはアメリカの高校にも通っていたことがあるんですが、その高校では卒業アルバム、有料でした。結構な金額だったのでぼくは購入をあきらめたんです。

で、卒業式の日、みんながアルバムにサインしあい、先生なんかにもサインをもらいに行くんですが、ぼくからのサインねだりがないことに気付いたある先生がぼくに自分のアルバムを下さったのです。

こんなにやさしく接してくれる先生が居るんだと驚きましたね。

もちろんその先生のサインとメッセージ入り。

ぼくに下さるまでは先生のものだったので、先生へのサインやメッセージもそのまま残ってる不思議なアルバムですが、ぼくの生涯の宝になっています。

いつかまたアメリカに行って、このアルバムをツマミにアメリカ人の友人たちとも一杯飲みたいものです。


[94]お祝いの日は圧力鍋でお赤飯 minonon

何かとお祝い事で作るお赤飯。

入学や卒業でも出てくることがよくありますね。

地域によっては、北海道などでは甘納豆だったり。

土地によっても変化があります。

うちでは、お赤飯といえば圧力鍋で炊きます。

圧力鍋で炊くとモッチリととても美味しいです。

まずささげや小豆のアクを取ります。

その後、圧力鍋で小豆を炊きます。

出来上がると煮汁をわけておきます。

煮汁・もち米・小豆をいれて炊きます。

時間も短縮されて、とっても手早く美味しい赤飯が出来ます。

お好みで栗を入れたりしても美味しいですね。

勿論上にはごま塩をふります。



お祝いだけではなく、圧力鍋なら手早くできるので、普段も食べたくなる一品です。


[95]>86 たてぶえ atomatom

ぼくの世代はたしか「たてぶえ」と呼んでいましたね。

深夜ラジオでは「好きな女子のたてぶえに間接キッスをする」なんて話題がありました。

今は100円ショップでも売ってるんですよ。

懐かしい音色を再現してはいかが?


[96]手軽に手に入る種で手軽に育てられる猫の草 YuzuPON

うちの猫は野良出身なので、草を噛むのが大好きです。散歩のついでに採ってきて与えると、大喜びで飛びついてきます。でも道端の草は何がかかっているかわかりませんから、ちょっと恐いですね。そこで、過去のいわしの書き込みを参考に、猫草を自家栽培することにしました。

種は、カラスムギが生えていれば、それを採取します。市販の猫草栽培セットを見てみたら、種はエンバク、つまりカラスムギの栽培品種でした。カラスムギがなければ、小鳥のエサや鳩のエサなどを買ってきます。原材料にエンバクとか小麦とか書いてあればOKです。

これがエンバクの種。

http://www.gdfs.gov.cn/jkys/UploadFiles_5120/200812/200812260953...

これが小麦の種です。

http://nama-pasta.com/kodawari/images/duram.jpg

残ったエサはベランダなどに台を作って置いてやれば小鳥が食べに来ますから、この方法なら猫も小鳥も喜びます。

種が用意できたら、適当な鉢に土を入れ、土の上に種を適当な間隔で置き、種が軽く被る程度に土を被せ、水を与えて、表面が乾かないように湿らせた新聞紙などを被せて置いておくと、しばらくして発芽します。適当な大きさに育ったら猫にあげてください。きっと大喜びすると思います。

猫が食べる物ですから、薬品類は一切使いません。使う土も変な物がかかっていない安心な土を使ってください。大きく育てて種を取るわけではありませんから、肥料も不要です。種と土と水だけで育てます。

種さえ用意できれば本当に簡単に育てられますので、皆さんのニャンコさんにも育ててあげてみてください。


[97]卒業式に母への手紙 minonon

高校の卒業式の日、母に手紙を渡しました。

高校のころ、本当に親には迷惑ばかりかけて反抗し、自分の好きな事だけをやってきました。

勉強も嫌い、門限も嫌い。

遊びたいという気持ちだけ。

親が何かいえば逆らうことしか出来なかった3年間。

母は何度も私のために涙を流してきました。

しかしその涙の理由まで考えることもなく過ぎ去っていった日々。

母親にありがとうの心さえ持つ余裕もなく、ただひたすら自分の楽しいと思うことだけを大事に。

友人と遊ぶこと、恋人と遊ぶ時間だけを大事にしていた高校生活。

卒業する近くになったとき、あらためて自分のこの3年間を思い返しました。

そして、母に手紙を書くことにしました。

恥ずかしくていえなかった思い。

感謝のおもい。

ごめんねの思い。

全てを綴りました。

どんな出来事があっても、いつまでも母は母であり、子は子であるということ。

長い間のわだかまりはすぐに解け、また親子に戻れる。

母と子の繋がりの深さを実感しました


[98]どんぐり to-ching

ヤッパリ昨年秋に植えたどんぐりは芽を出しません、どなたかがご丁寧にお教えくださったようにすれば良かったのでしょう・・・まだ、春は遠いです、娘と一緒に植えたどんぐりゆっくり見守ります。


[99]ギター to-ching

昔、エレキギターが欲しくて欲しくて・・・でもとうとう購入できず。昔から家にあったクラシックギターを手にバンドを組んで遊んでいたものです、今も、楽器売り場を通るたびにギターをしげしげ見ます。今だったら買えるなぁ?と思いつつ、また見つめています。


[100]>95 人気ですね powdersnow

どこの学校でもやっていた気がします。

アルトリコーダーなんていうのは、大きくて面白かったなぁという記憶もあります。


[101]自家栽培の安心な種でスプラウトを楽しむ Oregano

スプラウトは栄養のある食材です。その歴史は古く、豆のモヤシは5000年前の古代中国で育てられていたそうです。また18世紀後半に活躍したキャプテン・クックは、大麦のスプラウトで船乗りたちの健康維持を図っていたと言われています。日本でも平安時代にすでにカイワレ大根が食べられていたと言われ、植物の新芽を食べるスプラウトは世界中で食べられ続けてきました。

私も発芽玄米の自作を皮切りに、種に芽を出させるのにこり始め、ずいぶんモヤシを育てました。育て方はとても簡単で、モヤシ専用のグリーンマッペやブラックマッペといった種を購入すると、たいてい袋か何かに作り方が書かれていますから、その通りにするだけでにょきにょき芽が生えてきます。

しかし、しばらく作っていて、はたと考えました。この種って何の種だろうと。そして調べてみると、グリーンマッペは日本名「緑豆」でインドあたりが原産。ウィキペディアを見ると「ほぼ全量が中国から輸入されている」と書かれていました。

ブラックマッペは日本名「毛蔓小豆(けつるあずき)」、やはり原産地はインドあたり。これも種子は東南アジアや中国からの輸入の可能性が多分にあるようです。

スプラウトは種子もそのまま食用にされる可能性があるものですから、これではちょっと心配ですね。そこで、とりあえず緑豆を自家栽培することにしてみました。気を付けることは、豆ですから連作が出来ないということ。前年育てた場所は避けて翌年の作付けをする。これだけ守れば簡単に実を結んでくれます。

スプラウト用の種子栽培とは逆に、普通の野菜の種をスプラウトに応用する方法も考えました。たとえばエンドウです。完熟するまで育てて発芽する種として収穫すると、これでおいしいスプラウトが作れます。暗い場所で発芽させ、日に当てないままで食べてしまうモヤシタイプとして栽培します。柔らかく、香もよく、ざっと炒めて食べるとおいしいですよ。

からし菜も花を咲かせて種を取ると、これがいいスプラウトの材料になります。低温でも発芽可能で、サラダのアクセントなどにもってこいのスプラウトが作れます。これは暗所で発芽させた後、日に当てて緑化させてから食べます。小松菜やブロッコリーの種からも、この方法でいいスプラウトが作れます。

もちろん大豆からもいいモヤシが作れますね。大豆モヤシはモヤシ用豆類ではもっとも栄養価が高いと言われています。

そのほか、ネギを育てていたらその種を採っても、いいスプラウト材料になります。ネギ坊主が黒く結実したら茎を20cmほど取って、日当たりの良い乾いた所で追熟させつつ乾燥させます。ただしネギの種はとても弱く、よく乾燥させた状態で保存しても1年で発芽しなくなったりしがちです。乾燥状態で冷暗所に保管し、翌年撒いて育てる分を残して、あとは早めにスプラウトにしてしまった方がいいでしょう。作り方は日に当てないモヤシタイプです。ネギモヤシは糸のように細く、香りがよく、しかも柔らかいので、お刺身のつまなどに最適です。


[102]>93 実家にあります powdersnow

手元には置いてないですねぇ。

まだ見返して懐かしむような年齢ではないということなんでしょうか。

自分の子供と見たりすると、楽しいのかもしれませんね。


[103]>73 中学校 powdersnow

まだ比較的珍しい時にすでにブレザーだったので、部活の練習試合などで、いいなと言われたことなどがありますね。

女子の制服は、チェックのスカートなどはお洒落だと感じます。かわいいですよね。


[104]>91 そういえば・・・ to-ching

高校は大学受験で出席せず、大学も寝坊して欠席。卒業証書前者はお袋に取りに行かせ、後者は教務課より数年後送ってきました。立派でビックリしましたよ。


[105]>91 印象には残っていませんが powdersnow

区切りとして、節目として、真面目に臨んだ記憶だけははっきりとしています。

最近は、ニュースで国家や国旗がどうのという話を聞くと、それだけで何だか悲しくなってきますね……


[106]>80 ブレザーだったので powdersnow

心臓に近い意味では、一番上のボタンなのでは?という話をしたことはありますね。

まあ、すでに貰うとかいうのは、お話の世界であって、実際にやっている人は見かけませんでしたが。


[107]>100 上手かったです・・・ to-ching

みんなの前で独奏、拍手喝さいでした。でも、音楽は2でした(体育も2、これは自分の嫌いな競技は無視して、何処かへ雲隠れするから・・・。)なぜかというと筆記がまるでだめでしたので。でも他の教科は全て5でした・・・なんと言う餓鬼だったのか・・・


[108]>88 良いな・・・ to-ching

頑張ってください!継続は力です!!


[109]>84 アボガドの種 canorps

私も栽培したことがあります。

3年くらいはがんばってくれていたのですが長期旅行に出た時にからしてしまったのです。

アボガドの種はなるべく傷つけないように取り出します。

そして三方に爪楊枝を刺して器(種より二周りくらい大きいと余裕があります)に乗っけて、お水を種が1/4ほどがつかるくらい注ぎます。

水栽培の球根のような感じです。

するとやがて根がたくさん出てきて、芽が出てきます。

結構根気よく待たないと出てこないのですが出てきた時には感動です。

根がずいぶん伸びて、芽も大きくなり葉が4枚くらいになったあたりで鉢に移しました。

でも、鉢に移す前の水栽培の時のほうが元気だった気がします。

たのしいですよ。アボガド水栽培。


[110]種と見たら何でも植える。 canorps

私が住んでいた家は、米軍ハウスで敷地がとても広かったんです。

そこで、裏庭で母が畑を始めました。

いろいろな野菜がなっていたのを覚えています。

裏庭では、ナスやトウモロコシ、うど、いちご、きゅうり・・・・

表の庭にはキウイ。アスパラガス。

自給自足に近い生活をしていたせいでしょうか

ある日食べていたみかんに大きな種が入っていて、私はそれを表の庭に植えたんです。

そしたらぐんぐん芽が出てきました。

それで味を占めて私は種と見れば何でも植えるようになりました。

ビワ、グミ、みかん、かぼちゃ・・・。

ある日そんな私を見た母がこれも植えてみようと植えたのはメロンにスイカ。

さすがにこれはできないだろう。と思っていたのですが

できるものなんですね?。

ある日丸い物体が。

そしてどんどん大きくなっていくのです。

私も母もただほったらかしていたので表の庭の芝生の上にメロン(らしきもの)と

スイカ(らしきもの)がどーんと鎮座しているのでそれはとてもへんな光景でした。

私も母も、素人なのでいつが食べごろなのか、まったくわかりません。

しかしある日両手の平でもてるくらいの大きさになった時に、待ちきれなくなって

メロンもスイカも収穫しました。

しかし、そこはやっぱりただ放置していただけのメロンにスイカ。

まったく甘くなくて。かたくて、まずくて。

もっと待てばおいしかったんじゃないかと今でも後悔しています。

でもそれ以来、スイカとメロンはうえるのをやめました。

やっぱり農家の方が作ったおいしいものを食べるほうがいいねという結論に至ったからです。

キウイ、ビワ、グミ、みかん はほったらかしていたものでも結構おいしかったんですがね。

かぼちゃはまったく大きくならず、変なしわくちゃなのができただけでした。

今でも種をみると植えたくなります。

今一番植えてしまいたくなるのはゴーヤですね。


[111]>107 リコーダー canorps

ソプラノリコーダーまでは普通にふけたのですが、アルトリコーダーには苦戦しました。

私、人より手が小さいのです。

体は大きいんですが、手と足だけはジュニアサイズ。

なもので、穴を押さえるときちょっと遠い穴だと指が届かないんですよね。

で、結果変な音が出る・・・。

いつも恥ずかしかったのを思い出します。


[112]>10 脳にいい nekomanbo56

脳にいいです。


[113]梅干しの種 Spaceshuttle

殻が固いので、金槌等で割って中身をいただきます。珍味です。是非お試し下さい。


[114]大人になて始める音楽 akilanoikinuki

学生の頃、低音が好きな私は、大きな楽器ばかり演奏していました。トロンボーンや、コントラバス。

どちらも音が大きすぎるか、形が大きすぎて、自宅で練習するにはむきません。

そんな事もあって、大人になってからは楽器から遠ざかっていました。社会人になってから数年たつと、楽器を弾きたくてたまらなくなりました。

でも、今までの楽器は、家で気軽に練習するのは難しい。

そして選んだのは、バイオリン。

高音の楽器には抵抗があったのですが、価格も安いし、先生を探すのも楽。そうして、大人になってから、また楽器を始めました。

二年習ったあと、結婚で引越しする事になり、なじんだ教室を辞めざるをえなくなりました。

本当に残念でした。

それからしばらくは、家で一人で弾いていたのですが、のんびり弾いていると、だんだん演奏が適当になってきました。

それで、最近また教室を見つけて通い始めました。

やっぱり、きちんとアドバイスをもらって、目標をもって練習すると、演奏がしまります。

私の一生の趣味は、音楽しかないと思っています。


[115]>109 育つとは akilanoikinuki

我が家もよくアボカドを食べるので、あの種が気になっていました。そのため、いくつかためて、植えようと思っていました。

でも、どんなものが育つのか、いつ植えたらいいのかわからなかったので、結局捨ててしまいました。


[116]>103 ブレザー linne

私はブレザーに憧れました。

普通の学生服だったので、あのお洒落なところがなんともいえず。

駅などですれ違うと、羨ましいなあとよく見たものです。


[117]種をシェアすることで vivisan

多年生の植物はともかく、一年生の植物は種を蒔くことで次につながっていきますよね。でも一年で収穫できる種って多すぎるってことはないですか?

植物の種類にもよりますが、種をのちに継続していくためにたくさんの種をつけるものが多く、自分の庭には蒔ききれないほどの量になるものもあります。

あまってしまった種ってどうしてますか?

私は親にあげたりご近所でほしい方がいればおすそわけをしています。でもそれでも余ってしまう場合があるんですよね。


実は、つい最近のことですが、社内で種があまっているんだけど、せっかくだからほしい方いませんか?育ててみませんか?という話を聞きました。

その中で、私が育ててみたいと思っていた桔梗があったのでした。桔梗の花は好きなのですが、種もってなかったので今まで育ててみたことありませんでした。

もちろん知らない人です。でも思い切ってメールを出してみました。

その方は私と同じ青や紫系の花が好きな方で、詳しく育て方を教えてくれました。そしたらそのやりとりを知ったもう一人の方がニッコウキスゲの種があまっているので育ててみませんか?と私のところに話がきたのです。

ニッコウキスゲという花は全然知りませんでしたが、せっかくなのでがんばってみよう!と思い了承しました。

自分で育てた花が、社内の別の人のところでで大切に育てられて、それがまた知らない誰かにもらわれて育てられる・・。なんかそういう連鎖みたいなものを感じてじーんときてしましました。

私のほうでもお二人から種をいただきっぱなしで、申し訳なくて・・・めずらしい種って私持ってるかな?と考えてみると、昨年たくさん収穫した綿のことを思い出しました。

コットンボールのお話をした上で尋ねてみると、二人ともぜひ育ててみたいとおっしゃってくださいました。

そして3人で種の交換となりました。

実際に育てた人が育て方をレクチャーしたりしています。

同じ社内でも働いている部署はそれぞれ違っていますが、植物を思う心は同じなのだと思うとすごくうれしくなります。


自分たちが育てて収穫した種が、他の人のもとで育ち、また種になり、それがまた他に広がっていくのです。どこかで私の分身が花開いてくれるようですごくわくわくします。こうやって広がっていくのっていいなぁ・・。少しでも関心のある人には育ててもらって、そして花からパワーをもらってくれればいいなぁと思います。

なんか種のネットワークが広がるみたいでワクワクします。


ちなみに桔梗もニッコウキスゲも地方によっては絶滅危惧種に入っています。今までそういうことに関心のなかった人にも少しでも関心をもってもらえたらなあ。そしたらこれ以上絶滅危惧種を増やさないための大きな力になるような気がするんです。

種交換をした二人とも絶滅危惧種に関して憂いを持ち、さまざまな考えをもっていらっしゃいました。


イエはてなのみなさんはもう実践されていることと思いますが、あまった種をシェアしてみる試みどうでしょう?

イエはてな内でもできるとうれしいですねwこれは期待をこめてですけどw

もちろん種だけじゃなくて苗とかでもいいと思います。

現在は無理ですが、ツタンカーメンのえんどうの種出せますw


ネットでもこういう試みをしているところを探してみたら見つけました。

・花木の種

花木の種とかいて(かきのたね)と呼びます。ここのサイトの「種ポケット」というところで種の交換ができるようになっています。

http://www.kakinotane.jp/index.html

・Seed Exchange

http://www6.plala.or.jp/annme/Ex.htm


種から植物を育てることで、育てる楽しみから自然への思いを深めてくれる人が増えたら本当にうれしいです。


[118]>92 集めやすい種 some1

自分の家の前の植え込みにオシロイバナがあって、白やピンクの花を咲かせた後に、緑色の種が黒になるととりごろでした。

自分は目的は無かったんですが、収穫するのと集めるのが楽しくて、ビンいっぱいに集めた事があったっけ。


[119]>76 習っていました。 atomatom

週に1回のレッスンでしたが、めったに家でおさらいしなかったなあ。

せいぜいレッスン当日、家を出る直前に10分ほどの練習。

これではうまくなるはずもありません。

やっぱり自分で「この曲が弾けるようになりたい」というモチベーションが必要なんでしょうね。

どこからか聞こえてくるピアノの練習の音は好きです。


[120]>87 ウクレレ atomatom

相撲の小錦さんがあの大きな体でちっちゃなウクレレを弾いているのを見たことがあります。ポロリンポロンと癒し系の音なんですよね。

ギターよりはとっつきやすいと言われているので、ぼくもチャレンジしようと思ったことはあるんです。

けど、生来の飽き性ですからねえ。また3日坊主の記録を増やしてしまうかもしれません。


[121]>77twillco

私が入学式の時には満開の桜が咲いていました。

桜の中での入学式って本当にいいものですよね。


[122]>121 満開の桜 haruyo_koi

この下をとおって学校にいくのが楽しみでした。

ちらちら舞うサクラのはなに囲まれながら歩く道はものすごく素敵なものでした。


[123]>116 ブレザー haruyo_koi

あこがれていたのですが、実際着てみるとセーラー服の方がかわいいかなぁなんて、思ったり。


[124]>119 同じですね Kumappus

ソナチネの頭のあたりでやめちゃいました。

うまく弾けなくてもいいからアニメの曲とか流行歌とかを教えてくれてたらまた状況は違ったかもしれません。

結構大人になってから戦場のメリークリスマスとか楽譜買ってなんとか弾けるようになりました。

モチベーションって大事ですねえ。


[125]ユーフォニウム Kumappus

を吹いていました>ブラバンで。

マイナーな楽器なんで説明に苦労します。チューバの小さいの とかいうしかないよねえ。


[126]青春再び!もいっかい卒論に取り組み直してみよう! CandyPot

皆さん、卒論にどんな思い出がありますか?私は先輩が取り組んでいた研究を引き継ぐ形でテーマに取り組み、自分も未完のまま、その途中経過を卒論にまとめて提出しました。うちの場合、そういうのが結構あって、私の後をさらに受け継いでくれている後輩もいるんです。

そういう後輩たちの卒論が届きます。みんなすごいの。私なんかほんとに途中経過をまとめるのが精一杯だったのに、後輩たちはちゃんと到達目標を定めて、そこに向けて研究を進めていくんです。だから同じ経過でも密度が違います。自分の卒論を思い出すと恥ずかしくなります。

そこで私は考えました。もう一度みんなと一緒に、卒論で取り組んだテーマを追いかけてみたいなって。私たちの選んだテーマは、ちょっとやそっとでは結論に到達できないもの。いいえ、どんなに追い求めても結論には到達できない、まるで虹の根元を追いかけるようなテーマと言えると思うんです。だから、卒論にも色々あると思いますが、少なくとも私たちが選んだテーマは、卒業のためだけにやらされていたものではありませんでした。私たちの卒論は、常に学び続け、真実を追究する喜びを忘れないあの情熱。あのキャンパスで身につけてきた私たちの生き方そのものとなって、今もこの胸に生き続けているんです。

なんてやたら熱血してしまいますが、大人になった今、それでも学び続ける意欲を持ち続ける意味で、そしてここからを新しいスタートライン、生涯学習への入学とも考えつつ、ライフワークのような息の長いテーマとして、あの卒論の続きに取り組んでみようかなぁ、なんて思っているんです。テーマが何かは極秘事項ですが、いつか一定の成果が得られたら、同じテーマに取り組んできたみんなの共著として、論文集の付録みたいなのが作れたらすてきだなぁ、なんて夢見ています。

春。ちょっと私の青春?がよみがえっています。


[127]>126 無謀なスケジュールで書き上げた卒論 iijiman

文学部地理学科の私の卒論のテーマは、ある城下町の町並みについてでした。

その町に、クラシックなスタイルの建物が、どのくらい残っているかを調査しました。

最初はなかなかテーマが決まらず、夏休みなどほとんど何もせず。

秋になって、ようやくテーマらしきものを決めて、10月頃、現地調査。

しかし、それからやる気がおきなくてほったらかし。

締め切りは1月14日。

12月29日、「これはいかん!」と奮起して、12月29日から31日まで全く眠らずに、第1章から第3章まで書き上げ。しかし、締めの第4章を書くだけとなったところでまたやる気が・・・1月12日、「これはいかん!」と奮起して14日まで全く眠らずに第4章を書き上げ。

卒論の口頭試問では、ワープロのタイプミスを指摘されるなど、酷いものではありましたが、何とか卒業の単位をいただくことが出来た時には、心底、ほっとしたものでした。

あー、もう、あれ、二度とやりたくないです。卒論。というか、徹夜。


[128]>122 心機一転 powdersnow

切り替えるのにいいタイミングですね。

新年にやりそこねた人には、もう一度いいチャンスと言えます。


[129]>124 姉が powdersnow

習っていたので、中学の頃までは家にありました。

自分は別に習っていなかったので、遊びで引かせて貰ったりする程度でしたが、

自分が鍵盤を押すことでいい音が鳴るというのは、なんとも気持ちが良い物だと思いました。


[130]>123 学ランは powdersnow

下に何を着ても、脱がなければ問題ないところが好きでした。

ブレザーはどうしても、ワイシャツを着なければなりませんし、ボタンを上まで締めないと叱られることも多く。


[131]>123 冬服は、ブレザーでした。 nakki1342

私が通っていた中学は

セーラー服だったのでブレザーにあこがれていました。

行きたい高校の制服もブレザーだったし。

中学で転校して希望してた高校とは違う所の高校へ行ったのだけど

冬服で念願のブレザーを着ることが出来て嬉しかったのを覚えています。

(夏服は、セーラー服でした)


[132]>128 咲く桜が違うけど・・。 nakki1342

私の住んでいる地域では、卒業&入学式が

桜とは結びつかないですね

どちらかといえば新緑の季節といった方が

正しいと思います

咲く桜の種類が違うとはいえ

TVとかで桜の花の下の入学式とかの映像を

見るとうらやましくなりますね


[133]>113 小さいとき食べました fumie15

どうしても食べたくて無理に殻を割って食べました。味はなかったです。


[134]ひまわりの種 fumie15

小学生の時、ひまわりを植えて育てました。初めて種から植えて育てたので大きく育ったときは嬉しかったですね。ひまわりを見ると、いかにも夏という感じが好きです。


[135]>132 さくら、好きです fumie15

さくらが好きで、さくらを題材にした詩や小説を集めていました。西行法師の「ねかはくは 花のしたにて 春しなん そのきさらきの もちつきのころ」や坂口安吾の「桜の森の満開の下」や梶井基次郎の「櫻の樹の下には」とかを熱心に読んでいました。日本人って桜好きなのでしょうか?


[136]卒業式にタイムカプセルを埋める powdersnow

私の通っていた学校ではありませんでしたが、時々ネットやニュースなどで見かけた記憶があります。

何十年後かの同窓会で掘り起こすとか。

首都圏の学校ですと、引っ越してしまう人が多く、なかなか掘り起こすことは難しいかもしれませんが、

同窓会で懐かしい思い出話に花を咲かせるには、もってこいの肴になりそうですね。


[137]>45 私は勧誘する側でした fumie15

うちの学校では入学式の次の土曜日が勧誘のため、新入生オリエンテーションをします。サークルの活動写真を見せたり、お菓子を配ったりチラシをまいたりしました。大変でしたが、楽しかったです。


[138]卒業写真! fusakogane

卒業写真の撮影の日、お腹の激痛で休むかどうか、とっても悩んだ記憶があります。でもこの日を休んでしまうと、記念写真で右上か左上のあの「囲み写真」(!)になってしまうのです。・・・実際に経験がある方もいるでしょうね・・・やっぱりその写真を見るたび寂しかったりくやしかったり、「負の感情」があるのではないでしょうか? 一生、見たくないかもしれません! そんなことも思い出になるのが記念写真なのでしょうか? そんな方、どうぞ なんとか克服してください!


[139]>136 先生が預かってくれました qwer-asdf

私のクラスの場合、先生が預かってくれました。

絵や将来の自分へのメッセージとかを入れた覚えがあります。

20歳のときあけようと約束したのですが引っ越したため、まだ私の手に入ってはいません。


[140]ケンカの種 fusakogane

兄弟 友達 友人 両親 同僚や上司 そして夫婦・・・日々一触即発のケンカ戦争の危機を乗り越えて暮らしています! あとから振り返ってその「ケンカのたね」は、なんてことはなかったのではないでしょうか? 喧嘩の種は、できるだけ早いうちにツブしてクダいておくのがいいのですね! この種は育てないようにしています・・・


[141]>111 リコーダー kinnoji7

リコーダーに初めて出会うのはたいていの場合音楽の器楽教材として小学校3年生の時ですね。わたしもその時からリコーダーを吹き始めることになるわけですが、たいして苦労もせず吹けるようになり、それなりの音が出るその楽器にあまり魅力は感じませんでしたね。


[142]>102 滅多に見返さないです。 qwer-asdf

滅多に見返しません。変な顔をしているので。でも見返すと懐かしくなるんでしょうね。


[143]>138 卒業写真 kinnoji7

あちこちで卒業式と言う声を聞くと、どこか心の隅で「卒業写真」の歌がプレイバックして来ます。なつかしい、切なさ甘さと共に。みなさんの「卒業写真」にはどんな自分がどんな思い出が写っているのでしょうか。その頃の楽しかったことや辛かった思い出、さまざまな思い出が蘇ってきますね。


[144]>139 タイムカプセル fusakogane

確かに小学校の卒業記念に作りました。あったんですけど、どこにあるのでしょう? どこかに埋められたのでしょうか・・・記憶にないのです。 きっと卒業式の騒ぎのなか校庭のどこかに埋められてしまったのでしょう。お爺さんとお婆さんになったら、同窓会の時にみんなで開けて懐かしさに浸りたいです。


[145]>70 つるむらさきの種 azaburecipes

2月下旬にベランダの植木鉢に植えたら芽がでてきました。もともと鑑賞用に日本に入ってきたということで、眺めて楽しむこともできるようです。ほうれん草に似て栄養があって、ゆでたり焼いたりして食べられるということです。日当りのいいベランダは春が早く、暑さに強い種ををすこし早めに蒔いてみるといいかもしれませんね。


[146]>60 種を埋める fusakogane

土の中に種をそっと置いて、しっかり埋めて芽が出るのをお祈りする姿って、大切な宝物を隠すようにも見えます。そこから小さい目が出たときの感激は忘れられませんね!


[147]>142 卒業アルバムからミクシーで minonon

ふと卒業アルバムを久々に開くと、もう既に忘れていたクラスメイトを沢山思い出します。

卒業すると必然的に皆バラバラになり。

ましてや小学校のころの友人などとは疎遠になりつつあります。

そんなとき、久しぶりに卒業アルバムを開き、懐かしいなーと思い出を思い出しながら、ミクシーで旧友の名前を検索してみました。

すると数名のクラスメイトが見つかりました!

メッセージを送ってみるか悩んで悩んで・・・

とても緊張しました。

でも、何だか懐かしくて。

色んな思いが思い出されてきて。

思い切ってメールしてみました。

そしてそれをきっかけに会うことになり、連絡を取り合うようになった友人が数名います。

今のご時世だからこそできた奇跡ですよね。

一度出会った出会いをまた温めるのもとても良いものです。


[148]柿の種を手作り minonon

これを聞くとお酒のつまみ?なんていう風に一番最初に連想されます。

子供の頃は父がお酒とともにこれを食べていたので、これは大人のお菓子なんだなーって憧れていました。

そんな柿の種ですが、これを自分で作ってみると意外にも美味しいんですよ。

お餅を小さく切って・・・

天日干しして・・・

フライパンなどで炒ります。

お醤油とお砂糖を入れて味付けして・・・

くっつきあわないようにクッキングペーパーなどに広げて。

手作り柿の種の出来上がりです。

市販のものとはまた違った家庭の味?になった柿の種。

お気に入りのピーナッツだけではなくて、マカダミアナッツや、くるみ、アーモンドなどと一緒に和えて。

オヤツ代わりに食べたりします。


[149]修学旅行でビードロ作り minonon

小学校の修学旅行で山の方へ学年全員で行きました。

そのときに学習として作ったのが「ビードロ」。

可愛い音を出します。

ガラス細工の工場のような場所で作りました。



火を使用するので、全てが自分達の手で・・・というわけではないですが、工場のおじさんが手伝って、一緒に作りました。

綺麗に丸くするのはとても難しいですが、楽しい作業だったのを覚えています。

売り物だと、その表面にはとても綺麗な細工がしてあったり、絵が描いてあったり、綺麗なものも沢山売られています。

音はとっても不思議な音で

ポポン ポポン

というような可愛い音がするんです。

モノによっては

ペコン ペコン

って音がしたり・・・

個性豊かなのでお気に入りです


[150]>144 タイムカプセル kinnoji7

小学校卒業時のタイムカプセルは成人式に出しました。作文でしたが「将来の夢」ってお題でした。掘り出した時、結構盛上がりましたよ。あと、友達と中学のときに埋めたのは、その場所に家が建ってしまって掘り出せなくなってそのままですね。もしかしたら、工事のひとが見たかもなしれません。


[151]>144 タイムレター minonon

タイムカプセルはしたことがないのですが、タイムレターというものをしました。

卒業のときに未来の自分へ・・・

手紙を書きました。

クラスの皆で行うイベントとしてやったのです。

一人ひとり自分へ手紙を書き、その手紙を一つの冊子にして先生が作ってくれました。

子供のころに描く未来の自分。

大人の自分。

正直想像ができなかったのを覚えています。

私たちはいつまでも子供でいるような。

大人になるという実感がありませんでした。

子供:大人

これは生まれながらに別の生きもののような。

そんな感覚があったことを記憶しています。

そんな未来の大人の自分への手紙。

とても悩みました。

悩みながらも描いた未来の自分は、やっぱり定番ですが、温かい家庭を築くことでした。

子供時代がいつまでも続くような。

終わり無き子供時代でいるような。

そんな感覚からいつのまにかこうして大人になっているのをあらためて考えると、不思議だなって感じます


[152]>134 ひまわりの種 kinnoji7

「ひまわりの種」といえばハムスターを思い浮かべる人が多いと思います。ハムスターがひまわりの種を食べている所はよく見ます。また、ハムスターの大好物でもあるみたいです。なので、ハムスターにひまわりの種をあげると喜んで食べるみたいですね。子供の頃、ハムスターを飼っていましたがひまわりの種ばかり与えていたことを思い出しました。


[153]>33 いいですね qwer-asdf

ビワの種が忘れていたら実がなったなんて、夢がありますね。

私の住む地方は寒いから無理かな?


[154]>99 ギター kinnoji7

中学校二年の終わりに初めて買ったギターのことを思い出しました。初めて手に入れたエレキギターは右も左も分からないまま一人で楽器屋に行き第一印象で決めたことを覚えています。うれしさのあまり一晩中ギターを手放さなかったですね。今ではもうそのギターはありませんが当時撮った写真を見るたびになつかしくなります。


[155]小学校入学式の晴れ着 minonon

小学校の入学式の日のお洋服。

上下薄い淡いピンク色のスーツを両親が買ってくれて。

ウキウキ。ワクワク。

前日からお部屋に吊るしておいてあって、眠れずに過ごしたのを思い出しました。

今まで少しお洒落にワンピースを着たことはあっても、スーツは憧れの存在でした。

大人だけが着る洋服のような。

だからこそ、小学生という年齢で初めてこうしてスーツを買ってもらって、大好きなピンク色。

嬉しくて嬉しくて、テンションが上がっていました。

あんなにも小さい頃のスーツなので、きっと一度しか着れないですよね。

子供はすぐに成長してしまうから。

だけどそれでも両親が用意してくれたこと、買ってくれたことに今更ながら有難うと感謝しています


[156]>155 私はベージュでした qwer-asdf

私は小学校の入学式にはベージュのスーツでした。

姉のお下がりでしたが、着たときは大人になったようでものすごく嬉しかったです。

まだ捨ててはないはずです。


[157]縁起といえば風水? prime7

家を建てたときに、庭の鬼門にあたる場所をどうするか考えさせられました。一種の縁起かつぎであるとは思いながらも真剣に悩みましたね?。ちょうど子供が学校に入学する頃でしたが、考えた末に、魔よけの木”ひいらぎ”を植えました。


[158]メインは卒業式の後 choco-latte

中学の卒業式は、卒業式そのものよりも

朝からその後行われる「第二ボタン紛争」のことばかり

考えていました。

第二ボタンの予約をせずに当日に挑み、

結局卒業式後に呼び止めることができずに

家まで行ったのを覚えています。

なぜ第二ボタンをあげるのかというと


学徒出陣の学生がもう戻ってこれないかもしれないからと

好きな女性に心臓に一番近いボタンをあげたのがはじめだったから

なんですってね。

昔は男性から渡していたのも、時がたつにつれ女性から

「第二ボタン下さい」っていうようになってしまったんですね。


学校で1、2番にモテていた男の子は予備の第二ボタンを

いくつも持っていて、着けては、はずしてあげ、

着けては、はずしてあげていました。

みんな必死で第二ボタンをほしがっていたけど、

今つけたばかりの貰っても意味ないんじゃないかなぁと

思っていましたw


[159]縁起物と言うかジンクス to-ching

沢山あって(自分で作ってしまった)困ります。出勤前に内服する薬の端は駄目とか、スポーツ新聞を捨てる時一面の右四分の一が見えるように(資源ごみとしてだすようです)とか、いつも使っているボールペンが無いと不吉等々、これってもう神経症の領域ですね・・・。この手の読み物って沢山ありますが、皆正常ではない人ばかり出てきます。先ほどの行為をしているので、何とか事故が無い仕事、生活を送っていられると思っているのが、我ながら変です!


[160]>154 あるギターが欲しくて(アコギ) to-ching

勿論エレキギターではないのですが、楽器店でみたギターが欲しくて欲しくて、それで毎日50円貯金を始めました、勿論100円等貯金もしてました。ついに数ヶ月経って購入!(よく売り切れにならなかったものだ・・・)演奏してみると、もう手や指が痛くて痛くて・・・手放した記憶あります。物凄い脱力感でした・・・あのギターどうなったのか全く憶えてません、高校生でした。


[161]>125 私はパーカッション(ドラムとか) toukadatteba

でした。友人はコントラバス、それにホルンにフルートもいます。

クラリネットとかトランペットとかがなんか羨ましかったです・・・!


[162]>153 良いな to-ching

大変ですよね、つぎき等の手間も必要でしょう?凄いですね。


[163]>152 ひまわりの種 toukadatteba

昔、ひまわりをたくさん育てたのはいいのですが、かれたときに畑の場所をとって大変だったので、大きな穴を掘って父と埋めました。

なんと、4年後に沢山芽が出てきたんです!!!びっくりしたので、2本ほどほりかえしたら、ものすごくながい根っこの小さな芽でした。こういうのもあるから生き物って凄いですよね。

ところで、ハムスターですが、ひまわりの種ばっかりやってちゃいけないらしいです。

私もハムちゃんをかっていたとき、ひまわりばっかりやっていたら毛艶が悪くなり、医者に連れて行ったら、ひまわりの種はときどき、野菜や、ハムスターのえさをメインに揚げないと駄目なんだよ、といわれました。知らないものですよね・・・!


[164]>143 卒業写真 to-ching

ヤッパリあの歌を思い出しますね・・・新井!由美は良かったです。


[165]>141 たて笛?リコーダー?なんて呼びますか?? toukadatteba

実は世代によってたて笛の世代と、リコーダーの世代があるらしいですよ^^最近お気に入りのブログにそんなことが書いてありました。私はリコーダーですが、みなさんはどっちかなぁ。


[166]>3 そんな品種の名前 to-ching

有るとは知りませんでした、夏当家でも作ります、早く来い!春、夏!


[167]>130 ブレザー toukadatteba

にあこがれてる方も結構いるのですね?。意外です。私は制服がブレザーでセーラーが憧れだったもので、結構ないものねだりなのかもしれませんね!


[168]>133 梅干の種は毒? toukadatteba

私もあの梅干の種の中身の白いのが大好きで、よく食べていたのですが、先日友達から、それは毒だから食べちゃだめ!といわれました。・・・え?どくなら今頃私無事じゃ住んでないだろうから、そりゃないだろと思いましたが、いわれると気になります。どうなんだろう。


[169]>31 子どもの頃は powdersnow

内ポケットなんてなかったですからね。

というよりも、あまりポケットを使う機会がないというか。

ハンカチとティッシュくらいでしたから。

財布なんて、自分が子どものころの時代は、持っていませんでした。


[170]>114 分かります。 nakki1342

クラシック好きなんですが

自分も高音が比較的苦手なのでヴァイオリンに

抵抗感があるのは、分かります

(私が好きなのは、チェロなんですが)

でもヴァイオリンの方が自分でやるとしたら

いろんな意味でハードルは低いですよね・・。

楽器のサイズも小さいし、チェロとかコントラバスに

比べると比較的安価だし

本当にやりたい楽器を家で練習するって

ホントハードル高いですよねえ


[171]>8 やりました qwer-asdf

行儀が悪いと知りながらコップをガラスのマドラーで叩いてました。一度ドレミに挑戦してみたかったけれど絶対音感がなくて無理でした。でも楽しかったです。


[172]ランドセル qwer-asdf

ランドセルを買ってもらったときは嬉しかったですね。小学1年生の背中にはまだ大きかったですが、年齢とともにランドセルが小さくなっていくのがこそばゆかったです。

最近は赤黒だけじゃなくいろんな色がありますよね。赤黒しかなかった年代なので驚きです。でもパステルカラーがうらやましいです。

ランドセル売場で今の私だったら何色を選ぶか考えるのも楽しいです。


[173]謝恩会 fusakogane

何度かの謝恩会の中で一番思い出に残っているのは、小学校のものです・・・6年生で学級委員だったので、クラスの代表でスピーチをしなければならなくなりました。前の晩から原稿を書いて、母親を相手に何度も予行演習して、それでも本番が迫ると自分の心臓の鼓動音が聞こえるほど緊張しました。結局は生徒みんなの大騒ぎで全く聴いてもらえませんでしたが・・・おかげで今も「スピーチ恐怖症」は克服できてません!


[174]>173 謝恩会 eiyan

・・・会は多種ありますね。

自分が関係する会は緊張しますね。

それが人生の糧となるものですね。


[175]>28 真空管 eiyan

懐かしい響きですね。

今では完全なる骨董品。

電球も生産しなくなる現代ではガラスの世界が益々遠くなりますね。


[176]>98 どんぐり eiyan

どんぐりの木を植えたのかな?

それとも種子を蒔いたのかな?

どんぐりはしいたけ床の木。

今はしいたけ菌の打ち込み時期。

どんぐりの木でしいたけを栽培しましょうね!


[177]>81 レタス野菜 eiyan

レタスや小松菜等の野菜は生育が強くて丈夫です。

種を何回かに蒔いても良いし、葉っぱを何度も摘むのも良いですね。

これから春を過ぎても栽培しましょう。


[178]>55 河原演奏 eiyan

河原で演奏の姿はよく見ますね。

それは川に流れる水が適度な音量を保つ調整役をするのですね。

騒音公害にもならないのでもってこいですね。


[179]>117eiyan

植物の種は春先に蒔く。

いつも種を購入して春に蒔く予定なのだが、沢山種を買うと蒔いた種と蒔き忘れてしまう種がある。

そんな種は毎年忘れてしまう。

今年は忘れずに蒔こうと思うがやはり忘れてしまう。

今年こそは蒔いてみよう。


[180]>172 ランドセル eiyan

ランドセルは新1年生には嬉しいものですね。

でもこのランドセルは新しいのを買うとなると高額ですね。

色もカラフルですが高価なので驚きです。

こんなに高価だとご両親も大変ですね。

ランドセルの代替えを考えなきゃ!


[181]>47 卒業証書 eiyan

失業証書は一生の証ですね。

何処にいってもこの卒業証書はあなたを認めさせるものですね。

一種の資格を大切にしたいですね。


[182]>96 猫草 eiyan

猫の草はエンバクや小麦の事ですか?

そういえばスーと伸びた葉っぱ。

大麦や野菜の種でも構わないのかな?


[183]>59 練習 eiyan

練習はどんなものでもつらい物。

それでも連帯感や達成感は生まれるもの。

でもいつもは可哀想。


[184]>170 大きい楽器はたいへんそうですね Elliee

社会人オケでコントラバスやってる知人がたいへんそうです。

私はたまたまヴァイオリンが好きだったのでよかったと心底思いました♪


ただ借家で騒音がやはりまずいので実家に置いたきりです。

サイレントヴァイオリンででも再開したいなとは思っていますが

なんだかんだで伸び伸びに・・・


[185]>127 卒論、書けなかったです。 atomatom

卒論、書かなかったので卒業しなかったんです。

いまだに夢で「何日までに書かなかったら卒業できない」って苦しむことがあります。もう20年近く経ってるんですけど(笑)

CandyPotさんご提案の「もう1回取り組む」っていうの、素敵な考えだと思います。

ぼくは今年からもう1度学びなおし始めています。

宿題が出るので大変なんですが。

卒論ほどの大げさなものは難しいですが、ある程度、勉強の成果を出して悪夢を見ないようになりたいものです。


[186]>180 ランドセル atomatom

ランドセルは新1年生ももちろんうれしいんですが、親、おじいちゃん、おばあちゃんにとってもものすごくうれしいものなんですよね。あ、おじ、おばにとってもそうです。

うちの甥っ子、姪っ子たちの場合は、父方か母方かどっちのおじいちゃんがランドセルを買うかで微妙な緊張感があったようです。

もちろん、自分が買ってあげたいんですよね。

豊かな生活になりました。


[187]>186 確かソニーは x014

新一年生になる子供のいる社員にランドセルがプレゼントされるそうです。

結構いい革のランドセルでソニーの人はランドセルは買ったことがないとか。


[188]>168 天神様 x014

梅干の種の核のことを天神様というそうです。

梅が生の時はそこに青酸が含まれていて毒ですが熟したり漬物にしたりすると消えるので梅干のは大丈夫ですよ。


[189]>28 電気街 x014

最近、秋葉原にしろ日本橋にしろ電気街で意外とよくみかける電子工作物は真空管アンプや真空管ラジオですね。

真空管は輸入品で他の部品は昔とちがって不釣合いに小さな部品だったりしますがまだまだ真空管は趣味の世界では現役ですね。


[190]>115 アボカドの木は二本植えないと実が付かない x014

アボカドの木には雄花と雌花が咲きますが咲くタイミングが違うので1本の木では受粉できずに実が生りません。実の収穫を期待するなら二本以上育てる必要があります。

以前種を庭に植えてみましたが枯らせてしまいました。またいつか試してみたいです。


[191]4ヶ月先のホウレンソウ fwap

そろそろ春の足音も確実に聞こえてくるころ。日の時間も長くなったと感じられることではないでしょうか?私が春に植え、夏にお世話になる品種はホウレンソウ。そうです、誰もがご存じのあの野菜です。いま、この時期に植えれば8月まで成長し、食べることができます。そうめんや酢飯など単調な料理に飽きたときのお口直しに、また夏バテ予防に、汗で体の外部へ排出されてしまうミネラル補給にホウレンソウはいかがでしょうか?

まず、畑の準備にとりかかります。ホウレンソウはミネラルを大量に吸収する野菜なので、土壌に関してじっくり注意を払って作ります。私は、2週間前に苦土石灰を250gほど先にまき、時間のあるときシャベルの先端で潰します。これは自宅内でできる作業なので、プランターの下に新聞紙を敷いて行いましょう。外で行うとせっかくの栄養分となる石灰が外へ飛んでいってしまいます。

次に、苦土石灰を粉末にし1週間経過したところで、堆肥を入れていきます。このとき、注意しなければならないのは堆肥を入れつつ、化学肥料をちょっとずつ入れていくことです。目安としては、ミニシャベル1杯分となるでしょう。また、ホウレンソウは葉と根が栄養価のある部位なので、窒素とカリウムを多く含んだ化学肥料を使うとよいでしょう。

蒔く種は、ホームセンターで売っているサカタのタネが私は好きです。最近では、楽天市場経由で買うようにしています。いまでは、こんなに便利なものまでインターネットで購入することができるのですね。説明も丁寧ですし、いますぐ春の種まきをしたい人にうってつけだと思います。私が普段買うホウレンソウの品種を紹介しておきます↓

http://item.rakuten.co.jp/green-depot/a0889/

トラッド7

ホウレンソウを自宅で育てたことのある経験のある人は分かると思うのですが、あれだけ生き生きとしていて栄養価の高いホウレンソウも実は病気に弱い。葉っぱに斑紋のようなものが浮き上がり、黄色→黄土色→黒色となり最後はカビ、小虫が湧いてしまうベト病というのがあります。ホウレンソウでベト病にかかってしまったときはすぐにかかった葉を取り除く。対策として、風の通しをよりよくする。葉が太陽に当たるようにする。また、化学肥料の窒素が多く含まれていたのかもしれません。

また、ベト病などを発生させないためには、一度に多くの品種を栽培すること。要は、同じ品種が一つのプランターに密集してしまうと、病気が発生しやすくなってしまうと言うこと。株や資産のポートフォリオと同じ事です。

収穫は、夏。太陽がさんさんと葉に光を落としてくれると、成長も早く土壌の栄養をうんと吸収してくれます。実際、スーパーで買うものと色が違っているかもしれませんが、スーパーで買うホウレンソウは葉に生命力や張りがありません。赤ちゃんの肌と私のような老人の肌くらいの差があります。自分の手で確かに育てた確信。これが食べたときのおいしさの秘訣です。

では、収穫したホウレンソウを食べましょう。私の家族が好きな食べ方は、ベーコンのバター炒め。まずはバターをフライパンの中に入れます。じゅーじゅー音がするまで温めましょう。次に、ベーコンを炒めます。脂が出てくるまで炒めてしまうとホウレンソウの味わいがなくなってしまうので、色がピンク色になり始めた頃、ホウレンソウを入れます。後は、ホウレンソウがしなびてきたところでコショウです。ベーコンが塩分たくさんなので我が家では塩はかけないです。あとは、汁気がある程度なくなったところでおしまいです。最後は余熱で炒めても十分だと思います。

余ったゴミは食べる前に捨てる。ホウレンソウの根の部分はコンポストへぽん!すぐ捨てないとエコの意識が薄らいでしまうのでご飯を食べて胃も心も充足してしまう前に生ゴミ回収をしてしまいましょう。

春に植え、夏に食べるホウレンソウ。これから3、4ヶ月先がどうなるか、誰にも分からないことです。でも、確かに言えることはきちんと準備をした人は、たとえ失敗や計画通りに進まなくても、予想があるだけ修正や改善も早いということです。頭の中で先読みするのではなく、農業から経験的に学ぶ、こういうことがいまの大学生には必要なのではないでしょうか?実際に手を動かす、長い月日を手間を掛ける、この2つのことをいまの私たちは重要性に注意していないような気がします。そのためにもまずは余裕を持ちたい。余裕を持つためには健康でいたい。であれば、ホウレンソウを植えましょう!


[192]>175 高価で壊れやすい真空管アンプ fwap

真空管のアンプ懐かしいですね。まだ幼い頃、父が「絶対に触るな」と私たち子供に本気になって注意していました。それだけ高価で壊れやすいものだったんでしょうね。

真空管の音の良さ、別にBOSEのスピーカーでいいじゃんと思っていた私でしたが、ビックカメラの秋葉原店で真空管のアンプがあったので聞いてみたところ、思わず聞き入ってしまったほどの音色に差があります。音を大切にできる、機械を大切にできる、そうすると感性も研ぎ澄まされて日々の生活の変化にも敏感になるんでしょうね?


[193]>187 上級生と下級生のランドセルの違い fwap

小学生のランドセルの一連を見ると思わず我が子にもこんな時期があったんだなと感慨深くなってしまいます。子供にも孫が生まれ、あと数年でランドセルを背負う小学生です。小学校へ引率する上級生の色あせたランドセルと新1年生のういういしいランドセル、つややかな輝きがこれから6年間の小学校生活を期待させてくれます。桜の似合う時期ですね。


[194]>187 いろんな色のランドセル tibitora

甥っ子が小学校に入るときに、一緒にランドセルを調べているといろんな色のランドセルがあって驚きました。

オレンジ・ピンク・ブルー、ピンクや青色でもいろんな種類があってみていても楽しかったです。

http://item.rakuten.co.jp/randosel/ku-66-br/

甥っ子が買ってもらったのは黒いランドセルで、来年3年生になる甥っ子のランドセルは[しっかり使ってる]使い込み感が出てきています(笑)

家に帰ってくるとどさっとランドセルを置いたりしているんですが、どこも壊れてなくて丈夫だなと思います。

自分や子供の使ったランドセルを職人さんがミニランドセルにしてくれる所もあるみたいです。

甥っ子の使っているランドセルはそのままのサイズでおいておくのか、小さくしておいておくのかどっちかなと今から思ってしまいます(笑)

http://item.rakuten.co.jp/littleisland/op01/

通販で承ってもらえるそうです^^


[195]>129 後から後悔 fwap

ピアノのお稽古ごと、母がうるさく私に何回もやるように言ってきました。手に何か持っていないと将来困るから、私はそんなことも気に掛けず、外を野山を駆け回る少女でした(笑)

いま振り返ってみると、自分のやりたいことをやることも大切ですが、自分の子供に教えることも考えたとき、やはり母の言っていたことは正しかったんだな・・と感じます。同じ事が私の子供でも繰り返されました。ただ、幸いにピアノを習い、合掌会のコンクールのピアノ独奏までできる腕になれて、親なんて目じゃないレベルに達してくれたのは、おそらく私の母の血を受け継いでいるからでしょう。


[196]>181 管理が面倒な卒業証書の筒一式 fwap

卒業証書をもらうと筒がありますよね。あの筒をどのようにしてますか?私は本棚の空きスペースにそのまま差し込んでいます。卒業証書を大切にはしたいのですが、うまく1つにまとめる方法がなく、困っています。いっそのこと額縁に入れれば管理は簡単なのですが、自慢できる高校・大学ではないので困ります。


[197]>196 卒業証書を与えない高校に一言! wacm

卒業証書は一生の宝物。いまでは授業料を納付していない学生には卒業証書を与えない高校もあるほど・・もう少し寛大に接したらいいと思います。例えば、大学在学中の4年間まで猶予するなど・・。日本は寄付に乏しく、奨学金事業が本当の意味で確立されていません。日本学生支援機構はあれはローンです。一部の優良な学生を除き、必ず借りた金額は返済しなくてはいけないですから。もう少し、奨学金事業を手厚くすることはないですが、手広くすることはできないのでしょうか?給付金以前に学生にお金がかかっている世帯を支援すべきです。私たちのような高齢者世代は特別何かを現在生み出していません。将来の宝となる学生を支えなくて国の発展が望めるのでしょうか?


[198]>182 猫草 tibitora

猫草はエンバクという草だったんですね、猫草セットは栽培したことがあるんですがなんの種かは見ていませんでした。

小鳥のえさを使うと猫にも小鳥にもうれしくていいですね。

実家仁居た猫は猫草ではなくビニール袋をかんだりしていたので心配でした。

元気だったし毛玉と一緒にはいていたので草よりビニールのほうが好きなこだったんだとは思うのですが、出来れば草をたべてほしいです;;


[199]>195 放課後の音楽室で wacm

ピアノのレッスン、私は音楽室で先生に教わりました。始めは、指使いも分からずピアノの上手い友だちに一心不乱に教わりました。ピアノがある家庭は当時でもかなり少なくなかなか練習もできない。そうなると、身近な友だちに学校で教わるしかありません。当時からどん欲さは健在でした。

ピアノができると他の楽曲へ移るときも楽ですよね。所用でオカリナを吹くときがあったのですが、ピアノのレッスンの経験が役立ちました。音楽という「言葉」はまた外国語、母国語である日本語と同じように重要ですよね。


[200]>193 罰ゲーム:ランドセル運び wacm

小学生がジャンケンに負けると次の電信柱まで友だち5?6人のランドセルを持って行く罰ゲームがありました。私は女子だったのですが、とても楽しい思い出です。当時は電信柱もなかなかなく、区画も整理されていなく、かなりの距離のランドセルを持ち運んだものです。最近、地区の防犯パトロールと言うことで登下校の時刻を地域の持ち回りの当番で近所を歩いていますが、罰ゲームはいまでも続いているらしくほほえましいものでした。一生懸命、歯を食いしばっている小学生の顔がかわいらしいです。


[201]>164 卒業写真、あれから50年 wacm

卒業写真は思い出深いです。同級生からお医者さんが2人、有名な会社の社長になったのが1人・・みんな仲良かった中学生もいまではじーさん、ばーさん。それでも年に数回は集まり、出席率も高い同窓です。地元に住むと感じの役割が回ってくるので、幹事さんは毎回会場選びに大変です。集まりそのものを楽しむ人、会食を楽しむ人、会話で盛り上がる人、50年経っても何も変わっていないようです。それが安心感を生んでいるのかな?


[202]>150 いまを満足させるタイムカプセル wacm

小中学生のときにやりました。小学生のときには将来の夢。確か、「お医者さんになる」と書いたはずでしたが、夢はあっさり砕け散りました(笑)また、中学生のときには「弁護士になる」これも実現ならず。夢を叶えなくても、当時の抱いた将来像がいまと違っていても満足になれる。そんなタイムカプセルが大好きです。

知り合いのタイムカプセルは、体育館の新築でどこか行ってしまったようです。中を読まれていたら恥ずかしいですね。


[203]>202 10年振りの文具が使えた aekie

私もタイムカプセルをクラス単位で埋めました。当時は、私の大切にしていた文具を箱に収めたのですが、25歳のときクラスのみんなで掘り返して、実際に書けるかどうか試したら実際に使えました。タイムカプセルは時間だけでなく大切なものをしまっておくのにも適していますね。もちろん、本当に大切なものは心の中にしまっておく必要がありますね…。トラブルなどでカプセルが取り出せないとなっては困りますから。


[204]>200 学校帰りの定番 v80

途中川を渡る橋の手前のじゃんけんは電信柱の間隔が離れていてかなり真剣でした。


[205]>204 6年間使うランドセル aekie

ランドセルをいいかげんに扱っていたら、母親に思いっきり叱られました。6年間使うのにものを大切にできないなら、今後一切ゲームなど買わないと言われました。以来、しゅんとしてしまった私は母の教えをキチンと守るようにし、粗末にものを扱わなくなりました。ランドセルだけでなく責任も背負ってます。


[206]>199 合唱もピアノで上達! aekie

ピアノのレッスン、男だというのにやりました。理由は簡単、音楽の成績を上げるため。音階がなかなか取れず音痴で音楽の成績が悪かった私もピアノを習い始めて1年経つか経たないあたりで、やっと歌が上手に歌えるようになりました。始めはドレミファソラシドを弾くほどのものが、いまでは趣味として合唱をしているほどです。


[207]>192 高価でも真空管な友人 aekie

真空管のアンプとはいい趣味ですね。私の友人も必死にアルバイトをして真空管アンプを買って音楽を聴いていました。高いものだと20万円ほどはするので、中古車を買った方がよっぽど便利なのに…と感じてしまいました。それでも、音にこだわる人はそれだけお金を出しても受け入れられるって事なんでしょうね。


[208]>147 個人情報保護法に阻まれ作れないところも aekie

高校のときのアルバムがDVDで、クリックすると私の当時の(今後の)抱負を聞くことができます。あー恥ずかしい!いまでは、個人情報保護法で卒業アルバムを作ることができない学校があるほどです。自主的に卒業アルバムをつくっている高校があるほどです。せっかくの思い出の集大成を大切にするためにも、柔軟性ある法律であってもらいたいものです。


[209]小学校に入るとき fumie15

小学校に入るとき、親が小さな小物、おはじきやズック袋の一つ一つに名前を書いてくれました。当時は何気なく使っていましたが、今考えると大変な労力だったんだなと思います。今の私だったら途中で投げ出してしまいそうです。


[210]春から新しい勉強を始めます TinkerBell

この春から新しい勉強を始めることにしました。

ですから、ぴっかぴかの一年生です♪

といっても学校に入学するわけではありません。

手話通訳の講座を受けるんです。


手話通訳の資格や立場には、

厚生労働大臣認定の手話通訳士、

都道府県認定の通訳者、

市町村の登録通訳者と色々あり、

活躍できる場も様々です。

私が目指すのはとりあえず自治体の登録通訳者。

そこから最終的には厚生労働大臣認定の手話通訳士の受験も目指します。

これは合格率一割の難関資格らしいですから腕が鳴ります。ばきばき(笑)。


でもそれは手話通訳を仕事にするためではないんです。

そうではなく、みんなが普通に手話を使ってコミュニケーションする社会を作ること。

あらゆる人の暮らしの中のおしゃべりに手話が使われる時代を作ることが目標なんです。


よく「言葉が不自由」「耳が不自由」という言葉を聞きます。

でも不自由の原因は、個人個人の身体能力の違いではないと思うんです。

どこに原因があるのかといえば、手話の普及率の低さです。

日本語しか使えない人が海外で感じる言葉の不自由さ。

手話を必要とする人が感じている不自由さは、それと同じことなんだと思います。


「障害者自立支援法」という法律の中で、

手話通訳が地域生活支援事業のひとつとして正式に位置づけられました。

しかしこの法律は何にでも受益者負担を求める法律ですから、

手話通訳にもこの制度が適用されるようになると、

会話にお金を払わなければならない変な時代がやってきてしまいます。

そんなの変でしょ。絶対ににおかしいです。

そういう変な時代を作らないためには、

みんなが当たり前の会話の手段として手話を使うようになること。

国語の本読みと同じように手話での言葉の表現を練習し、

文字の書き取りと同じように指文字の練習をする。

そういう社会を作らないとだめだと思うんです。


小学校で英語の勉強が始まるらしいですが、

なんでその前に国語の一環として手話や点字を勉強しないかなぁ、

こういう制度を決めるお役所の人や政治家の人の考えには、

手話や点字が思い浮かんでこないのかなと不思議に思います。

でもあれこれ言うより自分から始めた方が早いので、

この春から手話の勉強を始めます。

そしてゆくゆくは、誰でも普通のおしゃべりの手段として手話を使う、

そんな社会作りを目指したいと思ってます。

どうか皆さん、応援してくださいね♪


[211]>210 すごい! qwer-asdf

世間が変わってくれないなら自分で変えようというわけですね。すごいです。尊敬です。

手話は難しそうなイメージがありますが、どうなんでしょうか?

目が不自由な人より耳の不自由な人の方が孤独感は強いと聞いたときがありますが、その手助けをするのですね。

私はまだそこまでの覚悟はありませんが、耳の不自由な人にあったら、筆談で話しかけてみようと思います。

がんばってください。応援しています。


[212]>146 トトロ qwer-asdf

しばらくトトロは見ていなくてうっすらとしか覚えていませんが、夜中にさつきとメイが起き出して種が出てくるのと一緒に伸び(?)をするシーンが大好きです。いい話ですよね。


[213]スバルバル世界種子貯蔵庫 lovespread13

ノルウェー領スバルバル諸島のスピッツベルゲン島にあるこの施設は、「地球最後の日」?に備えて世界中の種を集めて保管している施設だそうです。

現在地球上に存在するとされる種類の2倍に当たる450万種の種子を保存できるようになっているそうです。

「地球最後の日」が来たときに果たして役に立つのかどうかはわかりませんが、備えあれば憂いなし?でしょうか?


[214]>213 興味深いなあ iijiman

種子の保存は、多様な遺伝子の保存という重要な役割を担いそうですね。

生命には、まだまだ未知の領域がたくさんあると思います。

その根源となる種子を、開設の時点で既に26万8000種も集めているのですね。

600万ユーロ(約9億6000万円):施設の建設費。すべてノルウェー政府が負担。

定額給付金2兆円の1/50で建設出来たと思うと、何だか「安い」ような気もします。

いやはや、巨大な数字を眺めているうちに、金銭感覚がおかしくなってきたかも。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/...


[215]>174 謝恩会 qwer-asdf

大学の謝恩会が心に残っています。親や謝恩会などいろんな人にお世話になったと感じました。多分二度と会えなくなるだろうと言う子達と写真を撮りました。宝物です。でも一番仲の良い友人が就職の都合のため、出席できなかったので残念です。しゃしんをいっしょにとりたかったのに。。。


[216]>160 〇ぎたー!・・ nanairokamen

〇生涯の内に一度はマスターしたいものです!・・


[217]>216 エレキギター lovespread13

昔、先輩にあこがれて、衝動買い。

友達に教えてもらったりしながらしばらく練習したんですが、結局いまだに弾けずじまいです。

まだ持ってるんですが、いつかかっこよく弾けるようになりたいです。


[218]>217 アコギ futanbo

何度も過去チャレンジしてはFの壁につきあたり、挫折・・。

でも、最近大好きなミュージシャンができて、弾き語りをしたくなって、

ミニギターを購入。普通のアコギより押さえやすくて、Fの壁をのりこえ

ることができました。今はアルペジオにチャレンジ中です。ひけるようになると

楽しいです。まだ簡単なコードだけしか弾けませんが・・。


[219]>215 謝恩会 futanbo

小中高は、やった記憶がないです。短大のは、一流ホテルで豪華立食パーティーでした。

そうゆう体験がはじめてで、友達と浮かれてたのを覚えてます。生徒はその日、宿泊費が

安くなったので、2人分の部屋をとって、6人で泊まりました^^;


[220]>214 種子の保存 futanbo

地球最後の日、人間がいなくてもその種子たちは生きれるような仕組みになってるんですかね。

おもしろいこと考える人もいますね。

人の種子も残し・・・ても種子だけではだめですね。怖いし・・。^^;

ある種、ノアの箱舟のような感じですね。(植物だけの)


[221]>208 卒業アルバム futanbo

最近はDVDとかになって、軽くていいですよね。昔のはやたらと重いんです。

しかも、変な顔してる・・。もっと自然ないい顔の写真だったらいいのにと思います。

集合写真って楽しい撮り方ないのかな?


[222]>206 グランドピアノ futanbo

子供のころからオルガン教室に通っていて、小4でピアノとエレクトーンに別れたのですが、ピアノがやりたかったはずなのに、どっちにいくかの選択のとき、ほとんど全員がピアノに行ったのを見て、あまのじゃくの私は2人くらいしかいなかったエレクトーンチームの方へ・・・。なんであんなことしたか自分でも不思議です。で、高1までエレクトーンは続けました。大人になって、ピアノを習いだし、電子ピアノで練習してましたが、

ある日、先生のグランドピアノを弾いてたとき、ピアノが何か語りかけてきて・・・

もうとりつかれたとかしか表現しようがないんですが、どうしても、その感覚が忘れられずにとうとう有り金はたいて、中古ですが、グランドピアノを買ってしまいました。

ほんとに不思議な体験でした。今は事情があって習うことができず、実はあまり弾いて

ません・・。ほんとにあれは一体なんだったんでしょうか・・・?もちろん今でもピアノの音大好きです。あの樹の音はたまりません。


[223]>205 ランドセル futanbo

私は赤と黒だけだった世代です。新品のランドセルの匂い・・・もう30年以上昔のことなのに

覚えてますね。。

初めての皮(あれって合皮だったのかな?)の匂い・・。

わくわくする気持ち・・。中に入れる新品の教科書たち・・。

懐かしいです。


[224]>198 ネコ草 futanbo

ごめんなさい・・。よく売ってますが、あれだけだとすぐなくなっちゃうほど、うちのネコ

ネコ草大好きなので、幸い近所にたくさんネコ草っぽいものが生えてるので、それ食べさせて

ます。確かに危険かも・・。でも、除草剤とかはうちの団地使ってないから平気かな?

でも、近所に生えてないところもたくさんあるし、やはり自分で栽培するのが安全ですね。


[225]>167 ブレザー futanbo

中高ブレザーでした。自分自身もセーラー服が着たかったし、男子は絶対学ランのほうがかっこいいです。でも、ブレザーにネクタイをした初めての制服はやはりなんだか嬉しかったですね。大人になった気分でした。


[226]種をまく人 futanbo

知り合いの話ですが、その人はいろんな花の種をいつもポケットにしのばせていて、

歩きながら、こっそりいろんな場所に種をまくといってました。

咲くこともあるし、その後どうなってるかわからない場所もあるそうです。

それって素敵だなあとまねようと思いながら、出るときに種を持って出るって

忘れちゃってて、まだ実行したことないんです。そんな風にしてこっそり

自分のまいた花が咲いてたら楽しいだろうなあ・・って思います。


[227]サイン帳 futanbo

小学校中学校と、卒業間近になると、サイン帳とゆうのを書いてもらうのが

はやっていました。ルーズリーフみたいな感じで、一枚ずつとりはずせて・・。

女子はほとんどの子が書いて返って来たけど、男子は半分くらいしか返って

こなかったですね。私も実際、卒業までに間に合わなかったりしました・・・。

ごめんなさい・・。中学生とかになると、ちょっと告白っぽいこと書いて

あったりするときもあったりして、ドキドキでした。


[228]>211 すごいです!尊敬です! vivisan

私の友人は学童保育をしているのですが、学童にはやはりなんらかの障害を持っていらっしゃるお子さんも多いとか。

そこで少しでもコミュニケーションをとることができたら・・と考えていたところ、無料の講座があったので参加したんだそうです。

その講座で覚えたことばを、「今回はコレおぼえたんだー!」といって実践していました。今までは筆談でしかコミュニケーションがとれなかったのが、実際に会話が成立するようになって、ぐっと距離が縮まったんだそうです。

無料の講座は終わってしまいましたが、友人は手話の教室を探して勉強しています。その友人から私も少しずつ手話を教えてもらっています。

実際の言葉(動作ですが)って実にうまく考えられているんだな・・と本当にびっくりしてしまいました。

学校で手話や点字を教えていくっていいですね。もっと身近に感じることができると思うし、点字表示や道路の黄色い線なんかも普段からもっと注意してみるようになるのではないでしょうか?

そしてもっともっとコミュニケーションが深まっていくに違いありません。そういう世の中にしたいですね♪

そしてまず、自分から行動してみるTinkerBellさんの行動力は本当にすばらしいです。どんどん実践してくださいね♪

私もなにかできること探してみたくなりました。


[229]ダーウィンの「種の起源」 xnissy

「種」ときくと、職業柄「タネ」じゃなくて「シュ」と読んでしまいます。生物の種です。

ちょうど今年はダーウィンの生誕200年、またダーウィンの有名な著書、「種の起源」が発表されてから150年にあたります。恥ずかしながら今まで生物の進化が専門でありながら、ダーウィンのことをよく知りませんでした。でも、いくつか雑誌や本を読んでみると、「種の起源」を著したのはガラパゴス諸島などに行ってから20年もあとのことだったとか、ガラパゴスのフィンチが島ごとに違うことには本人は当初気づいていなかったとか、なかなか興味深い話が出てきて面白いです。また、「種の起源」自体ももう一度通読してみたいと思っています。


[230]タネを食べる・雑穀を食べる Fuel

人間は穀食が中心です。人は様々なものを食べますが、主食と言ったらたいていの場合、穀物です。穀物とは植物のタネです。特に米飯が主食の日本人は、蒔けば芽の出る命の粒を、毎日毎日お茶碗によそって食べていることになります。

しかし、白米は胚芽が取り除かれているので、本当の「蒔けば芽の出る命の粒」ではありません。やはり健康のためには玄米だろうということで、わが家でも玄米食を始めてみましたが、どうも長続きしません。私は玄米食がとても気に入っているのですが、家族の評判が今ひとつなのです。

そこでもう一つのヘルシーご飯の方向性として、雑穀ご飯を取り入れてみることにしました。最近は様々な雑穀ご飯の素のような製品が売られていますが、わが家ではたくさんの種類の穀物を用意して、家族それぞれがオリジナルブレンドを楽しめるようにしてみました。コーヒーやカクテルのような楽しみをご飯にも応用するわけです。

今ストックしている穀物は、次の通りです。

・押し麦。最もポピュラーですね。原料は大麦です。

・はだか麦。これも大麦ですが、脱穀すると簡単に殻が取れるのでこの名前があるようです。押し麦のような加工をしていない大麦です。

・もち麦。これも大麦の仲間ですが、炊くと餅米のような粘りを示します。昭和初期頃までは、稲作が出来にくい地域を中心に、餅米の代替品としてかなり作られていた物だそうです。

・黒米。売っている雑穀ご飯の素を炊くとお赤飯のような色になるのは、これが入っているからですね。黒い色素はアントシアニンです。

・赤米。最も野生に近いお米と言われています。この色素もポリフェノールです。

・きび。きびには「もちきび」と「うるちきび」があり、食感が違います。両方用意しています。

・あわ。エノコログサ(通称ねこじゃらし)に近い種類で、日本では縄文時代から食べられていたそうです。鉄分やミネラルが豊富らしいです。あわにも「もちあわ」と「うるちあわ」があるので、両方用意しています。

・ひえ。ミネラルなどの微量成分がバランスよく含まれているそうです。栄養学的な根拠はないと思いますが、冷害に強い作物なので、冷え性の人にいいという話があります。

・ハト麦。子供が遊ぶジュズダマに近い種類ですね。うるち種がジュズダマ、もち種がハト麦です。たんぱく質に富み、漢方の薬膳にも多く用いられます。

・たかきび。トウモロコシでない日本のモロコシです。東北ではこれを団子や餅にして、農作業の間食や子どものおやつに、またお祝いごとにも用いてきたそうです。

・ソバ。言うまでもなく栄養価の高い穀物の代表格です。

・大豆、小豆。どちらも挽き割りになっている物を購入しています。家庭で簡単に安定した粒の挽き割りが作れればいいのですが、なかなかうまくいきません。

・胡麻。白、黒、金の三種類。これは炊き込まずに振りかけて食べます。

今ストックしているのはこれだけですが、折に触れてもっと種類を増やしたいと思っています。もちろん全種類国産にこだわっています。きちんと検査をクリアした物なら輸入も悪いとは言いませんが、穀物は基幹作物ですから、国産の愛用で農家を応援して自給率を上げていくことが大切だと思っています。

今年から、浸水させて発芽する物は、少し育ててみようかと思っています。おそらくほとんどの穀物が発芽すると思います。うまく実ったら、秋にはその恵みを感謝する「イエ新嘗祭」を挙行したいと夢に描いている所です。


[231]>226 花の種 atomatom

フェンスで区切られて立ち入り禁止になっているような空き地、管理地にこっそり花の種をまくっていうのは楽しいかもしれませんね。よそ様の土地に木を植えたりしたら迷惑ですが、花くらいだったら許されるでしょう。

ぼくの住んでいるところの近くにはガケというか、人の通れない急な斜面があるのですが、誰が植えたのかそこにも花が咲いていることがあります。半ば野生化してるんだと思うのですが、毎年花を楽しませてくれています。


[232]>220 スバルバル atomatom

種子バンクというものが何箇所か存在するんですね。

iijimanさんがリンクを貼ってくれた先、おもしろいページでした。

ソルガムというキビの一種ですか、2万年後でも発芽する能力があるんですってね。

永遠にも思える長時間、命を保ち続けるというところにロマンを強く感じます。


[233]>163 ひまわり atomatom

ひまわりは種から油をしぼるという利用もされています。大豆や菜種に比べたら量は1桁違いますが、それでもスーパーにはひまわり油がちゃんと売っています。

また炒って食用にもするんですが、伝統的にロシアで好まれるようです。

なんでもロシア正教には断食の習慣があるそうなのですが、その間、食してはいけないもののリストがあるんです。細かく決められ、規制されるわけです。

ところがそのリストを作った教会の担当の人が、食用のひまわりには気付かなかったため、断食中でもひまわりだけは例外的に食べても良くなったのです。

ぼくも何度か東南アジアなのでひまわりの種の炒ったものを食べたことがあります。

塩味でしたね。ナッツのような食感でした。


[234]風船に種をつけて飛ばしました haruyo_koi

学校行事の一つで、みんなで誰が拾うかわからない風船に手紙をつけて飛ばしました

何の花だったかわすれましたが、この花をどこかに植えてくださいという文章とともに

1週間もすると、町のあちこちから見つかりました

友達の飛ばした風船をみつけたよという子や

大きなお庭を持つ家には2個も風船が木に絡まっていたそうで、その一画に植えましたという手紙を貰ったり。

小学校の名前を書いてあったせいか、学校宛に手紙が届きました。

廊下に張り出されるその手紙をみてみんな大騒ぎ。

自分の名前が書いてある?とか、こんなところまで飛んで言ったんだ?とか。

今でもこういう風船を飛ばしたり、はしているのでしょうか。

何年か前に、今は水に溶ける素材を使っているという記事を見た記憶がありますが・・・。


[235]縁起のよいジャパニーズパーカッション・銭太鼓の製作 watena

「楽器」+「縁起物」ときたら銭太鼓です。銭太鼓には、小太鼓の縁に穴あき銭をタンバリン状に取り付けたものと、筒の中に銭を入れて振る物の二種類があり、タンバリン型は青森県、宮城県、埼玉県、佐賀県などに、筒型は主に中国・四国地方に伝えられています。今回は作りやすく、またジャグリング的な妙技の面白さもある筒型の銭太鼓の作り方をご紹介してみたいと思います。

まずこの動画をご覧下さい。

http://www.city.yasugi.shimane.jp/kanko/movie/zenidaiko.mpg

材料は

・竹筒 外径3cm?4cmくらい。長さ1尺(30数センチ)

・筒のフタに使う薄いベニヤ板か厚紙

・五円玉 6個

・竹串 適宜

・その他、装飾用のテープ、房にする糸など

装飾の様子はこちらなどを参考にしてください。

http://sv15.wadax.ne.jp/~zenidaiko-com/3.html

【作り方】

1.筒の端に、用意した竹串がギリギリ通るくらいの小穴を開けます。

2.この写真のように竹串に5円玉を3枚通して筒に取り付けます。固定には木工用ボンドを使ってください。

http://yuttura.area9.jp/blog/zenidaikosaibu.jpg

3.筒にフタを接着します。

この作業を筒の両端に全く同じに施します。あとは銭太鼓特有のフサフサを両端に付け、紅白や紅白に金を添えたテープ状の装飾でおめでたく装って完成です。

出来上がった銭太鼓は、これで郷土芸能を習い日本の伝統を身につけるほか、マラカスの変わりに宴会に使う、ジャグリング的な動作を練習して隠し芸にするなどしても、めでたさが場を盛り上げて喜ばれると思います。簡単に作れますので、ぜひ皆さんも作って楽しんでみてください。


[236]「種」を守ることの第一歩は生態系を見出さないこと watena

今回のいわしを読んで、ちょっと感じたことを書かせてください。表題の種は「シュ」と読んでください。生物の種類のシュです。今、この種がとても乱れています。海外から持ち込まれた動植物が本来あるべきでない場所に繁殖し、本来あるべき動植物に被害を与えている例がたくさん報じられています。

あまりに被害が顕著なものや、今後大きな影響が予想されるものについては、特定外来生物として法律での規制が行われていますが、私たちも日常の中で、様々な生態系を壊す行いをしていることに気が付かないといけないと思います。

まずガーデニングや地域の花一杯運動などです。それらに用いられる植物が野生化すると、その地域の生態系を大きく損うことがあります。庭や町を花一杯にすればよいというものではないのです。

路地植えにする草花を選ぶには、その地域に古くからある植物とするか、タネが飛散したり地下茎を伸ばしたりしない、意図しない繁殖が起こりにくい植物とする必要があります。もちろん花粉が他の植物に運ばれた時に交雑が起こる可能性がある植物も避けるべきです。

しかしそういう検討が行われている庭や花壇がどれほどあるでしょうか。土手などを覆う一面のコスモスの花を喜ぶ人は多いと思いますが、あれも園芸用の外来生物が野生化したもので、地域の生態系を損なっているという指摘があります。

そのほか、タネを遠くに運んでそこで発芽させようというロマンチックな活動も色々あるようですが、それは野生の動植物にとっては、生物兵器を送り込まれるようなものですから、そのことをよく理解してほしいと思います。タネは「つっかけで行ける範囲を越えては移動させない」ことが大切だと思います。日本に昔からある在来種でも、異なる地域に持ち出せば侵略植物になる可能性があることを忘れてはなりません。

緑を増やし、緑に親しんでいくことはとても大切ですが、目先の緑化はかえって生態系の破壊につながることが多々あると思います。100年先、1000年先の未来をしっかりと見つめた緑化計画が大切ですし、無理に植えるより既にある植物を守ることに重点を置いた植物との付き合い方が大切ではないかと思います。


[237]>236 すみません、タイトル間違えました watena

上のタイトルの「生態系を見出さないこと」は「生態系を『乱さない』こと」の間違いです。お詫びして訂正します。申しわけございませんでした。


[238]>232 おもしろいですね qwer-asdf

でもできれば私たちの自然の努力で残さないようにしないとだめですね。種子バンクがあるからと言って植物を絶滅に追い込まないようにしたいです。


[239]>223 ランドセル meizhizi87

6年間の思い出がぎっしりと詰まっています。傷を見るとあのときの傷だ…と分かったりもします。懐かしいです。


[240]>203 タイムカプセル meizhizi87

高校のとき、流行っているものを埋めようということでやりました。キンキキッズのCD等・・・

まだ10年たっていないので埋まっているはずですが、私自身何回か引越ししているので、同窓会の便りも来ないので、案内も来ないと思いますが、そんなこともあったなぁという思い出は残っています。


[241]>172 ランドセルにお守りをつけて Lady_Cinnamon

小学校6年間、お世話になったランドセル。私が大人になった今では、父の壁裏部屋の思い出ミュージアムのメインとして飾られています。

小学生だった当時は、ランドセルのキーホルダー部分に、色々つけていたのを覚えています。給食袋とか手縫いのマスコットやら、お土産でもらったキーホルダーとか、他にも色々ぶら下げて・・・。ジャ?ラジャ?ラッ♪♪♪、と賑やかな音を立てて登下校。懐かしい思い出です。

そんな私のランドセルですが、交通安全や1年の健康を願って、毎年、親が神社のお守りをつけてくれました。風邪をひきやすい体質だったのと、その割に無理に崖登りなどして、泥んこで怪我して帰ってくる私を思っての親心。

ランドセルとお守りは、子供を危険から守ってくれるだけでなく、あらためて、親のありがたみも思い出させてくれる、縁起の良い組み合わせだと思います。


[242]春から新入生気分!! NHK外国語講座のススメ♪ TomCat

必要な経費は書店で買うテキスト代だけ。それでいて質の高い講座が揃っているNHK外国語講座が、4月から大幅にパワーアップします。なんと、ほとんどのラジオ講座がPCで聴けるようになるんです。これでもう聴き逃しによる挫折無し。PC向け配信は放送の1週後になりますから、まず放送を利用し、その後の復習で、あれ?、と思った時の確認用に使っても便利ですね。

http://www.nhk.or.jp/gogaku/index.html

放送はただ一方的に送られてくるだけだから不安だよ、という人には、こんなサイトもあります。

http://gogakuru.com/

これはNHKの教育番組制作専門プロダクションである(株)NHKエデュケーショナルが開設しているもので、学校ではありませんから個別指導や添削などはありませんが、ユーザー登録をしておくと、放送ではフォローしきれない情報を色々とサポートしてくれるんですよ。詳しいことはサイトを見て確認してくださいね。

では最後に、私のお薦め講座を一つご紹介しておきたいと思います。それは、遠山顕先生の「ラジオ英会話」。語学的には中学英語が分かっていれば十分という易しさを維持しながら、とにかく「話す」「聞く」の実践的能力を伸ばしていくことを目指します。

だいたい毎回学期のスタートは、英語は恐くない、恥ずかしがらずに声を出して堂々とやってみよう、ちょっとしたコツさえ掴めば、ほら、こんなにかっこよくしゃべれるようになるんだよ、といったところからスタートしてくれますから、語学ではなく話学、頭より体で英会話を楽しんでみたい、という人に最適な講座だと思うんです。

英語が堪能な人は、他の外国語にもチャレンジしてみましょう。イエにいながらテキスト代だけで学べる放送利用の外国語学習で、ちょっと自分を伸ばす楽しみを。こんなのも、素敵なサプリになると思います(^-^)


[243]>83 おおー!! TomCat

実は私もカホン、作ったんですよ。私の場合はバスドラム用のペダルを取り付けられるように作ってあります。これで、ギターを弾きながらカホンを叩くという、大道芸みたいな演奏が出来ます(笑)

カホンはパーカッションとして優れているだけでなく、椅子にもなるし、ステンシルなどを使ってバンド名などをかっこよく入れておくと、路上ライブ時の看板にもなりますよねw

作り手のオリジナリティが発揮できる手作りカホンは、本当に楽しいし、そして本格的な演奏に耐える物が作れますから、私もぜひ皆さんにお勧めしたいと思います。親子で作って、家族でセッションなんていうのも楽しそうですね(^-^)


[244]>235 これは素晴らしい!! TomCat

なんとも素敵な日本の民族楽器ですね。銭太鼓の由来は各地様々だろうと思いますが、この素朴な楽器に込められた願いは明らかですね。

これ、地域の子供活動なんかで作っても楽しそうですね。子供に作らせる場合は、5円玉を持ってきてくださいとは言いにくいので、代わりにワッシャか何かを使いましょう。筒も、手が小さな子供にはもっと細い物がいいですね。紙筒とかでもいけるかな。

そして出来上がったらそれを手にしてみんなで踊る!! どうせなら体操にして、「開運招福○○体操」(○○には地域名を入れる)などとして、大人も子供も定期的に集まってシャカシャカやっていくと、地域も地域の人達もみんな元気になって、素敵な地域興しにもなっていきそうだと思うんですけど、どんなもんでしょう(^-^)


[245]>101 安心安全がポイントですね TomCat

モヤシの原料として売られているグリーンマッペやブラックマッペ。言われてみると、栽培の用に供する種子として流通しているのか、食品として流通しているのかが謎ですよね。特に輸入の場合は、色々心配があるのではないかと思います。

そこで、心配なら自分で作っちゃう。これはいいですね。素晴らしい方法だと思います。それに色んな種類の種で色んなスプラウトを楽しんでいくというのもいいですね。ネギモヤシはぜひ試してみたいと思います。

ところで緑豆なんですが、中国では緑豆湯というのがあって、暑気払いにいいとかいわれているらしいんですよ。作り方は簡単。緑豆を煮て、砂糖を加えて冷やすだけ。小豆の代わりに緑豆を使った冷やしぜんざい、といった感じです。いっぱい収穫できましたら、こんな楽しみ方もやってみてくださいね。


[246]>120 ぜひ弾いてください TomCat

ウクレレは、とりあえず3つだけ和音を覚えればOKなんです。たとえばCとG7とF。これで日本最古参のコミック・シンガーソングライター牧伸二さんの「あ?ああぁやんなっちゃったぁ♪あ?んがんが驚いた♪」が歌えますw

ウクレレは、スタンダードなサイズのソプラノならほんとに小さいですから、どこにでもひょいっと置いておけますよね。いつでも気軽に手にとって、弾かなくてもいいからいじっている。これがとても大切だと思うんです。いじっているうちに体が楽器の形状を覚えていきますから、それで自然に最適なフォームが身に付いてきます。

とにかく身近な所に置いておく。まずそこからスタートしてみてください。きっと知らないうちに上手になっていくと思いますよ。


[247]>148 お餅を使って家庭の味 TomCat

米菓には、うるち米系のお煎餅と、もち米系のおかき・あられとがありますが、柿の種はあられ系なんですよね。昔、米どころ新潟県長岡にある浪花屋製菓の創業者・今井與三郎氏が、あられ作り用の小判型の抜き型をうっかり踏み潰してしまい、三日月型になったものをそのまま使用したところ、取引先のご主人がたいそう面白がって、柿の種と命名してくれたのが始まりと言われています。

ですからお餅を材料にして家で手作りする柿の種は、ちゃんとした本格派と言えますよね。形は違っても、そんなことは気になりませんね。

市販の柿の種は辛いですが、イエで作れば味付けは思いのままですから、大人のおつまみ向き、子供のおやつ向きと、それぞれに適した物が作れるのもいいですね。

ピーナッツ以外のナッツと組み合わせるのも素敵です。柿ピーは帝国ホテルのバーで出された物が発祥と言われていますが、このオリジナル柿ピーは、十分それを凌駕しています(^-^)


[248]>179 種のシェアはいいですね TomCat

食べるための種子を採ることが目的の植物はいざしらず、花を楽しむ植物などは、本当に採れすぎるほど種が採れて、どうしましょこれ、ってなってしまうことが多いですよね。

そういうのをみんなで分け合って行く。育て方のコツなども教え合っていくと、植物を愛する人同士のコミュニケーションも広がって、すごく楽しくなっていきそうですね。

イエはてな内でもできるとうれしいですねwこれは期待をこめてですけどw

はいはいはいはい!! 大賛成(,,゚Д゚)∩

種が余っている人はイエはてな運営事務局に種を寄託。欲しい人はダイアリーの告知に基づいて返信用封筒同封で申し込む、なんていうやり方が出来ると、個人情報を出さずに受け渡しが出来ていいなあ、なんて思うんですが、これ以上事務作業が多くなると問題でしょうか(^-^;

もちろん広範囲に種を流通させるためには、他のツリーに書かれていたように、栽培品種を野生化させない、周囲の生態系を考えてきちんと管理する、といった基本をきちんと踏まえておくことが欠かせませんが、イエはてなでやるなら、ちゃんとそういう告知を徹底させた上で行えますよね。

ツタンカーメンのえんどうの種、ほしいです(^-^)


[249]>197 私も小一時間・・・・ TomCat

まず自ら生計を維持していない未成年たる学生に対して、授業料を納付していないことを理由に卒業証書を与えないというのは、本人にはどうにもならないことの責任を理不尽に負わせると言うことですから、教育機関にあるまじき愚行と指摘されるべきでしょう。

ましてやそれが公立学校であるならば、卒業証書は有印公文書であって、その交付に授業料の納入という要件が法的に有効な形で規定されていない限り、卒業に必要な条件を満たした生徒に対して交付を拒むことは出来ないはずです。

最近、お金を理由に進学を諦める生徒が増加しているという話があります。これからはそういうケースがもっと増えてくることでしょう。なぜ学ぶために金がかかるのか。教育というのは商売なのか。商売としての教育と公教育の違い。そういう根本的なことを、そろそろ考え直さないといけない時期に来ているのではないでしょうか。

政治家の皆さん、試みに、外国軍隊のために費やしている予算を教育に向けたら、いったいどのくらい国民が負担する教育費が軽減できるか、計算してみてくれませんか。外国軍隊のために金を費やすのと、教育のために支出するのと、どちらが国益に叶いますか。どちらが内需の拡大に寄与しますか。どちらが世界恒久平和を希求する国是に叶った予算の執行法ですか。教育は国を興し、平和を作ります。


[250]>228 素晴らしいです!! TomCat

ほんとですよね。みんなが普通に手話を使ってコミュニケーションするようになったら、どんなに素晴らしいことでしょう。手話を、特定の人のみが必要とする特殊な技能と考えないで、日本語のコミュニケーションをより豊かにしてくれるもう一つの表現方法と考える。これで、ものすごく社会が変わりますね。

手話による表現の素晴らしさの一つに、口の動きと表情という要素があると思います。話し言葉によるニュアンスの表現に相当する部分を、手話では表情で伝えていきますよね。これが、とても豊かなコミュニケーションを生んでくれると思うんです。嬉しかったら本当に嬉しい顔をする。楽しかったら本当に笑う。そういう豊かな表情による会話が、手話によって広がります。これって、ネットの発達で文字ばかりの会話になってきた現代人に、ぜひほしいサプリではありませんか?

私も、ちょっとだけ手話が使えます。ちゃんと習ったことはありません。見よう見まねです。でも、周囲に使える人がいると、子供が段々言葉を覚えていくのと同じで、けっこう覚えちゃうんですよね。手話の出来る人がある一定数を超えれば、そんなふうに、どんどん手話が使える人が増えていく社会に変わっていくと思います。

私にも、普通のおしゃべりの手段として手話を使う社会作り、ぜひ手伝わせてください。私に何ができるのか、ちょっと真剣に考えてみます。


[251]>227 あった?!!。 nakki1342

高校の時にクラスメイトと書いてやりましたね

色々書いて。

(自分の自己紹介とか似顔絵とか・・)

懐かしいなあ・・

整理整頓がへたくそな私なので

家のどこにそれが置いてるかは分からないんですが

捨ててはいないのであると思います

大切にとっておきたいな


[252]>242 私の場合は・・チャロですが。 nakki1342

NHKの語学講座をほぼ一年初めて出来た気がします

自分の場合は、いろいろなメディアとリンクしてるリトルチャロですが・・

(物語の流れに引っ張られて一年続けられたという感じですね。)

チャロの場合は、もうすでに講座がネット環境があれば

PCでもチェックできたからというのも大きいのですが・・。

4月からも再放送になるリトルチャロ

英語自体は好きだけど文法とか面倒くさい・・と思ってた人には

お勧めな講座ですよ


[253]>233 韓国のお土産 taknt

韓国のお土産で よく ひまわりの種をもらいましたね。

ひまわりの種にチョコレートをぬってあるお菓子ですが。

日本では あまり 売られていないのは なぜかなぁ?


[254]>249 お金が無いなら公立へ t-saitou

公立校には経済的理由による授業料免除があります。私も兄も免除してもらい、且つ奨学金貸与、支給、それとバイトで何とか乗り切りました。進学には経済力もしくは学力が必要です。両方とも無い人は死ぬ気で勉強して成績を残すべきです。


[255]受験番号 t-saitou

単なる偶然ですが、高校受験番号が123番。その後の進学の受験番号も123番。私自身の中では「一からやり直す」と定義付けて初心を忘れずに勉学に励んでおりました。でも成績はイマイチでしたけど。(照)


[256]>254 ちょっと違うと思います YuzuPON

公立ならお金がかからないというのは特定の条件が揃っている人だけで、現実には、特に地方出身者は、学びながら生活を維持するだけで大変です。奨学金とバイトでやっていけるというのは幻想で、やはり大きな負担を親に担ってもらってはじめてまともな勉強ができるという環境の人が多数ではないかと思います。

また、相次ぐ不況で国民生活は疲弊し、今は大学どころか高校進学さえ、経済的な理由で苦しくなっている家が増えています。今求められているのは、本当に公立なら誰でもお金をかけずに学べるという社会を作ることでしょう。「お金が無いなら公立へ」という意見が出た時、誰もがその通りだと納得できる国を作ることが大切だと思います。残念ながら、今の日本はまだそのレベルに達していませんし、達しようとする努力が政治に感じられません。


[257]>253 日本人はナッツ類があまり好きではないのかも……? chinjuh

好きじゃない、というと語弊があるのですが、

落花生や天津甘栗みたいに綺麗に剥けないとイヤだって人は多いと思います。

ヒマワリは剥くのがめんどくさいし、きれいに剥けないんですよね。

苦労して剥いたわりに中身が小さくて食べでがないのも不人気の理由かも?

中国ではお茶菓子にする南瓜の種なんかも

日本ではあまり喜ばれないですしね。

でも、あらかじめ剥いてあるやつをすすめると夢中になる人もけっこういるので、

剥いたのにチョコレートかけたのとかはうまくすると人気が出そうですよ。

製造コストの問題かなにかで、あまり商品化されないのかもしれないですが、

日本にもヒマワリを剥いたお菓子は、たまにありますよね。


[258]>250 私も見習いたいです YuzuPON

大人になっても新たなことを学んでいこうという姿勢と、社会を変える目標を持って学んでいこうとする姿勢がすごいですね。手話という物に対する考え方も教えられました。手話は特別な物ではなく、みんなで身につけておきたいコミュニケーション手段なんですね。

言い換えれば、これは手話を文化として普及させていく、ということですね。手話の普及によって、私たちみんなの社会が豊かになっていくんですね。これはすばらしいことだと思います。

以前社内で、手話のサークルを作ろうという話がありました。しかしみんな賛同するものの、実際に参加しようとする人は少なく、いつの間にか立ち消えになってしまいました。その時の言い出しっぺの人と相談して、もう一度企画を立ててみようかと思います。これから専門的に学んでいくことはちょっと難しいですが、手話の裾野を広げていくことなら私にもできそうです。


[259]>248 イエはてなでも実現するといいですね YuzuPON

実施には色々難しいこともあるかと思いますが、イエはてなで種の共有ができたら楽しいでしょうね。そして種の取り引きを通じて、

栽培品種を野生化させない、周囲の生態系を考えてきちんと管理する、

といったことも積極的に啓蒙していければ、自然界への影響を考えずにやってしまっていることが多い園芸の世界に、大きな一石を投ずることにもなると思います。口で言うだけではなかなか浸透しないことも、何かのアクションと絡めていけば、きっと定着していくと思うのです。この社会的な効果も大きいと思います。

今までイエはてなに出てきた色々な植物、特にvivisanさんの綿とかスクナカボチャとかツタンカーメンのエンドウなどに、私もとても興味を持っています。

ところで子供のころ、オシロイバナがとてもきれいな家があって、その種がほしくてほしくて、道に転がり出ていたのを失敬してきたことがあったんです。家に植えておいたらよく育って、毎年のようにきれいな花を咲かせてくれるようになりました。そこからさらに種を採って、けっこう友だちにも配りました。それが今でもあちこちに咲いています。こういうのってうれしいですね。最初に植わっていた家の人はもう引っ越されて、オリジナルのオシロイバナはもうありませんが、その子孫が町のあちこちに広がっています。


[260]>246 弾けたらかっこいいですね YuzuPON

ウクレレも本格的に弾けるとすごくかっこいいですね。私は以前BSでゴンチチのライブを見て、そこでウクレレが使われているのを見て、ウクレレに対するイメージが完全に変わりました。私も弾けるようになりたいです。でもどんな楽器を選んだらいいのか、まずそこからがわかりません。ウクレレにも色々な大きさや種類があるようで、まずそのあたりから覚えていかないと、楽器屋さんに行っても立ち往生してしまいそうです。


[261]>245 いろいろな種を使ってみる。 vivisan

スプラウト目的で育ててみたことはありませんが、スプラウトはちょっとした時にすぐ使うことができますし、しかも育てやすいですよね。部屋の中で育てることも可能なので、使いやすさは抜群です。

それに間引きをしなくてもよいのがとても楽w

しかし、それだけにやはり安心して使いたいですよね。普通の野菜の種を使用してスプラウトを作るというのはとてもすばらしいと思います。

ブロッコリーや小松菜の種でスプラウトを作ったことありますが、葉ものの種がスプラウトに適すのならば、チンゲンサイの種なんかもいけそうですね。ルッコラやフェンネルなどのハーブのスプラウトにしたら香りも楽しめそうです♪あ、春菊もよさそうです。

私もいろいろな種で試してみたくなりました。種によって味も少しずつか変わってくると思うので、料理によっていろいろと使うことができそう。なんか作るのが楽しみになってきました。


[262]>252 英語の勉強、リトルチャロ tibitora

私はNHKの語学講座はみたことが無かったんですが、リトルチャロを知ってからは犬や猫たちがかわいくて、時には悲しいところもあって、物語にひきこまれて見ていました。

初めて英語に触れる子供に物語に親しみやすい内容だと思います。

再放送になったリトルチャロも見ていきたいです^^

甥っ子も英語(アルファベット)に興味があるみたいなので進めたいんですが、「まず日本語をしっかり」の方針らしいので去年は進められませんでした、再放送のほうは進めても大丈夫かなと今度甥っ子のお母さんに聞いてみようと思います。


[263]>261 ブロッコリーや小松菜 vivisan

作ってないといっておきながら・・この2つの野菜は偶然できてしまったものです。

日陰におきすぎて発芽してひょろひょろになってしまいましたw


[264]>260 ウクレレ tibitora

ウクレレというとドリフターズの高木ブーさんを思い出します。

子供の頃見たので記憶があいまいかもしれませんが、かみなり様でもひいていたような記憶があります^^

小さなウクレレ、綺麗にかわいくひけたら楽しいだろうなと思います^^


[265]>225 私もブレザーでした canorps

私も中高とブレザーでした。

セーラー服や詰襟あこがれましたね。

夫は詰襟で、夫からすると詰襟はしんどいとのことでした。

でもやっぱりいいなあって思うのです。

中学はブレザーにネクタイ、高校はブレザーにリボンだったのですがネクタイは女子の間でネクタイの芯を抜いてひたすら細く細くつけるのがはやっていました。

わたしのはどーんと三角形になってましたけど。


[266]>218 ギター canorps

私、中学の時の選択授業でギターを取っていました。

でも、それは一緒にソフトをしようといっていた友達が

別の友達に買収されて(笑)一人になるのがいやで私もギターにしたという・・・お粗末な展開です。

結局やりたかったわけでもない私は、チューニングすらできず、

みんなで曲を弾くときもひいてる振りで乗り切ったのでした。

でも評価は3でした。不思議です。

今思えば馬鹿なことをせずせっかく選んだならある程度ひけるようにがんばればよかったなと後悔しています。


[267]>156 甥っ子は黒でした tibitora

甥っ子が小学校の入学式用に買ってもらったスーツは黒色の半ズボンのものでした。

まっすぐ立っているとビシッと決まっていたらしいのですが、見せてもらった写真は校内の花壇の前でうれしさのあまり(?)おどけたポーズをとっているものでした(笑)

写真で見ていてもうれしそうで楽しそうな雰囲気が伝わってきました^^


[268]>264 押入れの中 canorps

我が家の押入れの中にもウクレレが眠っています。

見た目のかわいさに私が衝動買いしたものです。

でもしまいこんでしまっては意味がありませんよね。

ウクレレ練習してみようかな。


[269]>222 エレクトーン canorps

エレクトーンを習っていました。

けれどこちらも例に漏れず手の小ささがあだとなり、指が届かないのを無理にしていたせいか手をいためてしまいやめることになりました。

いまは子供たちが習いたいといっているのでピアノ教室を探しているところですがなかなか見つからないですね。

ピアノがひける人ってうらやましかったなあ。

高校の時は合唱の時の伴奏はいつも男子が弾いていてとてもかっこよく見えたのを覚えています。


[270]>266 ギター tibitora

この間知り合いにねっとを通じて(ネットで電話)ギターを聴かせてもらいました。

メロディーではなく、ポロンとひく音色も、曲を弾く音もどちらも綺麗でした。

テレビやCDで聴くのとはまた違った聞こえ方で素敵でした^^

楽器を弾くのは練習をたくさんしなくてはいけないと思うので、弾ける人はその楽器のことが好きでうまく弾けるようにがんばっていて素敵だなと思います^^


[271]>140 たしかに canorps

まかないように気をつけたい種ですね。

気づかないうちに育っている・・・なんてことにならないように気をつけたいと思います。


[272]>239 ランドセル canorps

昨年、今年小学校に上がった長女のために手作りのランドセルを購入しました。

調べていて、本当に今のランドセルは機能が多いことがよくわかりました。

天使のはねなど良く聞きますが、我が家では普通のランドセルにしました。

小学校が家の前ということもあり余計な機能はいらないと判断したのです。

それに、今のランドセルは10年も前のものに比べると格段に軽くなっているからです。

色は赤に見えるけどワインレッドのような濃い色のものにしました。

そして縫い上げる糸をなでしこ色にしてもらったのです。

とても気に入っています。

最近、まだランドセル屋さんのホームページを見る機会があり、次女が小学校に上がるときもここでと思っていたのでみていたら、値上がりしていたのでびっくりしました。


[273]>237 同感です YuzuPON

植物を愛でることはとても大切なことですが、動物の飼い主に責任があるのと同じように、植物についても、それを植える人には、きちんとした管理責任が必要ですね。愛した植物が自然の生態系を壊してしまう侵略者になってしまっては大変です。栽培するからには、それが野生化していかないよう、十分な注意を払った管理が必要ですね。

また、新しく植える前にまず今ある植物を守ることが大切というご意見にも同感です。作り物の花壇より自然の草地。本当に緑を大切にする心というのは、そういうことなのだろうと思います。草刈りをして花壇を作っている街作り・庭作りにも一考の余地がありますね。


[274]>258 素敵です canorps

応援します。

大人になってから何かを学ぶということはつい忙しさなどにかまけておこたりがちですよね。

手話、私は名前を尋ねることと自分の名前を名乗ることだけできます。

高校の授業で習ったのです。

しかしそこから発展はまるでしませんでした。

どうぞがんばってくださいね。


[275]>52 新入生 meizhizi87

4月はじめはみんな静かで教室に先生が来るまで黙って待っている。すごく初々しい姿でほほえましく思います。


[276]>178 自然と楽器の奏でる音 vivisan

楽器ってやっぱり大きな音を出して練習しないと上達しませんよね。比較的イエで練習ができる小さな楽器ってありますが、これも練習しているとついつい音が大きくなってしまうことって多々あると思います。

完全防音の機能を備えている部屋はともかく、一般の家庭ではそれに応じた部屋なんてそうそうありませんから、どうしても練習ということになると練習場所の確保って難しくなります。

そういう意味で河原ってすばらしい場所だと思います。打ち消すことはできませんが、川の音って適度な感じででてくれていますよね。

そういえば、「おくりびと」の1シーンで、桜並木の隣で大きなチェロを弾いているシーンを見ました。河原ではなかったと思いますが、その映像がすごく幻想的できれいでした。

自然と楽器の奏でる音ってこんなにも調和するものなのだと感じずにはいられませんでした。

自然といっしょに演奏するのは本当に清清しい気分になれますね♪これから暖かくなる時期なので、私も率先して外にでて練習したいです。


[277]>230 自由なブレンドが楽しめる雑穀ご飯 YuzuPON

これはいいアイデアですね。穀物によって味や食感や香り、それぞれに色々な特徴がありますから、そういうのを自由にブレンドして食べたら、本当に楽しいと思います。また家族それぞれが自分のブレンドを披露していくことで、みんなの顔が揃う食卓の推進にもつながっていきますね。

また、ブレンドのアイデアを考えて行く中で、食料の大切さや有り難さ、栄養に対する関心などが育っていって、大人に対しても子供に対しても、すばらしい食育効果が発揮されていきそうです。

今までの雑穀ご飯のありかたをもう一歩進めたこの自家ブレンド作戦は、もしかすると日本の食文化を変えるくらいのパワーを持つかもしれません。少なくともイエの食文化が変わりますね。私も雑穀に凝ってみたくなりました。


[278]>23 ウッドブロックって初めて聞きました。 vivisan

私の小学生のころは、演奏するというとピアニカとかハーモニカとかリコーダーはありましたが、ウッドブロックのような珍しい楽器などはありませんでしたのでうらやましいです。

はじめて聞いてどんなものか調べてみたところ、この楽器って木魚が楽器として発展していったものなんですね。

となると音ってどんな音がするのか聞いてみたくなりました。木魚と同じではありませんよねw

楽器が一人だと本当に緊張しますね。でも一生懸命練習してうまくいくとすごく達成感がありますね。

三味線を習っている今でもいっしょに弾いている人がいるからって安心して間違えてますが・・・一人ずつ練習で弾かされたときはめちゃくちゃ緊張していますw


[279]>207 私も作りました YuzuPON

最初に作ったのは、MT管という比較的最近まで電子部品の中心的存在だった真空管を用いた物でした。アンプを組む時に最もコストがかかるのは、真空管を除くとトランス類だと思います。大電流を流さないアンプならそれが小さな物で済みますから、意外に安く作れるんですね。私の最初の一台は、そういう設計のキットでした。

それに味を占めて、今度は少し大きな真空管で二台目を作ってみました。オークションで格安のトランスを見つけたんです。手に入れたトランスからスタートして、それに合わせて真空管など他のパーツを選んでいきました。おかげでこれも安く作れました。

今懸案になっているのは、真空管を生かした音が実現できるスピーカーです。やはり現代のスピーカーでは真空管の良さが生きてきません。古いスピーカーがいいというわけではなく、真空管アンプに合わせて設計されたスピーカーが必要ということです。スピーカーユニットを買ってきて自作すればいいのですが、なかなか着手できずにいます。でもこれもそんなにお金はかけずに実現できそうです。


[280]>63 本当ですね! vivisan

他のツリーでもいろいろな勉強を始められる方がいらっしゃいますが、これらも自分の中にある種を育てていっているのだと思います。

考えてみると種って自分の中にいろいろありますよね。それは趣味としてのものだったり、なにかの知識を得るためだったり・・人によっても違いますが、個人の中でも持っている種は複数ありますよね。

この種を種のままで終わらせてしまうかそれとも無事に発芽させて大きく成長させていくのかは自分次第です。

私もふっと思いつくだけでもいくつかの種があります。もしかしたら気がついていないだけで本当はもっとたくさんの種があるのかもしれません。

この種の成長が自分が成長していけることのような気がします。

できることを少しずつでもいいから続けていきたいです。


[281]>64 手を加えることで心を注ぎ込む YuzuPON

私は本当に良い物を、丁寧に手入れしながら、長く使っていくのが好きなんです。手入れしていくごとに、使い込んでいくごとに、物に心がうつっていきますね。楽器のカスタマイズというのも、それと同じようなことなのだろうと思います。

高校時代、友人がブラバンにいましたが、その大切な活動の一つに、楽器の手入れがありました。皆それぞれ自分の担当の楽器を、それはていねいに手入れしていましたね。良き演奏者は最良の楽器管理者であるといった教えが、先輩から後輩へと、ずっと受け継がれているようでした。

手入れにせよカスタマイズにせよ、そういう、物に心を注ぎ込むような接し方が大切なのでしょうね。私も何か楽器を習って、一生を共にできるようなパートナーを探してみたくなりました。


[282]カスタマイズではないですけど vivisan

私と一緒にお囃子を習っている友人のパートは笛です。竹でできたしの笛なんですが、お手入れも大変なんですよね。

友人はいつでもどこでも練習がしたいので車の中に発砲スチロールの箱をいれてこの中に入れています。そうやっていても竹なので乾燥すると割れてしまうのだそうで・・いつでもどこでも練習ができるようにってことで塩ビ管でしの笛を自作しました。

実際に音を聞いてみると、ちゃんと音が出るんです。しの笛には負けますが、練習用の笛にはもってこいです。

またお囃子で笛をやってみたい人は塩ビ管で作った笛をプレゼントしています。

笛を吹くにはまず音が出せるかどうかが決めて!私も試しに吹いてみたのですがぜんぜん出せなくて・・。

これで音が出せるようになってきたら、ちゃんとした練習にはいっていけるようにしています。

実際のものに手を加えるわけではないですが、その楽器に慣れるまでの練習用として自作するというのも楽しいものなのだなと思いました。

TomCatさんのカスタマイズ!?楽器で思い出すのはかんから三味線です。実はあの書き込みが元になって習ってみる勇気が出たんです。

練習用のものを私も自作してみようかなぁ。


[283]>243 かっこいい!! YuzuPON

動画、見てきました。すごいですね。音だけ聞いていたら、とても木の箱とは思えません。これが手作りできたら本当に楽しそうですね。

とにかく、木の箱で、こんなにリアルなドラムっぽい音が出せることに驚きました。どうやったらよりリアルな音が出せるのかといった実験が面白そうですね。さっそく私も材料を集めて試作してみたいと思います。色々な構造を試してみたいです。燃えてきました!!


[284]>281 カスタマイズではないですが vivisan

私と一緒にお囃子を習っている友人のパートは笛です。竹でできたしの笛なんですが、お手入れも大変なんですよね。

友人はいつでもどこでも練習がしたいので車の中に発砲スチロールの箱をいれてこの中に入れています。そうやっていても竹なので乾燥すると割れてしまうのだそうで・・いつでもどこでも練習ができるようにってことで塩ビ管でしの笛を自作しました。

実際に音を聞いてみると、ちゃんと音が出るんです。しの笛には負けますが、練習用の笛にはもってこいです。

またお囃子で笛をやってみたい人は塩ビ管で作った笛をプレゼントしています。

笛を吹くにはまず音が出せるかどうかが決めて!私も試しに吹いてみたのですがぜんぜん出せなくて・・。

これで音が出せるようになってきたら、ちゃんとした練習にはいっていけるようにしています。

実際のものに手を加えるわけではないですが、その楽器に慣れるまでの練習用として自作するというのも楽しいものなのだなと思いました。


TomCatさんのカスタマイズ!?楽器で思い出すのはかんから三味線です。実はあの書き込みが元になって習ってみる勇気が出たんです。なので私にとってはとても心強い書き込みでした!

練習用のものを私も自作してみようかなぁ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ