人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

記帳代行業を始めたいと考えておりますが、そもそもこの仕事にどのくらいの需要があるのか、また、どうお客様を見つけていったらよいのかわからないことが多く迷っております。すでに記帳代行業をやっておられる方等おられましたら教えていただきたいのですが。

●質問者: questionman
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:お客様 需要
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● taka27a
●35ポイント

http://www.kichodaiko-associates.com/

https://www.kskk.co.jp/sp/p1/?gclid=CImw_KG6npkCFZMwpAodFSsPfA

http://www.kicho-daikou.jp/

http://www.kichoo.jp/

口コミもありますが、インターネット広告の併用がほとんどです。単価は依頼の詳細にもよりますが数千円から一万円台前半が多いですね。

◎質問者からの返答

貴重な情報をありがとうございました。大変、参考になりました。


2 ● odacom1126
●35ポイント

以前、記帳代行専門の株式会社を経営していました。

記帳代行業はどうしても税務申告書との関係で、税理士さんが最もお客さんを掴みやすいと考えています。

客側からすると、記帳代行も申告書作成も税務相談もまとめて済むからです。

記帳代行だけをサービスとしてする場合には、どうしても安くなりますよね。

(税理士さんに頼めば一括価格になるので、どうしても記帳代行専門だと安くなってしまいます・・・)

そこで、私が目をつけてたのは、税理士さんへの営業です。

税理士さんにしてみれば、記帳代行は結構手間がかかるので、外注したいと思ってる人が多いのが

実は現状なんです。

だから、狙うとすれば、一般消費者を攻めるより税理士さんを攻めるほうがいいのではないかと思ったりしますね。

記帳代行会社に深い理解を示してくれる税理士さんも世の中にはいっぱいいます。

一般的にネットに強い税理士さんは、そのあたりの外注にも理解があるというか寛容です。

色々と検索してみたのですが、デザインから見ても

http://www.cg1.org/

のようなホームページをお持ちの税理士さんは、外注に理解があると経験的に掴んでいます。

一度、そういう視点で税理士さんのサイトをご覧頂くのも一手ではないかと思います。

◎質問者からの返答

返信が遅れてしまって申し訳ありません。経験がおありの方ならではの業界の実情や営業方法など、大変貴重なご意見をいただきありがとうございました。今後の参考にさせていただきたいと思います。本当にありがとうございました。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ